【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

ベビー・子ども向けブランド「the kindest」から、初の子ども向けおやつ、ソフトクッキーが、販売開始されました。


おいしくてからだにやさしい子ども向けおやつ

乳幼児向けのおやつシリーズ「the kindest sweets」初の商品として、ソフトクッキー(全5種)が販売開始されています。

ソフトクッキーは、ひよこ豆をベースに砂糖や塩はもちろん、不要な添加物を一切使用せず、フルーツピューレの甘みが凝縮された、身体にやさしい味わいになっています。また、小児科医が監修し、不足しがちな鉄・ビタミンDなどの栄養素も配合。7大アレルゲン不使用、グルテンフリーでアレルギー持ちの子どもでも楽しめます。

「the kindest sweets ソフトクッキー」おいしさのひみつ

●ひよこ豆をベースにした、砂糖や塩、小麦を一切使っていないグルテンフリーのからだにやさしいソフトクッキー

●小児科医監修のもと、1日に必要な栄養素のうち不足しがちな鉄・ビタミンDが50%以上、食物繊維・カルシウム・亜鉛は10%以上をカバー

●アレルギー特定7品目不使用で、アレルギー持ちの子どもでもOK

●一流シェフ考案のこだわりレシピで、おいしく子どもの成長をサポート

●1本ずつ小分けパッケージだから、お出かけ時のおやつにも

「the kindest sweets ソフトクッキー」
<単品販売>
10本入BOX¥1,680(税抜)
20本入¥3,360(税抜)

<定期コース>
20本入¥2,980(税抜)/月

<フレーバー全5種>
プレーン&ミカン、プレーン&ストロベリー、ココア&ラズベリー、ココア&オレンジ、ココア&バナナ

「子どものおやつ利用動向アンケート」

同社では、「子どものおやつ利用動向アンケート」を独自調査しました。

Q.現在子どもにおやつをあげていますか?

現在子どもにおやつをあげていますか? という質問に対し、5歳までの子どもがいる家庭のうち約8割(77.5%)が、普段子どもにおやつをあたえていると回答しました。

Q.どのぐらいの頻度でおやつをあげていますか?

また、普段子どもにおやつを与えているうちの約6割(58.1%)は、ほぼ毎日あげていると回答しています。

おやつをあげることに対する、気になることや悩み

一方で、おやつをあげることに対する気になることや悩みで一番多かったのは「糖質や塩分の過剰摂取」68.3%。そのほか、「虫歯」56.8%、「添加物」 54.0%が気になると回答が続きました。また、これら3つの項目に該当すると回答した人は半数を超えています。

今後あげてみたいおやつ

さらに今後あげてみたいおやつは「手作りおやつ」が57.1%とダントツで高く、市販のものだと約4人に1人が「ゼリー・プリン系」、「ビスケット・クッキー系」と回答しました。

同社では、今回の調査結果によるママパパの声をもとに、「おいしくてからだにやさしいソフトクッキー」の開発を行いました。

「子どものおやつ利用動向アンケート」
対象者:全国の5歳までの子どもがいる家庭(回答数:546人)
調査実施時期:2020年5月13日〜2020年5月20日
調査方法: WEBアンケート
調査主体:MiL

新パッケージのベビーフード &ソフトクッキーが当たるプレゼントキャンペーン実施中!

『the kindest(カインデスト)』ブランドリニューアルを記念して、新パッケージの商品が当たるプレゼントキャンペーンが実施されています。

「the kindest」 公式SNS(InstagramもしくはTwitter)をフォロー&対象ポストを「いいね!(Instagram)/リツイート(Twitter)」 で応募が完了。抽選で100名に、リニューアルしたベビーフードと新発売のソフトクッキーが詰め合わさった「the kindest お試しBOX」がプレゼントされます。

●応募期間
2020年5月18日12:00 〜 2020年5月31日23:59まで

●当選商品
the kindest お試しBOX 100名
・the kindest babyfood ベビーフード(ピューレ3種類)
・the kindest sweets ソフトクッキー(3種類)

MiL
https://mil-inc.com

(マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


冷蔵庫にある食材の在庫がスマホで一目瞭然! パナソニックの食品ロス削減、Webアプリ「うちレピ」でレシピ提案の実証開始

冷蔵庫にある食材の在庫がスマホで一目瞭然! パナソニックの食品ロス削減、Webアプリ「うちレピ」でレシピ提案の実証開始

パナソニックはこのほど、冷蔵庫内の在庫情報をスマートフォンで確認できる「ストックマネージャー(重量検知プレート)」を活用した食品ロス削減に取り組みます。その一環で7月1日よりサッポロホールディングスが運営するWebアプリ「うちレピ」でレシピ提案する実証を開始します。


