エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

エコなふきん「セルロースクロス」

こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

キッチンやダイニングで毎日使うふきんや台拭き。今までは布製のものばかり使ってきたのですが、今回初めて「セルロースクロス」を試してみました。

「セルロースクロス」は、セルロースと綿繊維の100%天然素材でできています。スポンジのようですが、プラスチックフリーのエコなふきんなんです。同じような商品で「スポンジワイプ」というものもあり、使われたことのある方もいらっしゃると思います。吸水力と速乾性に優れていると聞き、一度試してみることにしました!

今回使ってみたのは「ブリッツ」というドイツのふきん。いろいろな種類がありましたが、サイズが縦30cm×横2cm×暑さ5mmの3枚入りのものを選びました。

ブリッツ(BLITZ) 台ふきん ホワイト 縦300×横200mm ブリッツ ドイツのフキン 3枚セット モノクロドット 3個入

¥ 1,320

(2020年4月25時点)

セルロースクロスやスポンジワイプという名前で検索すると、無地のタイプから模様入りのタイプまでサイズもいろいろあります。

開封してみるとカチカチのシート状。水を含んでいないので厚みも2、3mm程度しかありません。

ですが水で濡らしてみるとあっという間に柔らかくなります! あまりギュッとねじらなくても、楽に絞ることができます。

厚みはそれほど変わっていないように思いましたが、水分を含んでいるのでふんわりしています。かといってビチョビチョではないので、ダイニングテーブルも拭きやすかったです。

吸水力がすごい! 台拭きにすると楽家事に

台拭きとして使ってみると、本当に吸水力がすごい! キッチンカウンターは、料理中や食器を洗うときに水滴があちこちに落ちがちですが、セルロースクロスで一度さっと拭いただけでキレイに拭きとれました。水跡なども残らないのがうれしいですね。

濡らして絞ってから台拭きとして使うのもいいのですが、乾いた状態でも活用できます。例えば、食器を洗った後の水切りとしても使えます。ビッグサイズもあるので、そちらを使えば食器だけでなく、洗った鍋などを置いておくのにも便利だなと感じました。濡れた食器を置くと、スーッと水分が吸収されていきます。

お手入れ方法のメリット・デメリット

使い勝手はとても良いと感じたのですが、気になっていたのがお手入れ方法。「半渇きにならないだろうか?」「ニオイは大丈夫か?」などいくつかの心配もありました。

最初は何気なくいつもの習慣で、布製のふきんと同じように掛けて乾かしたのですが、乾いてみるとカラカラ、カチカチに! 引っかけたまま形状記憶されてしまい、水に濡らさないと平らにはなりませんでした。

もし乾いた状態で、上に何か軽めのものを置きたい場合は、この乾かし方はおすすめしません。

そこで今度はまっすぐ掛けて乾かすことに。今度は前回よりも平らにはなりましたが、縁が反り返っています。一度水に濡らすと、やはり完全に最初の状態にはならないですね……。

ランチョンマットとしても使えるという話も聞いていたのですが、乾いたままでは難しいかなと感じました。濡らして絞った状態で使えば、もしお茶などが入ったコップをこぼしてもサッと吸い取ってくれそうです。

吸水力、速乾力があるというのはよく分かりました。乾くと本当にカチカチになるので、今のところニオイなども気にならず快適に使えています。使ったらよく洗って、すぐに干して乾かすことで長く使っていけるのではないかと思います。

日常のお手入れは中性洗剤でよく水洗いをし、フックに掛けて干して乾かしています。ネットに入れて洗濯機に入れても型崩れせずに洗えますが、ふきん類を洗濯機で洗うのに抵抗がある場合は熱湯消毒などもできますよ。塩素系漂白剤は生地を傷めるので使わないほうがよいそうです。

乾かした後は丸めたり半分に折って収納したりすることもできますし、そのまま立てかけて置いておくこともできます。

まとめ

我が家では台拭きや食器の水切りとして使っていますが、吸水性があり毛羽立ちもないので、キッチンだけでなく浴室の水滴ふき取りや洗面室などの掃除にも便利ですね。参考になればうれしいです。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

大阪在住のライフオーガナイザ―®/メンタルオーガナイザー®

・個人宅での整理収納作業や片づけセミナーを通して
 家の仕組みを整える片づけサポート。
・思考や感情を整えて自分らしく暮らす為の心の片づけサポート。
空間と心の両面から暮らしを整えるお手伝いをしています。

