【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

「産後すぐに出る“初乳”は大事らしい」という知識を持っている人は少なくないようですが、なぜ大事なのか、いつまで出るものなのか、それ以降の母乳とはどう違うのか、となると「??」となってしまうものですよね。今回はそんな初乳にまつわるクエスチョンについて解説します。


初乳ってどんなもの?

Getty logo

初乳(しょにゅう)とは、出産後に出る黄白色をした濃い母乳です。量は少ないですが、重要な成分をたくさん含んでいます。

初乳の成分は赤ちゃんを守る

初乳には、赤ちゃんを守ってくれる免疫物質などが多く含まれています。子宮の中と違い、さまざまな細菌がある場所に出てきたばかりの赤ちゃんは、免疫機能が十分ではありません。初乳には、そんな赤ちゃんを病原体から守る役割があるのです。

【助産師解説】母乳に含まれる免疫とは?母乳育児の健康面でのメリット

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7322

母乳には免疫物質が含まれることがわかっていますが、どの免疫がどれぐらい含まれ、赤ちゃんの健康にどのようなメリットをもたらしているのでしょうか?母乳の特徴とミルクとの違いについて、助産師が詳しくお伝えします。

初乳はいつまで出る?

赤ちゃんにとって重要な初乳ですが、普通の母乳とはどう異なるのでしょうか。また、いつまで出るものなのでしょうか。

母乳の成分は変化する

母乳は出産直後からたくさん出るわけではなく、出産直後から日を追うごとに量が増え、同様に成分にも変化があります。

まず、産後すぐに出るのが初乳。そこから徐々に分泌量や成分が変化し、エネルギーや脂質、乳糖などが豊富な「成乳(せいにゅう)」へと移行します。

ちなみに、初乳と成乳は色味も異なります。ビタミンAを多く含む影響で黄色味がかった初乳に比べ、成乳は白っぽくなります。

初乳が出るのは出産から数日間

Getty logo

個人差はあるものの、初乳はおおよそ産後3〜5日ごろまでの時期に出ます。

初乳から成乳へ移行する時期は産後3〜8日ごろですが、急に初乳がピタッと止まって成乳が出るわけではなく、「移行乳」という初乳と成乳の間ぐらいの母乳を経て成乳が出るようになるのです。

【助産師解説】母乳はいつから出るの?安定するまでの期間と分泌をよくする方法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6513

母乳はいつ頃から出始めるの?分泌が安定するまでの期間とそのメカニズムについて、助産師が解説します。母乳の出をよくする方法についてもアドバイスしているので、ぜひ参考にしてください。

初乳が飲ませられなかったら?

Getty logo

持病などで初乳を飲ませられないケースもあります。「赤ちゃんにとって大事なものなのに…」と思うかもしれませんが、気に病まないで。赤ちゃんの健康同様、お母さんが心身ともに健やかであることも、家族の未来には大切なことです。医療者とよく相談の上、母子ともに最善の方法を決めましょう。

初乳・母乳について困ったら、まずは相談

赤ちゃんを育てていく上で母乳の出や飲ませ方など、悩むことはあるでしょう。特にはじめのうちは、乳首に激痛が走ったり、おっぱいが張ったり、思っていたより母乳の出る量が少なかったり、赤ちゃんが上手に吸えなかったりで、不安がいっぱい。

初乳が出る時期は産後の入院中です。助産師に相談すればどんな些細なことでも教えてもらえますので、一人で抱え込まずに伝えてみましょう。また、退院後もトラブルの際に頼れる母乳外来を調べておくと安心ですね。

まとめ

Getty logo

赤ちゃんにとって大切な成分を多く含む「初乳」は、産後3〜5日までの間に出ます。初めのうちはおっぱいの悩みがつきませんが、助産師などに相談しつつ、不安を解消していきましょうね。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文:マイナビウーマン子育て編集部/監修:坂田陽子先生)


※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

新生児の赤ちゃんはまだ母乳をうまく飲めない子もいますが、その理由はさまざまです。今回は「赤ちゃん、母乳をうまく飲めてない?」と思われるケース別に対処法を考えます。


【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

赤ちゃんは生まれてからしばらくの間、母乳や育児用ミルク(以下、ミルク)から栄養や水分を得て暮らしていきます。栄養方法を何にするかはママや赤ちゃんの状況によって変わってきますが、それぞれに悩みや疑問を持つものです。今回は、母乳メインのママ、ミルクメインのママ、混合(以下、混合)のママそれぞれのお悩みに答えます!


【助産師監修】「貧乳だと母乳が出ない?」の疑問に答えます

【助産師監修】「貧乳だと母乳が出ない?」の疑問に答えます

初めての出産を控え、さまざまなことが不安になるものです。今回は「貧乳でも母乳は出るか」という疑問を、国際認定ラクテーションコンサルタントで助産師の坂田陽子先生にお答えいただきます。


最新の投稿


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。