薄い生ハムも! 繊細な動きでシッカリつかめる「ユビサキトング」

薄い生ハムも! 繊細な動きでシッカリつかめる「ユビサキトング」

数々のメディアでも取り上げられる人気商品「ユビサキトング」の実力を検証! この商品の人気の秘密と魅力とは? 実際に使用してみてわかった使いやすさのポイントをレビューします。


こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

家事をしていると困るのが手荒れ。私の場合は、冬場になると指先が割れるのを繰り返すくらいになるので、本当にストレスです。その大きな原因が、何度も手洗いをすること。

特に調理中は、肉や魚を触るたび、油がつくたびに、次の作業に移る前に洗剤で手洗いします。雑菌や汚れを取るために必要なことですが、ひとつの料理を完成させるために何度も手洗いが必要になります。

これを防ぐためには菜箸ですべて作業したり、ゴム手袋を使用したり、ポリ袋を活用したりと対策方法はありますが、ゴム手袋を乾かす手間や、ゴミが多少増えてしまうというデメリットが。菜箸を長時間使って手が疲れてしまうこともありますよね。できれば、もっと手軽に取り入れられて、作業効率も上がって、気分が上がる方法があったらうれしいなと思っていたら……!? そんな欲張りな希望を叶えるアイテムを今回発見しました♪

「ユビサキトング」とは?

「つまむ」「ひっくり返す」「移動する」「持ち上げる」「挟む」「押さえる」といったちょっとした作業。これが1つの道具でできたら便利ですよね。「ユビサキトング」は自分の指で作業するような、繊細で細やかな動きができるというトングです。実はこのトング、各メディアでも何度も紹介されたことがある人気ヒット商品で、料理のプロの方々からの支持も高く、2013年ヒット商品ベスト30・ご当地ヒット大賞を受賞しています。

■サイズ:14.7×4.5cm
■本体重量:60g
■素材・材料:ステンレス鋼(クロム18%)

この商品は「暮らしをもう少しだけ楽しくする そんな"アイデア"をカタチにする会社」であるオークス株式会社が創り出したもの。AUX(オークス)という社名は"魅力ある家庭用品の専門家"を意味する「attractive」「utensil」「expert」の頭文字をとって名づけられています。

オークス leye ユビサキトング LS1505

¥ 1,430

(2020/5/16 時点)

「ちょっとした感動」を提供する、そんな理念のもと生み出されるキッチングッズは、まさに痒い所に手が届く、そんな便利アイテムばかり。ここがもう少しこうだったら……というところをカバーしつつ、さらにもう1つ上の感動を与えてくれます。

オークスのキッチングッズの中でも「leye(レイエ)」という名前のシリーズがあります。leyeのアイテムはすべて女性が考えて作り上げた商品で、パートナーである燕三条の職人さんとちもに開発。女性ならではの視点で共感されるアイデア、女性の手にフィットするかたち、大人のかわいらしさをギュッとつめてこころはずむアイテムに仕上げられています。

ユビサキトングも女性らしい視点から開発されたもの。きれいにネイルした指先を痛めることなく、けれどきちんと料理はしたい……そんな女性ならではの願いを解決するものとして、生み出されました。

「ユビサキトング」の使いやすさのポイントはここ!

①特許取得! やわらかバネで細やかな動き

ユビサキトングは特許取得の特殊な加工で、しなやかに動くバネが特徴です。固過ぎず、柔らか過ぎず、手からの力が伝わりやすく細かな動きをそのままできるので、自分の指先や手の一部のような感覚で使うことができます。