お一人おひとりの「ちょうど良い暮らし」に合った片づけ方をご提案します。

HP:https://imalifeorganize.com/

関連するキーワード


専門家 キッチン

関連する投稿


シンクに汚れは寄せつけない! キッチンのシンク掃除をラクにするポイント

シンクに汚れは寄せつけない! キッチンのシンク掃除をラクにするポイント

毎日の暮らしの中で汚れが蓄積しやすい「シンク」。使うことが多い場所だからこそ汚れやすいし、目にもつきやすいですよね。とはいえ、毎日掃除するのは大変。でも、「毎日使う場所は、毎日掃除しなくてはいけない」と思い込んでいませんか? 今回は、そのシンクの汚れを"防いで"、掃除をラクにするコツを紹介します。


やっぱりあると便利! ダイソーで人気の使い捨ておすすめお買い物袋

やっぱりあると便利! ダイソーで人気の使い捨ておすすめお買い物袋

2020年7月からスタートしたレジ袋の有料化。ムダもなくなりすっきりした反面、レジ袋が無いと困る場面も。買い物時に購入するのは割高で面倒なので、100均のお買い物袋が売り切れ続出なほど人気となっています。今回はダイソーのお買い物袋の特徴やサイズなど詳しくご紹介します。


100均で十分だった! リピート確定な100均のキッチン消耗品

100均で十分だった! リピート確定な100均のキッチン消耗品

生活には欠かせないキッチンの消耗品。ドラッグストアやホームセンターでまとめ買いをしたり、スーパーで食材の買い物のついでに購入するなど、いろいろなお店で売られているものが多いですね。ほかのお店でも買えるけど、むしろ100均のほうがいい! というものがあるのでご紹介します。


プロの時短術! 毎日のキッチン仕事が楽になる配置と収納教えます

プロの時短術! 毎日のキッチン仕事が楽になる配置と収納教えます

家事の中でも、キッチンでの仕事はかなりのウェイトを占めています。少しでもストレスをなくしてスムーズに、そして楽に、早く終わらせたいですよね。キッチン内の物の配置と収納を見直すことで面倒をカットし、動作的にもメンタル的にも楽になりますよ。


頑固なキッチンの油汚れはこれで徹底防止! 専門家がやってよかったお掃除対策

頑固なキッチンの油汚れはこれで徹底防止! 専門家がやってよかったお掃除対策

どうしても汚れや乱れが生じてしまうキッチン。特に多い「油汚れ」の掃除は簡単ではありません。食事作りをしなければ、面倒なお手入れも掃除もなくなるのに……! なんて考えに陥ることはありませんか? 今回は、キッチンの油汚れを防ぐためのヒントをご紹介します。


最新の投稿


「にやにやしてました」保育園の連絡帳に書かれた息子の様子が面白い! にやっと率が高すぎる~

「にやにやしてました」保育園の連絡帳に書かれた息子の様子が面白い! にやっと率が高すぎる~

Instagramで子育て漫画を発信されるちるみとらさん。ちるみとらさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【めっちゃオシャレ】保育園行くときより帰るときのほうが凝った髪型になってる! 先生のスキルがすごいっ

【めっちゃオシャレ】保育園行くときより帰るときのほうが凝った髪型になってる! 先生のスキルがすごいっ

Instagramで子育て漫画を発信されるおっきーさん。おっきーさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】#82 真冬に家を飛び出した妻。夫は追いかけてくるか……!?『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

【漫画】#82 真冬に家を飛び出した妻。夫は追いかけてくるか……!?『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


【漫画】ワーママの救世主!? ボス直伝「時短・節約・ボリューム」を叶えるメニュー『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.46

【漫画】ワーママの救世主!? ボス直伝「時短・節約・ボリューム」を叶えるメニュー『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.46

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ベテラン主婦のボスがワーママ大助かりのレシピを紹介してくれるようで……?


ママと息子の寝る前の習慣がすっごくいい! お布団で振り返る「今日ありがとうと思ったこと」

ママと息子の寝る前の習慣がすっごくいい! お布団で振り返る「今日ありがとうと思ったこと」

Instagramで子育て漫画を発信されるおにゃんこぽんさん。おにゃんこぽんさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。