【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

妊娠前後で、ママたちの変化はあったのでしょうか?気持ちや身体にどんな変化があったのか、先輩ママたちに聞いてみました。


Q.妊娠前と妊娠後で、自分に変化はありましたか?

アンケート結果

妊娠前と妊娠後で、自分に変化があったかどうかを聞いてみると、「ある」と回答したママの方が若干多い結果になりました。

では、「ある」と回答したママたちは、どんな変化があったのでしょうか?

妊娠前と妊娠後で、自分に変化があった人の意見

気持ちの変化

涙もろくなった。

(34歳/小売店/販売職・サービス系)
ちょっとしたことでイライラするようになった。

(35歳/主婦)
子供の虐待のニュースは、辛すぎて泣いてしまうようになった。

(37歳/主婦)
以前は人任せに出来ない性格だったが、甘えられるようになった。

(36歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
普通の毎日なのに、お腹の赤ちゃんといるだけでとても幸せに感じた。

(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
全てに対して感謝の気持ち。

(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
赤ちゃんがお腹にいるから、自分のことがとても愛おしくて、幸せな気持ちになれたこと。自分に自信が湧いた。存在するだけでいいんだって。

(35歳/不動産/クリエイティブ職)

妊娠中は、気分の浮き沈みが激しくなってしまうもの。そんななかでも、赤ちゃんがお腹に宿っているという幸福感に溢れたという人も。お腹の赤ちゃんと繋がっていられるのは、妊娠中にしか味わえない貴重な体験。この期間を大切にしたいですよね。

体調の変化

体調を崩しやすくなった。

(30歳/金融・証券/営業職)
髪の毛が抜けた。

(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
疲れやすくなった。

(33歳/小売店/販売職・サービス系)

お腹にいる赤ちゃんを育てるため、妊娠中のママの身体は目まぐるしく変わっていきます。トイレが近くなったり、足がパンパンにむくんだり、いつでも眠くなったり、その変化は人それぞれ違うようです。

食に関する変化

Getty logo
和食中心の食生活に変えた。

(37歳/主婦)
常に食欲旺盛で、体重が10キロ増えた。

(27歳/金融・証券/営業職)
スパゲッティが食べたくなるというシチュエーションがありました。

(24歳/建設・土木/販売職・サービス系)

ドラマでよく見るのが、「酸っぱいものが食べたくなる」という設定ですが、これも人ぞれぞれのよう。甘いものが苦手だった筆者は、妊娠中期の主食がアルフォートになり、出産後もある程度の甘いものが食べられるように。今でもこの味覚の変化は、不思議に思います。

お金に対する意識の変化

Getty logo
保険をいろいろ調べました。

(38歳/情報・IT/技術職)
将来のお金や、家計について考えるようになった。

(27歳/情報・IT/技術職)
お金の使い方について考えるようになった。

(40歳以上/建設・土木/事務系専門職)

子どもができてうれしい反面、「育休中や時短勤務で家計が回っていくのだろうか」「パパだけのお給料で大丈夫?」と不安に感じるママも多いようです。

妊娠前と妊娠後で、自分に変化がなかった人の意見

今まで通りの自分だった

特にない。

(38歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
いつもの自分だから。

(25歳/電機/事務系専門職)
自分に関して、変わった事はなかった。

(35歳/医療・福祉/専門職)

妊娠前と妊娠後を比較して、大きな変化を感じることがなかったママもいるようです。妊娠期間中を穏やかに過ごせるなら、それに越したことはありませんよね。

まとめ

妊娠前と妊娠後を比べて自分に変化があった人は、半数以上いる結果に。特に、感情面での変化を感じるコメントが多く挙げられ、「気分が落ち込みがちになり、涙もろくなった」という意見が目立ちました。そのほかの少数意見としては、「お化けが怖くなくなった」「高い場所が苦手になった」という、不思議な変化を感じる意見も。