手に馴染むサイズと、しなやかなフォルムで、トングの先はこの通り。優しくつまむことができるんです。

薄~~~い生ハムも、難なく1枚ずつ、破ることなく取ることができます。ちなみにこの手は小学生の息子。子どもでも簡単に、上手に使うことができます。

つまみにくいコーンや豆。1粒だけつまみだすことも簡単にできるほど! 繊細な力加減も問題なくできるので、力が入り過ぎてつぶすこともなく挟むことができます。

ガバッと取ることもできます。ただし、小ぶりなサイズのトングなので、量が多いときは他のものがいいかもしれません。

混ぜることもできます。トングのカーブがちょうど良く入り込めるので、下の方から引き出せ、短時間で全体を混ぜることができます。

②衛生的な形状

調理中は何度も作業が中断したり、他の作業をしたりするので、ずっとトングを持っているわけではありません。そんな時に助かるのが、ユビサキトングの独特のこの形。緩やかなカーブをしていますが、置いたときにトングの先が浮くように作られています。使用途中で台に置いても汚れがつくことはありません。

また、シンプルな一体型の形をしているので、洗いやすく、つなぎ目や角に汚れが詰まるといった心配もないので衛生的です。

フックはありませんが、ユビサキトング自体が大きなフックのような形なので、かけて保管することができます。使いたいときにさっと出して使え、使用後は洗ってかけて乾燥させることができるので、衛生的に使い続けられるようになっています。

③熱が伝わりにくい

ユビサキトングの素材はステンレス。ステンレスは鉄にクロムなどを配合して錆びにくくしたものとして広く活用されています。この他にも、熱が伝わりにくいという特徴を持っているため、アツアツの料理をつかんだり、押さえたりするのに便利です。焼き立てパンや焼き菓子、揚げたてのから揚げや天ぷらなど、アツアツのものはたくさんありますよね。持ち手の部分まで熱くならないので、安心して使うことができます。特に手早く動かしたり、ひっくり返したりすることが必要な時は、細かな動きを簡単にできるユビサキトングは大活躍。続けて使っても疲れにくいのが高ポイント♪

④におい、色移りしにくい

チキンソテーやポークソテー、とんかつ等はアツアツで食べたいので、すぐに切って盛り付けたいですよね。手で押さえて切るには熱いため、菜箸などで押さえて切っていましたが、ユビサキトングは、優しくしっかり押さえてくれるので、切りやすいです。そのままお皿に盛り付けることもできます。

ステンレスは、プラスチックや木と違い、においや色移りの心配があまりありません。油汚れもすっきり落ちるので安心。手で行った場合洗うことができますが、玉ねぎやにんにく、魚の臭いは強いので、よく洗っても残ることがあります。外出前なんかは特に気になりますよね。そんな時こそ、ユビサキトングの出番です。

⑤調理の効率化

自分の指先を使うように細やかな動きができるということは、いろいろな作業がこれ1つで済んでしまうということ。今まではいくつものアイテムを出して行っていたことがユビサキトングだけでできるため、効率よく調理することができるようになります。

例えば、鮭のムニエルを作る場合で見てみましょう。鮭に塩こしょうをふって小麦粉を振りかけますが、この時通常なら手や菜箸でひっくり返したりします。手ならば、生魚を触った後なのでしっかり洗剤を使って手洗いが必要ですし、菜箸だと一時置きの場所に困ります。しかも力の入れ具合では、鮭の身を崩してしまう心配もありますよね……。

ユビサキトングを使えば、ひっくり返すことはとっても簡単。力加減もしやすいので崩す心配も減ります。振りかけた小麦粉をトングの先で押さえることもできます。

フライパンに移動させるのも、焼く途中でひっくり返すこともそのまま使用。フライ返しのように平らではありませんが、トングの形をうまく使えば、フライパンと鮭のすき間に入り込んでひっくり返しやすくなります。

その他、ムニエルではしませんが、押さえて焼くような料理の場合には、トングを寝かせて押さえ焼きも可能です。

焼きあがった後はお皿に盛りつけもユビサキトングで移動。ここまでの作業を今までは、手や菜箸とフライ返しで行っていましたが、その場合は手を数回洗い、菜箸やフライパンも洗う必要があります。ユビサキトングを使えば、これ1つを1回だけ洗うだけ! 無駄な作業がいくつも減って時短につながります。

