ママのための悩み解決サイト
【夫婦のリアル】子どもが産まれたら、お互いに「パパ・ママ」と呼び合う?

【夫婦のリアル】子どもが産まれたら、お互いに「パパ・ママ」と呼び合う?

夫婦や恋人同士はお互いに名前やあだ名で呼び合うもことが多いと思いますが、子どもが産まれてお互いに親となった際には「パパ」「ママ」などと呼び方を変えたりするのでしょうか? 子どもを持つママのみなさんに、聞いてみました。


Q.産後、夫婦間での呼び名が「パパ」「ママ」に変わりましたか?

はい 40.65% / いいえ 59.35%

夫婦間でお互いの呼び名が変わったと答えた人は4割、変わらなかったという人は6割弱と、変わらなかった人がやや上回る結果となりました。それぞれの意見を見てみましょう。

夫婦間での呼び名が「パパ」「ママ」に変わった人の意見

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子供の視点に合わせて

・子どもを中心にして呼び合うようになった。(34歳/0歳児/派遣社員/医療・福祉)

・子ども中心に考えるようになったため。(36歳/6歳児/主婦/その他)

子ども中心の生活になると同時に、視点も子どもに合わせてお互いの呼び名を変えたという声がありました。

自然に変わった

・子どもがパパ、ママと言うから自然に変わった。(30歳/2歳児/自営業・フリーランス/その他)

・夫が言い始めて、何となく合わせるうちに定着した。(37歳/2歳児/正社員(総合職)/ソフトウェア)

最初は特に意識していなかったものの、夫や子供が「パパ」「ママ」と呼んでいるうちに自然と定着するようになったというママも。

子どもに呼び方を認識させるため

・子どもにパパやママと早くに認識してもらうため。パパママが言えるようになってから、二人の時は以前の名前呼びに戻しました。(35歳/3歳児/正社員(一般事務)/商社・卸)

・子どもが小さいうちは名前で呼び合っていたが、大きくなってきて真似されても嫌なので気づいたらパパ、ママに。(34歳/2歳児・5歳児/主婦/その他)

子どもに「パパ」「ママ」と呼ぶように認識してもらうため、お互いにそのように呼ぶようにしたという意見も挙がりました。

夫婦間での呼び名が「パパ」「ママ」に変えなかった人の意見

親になっても異性として意識し合いたい

・パパ、ママと呼びあったら異性として見られなくなりそう。(33歳/5歳児・7歳児以上/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・ラブラブのときの感じを忘れないために名前で呼んでいる。(28歳/0歳児/正社員(一般事務)/食品・飲料)

お互いに親になっても異性としての意識を忘れないように、呼び方はそのままにしているという声が挙がっています。

考えられない

・夫はわたしのパパではないし、私は夫のママではないので、お互いをそのように呼ぶことはありませんし、考えられません。(40歳以上/7歳児以上/主婦/その他)

・子供がいても私の旦那様でパパではないから。(27歳/0歳児/パート・アルバイト/ホテル・旅行・アミューズメント)

子供にとっては「パパ」「ママ」ではあるけど夫、妻はあくまでも夫婦であって親ではないから、という声も。

変える必要を感じない

・変える必要を感じなかったので、そのままにしている。(28歳/0歳児/その他/その他)

・別にあえて変える必要はないと思ったから変えなかった。(34歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

そもそも呼び方を変える必要性を感じないという意見も聞かれました。必要性を感じない理由としては「子供がまだ話せる月齢ではないから」という声が目立ち、小さいお子さんを持つママに多く見られました。これから変わるかもしれませんね。

子供の前でのみ変える

・「子供の前ではパパママですが、普段は今まで通りです」(31歳/1歳児/正社員(一般事務)/情報・IT)

・「子どもの前では名前では呼ばない」(25歳/1歳児/正社員(総合職)/学校・教育関連)

夫婦間での呼び方は変わっていないけれど、子供の前では「パパ」「ママ」と呼ぶように意識しているという人もいました。

まとめ

夫婦間でお互いの呼び名は変えないという人が少し上回る結果に。子供の視点に合わせてという声や、夫婦間で馴れ合いすぎないよう配慮しているというコメントが上がりました。夫婦として親子として良い関係を保てることがベストですね。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年12月10日〜12月18日
調査人数:130人(23歳〜40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


本音コラム 子育て 体験談

関連する投稿


TV CMで話題!毎月無料で写真印刷できるFamm(ファム)の人気の秘密!

