【医師監修】麻疹(はしか)の予防接種のスケジュールや副反応について

【医師監修】麻疹(はしか)の予防接種のスケジュールや副反応について

麻疹は予防接種が「最も有効な予防法」といわれています。感染力が強く、手洗いやマスクだけで予防することが難しいため、予防接種を受けることが必要とされています。ここでは、赤ちゃんの麻疹の予防接種について詳しく紹介します。


この記事の監修ドクター
なごみクリニック院長 武井智昭先生
慶応義塾大学医学部卒業後、平塚共済病院小児科医長を経てなごみクリニック院長。日本小児科学会専門医、指導医。臨床研修医指導医。インフェクションコントロールドクター(日本小児感染症学会)。現在、0歳から100歳までの「1世紀」を診療する医師として、家庭医として地域医療に従事しながら、メディア等での執筆・監修を多方面で行っている。

麻疹ってどんな病気?

Getty logo

※画像はイメージです

まずは、麻疹(はしか)がどんな病気なのかからチェックしていきましょう。

麻疹とは

麻疹は、麻疹ウイルスが引き起こす急性の全身感染症として知られています。麻疹ウイルスの感染経路は、飛沫感染、空気感染、接触感染で、人から人へ感染が伝播し、その感染力は非常に強いといわれています。免疫を持たない人が感染した場合はほぼ100%発症するといわれていますが、2回の予防接種をして免疫を獲得していれば、発症のリスクを抑えることが期待できます。

麻疹の症状

潜伏期間は感染後10~12日で、まず発熱や咳、鼻水など、風邪のような症状が現れ2~3日続き(カタル期)、小児では不機嫌となり、呼吸困難や顔色不良となることがあります。その後、12時間程度の解熱をしてから、再度の39℃以上の高熱と発疹が現れ3~4日間続きます(発疹期)。その後解熱し(回復期)、合併症のないかぎり7~10日後には回復してきます。合併症を発症する場合は、肺炎や中耳炎、脳炎などがあります。

知っておきたい予防接種のポイント

ここからは、麻疹の予防接種のあれこれについて、必要性から接種スケジュール、費用、副反応などを紹介していきます。

麻疹の予防接種はなぜ必要?

麻疹は感染力が強く、空気感染もするので、手洗いやマスクのみでは予防することはできませんが、ワクチン接種を受けて免疫がある人なら感染することは、ほぼありません。そのため、予防接種がとても重要となります。2回の接種を受ければ、1回の接種では免疫ができなかった人でも免疫ができることが期待できます。さらに、接種後年数の経過とともに、免疫が次第に低下してきた人に関しては、追加のワクチン接種を受けることにより免疫を増強させるという効果があります。

麻疹の予防接種はいつ受ける?

大切な子供を病気から守るためには、接種できる時期になったらできるだけベストなタイミングで、忘れずに予防接種を受けることが重要となります。予防接種法では、麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)による2回の接種が定期接種に導入されていて、1歳になったら1回、小学校入学前の1年間にもう1回の接種が規定されております。

副反応についても知っておこう

麻疹ワクチンは生ワクチンです。接種してから5~14日後に発熱したりぶつぶつができたりすることがあります。また、接種箇所に赤みや腫れが見られることもあります。そのほか、頻度はまれですが、ワクチン接種後のアナフィラキシー、脳炎などの重い副反応が起こることがあります。予防接種後に気になる症状が現れた場合には、すぐに医師に相談しましょう。

まとめ

予防接種を受けていればほとんどかからないとされている麻疹。定期接種の時期である、1歳になったら1回、小学校入学前の1年間にもう1回の予防接種で免疫獲得が期待されるので、忘れずに対象年齢の赤ちゃんに予防接種を受けさせるようにしましょう。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.20)

【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1620

さまざまな経路で感染する麻疹(はしか)。特に妊婦さんの感染は「流産」や「早産」を起こす可能性も。 今回は、妊娠中の麻疹(はしか)の危険性に加え、胎児への影響を説明します。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


子育て疲れを癒して気分転換! ママと子ども、環境にもやさしい香水が登場

子育て疲れを癒して気分転換! ママと子ども、環境にもやさしい香水が登場

働くママの声から生まれた化粧品ブランド「ママ アクア シャボン」から、「オードトワレ」シリーズが、6月27日より発売されます。


【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

ベビー・子ども向けブランド「the kindest」から、初の子ども向けおやつ、ソフトクッキーが、販売開始されました。


「Afternoon Tea LIVING」の新作レインアイテムが優秀! ママ注目の機能をチェック

「Afternoon Tea LIVING」の新作レインアイテムが優秀! ママ注目の機能をチェック

「Afternoon Tea LIVING」は、レインアイテムの新作を5月27日から発売します。


外出自粛のストレス解消に! 親子で参加できる「はぎゅわっとチャレンジ」がスタート

外出自粛のストレス解消に! 親子で参加できる「はぎゅわっとチャレンジ」がスタート

妊活・妊娠・育児情報を発信するInstagram「Hagyu」は、コロナ禍における子育てコミュニケーションとストレス解消を推進するキャンペーンを開始しました。


最新の投稿


【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

授乳というと横抱きのイメージですが、縦抱きでも授乳はできます。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さくて柔らか。首も腰も据わらずふにゃふにゃしているので、抱っこをするのにもドキドキしてしまいますね。そんな月齢が低い赤ちゃんでも縦抱きで授乳しても大丈夫なのか、どんな場合に向いているかなどを解説します。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。