バーモントカレーの本格おままごと! 本物そっくりなパッケージで木のおもちゃと初コラボ

バーモントカレーの本格おままごと! 本物そっくりなパッケージで木のおもちゃと初コラボ

ハウス食品は6月下旬より、幼児教室生まれの玩具メーカーのエド・インターとコラボした商品「ままごと バーモントカレー<甘口>」を販売開始します。本物そっくりな紙パッケージに、木製のカレールウが入っていて、ままごとを通じて調理への興味につながる商品です。


子育て写真・動画サービスのFammが、プレママ&ママ応援プレゼントキャンペーン開始

子育て写真・動画サービスのFammが、プレママ&ママ応援プレゼントキャンペーン開始

家族間写真共有アプリFammでは、9月30日まで「Fammプレママ&ママ応援プレゼントキャンペーン」を開催しています。プレママ(妊婦)やママなら誰でも応募ができて、無料でプレゼントが貰えるキャンペーンです。


ステップアップマグ「マグマグコロン」の限定PigeonFriendsデザインが新発売!

ステップアップマグ「マグマグコロン」の限定PigeonFriendsデザインが新発売!

ピジョンは6月18日に、赤ちゃんの「飲む」発育のペースに合わせて、練習ができるステップアップマグシリーズ「magmag coron(マグマグコロン)」より、全国のアカチャンホンポとネット通販「オムニ7」限定で、「マグマグコロン」PigeonFriends(ピジョンフレンズ)デザインを発売します。


ルンバとブラーバが対象! 最大1万円「キャッシュバックキャンペーン」を実施

ルンバとブラーバが対象! 最大1万円「キャッシュバックキャンペーン」を実施

アイロボットジャパンは、6月11日から7月18日までの期間限定で、ロボット掃除機「ルンバ i7、i3シリーズ」および床拭きロボット「ブラーバ ジェット m6」を対象とした最大1万円を還元する「キャッシュバックキャンペーン」を実施します。


最新の投稿


<父の日企画>家族にとっての「理想の父親」って何だ? #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.7

<父の日企画>家族にとっての「理想の父親」って何だ? #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.7

『産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート』『夫婦のミゾが埋まらない 産後にすれ違う男女を変えるパートナーシップ学』(ともにKADOKAWA)など、夫婦のパートナーシップをテーマにした著書が話題の渡邊大地さんによる新連載! 令和における新たなワーパパ像を、読者のみなさんとともに考えます。


なかなか会えないおじいちゃんおばあちゃんへ、世界にひとつだけのお菓子を贈ろう!

なかなか会えないおじいちゃんおばあちゃんへ、世界にひとつだけのお菓子を贈ろう!

長引くコロナ禍で、外出しにくい状況が続く日々。なかなか帰省もできず、「おじいちゃんおばあちゃんに子どもたちを会わせたいけど、なかなか会わせられない……」と、もどかしい思いをしている方も少なくないはず。そんな今だからこそ、祖父母が思わず笑顔になる、子どもの写真を使ったオリジナルギフトを贈ってみるのはいかがでしょうか?


在宅ワークがしんどい12の理由! 肩こり・腰痛、コミュニケーション不全にストレス……

在宅ワークがしんどい12の理由! 肩こり・腰痛、コミュニケーション不全にストレス……

自宅で仕事をする在宅ワーク。コロナ禍で増えつつあるお仕事スタイルですが、在宅ワークを始めてから出てきた悩みもあるのではないでしょうか? 在宅ワーク経験者の皆さんの悩みを聞いてみましょう。


共働きに理解のない上司にうんざり。どうすれば #小田桐あさぎのワーママお悩み相談室

共働きに理解のない上司にうんざり。どうすれば #小田桐あさぎのワーママお悩み相談室

仕事や育児などワーキングマザーだからこその悩みを抱え、日々葛藤して過ごしているママたち。本企画では、そんなワーママたちの悩みに「ちゃんとしなきゃから卒業」を提唱している小田桐あさぎさんからQ&A形式で、愛ある回答をお届けします。


【漫画】ババ友から大量すぎる梅のおすそわけ! ボスはどうする?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.32

【漫画】ババ友から大量すぎる梅のおすそわけ! ボスはどうする?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.32

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ボスの梅仕事についてのお話です。