リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

本来であれば、落ち着いて過ごすためのリビング。でもなんだか落ち着かない。その理由は、環境が整っていないのが原因です。今回の記事では、すでにお家にあるグッズを使ってお手軽に環境を変え、リビングテーブルまわりをスッキリ整える方法をお伝えします。自宅でホッとおちついて過ごすことができるようになりますよ。


こんにちは! (株)おうちデトックス 整理収納アドバイザーの成島りさです。

本来であれば、落ち着いて過ごしたいリビング。
でも、家の中で家族みんなが過ごすから、ものも多い。
いつも何かしら片付けていてなんだか居心地が悪く、バタバタした一日になってしまう……。
一体いつになったらリビングでゆっくり休息できるの!?

そんなときに見直したい方法をお伝えします。
特におうち時間が増えている今、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

おうちでリラックスできない2つの理由

例えばホテルのラウンジであれば、優雅な雰囲気でゆっくりお茶が飲めるのに、家だとなぜかそうはいかない。

実は、おうちでリラックスできない理由は2つあります。
1つ目は、ホテルやモデルルームと比較して、家の中の誘惑が多いこと。
2つ目は、リラックスできる環境が整っていないことです。

実際におうちのリビングで過ごそうとすると、テレビがいつでも付けられる環境であったり、お子さんの大事な書類が目に入ったり、リラックスするよりも他のことに気が取られてしまう環境になってしまいます。

ホテルと同等のようにリラックスするためには、長時間座り続けても疲れないような環境や、自分がテキパキ動かなくても必要なものがすぐ近くにある環境をおうちでも整えることが重要です。

コストを掛ければいくらでも環境を変えることは可能ですが、今回はあえてなるべくお金を掛けずに環境を整えるポイントをお伝えします。

今見直すべき! リビングを快適にするためのポイント3つ

①家族共通の「使うものセット」を作ろう

成島りさ自宅リビングで使うものセット

せっかくゆっくり過ごせそう……と思ったのに、必要な場所に必要なものがないと、結局探しものに時間を費やすことになります。なので、家族全員が共通して使うものをひとまとめにして置いておく仕組みを作ることも大切になってきます。

実際に私の家では、ファイルボックスに100円ショップの文具入れをまとめたセットを使っています。

成島りさ自宅リビングで使うものセットの中身

この中に文房具やノート、学習用のマイク・イヤフォンをひとまとめにしておき、いつでもリビングでやろうとしたことがサッと始められるようにセットしておきます。 

セットには少数精鋭かつ替え芯も入れておく

ここでセットを作るときのコツは、少数精鋭にすること。

例えば家にはたくさんペンがあるご家庭が多い思いますが、結局たくさんあってもその中から使いやすいものを探してそればかり使っていることが多いはず。その探す時間もなくし、ササっと使えるようにするには、使いやすいものだけをセットにいれてください。

また、その精鋭の替え芯も入れておくことをオススメします。
「使おうと思ったときに、その場ですぐに使える状態にしておく」ことが何より大事です。

替え芯を他の場所に置いている場合は、
後で替えようと思っていてそのまま
→使うときに使えない
→違うペンを増やす
ことになり、結局このセットが少数精鋭でなくなってしまい、結果どんどん使えないペンが増えていくのです。

②家族のTODOリストを壁に貼ろう

成島りさ自宅リビングTODOリスト

「今日は本を読みながら、紅茶でも飲んでゆっくりしよう……」
そう思ったのに、テーブルの上に子どもの資料や提出しなければならない書類、あとで確認しなければならない書類がたくさん置いてあると、まったく落ち着くことができません。

そんなときにオススメなのが家族のTODOリストを壁に作っておくこと。
私の家の場合は「マスキングテープ」と「付箋」で壁に穴をあけずにリストを作っています。

提出物や確認することをざっくり付箋に書いて、達成したら壁から剥がす……という感じで使います。
必ずやることを見えるようにルール化しておくと、頭の片隅にある「いつかやらなきゃな……」というだらだら思考からも抜け出すことができます。

マスキングテープであれば貼って剥がせるため、賃貸の物件でも復旧可能ですし、わざわざホワイトボードなどを用意しなくても済みますよ。

マスキングテープを使う時、ココに注意!

