ママのための悩み解決サイト
【医師監修】赤ちゃんの蕁麻疹(じんましん)の原因と間違えやすい症状・対処法

【医師監修】赤ちゃんの蕁麻疹(じんましん)の原因と間違えやすい症状・対処法

あるとき急に発症した蕁麻疹(じんましん)に驚き、慌てる親は少なくないでしょう。蕁麻疹のほとんどは数時間以内に消えるのが普通ですが、中には症状がひどい場合に発疹が出たままのこともあります。ここでは、蕁麻疹の原因や対処法を紹介していきます。


この記事の監修ドクター
なごみクリニック院長 武井智昭先生
慶応義塾大学医学部卒業後、平塚共済病院小児科医長を経てなごみクリニック院長。日本小児科学会専門医、指導医。臨床研修医指導医。インフェクションコントロールドクター(日本小児感染症学会)。現在、0歳から100歳までの「1世紀」を診療する医師として、家庭医として地域医療に従事しながら、メディア等での執筆・監修を多方面で行っている。

蕁麻疹ってどんな症状?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

蕁麻疹が出るメカニズム

蕁麻疹が出るメカニズムは以下のようになっています。私達の皮膚の真皮層という部位には、蕁麻疹の原因細胞となるマスト細胞が存在します。この細胞が何らかの刺激を受けるとヒスタミンという物質を放出します。このヒスタミンが身体の毛細血管に作用すると、血漿という血液の成分が血管外へ滲み出て、膨らみを起こすと同時に、血管を拡張させて赤みを生じさせます。また、ヒスタミンは真皮層の知覚神経に作用して痒みを引き起こします。

蕁麻疹の種類

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

蕁麻疹にはいくつかの種類があり、原因も様々です。原因不明のことがほとんどですが、症状が急激に悪化するなど対処困難なタイプもあるためお子様の取り巻く環境で原因になりそうなアレルゲンや物理的原因を予測する必要があります。

■急性蕁麻疹
症状が出始めてから1カ月以内のもの。原因としては、細菌やウイルス感染などが多い。

■慢性蕁麻疹
症状が出始めてから1カ月以上経過したもの。原因が特定できないことが多い。

■物理性蕁麻疹
皮膚をこすったり、圧をかけたり、寒さや暑さ、日光や振動などといった物理的刺激が原因で起こる。

■コリン性蕁麻疹
汗をかくと現れるもの。膨疹(皮膚のふくらみ)は小さめ。

■アレルギー性蕁麻疹
食べ物などに含まれるアレルゲンに反応して起こるもの。

■イントレランス
アスピリンなどの非ステロイド系消炎鎮痛薬などで起こるもの。

■血管性浮腫
唇やまぶたなどが突然腫れ、痒みはないが、2~3日続くもの。

赤ちゃんの蕁麻疹の原因になりやすいもの

赤ちゃんの蕁麻疹の主な原因は以下のものです。前述の通り原因不明のことも多いですが、食物などのアレルギーによるものもあれば、温度差や摩擦などのアレルギーを介さないものもあるでしょう。下記のような原因を参考にしつつ、子供に初めて蕁麻疹ができたときや何度も起きたり長く続いたりするとき、また蕁麻疹とともに息苦しさが出たときなど、小児科やアレルギー科の医師に相談するようにしてください。

食物アレルギー

食物アレルギーの症状にはさまざまありますが、蕁麻疹もそのひとつです。

乳幼児では鶏卵、牛乳、小麦などによる食物アレルギーが多く見られます。離乳食を開始する頃の1歳時以降は、魚卵(いくらなど)による食物アレルギーを発症する事もあります。

温度差、食物以外のアレルギー、圧迫など

■温度差:寒暖の差によるものでお風呂に入った時などに生じることがあります。

■圧迫、摩擦:大人の場合ならば重いカゴやバックを持った時の圧迫によるもの、電動マッサージなどによる摩擦などが原因で生じるタイプです。こうしたアレルギー性でないタイプの蕁麻疹は痒みを生じない事も多いです。子供の場合はあまりこうした場面に遭遇する事はないため、チャイルドシートの圧迫や衣類による圧迫や摩擦に注意しましょう。

