【医師監修】妊娠初期のうつぶせ寝は危険? 赤ちゃんへの影響とは

【医師監修】妊娠初期のうつぶせ寝は危険? 赤ちゃんへの影響とは

普段、うつぶせで寝るくせがある人もいますよね。でも、お腹が圧迫されそうなこの寝方、妊娠したら、いつまで続けてよいのでしょうか。妊娠中におすすめまたは注意が必要な寝姿勢とともに解説します。


妊娠初期ならうつぶせに寝ても大丈夫?

妊娠初期なのでうつ伏せで眠る女性
Lazy dummy

妊娠中、お腹が大きくなってくると、うつぶせで寝ること自体が苦しくなってきますが、まだお腹が大きくなっていない妊娠初期は、うつぶせに寝ても問題はないのでしょうか。

妊娠初期の母体の様子

まずは妊娠初期の身体の様子について、確認しておきましょう。

妊娠初期は、見た目には非妊娠時とほぼ変わりありませんが、体内では少しずつ変化が始まっています。例えば血液量、中でも血液の液体成分(血漿)の増加はすでに始まっています。これからどんどん大きくなっていく赤ちゃんの成長を支えるために、それまでよりも多くの血液が必要だからです。

そのほかには妊娠5週ころから「つわり」の症状が出始めたり、神経過敏になったり、感情の浮き沈みが激しくなったりすることもあります。

妊娠初期の後半~中期のはじめにあたる「妊娠4ヶ月(12~15週)」には、子宮は「グレープフルーツくらい」の大きさになり、お腹のふくらみがわかるようになってきます[*1]。

うつぶせに寝ても大丈夫? 赤ちゃんへの影響は?

そんな妊娠初期、いくらまだお腹が目立たないとはいっても、「うつぶせになると赤ちゃんがつぶされてしまうのでは」と思うこともあるでしょう。

結論からお話しすると、お母さんがうつぶせになっても、赤ちゃんがつぶれてしまうということは、まずありません。なぜならば赤ちゃんはお母さんのお腹の中で、たくさんのクッションに守られています。

まずは子宮の中の「羊水」。子宮の中は羊水で満たされていて、いわば水風船の中に赤ちゃんが浮いているような状態になっています。また、子宮はお母さんの「皮下脂肪」にも守られています。

以上のことから、お母さんがうつぶせに寝ても、妊娠初期の赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。安心してください。

うつぶせで寝られるのはいつまで?

そうは言っても、お腹が大きくなってからうつ伏せになると苦しいものです。「この時期までなら、うつぶせ寝をしてもOK」という明確な基準は、とくにないので、うつぶせになっても息苦しさを感じないようであれば、妊娠中でもうつぶせ寝をして問題ないでしょう。就寝中は寝返りをするので、苦しくなったら自然とうつぶせから体位が変わるはずです。

なお、寝る時の姿勢をサポートしてくれる妊婦さん向けのグッズも販売されています。寝入るのが難しいようなら、それらを使ってみてもよいでしょう。

妊娠中に楽な寝姿勢・注意すべき寝姿勢

では、妊娠中はどんな寝姿勢を取るのがよいのでしょうか。おすすめは「シムス位」と呼ばれる姿勢です。

大きなお腹でも楽な「シムス位」

「シムス位」は、妊婦さんの楽な寝姿勢として紹介されることの多い姿勢です。身体の左側を下にして、ややうつぶせ気味の横向きになり、下になった左足を楽な位置へ伸ばします。

シムス位は、お腹が大きくなってからも重さを感じにくく、足もリラックスしやすいといわれています。また、お腹を守っているようなポーズになるため、仰向けなどと比べると安心感を得やすいことも魅力です。

シムス位をとる際、抱き枕などを利用してもよいでしょう。詳しいやり方は下記の記事を参照してください。

【医師監修】シムス位は妊娠中におすすめ? 妊婦にシムス位がおすすめの理由

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7544

お腹が大きくなっていく過程では、体を休めるときや寝るときに楽な姿勢が普段とは違ってくることがあります。そこで楽な寝姿勢として世界中で知られるという「シムス位」について調べてみました。

妊娠中期以降の「仰向け寝」は要注意

妊娠中はシムス位とは逆に、注意すべき寝姿勢もあります。それは「仰向け」の姿勢です。一見すると楽そうに見えるこの姿勢が、妊娠中はなぜ要注意なのでしょう。

じつはお腹が大きくなってくる妊娠中期以降では、仰向けの姿勢をとると子宮の重みが背骨の右側を通る下大静脈という大きな血管を圧迫してしまうことがあります。すると、それによって静脈の血流が妨げられ、「仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)」というトラブルを引き起こしてしまうことがあるのです。

