【ママ調査】保育園の送迎は夫? 妻? その理由は?#プレママ1年生

【ママ調査】保育園の送迎は夫? 妻? その理由は?#プレママ1年生

共働き夫婦の育児分担は頭の痛い問題です。特に、保育園の送迎は悩みの種。仕事時間の関係で、「送りは夫、お迎えは妻」など決めている家庭もいるようですが、夫婦間の役割分担とその理由について、世の共働き夫婦の実態に迫りました。


保育園への送迎、夫婦どちらが担当することが多いですか?

夫婦のどちらが保育園に送迎しているかを聞いたところ、なんと70%が「妻」と圧倒的にママが多い回答に! 夫婦で分担しているコメントも見受けられましたが、ママが時短勤務をしていたり、平日はパパの帰りが遅かったりするケースが多く、大多数のママが送迎を担当しているようです。

では、具体的に夫婦でどう役割分担をしているのか、コメントとともに紹介します。

「夫が送迎することが多い」と回答した人の意見

頼りになります!

Lazy dummy
夫は車で買い物もこなしてくれるから。

(33歳/商社・卸/クリエイティブ職)
夫は朝が早いから。

(30歳/小売店/事務系専門職)
夫が在宅、私が出社のパターンが多いので、送迎は夫にお願いした。

(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

パパが送迎を担当しているという夫婦では、「車の運転」がキーポイントになっているケースが見られました。雨が降っていたり、お迎えのあと買い物をしたり、という場合は、車があると便利ですね。基本的には、働き方や勤務時間の関係で送迎の分担が決まっているようです。保育園の送迎時には先生からさまざまな連絡を受けることが多いので、送迎担当の責任は重大です。

「妻が送迎することが多い」と回答した人の意見

Lazy dummy

基本は妻であとは分担

夫の方が出社時間が早いため。お迎えはできる方がするスタンス。

(28歳/情報・IT/技術職)
朝は私だが、夕方は仕事なので、迎えは夫が行くことが多い。

(40歳以上/学校・教育関連/その他)
負担が平等になるよう、行きは夫・帰りは妻と分担している。

(34歳/通信/技術職)

勤務時間も園からの距離もほぼ同じ場合、送迎は平等に分担するスタイルに落ち着きます。兄弟姉妹がいる場合は、夫婦で送り迎えというパターンもあり、パパは児童館や学童、ママは保育園という分け方もあります。子どもにとっては、「毎日同じ人が同じ時間に送迎してくれる」ことが安心につながります。基本のスタイルを決めて、もしものときは臨機応変に連絡を取り合いましょう。

納得のうえで担当

夫は出社する時間が早く帰りは遅いため、送迎は私が担当。

(31歳/機械・精密機器/技術職)
私の方が時短勤務で融通がきくので。

(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
送迎は自分がしないと心配だから。

(34歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

男性と女性の賃金格差や、産休・育休の取りやすさなども影響しているのか、男性に比べて女性の勤務時間は短めになる傾向があります。そのため、「送迎は妻」という夫婦は多いようです。子どもが熱を出すなど急なお迎え要請もあり、融通が利く方が送迎を担当しておくと少し安心ですね。イレギュラーな対応については、夫婦間でよく話し合っておく必要があるでしょう。

ちょっと不満は残るけれど……

夫は正社員で、自分は派遣の立場上。

(38歳/医療・福祉/専門職)
妻に任せるものと思ってるから。

(39歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
子供が希望。

(40歳以上/小売店/販売職・サービス系)

「妻側が送迎担当」ですが、なかには少しだけ不満を残しつつ担当しているママもいました。共働き夫婦の場合、家事育児は平等に分担したいところですが、どうしてものママの比重が重くなりがちです。できれば話し合って納得したうえで、気持ちよく送迎を担当したいですね。

「その他」と回答した人の意見

Lazy dummy

おじいちゃんおばあちゃん、お世話になります!

送迎担当はおじいちゃんの仕事だからです。

(28歳/機械・精密機器/技術職)
同居の義母の仕事。

(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

祖父母と同居、近居の場合、送迎はおじいちゃん、おばあちゃんにお願いしているというご家庭もありました。ご年配のご両親だと、子どもの歩く速度についていけなかったり、とっさの動きに反応できなかったり、という心配もあります。お子さんには、交通ルールをしっかり守ることを教えておきましょう。

まとめ

共働き世帯にとって、保育園の送迎は毎日の大事な仕事です。週明けの登園、週末のお迎えは荷物が多くて大変なこともあります。お家の事情、仕事の都合にあわせて、夫婦でうまくやりくりしていきましょう。園での子どもの様子を見られることも、送迎担当者の役得ですよ。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2020年9月8日~9月13日
調査人数:133人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】「忙しすぎて余裕がない」をなくすためのマイルールとは?『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.22