■運動、発汗:運動などによる発汗で蕁麻疹が現れることがあります。コリン性蕁麻疹とも呼ばれています。子供は大人と比較しても汗をかきやすいため、部屋の温度など保温調整に気をつけましょう。

■薬品、注射:抗生物質、解熱剤などの薬品による蕁麻疹もあります。薬品でおきる蕁麻疹は重症化するケースが比較的あるため、薬品投与後に蕁麻疹の兆候があれば、その薬品の使用をただちに中止し、医療機関へすぐに受診しましょう。

蕁麻疹が出たときの対応・注意点

蕁麻疹が発症すると、どうしようもない痒みが襲います。こうした痒みは、冷やすことである程度は緩和します。保冷剤をガーゼなどで包んだものを使用し、患部を冷やして様子を見て安定するようであればよいのですが、痒みが治らなかったり、息苦しさや嘔吐下痢などの症状も出てきたりするならば医師の診察を受けましょう。

なお、6カ月未満の赤ちゃんには、患部を冷やすよりも、部屋の温度を下げたり、薄着にしたり、水分を多めにとるなどの対応をおすすめします。

また、ほとんどの蕁麻疹の痒みに対しては冷やすことが効果的ではありますが、寒冷による蕁麻疹に対しては逆効果となりますのでご注意ください。

血行促進を促してしまう入浴なども控えてあげた方がよいです。体を温めることで痒みは強くなってしまいます。また、刺激や熱さによる蕁麻疹では唐辛子などの辛い食材を摂取すると体が熱くなり、皮膚を刺激するため控えた方が良いです。さらに肌に刺激を与える素材や締め付けるような下着や衣類は控えましょう。

蕁麻疹によく似た皮膚疾患

蕁麻疹によく似た皮膚疾患がいくつかあるため、各疾患の特徴をある程度理解しておくと、受診するかどうかの判断が付きやすく、受診したときにも医師へ説明しやすくなるでしょう。

乳児湿疹

乳児期の湿疹を総称して乳児湿疹と言います。多くは、乳児期アトピー性皮膚炎と考えられていますが、特殊型として乳児脂漏性皮膚炎があります。乳児期アトピー性皮膚炎は生後3~6カ月頃、顔をはじめとして湿疹が体に広がります。一方、乳児脂漏性皮膚炎は、生後数週間頃に症状が見られ、数週間で自然治癒するものをいいます。

新生児ニキビ

新生児期には原因が定かでないニキビができやすくなります。その原因とされるものには、お腹にいる時にお母さんからのホルモンの影響を受けている事や不衛生な寝具によるものなどがあげられます。皮膚代謝が整う生後3カ月くらいからは徐々に緩和されていくのも特徴です。

あせも

大量の汗により汗腺が詰まって体の外に排出されず、汗が周囲の組織を刺激することでプツプツができるものを、あせもといいます。暑くて蒸れやすい夏場にできやすいと言われていますす。乳幼児の場合、汗の溜まりやすい首や腕、足の曲がる部位にできやすくなります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は小児期に多くみられて、成人期までに自然に治まる傾向のある皮膚疾患です。湿疹が治るまでに時間がかかり、炎症を繰り返すために乾燥も伴うカサカサ肌になるのも特徴です。症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す傾向にあり、発症してしまうと長期戦になるでしょう。アトピー性皮膚炎では、皮膚のバリア機能が低下しやすい傾向にあるため、外部刺激を受けやすくなります。

アトピー性皮膚炎の治療は病態に基づいて、①薬物療法、②乾燥した皮膚への保湿剤・保護剤の使用などによるスキンケア、③食物アレルゲン・ダニ・ハウスダストなど悪化因子の検索と対策、の3点が基本になるとされています。