TV CMで話題!毎月無料で写真印刷できるFamm(ファム)の人気の秘密!

最近TV CMや雑誌で話題になっている、子育てアルバムFamm(ファム)。毎月無料で印刷できるなんて、子育て中のママにはとても嬉しいサービスですよね♡なぜこんなに人気が出てきているのか、秘密を探ってみました!


捨てられない! ママが大切にする「子どもの制作物」6つ

捨てられない! ママが大切にする「子どもの制作物」6つ

子どもが作った物は残しておきたくて、どんどんたまってしまう……なんてママも多いのではないでしょうか。やっぱり捨てられないですよね。今回は、子どもを持つ20歳〜40代のママに、どうしても捨てられない子どもの作品について聞いてみました。


子どもに絶対にしない! ママたちが決めている「10のルール」

子どもに絶対にしない! ママたちが決めている「10のルール」

子育ては、人によって考え方も方法もさまざま。子どもに対して「こうしてあげたい」と思うこともあれば、「これだけは絶対にしない」と決めていることもありますよね。今回は子どもを持つ20歳〜40代の女性のみなさんに、子育てにおいて絶対に子どもにしないと決めていることについて聞いてみました。


こっそり満喫! 子どもが寝ている時のママの楽しみ11選

こっそり満喫! 子どもが寝ている時のママの楽しみ11選

子育て中は、なかなか自分の自由な時間が持てないですよね。そんなママたちにとって、子どもが寝ている時間は自分の好きなことを楽しめる唯一のひととき。みなさんは子どもが寝ている間、どのようなことをしているのでしょうか? 今回は20歳〜40代のママに聞いてみました。


気遣いに感激! ママが子育て中に感じた夫の優しさ9つ

気遣いに感激! ママが子育て中に感じた夫の優しさ9つ

子育てをしているママにとって心の支えになる、夫の気遣い。その気遣いがあってこそ子育てを乗り切れたというママも多いのではないでしょうか。今回は子どもを持つ20歳〜40代の女性たちに、子育て中に嬉しかった夫の気遣いのエピソードを聞いてみました。


最新の投稿


子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子ども連れでも楽しめる!東京美術館の人気の理由は?

子どもに美術館の楽しさを伝えたい、そう思っても、子ども連れで美術館は行きにくいですよね。そんなママには東京都美術館がおすすめです。おむつをしている子どもも一緒に楽しめる、ママやパパに人気の理由について調べました。


やりくりママ必見!エースコンタクトが画期的なサービス開始

やりくりママ必見!エースコンタクトが画期的なサービス開始

破損、汚れ、目の痛みなどなにかとトラブルが多いコンタクトレンズ。そんなコンタクトレンズの悩みを定額でサポートしてくれる、まったく新しい形のサービスがエースコンタクトより開始されました。その内容や値段、メリットを詳しく解説します。


MARLMARL(マールマール)を価格帯別で紹介!出産祝いでセンスがいいといわれるプレゼント

MARLMARL(マールマール)を価格帯別で紹介!出産祝いでセンスがいいといわれるプレゼント

絶対によろこばれる出産祝いやプレゼントを贈りたいなら、MARLMARL(マールマール)が一押しです。今回はおしゃれで人気の商品を価格帯別にご紹介します。


【医師監修】基礎体温で何がわかるの? 見方を分かりやすく解説

【医師監修】基礎体温で何がわかるの? 見方を分かりやすく解説

妊娠を望む女性にとって、妊娠する可能性が高い排卵日を知ることはとても重要なことです。排卵日を知るための手段として知られている「基礎体温」について、詳しく知らない方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、排卵日だけではなく女性の体に起こっている変化などもわかる「基礎体温」をわかりやすく紹介していきます。


【医師監修】小児喘息の5つの原因! 症状&治療ガイド

【医師監修】小児喘息の5つの原因! 症状&治療ガイド

冬になると急激に気管支喘息が増えます。お子さんの咳(せき)が長引いていることありませんか? 風邪だと思っていたら実は喘息の発作で入院なんてことも。「遺伝する?」、「薬で治るの?」「大人の喘息とは違う?」など小児喘息の症状や原因、治療法についてお話しします。上手に症状をコントロールしましょう。