【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

妊娠したい場合、排卵のころに合わせてセックスをしたら、その後気になるのが「着床」したかどうか。排卵、受精、着床という流れはよく注目されますが、「着床の後」には何が起こるのでしょうか。ここでは無事、着床したら赤ちゃんはその後どのように育っていくのか、あらましを紹介します。


着床後は何が起こるの?

Getty logo

受精卵が子宮内膜にくっつき、もぐり込んでいくのが「着床」です。着床すると「妊娠が成立した」と言えるようになります。着床によって子宮にもぐり込んだ受精卵は、その後どんなふうに変化していくのでしょうか。

胎児になる部分とそれ以外がどんどん育っていく

受精卵は受精した直後は1つの細胞ですが、そこから細胞分裂を繰り返し、時間が経つとともに細胞の数がどんどん増えていきます。この細胞分裂は、卵管から子宮に移動する間に起こるのですが、子宮にたどりつくころの受精卵は「胚盤胞(はいばんほう)」という状態になっています。

「胚盤胞」は、将来、赤ちゃんになる細胞(内細胞塊)と胞胚腔という液体の溜まった部分を、胎盤やへその緒になる細胞(外細胞塊)が包み込んだ構造になっています。子宮内膜への「着床」は、この状態で起こります。着床は、受精から5~6日後ごろに始まり、12日ごろに完了します。

着床したあとは、さらに細胞分裂が進むとともに、将来、体のどの部分になるかの区別がますます細かく分かれていきます。内細胞塊は、外胚葉、中胚葉、内胚葉という3種類に分かれていきますが、それぞれ、おもに表皮・神経、骨・筋肉や心臓・血管など、消化管へと成長していきます。

胚盤胞の中で胎児の元になる細胞が分裂・成長していくのと同時に、外側では胎盤をつくる準備も進んでいます。

妊娠検査薬で陽性が出るようになる

妊娠検査薬は、尿の中にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンがあるかどうかで、妊娠の可能性を調べるものです。hCGは通常、妊娠していないときや男性では分泌されませんが、胚盤胞が着床して、胎盤がつくり始められるとそこから分泌されるようになります。

着床が起こるのは生理開始予定日の数日前ですが、この段階で妊娠検査薬を使っても、hCGの分泌量が少なすぎて、実際は着床しているのに陰性と表示される可能性があります。通常の妊娠検査薬は、生理開始予定日の1週間後から使えるようになります。

【医師監修】妊娠検査薬の反応はいつから?検査時期と注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1187

妊娠を待ち望む女性にとって、妊娠検査薬は妊娠の可能性を早く知ることができる大切なツールです。今回は、妊娠検査薬と最近、広く使われるようになってきた早期妊娠検査薬について、2つの違い、使用する際の注意点などを詳しく説明します。

妊娠はどうやって進むの?

胚盤胞が子宮に着床すると、そこからすごい勢いで胎芽(妊娠8週未満の胎児の呼び方。10週未満とする場合もあります)は成長していきます。

妊娠期間は初期、中期、後期に分かれる

妊娠期間は初期、中期、後期で分けて考えることが多いです。妊娠が進むにつれて、赤ちゃんや妊婦さんの体はどんどん変わっていき、どんなことに気をつけたら良いのかも変化していきます。初期、中期、後期は下記の期間と決められています。

・妊娠初期:妊娠1ヶ月~妊娠4ヶ月の第2週まで(妊娠0週~13週まで)
・妊娠中期:妊娠4ヶ月の第3週~妊娠7ヶ月まで(妊娠14週~27週まで)
・妊娠後期:妊娠8ヶ月~妊娠10ヶ月まで(妊娠28週~39週まで)
・出産予定日:妊娠40週0日(満280日。妊娠41週6日までは正期産)

なお、妊娠週数の数え方は少し独特なので、最初のころはとくに混乱しやすいかもしれません。この記事の最初で「着床すると妊娠したと言える」と説明しましたが、妊娠週数は着床から数えるわけではないからです。

妊娠0週は、実は妊娠する前の最後の生理が始まった週のことです(世界保健機関WHOによって定められています)。この時点では赤ちゃんになるはずの卵子はまだ排卵すらされていません。妊娠2週の始めに「排卵」、その直後に「受精」し、受精から5、6日後に「着床」し始めて……という流れで妊娠は始まるのです。

つわりに悩まされることが多い初期、体調が安定してくる人もいれば、つわり以外のマイナートラブルが出てくる人もいる中期、大きなお腹による負担と出産が近づき現実味を帯びることで、心身ともによりデリケートになりがちな後期など、出産予定日までにはさまざまな出来事が起こるでしょう。

