想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

ドラマで見たり、人から聞いたりして想像していた妊娠と、いざ自分が妊娠したときには、実際どれほどのギャップがあるのでしょうか? ギャップを感じた内容と合わせて、先輩ママたちに聞いてみました。


Q.想像していた妊娠と実際の妊娠で、ギャップはありましたか?

アンケート結果

「想像していた妊娠」と「実際の妊娠」でギャップがあったかどうかを聞いてみると、約66%の人があると回答。どうやら、半数以上が想像していた妊娠とは違かったようです。

では、どんなギャップがあったのかを聞いてみました。

想像していた妊娠と実際の妊娠で、ギャップがあった人の意見

Getty logo

つわりに関するギャップ

吐きつわりがひどくて、こんなに辛いものだとは知らなかった。テレビでは元気な妊婦が多かったので、想定外でした

(35歳/不動産/クリエイティブ職)
つわりって食べづわりだけだと思ってたけど、私はにおいづわりで洗濯物のにおいがダメだった。

(31歳/建設・土木/事務系専門職)
つわりで気持ちが悪くなるかと思ったら、眠いだけだった。

(38歳/医療・福祉/専門職)
つわりがほとんどなかった。ご飯の匂いが平気だった。

(40歳以上/学校・教育関連/専門職)
つわりがつらいという話しだったが、私はあまりひどくなかった。

(40歳以上/情報・IT/技術職)

つわりには、よく聞く「吐きづわり」「食べづわり」「匂いづわり」のほかにも、「眠りづわり」「よだれづわり」といったものまであり、その種類はさまざま。想像以上につわりがひどかったというギャップもあれば、つわりがほとんどなくて拍子抜けだったというギャップもあるようです。

体調不良に関するギャップ

臨月になるにつれて、股関節や足のむくみなどマイナートラブルがあることに悩んだ。

(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
楽しいマタニティライフを……ってメッセージを聞くけど楽しめなかった。寝不足だし、トイレ近いし、脚むくむし、肌荒れるし、正直不快な期間だった。

(36歳/小売店/販売職・サービス系)
妊娠後期に眠れず、とても辛かった。幸せな感じとは少し遠かった。

(36歳/その他/事務系専門職)
妊娠初期、つわり以外(の体調)は今までと同じかと思っていたが、体がだるくなったり微熱の様な状態になった。

(27歳/情報・IT/技術職)

妊娠中に切っても切り離せないのが、ママの体調不良。さまざまな症状が出るマイナートラブルは、お腹のなかで赤ちゃんが育っていくためには仕方のないこととわかっていても、ツライときもありますよね。そんなときは、赤ちゃんとママの体調を第一に考え、無理せずゆっくり過ごしてくださいね。

お腹の大きさに関するギャップ

お腹の大きさが、最終的に信じられないくらい大きくなる。

(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
お腹が重すぎて動けない。

(37歳/建設・土木/事務系専門職)

いざ自分が妊娠すると、「人のお腹って、こんなに膨らむんだ」と想像以上の大きさにびっくりしますよね。筆者は双子を妊娠したため、看護師さんに「腹囲は……108cmね~」と言われたときは、驚きを飛び越えて呆然とした記憶があります。

出産時のギャップ

思ったより出産は痛かった。

(34歳/金融・証券/専門職)
初産はお産のときに時間がかかるって聞いていたけど、陣痛が来てから2時間くらいで産まれた。

(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
初めての出産は時間かかると思ったら、病院に着いて3時間半で産まれた

(38歳/情報・IT/技術職)

想像よりも、産むのが「長時間だった」「痛かった」という声もありましたが、真逆の声もちらほら。安産だったママにとっては、もしかしたら出産が赤ちゃんの最初の親孝行だったのかも!

想像していた妊娠と実際の妊娠で、ギャップがなかった人の意見

Getty logo

ギャップに感じることはなかった

特にない。

(38歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
なかった

(25歳/医療・福祉/専門職)

想像と現実に対して、特にギャップを感じなかった人も。身体の変化をすんなり受け入れられたマタニティライフだったのかもしれませんね。

予想通り、つわりが重い・体調が悪い

つわりが重かった

(40歳以上/商社・卸/事務系専門職)
体調が悪くなりやすかった。

(24歳/建設・土木/販売職・サービス系)

つわりが重かったことも、体調が悪くなったことも、想定内だった人もいたようです。

まとめ

想像していた妊娠と実際の妊娠でギャップを感じたという人は、約6割という結果になりました。ギャップを感じた人のコメントでは、つわりに関する意見が多く挙げられていましたが、なかには「胎動の痛みが半端なかった」と言った痛そうなコメントや、「絶対、妊娠線ができると思ったけどできなかった」なんてうらやましいコメントも。

人それぞれ、妊娠についていろいろなイメージがあると思いますが、つわりも体調不良も、赤ちゃんが元気に産まれてきてくれたら、あっという間に懐かしい思い出になります。無理をしない範囲で、上手にギャップをやり過ごしてくださいね。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2020年5月29日~6月3日
調査人数:123人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠してから便秘がち。週数が進むとともにさらにひどくなって、妊娠中期には常に便秘の状態……という妊婦さんは少なくないでしょう。このころの便秘を解消するのに良い方法はあるのでしょうか。赤ちゃんへの影響、排便の時いきんでも大丈夫?など、気になる疑問についても解説します。


最新の投稿


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。