【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

ビーボは、現在妊娠中の女性を対象に「妊娠初期の悩みや不安」に関する調査を実施しました。


「妊娠初期の悩みや不安」に関する調査

妊婦さんのメンタルは、新型コロナウイルス前後でどう変わった?

まずはじめに、コロナウイルスの影響によりメンタル面でどのような変化が起きたかを聞いてみました。

「コロナウイルスの流行前と後でメンタル面はどのように変化しましたか?」と質問したところ、『自分が感染しないか不安が大きくなった(51.3%)』と回答した方が最も多かったです。

次いで『コロナウイルスのニュースに敏感になった(28.3%)』、『自粛のストレスが影響しないか不安になった(8.1%)』、『イライラすることが増えた(7.4%)』、『特に変わらない(4.2%)』と続きました。

赤ちゃんを守るために免疫力が下がっている妊婦さんにとって、目に見えないコロナウイルスへの感染に不安を感じてしまいますよね。さらに、不要不急の外出自粛要請によるストレスもたまっているでしょう。

妊娠初期の不安は?

コロナウイルスへの不安ももちろんあるかと思いますが、妊娠初期はそのほかにもさまざまな不安が出てくると思います。特に初めての妊娠の場合、わからないことだらけで些細なことでも敏感になってしまいますよね。妊婦さんが妊娠初期に感じる不安についても聞いてみました。

妊娠初期に最も不安だったこと

・赤ちゃんがちゃんと成長しているか(20代/専業主婦/神奈川県)
・つわりが酷くて気が狂いそうだった(20代/会社員/神奈川県)
・自分が母親になること(20代/パート・アルバイト/奈良県)
・感染したらおなかの子はどうなるのか(30代/専業主婦/東京都)
・健康に無事に生まれてくるか(30代/パート・アルバイト/茨城県)

「万が一自分が感染してしまったら…」という不安だけでなく、おなかの赤ちゃんが健康に生まれてくるかといった心配も感じているようです。

妊娠初期の不安の乗り越え方

「不安に対してどうやって乗り越えていますか?」と質問したところ、『夫に相談する(31.8%)』と回答する人が最も多く、次いで『担当の医師や産婦人科に相談する(19.3%)』、『なかなか人には相談しにくいのでネットや本で調べる(17.0%)』、『親に相談する(16.0%)』、『先輩ママや友人に相談する(11.9%)』と続きました。

一番近くにいる旦那さんに相談したり、担当の医師に相談して乗り越えている方が多いようです。なかには、人に相談しづらいと思う人もいるようですが、不安に思っていることを口に出すだけでも少しは気持ちが軽くなるかもしれません。

妊娠初期に気を遣っていたこと

「妊娠初期は何に気を遣っていましたか?(上位2つまで)」と質問したところ、『食事の栄養バランス(50.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『感染症対策(46.7%)』、『ストレスを極力ためないこと(43.7%)』、『十分な睡眠(32.4%)』、『適度な運動(23.9%)』と続きました。

おなかの赤ちゃんのためにも自分の健康を保つためにも、食事の栄養バランスに気をつけたいですね。特に、不足しがちな葉酸や鉄分を補えるような食事を考えるといいかもしれません。さらに、ストレスも大敵。家でできるストレッチなどを取り入れて、心と体のバランスを整えていきましょう。

葉酸サプリはいつから飲み始めた?

「葉酸サプリを飲んでいますか?」と質問したところ、7割以上の方が『はい(73.7%)』と回答しました。

また「葉酸サプリはいつから飲み始めましたか?」と質問したところ、半数以上の人が『妊娠前から(55.1%)』飲み始めていることがわかりました。

厚⽣労働省は、妊娠初期の⼥性だけでなく、妊娠を計画している⼥性に対しても妊娠した赤ちゃんの健康のため葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要だと勧告しています。葉酸の他にも、栄養が不足しないようにバランスを考えて食事をすることが大切でしょう。

今回の調査で、コロナウイルスの影響により、妊婦さんにメンタルの変化が出ていることがわかりました。

「妊娠初期の悩みや不安」に関する調査
調査期間:2020年5月8日~ 2020年5月12日
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,087人
調査対象:現在妊娠中の女性

株式会社ビーボ
https://bbo.co.jp/

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


国産野菜にこだわった粉末状ベビーフードが新登場!

国産野菜にこだわった粉末状ベビーフードが新登場!

アサヒグループは和光堂ブランドより10月5日、素材にこだわった粉末状のベビーフード「国産素材フレーク とうもろこし&じゃがいもフレーク」「国産素材フレーク かぼちゃ&にんじんフレーク」を全国のベビー専門店、スーパー、ドラックストアなどで発売します。


学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研プラスから『こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン』を9月17日発売開始されました。2003年発刊以来、シリーズ累計200万部を超えるベストセラー「こどもずかん」初の写真版です。


ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンは10月9日に、最上位モデルのA形ベビーカー「nautR(ノートアール)」を、アカチャンホンポ及び百貨店の一部店舗、ピジョン公式オンラインショップにて発売します。


マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

日本マクドナルドは9月18日より期間限定で、ハッピーセット(R)「ジュラシック・ワールド」とハッピーセット(R)「ヒーリングっど♥プリキュア」を一部店舗を除く全国のマクドナルドで販売します。


【キンレイ新商品発表会】冷凍食品の「手間抜き」効果で時間と心にゆとりを

【キンレイ新商品発表会】冷凍食品の「手間抜き」効果で時間と心にゆとりを

キンレイはこのほど、8月24日から発売されている冷凍食品「お水がいらない」シリーズの新商品「お水がいらない鍋 寄せ鍋」「お水がいらない鍋 旨辛味噌鍋」「お水がいらない 五目あんかけラーメン」の発売を記念して、メディアで活躍している冷凍食品の専門家を招いた座談会を開催しました。


最新の投稿


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!


【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。