お腹に新たな命を宿すのですから、気分的にも体調的にも何かしら変化を感じるのは当然かもしれません。妊娠中の身体の変化には特に注視して、ゆったりとした気持ちで過ごしてくださいね。


マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2020年5月29日~6月3日
調査人数:123人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【ママ調査】妊娠後、夫婦で家事分担などの話し合いはした? #プレママ1年生

【ママ調査】妊娠後、夫婦で家事分担などの話し合いはした? #プレママ1年生

妊娠前に何気なくしていた家事も、妊娠後には体調が悪くなってできなくなってしまうケースがあります。そんなときこそ、旦那さんの出番。先輩ママたちは、妊娠後の家事分担について夫婦で話し合いはしたのでしょうか? その内容も含め、先輩ママたちに聞いてみました。


【妊娠2ヶ月】妊娠がわかったらすることって?職場の報告や使える制度・お金 #ワーママへの道

【妊娠2ヶ月】妊娠がわかったらすることって?職場の報告や使える制度・お金 #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。


妊婦の約3人に1人がマタニティマークをつけるのが不安!? 『妊婦フレンズwithパパ』調査

妊婦の約3人に1人がマタニティマークをつけるのが不安!? 『妊婦フレンズwithパパ』調査

ピジョンが運営する『妊婦フレンズwithパパ』は、このほど「マタニティマークに関する調査」を実施しました。それによると、マタニティマークをつける理由について、妊婦さんと一般の方との間に認識のズレがあることがわかりました。


想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

ドラマで見たり、人から聞いたりして想像していた妊娠と、いざ自分が妊娠したときには、実際どれほどのギャップがあるのでしょうか? ギャップを感じた内容と合わせて、先輩ママたちに聞いてみました。


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


最新の投稿


ヨーグルトを使った離乳食レシピ!いつからOK?加熱の必要は?【管理栄養士監修】

ヨーグルトを使った離乳食レシピ!いつからOK?加熱の必要は?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「ヨーグルト」です。スタートの時期や加熱の必要性など、赤ちゃんにヨーグルトをあげる際の疑問にお教えいただきます。レシピは「きなこミルクヨーグルト」です!


離乳食のだしはいつから?固形・顆粒だしはOK?簡単なだしレシピ!【専門家監修】

離乳食のだしはいつから?固形・顆粒だしはOK?簡単なだしレシピ!【専門家監修】

離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「だし(出汁)」です。離乳食スタート時期にオススメのだしは?固形や顆粒のだしは使える? など、離乳食にだしを使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「かつおと昆布のあわせだし」です!


【専門家取材】「もしかして発達障害?」気になる子どもの症状と、親が子どものためにできること

【専門家取材】「もしかして発達障害?」気になる子どもの症状と、親が子どものためにできること

今回は、「発達障害」について専門家にお話を伺いました。発達障害とはどんなものなのか? 親として子どもにどう接すればいいのか? 子どものためにできることは……? 気になることをやさしく解説します。


おうちで楽しく!ファミリアから親子でつくるクラフトシリーズ新登場

おうちで楽しく!ファミリアから親子でつくるクラフトシリーズ新登場

ファミリアは7月8日より、自宅でものづくりを体験できる「親子でつくるクラフトシリーズ」を発売開始します。第1弾は、親子でお揃いが作れる「手作りマスクキット」です。公式インスタグラム(IGTV)では、作ったマスクに刺繍やビーズなどの装飾をして自分だけのオリジナルマスクにするアイデアを紹介しています。


【医師監修】妊娠中期に出血したらどうすればいいの? 考えられる原因と対処法

【医師監修】妊娠中期に出血したらどうすればいいの? 考えられる原因と対処法

妊娠初期には少なくありませんが、妊娠中期になると不正性器出血はあまり見られなくなります。だからこそ、この時期に出血があったら自己判断せず、きちんと対応しなければなりません。妊娠中期の出血にはどんな問題が考えられるか、その原因と対応、不正性器出血に間違う可能性がある出血についても解説します。