⑥計算された多機能性とデザイン

いくつもの小さなストレスを解消できるように計算された機能性は、まさに女性ならではの細やかな気配りと、使っているからこその発想とアイデアが詰まっています。

1つのアイテムでできることの多様性はもちろん、一見そうは見えないすっきりとしたデザインの美しさが、このユビサキトングの魅力。どちらも諦めない欲張りな設計の商品ですが、ここが女性らしい気も。使っていて気分が上がる道具というのはこういうものですよね♪

手に馴染み、見た目にも美しいデザインなので、調理中だけでなく、テーブルでのサーブ用にもぴったり。普段の食卓でも、人が集まったホームパーティのようなシーンでも使いやすくおしゃれな雰囲気に!

持ち手部分のカーブも実は器の縁に添ってかかり、沈みにくいデザイン。トングが沈んじゃった! ということが起こりにくいです。

取り扱い上の注意とお手入れ・保管方法

■取り扱い上の注意
・ご使用の前に食器用洗剤で洗ってください。
・火のそばに置かないでください。
・加熱中の鍋などの中に放置しないでください。

■お手入れ・保管方法
・使用後は食器用洗剤で洗ってください。
・食器洗い乾燥機で洗えます。
・湿気の多い場所で保管したり、塩分や酸などを含む汚れがついたまま放置しないでください。さびが生じる場合があります。さびが生じた場合はクレンザー等で軽くこすり落としてください。

まとめ

手を汚さず、自分の指先のような繊細な動きで作業ができるユビサキトング。この動きを実現するのは、特許取得の特殊加工のバネ。このトングを使うことで、指先が荒れたりすることもなく、アツアツのものやにおいの強い食品も押さえたり挟んだりできます。使いやすさもデザイン性も追及されたユビサキトングは、調理を効率よく進め、無駄を省き、気分を上げる工夫とアイデアがいっぱいです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

男の子3人、女の子1人の母。
自宅にてフラワーケーキ、キャラ弁教室を主宰。
料理、クラフト作り、ラッピングなどものつくりが大好きです。
生活に役立つ情報を発信したいと思います♪

ブログ:https://ameblo.jp/sanpiyomama/

最新の投稿


【漫画】まったくオッケーじゃない件『母ちゃんだってほめられたい。』Vol.7

【漫画】まったくオッケーじゃない件『母ちゃんだってほめられたい。』Vol.7

Twitterで大人気! 人見知り、体力ナシ、泣き虫、自己肯定感低めな、チキンな母さんの日常を描いた絵日記『母ちゃんだってほめられたい。』(KADOKAWA)から、ママなら絶対共感できる厳選ネタを紹介します。子育ての悲喜こもごもに、一緒にふるえましょう!


【漫画】毎夜行われる夫婦の秘密の儀式 ワーママの幸福度向上計画 その5『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.27

【漫画】毎夜行われる夫婦の秘密の儀式 ワーママの幸福度向上計画 その5『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.27

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして在宅で働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


【医師監修】赤ちゃんのほくろ|心配なことはある? 手術はできるの?

【医師監修】赤ちゃんのほくろ|心配なことはある? 手術はできるの?

赤ちゃんを見ていると、以前はなかった「ほくろ」ができているのに気付くことがあります。それが少し大きくなったりすると、「がんでは?」と不安になるママもいるでしょう。そこで赤ちゃんのほくろとがんの関係や、子供のうちに美容目的で切除してもよいのかについて、ママのギモンにお答えします。


【悶絶】「母のお腹を超えてゆけ」と思ったけど、やっぱり……

【悶絶】「母のお腹を超えてゆけ」と思ったけど、やっぱり……

Instagramで子育て漫画を発信されるななさん。ななさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【ごはんたべにゃいー】夕飯拒否の娘、理由は「大きくなりたくない」

【ごはんたべにゃいー】夕飯拒否の娘、理由は「大きくなりたくない」

Instagramで子育て漫画を発信されるぴなぱさん。ぴなぱさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。