虫刺され

媒介となる虫は蚊、ブヨ、蜂、ノミ、ダニなどです。刺されてから即時に痒みが出るケースや刺されてから数日経過してから反応が出るタイプがあります。

これらの皮膚疾患と比べて、蕁麻疹の場合は年齢関係なく発症し数時間で治まる事が多く、何事もなかったように綺麗に消失するのが特徴です。蕁麻疹の定義としては、一過性のアレルギーですぐに反応が出て数時間で改善するのが一般的ですが、持続する場合には蕁麻疹以外の原因が考えられるので病院を受診するようにしましょう。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「子供の蕁麻疹を見ていると辛くて見ていられない……」という親は多いでしょう。ですが、蕁麻疹はアトピー性皮膚炎のように治療が長期化するものではなく「数時間」「数日」で消失するという特徴を持っています。ですから、親は慌てずに子供に水分を多くとらせたり体を冷やすなどして痒みを和らげてあげましょう。また、蕁麻疹が半日以上、長く続いたり、何度も起きるときや、初めて蕁麻疹が出たり、蕁麻疹で息苦しくしているときにはすぐに小児科やアレルギー科を受診するようにしてください。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.06.25)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


 麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

麻疹(麻しん・はしか)を流行させないために必要なものと集団免疫【ママ女医と娘の○○な日常 vol.40】

今年の3月頃から沖縄県で麻疹患者さんが増えている事をご存知でしょうか。麻疹は感染力が強く、流行を防ぐのが難しい感染症です。今回はワクチンと集団免疫を解説します。


ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

毎年春先になると増えて来るのが乳幼児に怖いロタウイルスによる嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)です。どういった特徴があるのか? ワクチンの話と共に簡単に解説します。


入園・入学前、「予防接種」うち忘れていませんか?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.36】

入園・入学前、「予防接種」うち忘れていませんか?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.36】

入園や、入学のための準備におわれている頃でしょうか。入園・入学前に、目に見えない準備の「予防接種」、お済みでしょうか?


嘔吐下痢の対策グッズを準備してみよう!【ママ女医と娘の○○な日常 vol.31】

嘔吐下痢の対策グッズを準備してみよう!【ママ女医と娘の○○な日常 vol.31】

突然やって来るのが嘔吐下痢。「困った! どうしよう!」と焦らないために、対策グッズとして準備しておくと便利なものをご紹介します。


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


最新の投稿


【医師監修】外出はしてもOK? 生後1カ月の赤ちゃんの特徴

【医師監修】外出はしてもOK? 生後1カ月の赤ちゃんの特徴

生後1カ月になると、授乳や睡眠の頻度も徐々に安定してきます。そろそろ外出したいと思うママも多いのではないでしょうか。今回は、生後1カ月の赤ちゃんの特徴とともに、この時期の外出についてのポイントを紹介します。


【医師監修】生後7カ月の赤ちゃん!  この時期の特徴やおすすめの遊び・おもちゃ

【医師監修】生後7カ月の赤ちゃん!  この時期の特徴やおすすめの遊び・おもちゃ

これまで不安定だったお座りや寝返りが安定すると同時に、ずりばいや手の動きの発達など、さらなる成長も見られる時期。心の発達も進み、人見知りや夜泣きが始まる子もいます。生後7カ月の赤ちゃんの成長段階と育児のポイントをご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの便秘、原因と解消法は?  気をつけたい受診の目安

【医師監修】赤ちゃんの便秘、原因と解消法は?  気をつけたい受診の目安

赤ちゃんのうんちが何日も出ていないと、もしかして便秘? と心配になりますよね。いったい何日出ていなければ便秘になるのでしょうか? 判断基準と4つの解消法をご紹介します。浣腸や便秘薬など、気になる問題にもお答えしています。


【医師監修】生後3カ月になった赤ちゃんの4つの特徴とは?

【医師監修】生後3カ月になった赤ちゃんの4つの特徴とは?

生後3カ月は赤ちゃんがいちじるしい成長を見せる時期。体重は生まれた頃のほぼ2倍になり、縦抱っこが安定するくらい首もすわってきます。今回は、赤ちゃんの発育目安と特徴、育児のポイントと、この時期に知っておきたい予防接種についてご紹介します。


【医師監修】生後12カ月の特徴・成長ぶりは? 育児の基礎知識

【医師監修】生後12カ月の特徴・成長ぶりは? 育児の基礎知識

生後12カ月は、体格、行動、心とあらゆる面で成長を遂げます。今回は、12カ月ごろの子どもの特徴や食事のこと、注意点ほか、予防接種についてもお伝えしていきたいと思います。