もちろん、不調だけではなく、妊娠中期になると胎動を感じる人が増えるし、体調が安定してくると、赤ちゃんの名前を考えたり、衣類などを準備したりする余裕も出てくるでしょう。

このように、妊娠が進むにつれて気になることはどんどん変わっていきます。くわしくは以下の記事も参考にしてみてください。

【医師監修】妊娠初期に気をつけるべき事とは?症状と食事や生活について

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3420

妊娠期間は初期・中期・後期の3区分に分けられ、妊娠14週未満 が妊娠初期とされています。赤ちゃんの重要な器官が形作られていく大切な時期を健やかに過ごすために気をつけたいポイントをご紹介します。ご家族と一緒にお読みください。

【医師監修】妊娠中期に起こる5つの症状の注意点と対処法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1668

妊娠中期はお腹のふくらみも少しずつ目立ってきますが、流産の可能性が低くなり、つわりも落ち着くため過ごしやすくなります。俗に安定期と呼ばれる妊娠中期ですが、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

【医師監修】妊娠後期の注意点!7つのマイナートラブルと対処法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3422

いよいよ妊娠後期。赤ちゃんに会える日も間近に迫ってきました。出産までどのようなことに気をつけて過ごせば良いのでしょうか。妊娠後期のマイナートラブルとその対処法を知っておきましょう。

まとめ

着床直後には、子宮での赤ちゃんの成長はすでに始まっています。予定通りであったとすれば、最後の生理開始日から満280日で赤ちゃんは生まれてきますが、着床は、その赤ちゃんが子宮に根を下ろし、妊娠が始まった記念すべき時。ここから始まる、長いようで短い妊娠期間を大切に過ごすためにも、この時期に胎内で何が起こるのかを十分理解しておきたいですね。

この記事の監修ドクター
窪 麻由美先生
Fika Ladies‘ Clinic フィーカレディースクリニック(東京都中央区日本橋)副院長。順天堂大学医学部附属浦安病院非常勤助教。東京女子医科大学卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属静岡病院などを経て、2009年に順天堂大学大学院医学研究科を卒業、博士号を取得。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、女性のヘルスケアアドバイザー

(文:マイナビウーマン子育て編集部/監修:窪 麻由美先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]病気がみえるvol.10産科, 6p, メディックメディア, 2018.

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠2ヶ月】妊娠がわかったらすることって?職場の報告や使える制度・お金 #ワーママへの道

【妊娠2ヶ月】妊娠がわかったらすることって?職場の報告や使える制度・お金 #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。


妊婦の約3人に1人がマタニティマークをつけるのが不安!? 『妊婦フレンズwithパパ』調査

妊婦の約3人に1人がマタニティマークをつけるのが不安!? 『妊婦フレンズwithパパ』調査

ピジョンが運営する『妊婦フレンズwithパパ』は、このほど「マタニティマークに関する調査」を実施しました。それによると、マタニティマークをつける理由について、妊婦さんと一般の方との間に認識のズレがあることがわかりました。


【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

妊娠前後で、ママたちの変化はあったのでしょうか?気持ちや身体にどんな変化があったのか、先輩ママたちに聞いてみました。


想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

ドラマで見たり、人から聞いたりして想像していた妊娠と、いざ自分が妊娠したときには、実際どれほどのギャップがあるのでしょうか? ギャップを感じた内容と合わせて、先輩ママたちに聞いてみました。


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


最新の投稿


仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして一息ついたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に一日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

渋谷区というと有名なスクランブル交差点がある渋谷駅周辺をはじめ、恵比寿、原宿、代官山など賑やかな街のイメージ。子育て世代が住むには向かないと思う方もいるかもしれません。ですが実際は、繁華街から少し離れた先に閑静な住宅街が広がり、働くママにとって子育てがしやすい街として人気があります。渋谷区の人気の秘密を調査しました。


いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして慣れたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も身体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に1日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

NHK Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」のステージ「ワンワンわんだーらんど」は7月8日に、公演開始から10周年を記念したスペシャルパーティーのステージ映像を収録したDVDを、日本コロムビアから発売します。先行してダイジェスト映像の特設サイトが7月1日に、オープンしました。


中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

引っ越しを考えたとき、転居先は何を基準に選びますか? 共働きで子育てをしていくなら、家賃や勤務先へのアクセスだけで選ぶのは少しもったいないですよね。子育てに関する市のサポート体制や、街全体として育児がしやすい雰囲気なのか等も、検討する上で重要ポイントになります。今回は、子育てしやすい街として人気の杉並区を調査しました。