マスキングテープのカラーは、モノトーンを選ぶと空間から浮かなくなります。
また、貼っただけだと寂しいなと感じた時には、写真のようにペンで枠を書いたりタイトルを付けるだけで、ランクアップしますよ♪

リストに見えない家事を書いておくと◎

リストには、見えない家事も書いておくと、わざわざ「あれやって!これやって!」「言う前に気づいてやってよ」ということも減るかもしれませんね。

③クッションを活用しよう

成島りさ自宅リビングクッション

最後に環境面から。
家でリラックスするには、長時間座っていても疲れにくい環境を作ることが大切です。

お家に置いてあるソファやチェアなどを今すぐに買い替えることは難しいですが、クッションを使うことで、長時間座っても疲れない環境を作ることは可能です。

椅子の背もたれにクッションを置いて、背筋が自然とまっすぐになる位置に腰かけると腰痛も軽減できますよ♪ 私の家の場合、背もたれにクッションを2つ置いています。そうすると、長時間座っていても疲れにくい体勢となり、ゆったりくつろげます。

ついつい見過ぎてしまう○○○にも要注意!

Lazy dummy

ついついリビングにいると、何か物足りなくてテレビを付けてしまう……という方もいるのでは? 
一度テレビを付けてしまうと、そこからだらだら時間が流れてしまうので、リラックスをする際はテレビが視界に入らない配置(もしくはテレビが背中側に来るように椅子を配置する)のがオススメです。

またスマートフォンも、SNSやゲームアプリなどは、最初のホーム画面に置いておかないなど、開くのが少し面倒な状態にしておきましょう。

まとめ

今回の記事では、リビングでリラックスできる時間を過ごすため、お部屋環境を整えるポイント3つとして、
①自分が動かなくてすむ環境
②TODOリストを活かした環境
③長時間座っても疲れにくい環境
をご紹介しました。

リラックスできないと思ったら、できる範囲で自宅の環境を変えていきましょう!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

おうちデトックス
『収納の力で叶えるインテリア』をモットーに、お部屋の整理収納だけでなくインテリアもコーディネート。 お引越し前後の整理収納と新居の収納づくりも得意としています。
公式HP:https://ouchi-detox.com
代表ブログ:https://ameblo.jp/wakachobi/

関連するキーワード


専門家 リビング

関連する投稿


【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

外出中のマスクをはずすシーンで重宝する、たった5分でできるマスクケースの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

リビングクローゼットを上手に活用できていますか? 最近はリビングにクローゼットがあるお宅が増えてきました。家族で一緒に使うリビングはモノが集まり、管理が難しい場所。スッキリと維持するためのリビングクローゼットの収納術をご紹介します。


面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

お客さまからお聞きするお悩みのひとつに、「家族がゴミをゴミ箱へ捨ててくれない問題」があります。それでも、ゴミ捨ては週に何度も発生する大事な家事のひとつ。ゴミ捨てに関わる当たり前を、今一度見直してみませんか? 今回は、我が家で取り入れている、ゴミ捨てをラクにこなすコツについてお伝えしたいと思います。


衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

最近全然着ていないけれど、またいつか着るかもしれない! そんな思いで、衣類整理が進まず悩んでしまう方も多いですよね。しかし、素直な気持ちとちょっとのコツで整理しやすくなります。


もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

お掃除をしようと思ったとき、掃除道具を取り出すのが面倒だったり、買ったはずのお掃除グッズが見当たらず意気消沈したりしたことはありませんか? お掃除を面倒にするのは、掃除道具の取り出しにくさ。最低限のお掃除グッズと取り出ししやすい収納方法で、サッと掃除道具が手に取れて、使用後も簡単にしまえる収納を作りましょう。


最新の投稿


【助産師解説】おっぱいが痛い!乳房や乳頭が痛い時の主な6つの原因と対策

【助産師解説】おっぱいが痛い!乳房や乳頭が痛い時の主な6つの原因と対策

授乳中におっぱいが痛くなるママは少なくありません。なぜ痛くなるのか、考えらえる主な4つの原因と対策について助産師さんにうかがいました。自分の痛みがどれに当てはまるのかを確かめ、原因に合った対応を心がけましょう。


【助産師解説】月齢別の授乳間隔の目安は?長い・短いときの原因と対策

【助産師解説】月齢別の授乳間隔の目安は?長い・短いときの原因と対策

赤ちゃんの授乳間隔はどれぐらい開ければいいの?という疑問に、助産師がお答えします。月齢別の目安時間と、長かったり短い場合の考えられる原因と対策についてもお伝えしています。


【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

母乳の分泌量がなかなか増えない、量が足りない……という場合は何が問題なのでしょうか? 母乳が出ないときの考えられる原因と主な対策について、助産師が解説します。母乳の分泌をよくするコツもチェックしてください。


【成長を実感】ドキドキの予防接種!娘の頑張りが健気でかわいい…!

【成長を実感】ドキドキの予防接種!娘の頑張りが健気でかわいい…!

Instagramで子育て漫画を発信されるあいさん。あいさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【お見事】赤ちゃんのヨダレ攻撃をかわすパパの反射神経がすごい

【お見事】赤ちゃんのヨダレ攻撃をかわすパパの反射神経がすごい

Instagramで子育て漫画を発信されるKitoさん。Kitoさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。