仰臥位低血圧症候群はその名の通り、仰臥位=仰向けになることで下大静脈が圧迫され、低血圧を引き起こすこと。お腹が大きくなる妊娠中期以降に比較的よく見られるトラブルです。

血圧が急に下がることで意識障害、不整脈の一種である頻脈、悪心といった症状が現れることがあります。中には、産婦人科の診察室で待っているわずかな間、仰向けになっていただけで冷や汗や吐き気などが生じることも。

もしも仰向けになった場合、上記のような症状や寝苦しさを感じたら、身体の左側を下にして横を向く姿勢(左側臥位・ひだりそくがい)をとりましょう。静脈の血流が改善すると、症状は速やかに回復します。

症状が改善されないときは、仰臥位低血圧症候群とは別の原因がある可能性も考えられます。かかりつけの産科に連絡をし、判断を仰ぎましょう。

まとめ

妊娠初期でうつ伏せにぐっすり寝むれてスッキリ目覚めた女性
Lazy dummy

うつぶせ寝でもシムス位でも、実際にどのような姿勢で寝るのが楽かは人によって違います。いろいろな姿勢を試し、自分にとって楽な寝姿勢を見つけられるとよいですね。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、昭和大学医学部客員教授、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

(文:山本尚恵/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]「目でみる妊娠と出産」文光堂

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】母は強し! 困難のおかげで一番大事なことに気づく!!……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.8

【漫画】母は強し! 困難のおかげで一番大事なことに気づく!!……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.8

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、妊娠中は予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産、育児の記録をお届けします。


【妊娠9ヶ月】産後に提出する書類をリスト化し準備しておく #ワーママへの道

【妊娠9ヶ月】産後に提出する書類をリスト化し準備しておく #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……? など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠8ヶ月編をお届けします。


【漫画】心の支えだったバースプランが……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.7

【漫画】心の支えだったバースプランが……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.7

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、妊娠中は予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産、育児の記録をお届けします。


【ママ調査】今だから言える「妊娠中の反省点」 #プレママ1年生

【ママ調査】今だから言える「妊娠中の反省点」 #プレママ1年生

先輩ママたちに、「今だから言える妊娠中の反省点」についてのアンケートを実施。いろいろな内容の反省が集まりました。妊娠中の方は、妊婦生活の参考にしてみてくださいね。


【ママ調査】戌の日参りのほっこり&残念エピソード集 #プレママ1年生

【ママ調査】戌の日参りのほっこり&残念エピソード集 #プレママ1年生

日本には昔から、「戌の日に神社へお参りして安産祈願をする」という習慣があります。戌が多胎で安産であることから、縁起をかついだ風習です。先輩ママにアンケートをして、思い出のエピソードを教えてもらいました。コロナ禍でなかなか参拝が難しい時期ですが、参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


2021年2月26日(金) 【豪華プレゼント付き!】絵本読み聞かせのインスタライブを配信!

2021年2月26日(金) 【豪華プレゼント付き!】絵本読み聞かせのインスタライブを配信!

パパとママに役立つ情報を発信しているマイナビウーマン子育てが、定期的に行っているインスタライブ。今回のインスタライブの内容をご紹介します。


【医師監修】出産にかかる時間はどれぐらい? 難産になったらどうするの?

【医師監修】出産にかかる時間はどれぐらい? 難産になったらどうするの?

いよいよ出産。初めての出産は時間がかかるというけれど、どのくらいかかるの? また、難産になった場合の医療処置について知っておきましょう。


【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

出産が怖いと感じる妊婦さんは意外と多いもの。その理由と対処法について、助産師がアドバイスします。漠然とした不安でもやもやしている方も、陣痛などはっきりとした不安がある方も、ぜひチェックしてください。


【医師監修】経産婦は陣痛が短い? 出産経験の有無と陣痛の関係

【医師監修】経産婦は陣痛が短い? 出産経験の有無と陣痛の関係

出産の際に繰り返し起こる子宮の収縮が「陣痛」です。経産婦は初産婦と比較して「陣痛が短い」「出産が早く終わる」などといわれることもありますが、それは本当なのでしょうか? 出産経験の有無と陣痛、そして出産の進み方の関係についてまとめました。


【医師監修】陣痛中の胎動Q&A! 陣痛中に胎動はある? 激しいのは?

【医師監修】陣痛中の胎動Q&A! 陣痛中に胎動はある? 激しいのは?

赤ちゃんの存在を強く感じさせてくれる「胎動」。妊娠7ヶ月ごろからはっきりと赤ちゃんの動きがわかる人が多いとされますが、陣痛中にもそれは感じるものでしょうか? 陣痛中の胎動についてまとめます。