【漫画】「忙しすぎて余裕がない」をなくすためのマイルールとは?『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.22

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! 『いけいけどんどん! ワーママ奮闘記』で働くママたちの共感を集めたあいさんが、フリーランスデザイナーになり、主に在宅で働き出してからを描くコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


【漫画】働くママ共感必至。確かに「仕事は好き」だけど……『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.21

【漫画】働くママ共感必至。確かに「仕事は好き」だけど……『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.21

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! 『いけいけどんどん! ワーママ奮闘記』で働くママたちの共感を集めたあいさんが、フリーランスデザイナーになり、主に在宅で働き出してからを描くコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


【漫画】卒園した今だから言える! 保育園生活で成長したのは子どもだけじゃなかった『ワーママビジョン』Vol.6

【漫画】卒園した今だから言える! 保育園生活で成長したのは子どもだけじゃなかった『ワーママビジョン』Vol.6

2人の子どもを育てながら、時短勤務で働くいそめしちかこさん。出産前の「深夜残業あたりまえ、休日は寝るだけ」生活は、当然ながら、子どもを産んで一変しました! ワーママになって気づいた、ワーママだから気づけたあれこれについて、コミックエッセイの形で語ります。月1連載『ワーママビジョン』をよろしくお願いします♪


「妻ファースト」で家庭と仕事の両輪を回す 林夫妻の場合  #共働き夫婦のセブンルール

「妻ファースト」で家庭と仕事の両輪を回す 林夫妻の場合 #共働き夫婦のセブンルール

世の共働き夫婦は、どう家事を分担して、どんな方針で育児をしているんだろう。うまくこなしている夫婦にインタビューして、その秘訣を探りたい。そんな想いから、今回の企画はスタートした。それぞれの家庭のルールやこだわりを7つにまとめ、その夫婦の価値観を紐解いていく。第5回目は、5歳の男の子のパパとママである林夫妻のお話。


【漫画】在宅ワーク中のランチ、ついこればかっかりになっちゃいます『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.20

【漫画】在宅ワーク中のランチ、ついこればかっかりになっちゃいます『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.20

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! 『いけいけどんどん! ワーママ奮闘記』で働くママたちの共感を集めたあいさんが、フリーランスデザイナーになり、主に在宅で働き出してからを描くコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


最新の投稿


【恥ずかしい~~】保育園で席についた娘の目がキラキラした理由

【恥ずかしい~~】保育園で席についた娘の目がキラキラした理由

Instagramで子育て漫画を発信されるいけこままさん。いけこままさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【私、知りませんでした……】毎日繰り出される赤ちゃんからの天国と地獄

【私、知りませんでした……】毎日繰り出される赤ちゃんからの天国と地獄

Instagramで子育て漫画を発信されるつぐみやさん。つぐみやさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


妊婦にうれしいいちごの栄養素!いちご狩りは行っても大丈夫?【管理栄養士監修】

妊婦にうれしいいちごの栄養素!いちご狩りは行っても大丈夫?【管理栄養士監修】

妊娠中に必要な栄養素がたくさん詰まったいちごは、妊婦さんにとてもおすすめの果物です。へたを取るだけで簡単に食べられる点もうれしいですね。今回は妊婦さんがいちごを食べる際に気を付けたいことをご紹介します。


「妻ファースト」で家庭と仕事の両輪を回す 林夫妻の場合  #共働き夫婦のセブンルール

「妻ファースト」で家庭と仕事の両輪を回す 林夫妻の場合 #共働き夫婦のセブンルール

世の共働き夫婦は、どう家事を分担して、どんな方針で育児をしているんだろう。うまくこなしている夫婦にインタビューして、その秘訣を探りたい。そんな想いから、今回の企画はスタートした。それぞれの家庭のルールやこだわりを7つにまとめ、その夫婦の価値観を紐解いていく。第5回目は、5歳の男の子のパパとママである林夫妻のお話。


【漫画】双子あるある。2ショット撮らせてくれない問題『コウノトリが二羽飛んできた』Vol.8

【漫画】双子あるある。2ショット撮らせてくれない問題『コウノトリが二羽飛んできた』Vol.8

Instagramで話題! パパ目線のドタバタ双子育児漫画『コウノトリが二羽飛んできた がんばれパパ!! ふたご育児奮闘記』(日本文芸社)より、双子育児あるある、パパあるあるなエピソードを厳選してお届けします。