【医師監修】受精卵の着床と妊娠の関係。妊娠するまでに起こること

【医師監修】受精卵の着床と妊娠の関係。妊娠するまでに起こること

卵子と精子が出会ってできる「受精卵」。これが「着床」するとはどういうことなのでしょうか。また、妊娠とはどういった関係があるのでしょうか。ここでは受精卵の着床とは何のことで、いつ起こるのか、どんな意味があるのかについて解説します。


「受精卵の着床」とは

Lazy dummy

まずは、「受精卵の着床」では何が起こるのかについて説明します。

着床=妊娠が成立

受精卵が子宮内膜の表面にくっつき、その中にもぐり込んでいくこと、これが「受精卵の着床」です。

子宮内膜にもぐり込んだ受精卵は、根のような組織(絨毛)を伸ばし子宮から栄養を吸い取って大きくなっていきます。「受精卵の着床」が起こってはじめて「妊娠した」といえるようになります。

妊娠までに起こること

ここでは、着床を含め、妊娠するまでに女性の体の中で起こる出来事をおさらいしておきましょう。

排卵・受精・着床までのながれ

(1)排卵

生理の始まった日から数えて14日目ごろ、卵子が卵巣から「排卵」されます(生理周期が28日の場合)。卵巣から飛び出た卵子は、卵管の先にある卵管采というフサフサした部位にキャッチされ、卵管に入ります。

(2)受精

腟に射精された精子は子宮内を通り、卵管にたどり着きます。そこで卵子と出会い、「受精」します。

(3)着床

卵子と精子が出会ってできた受精卵は、細胞分裂をしながら卵管の中を移動し、子宮にたどり着きます。子宮内に入った受精卵は、子宮の内側表面にある内膜にくっつき、完全に子宮内膜に包まれるまでもぐり込んでいきます。これが「着床」です。

着床が始まるのは受精後5~6日ごろで、12日ごろには完了します。

受精卵が着床するころ。妊娠超初期Q&A

受精卵が着床するのは、生理周期に狂いがなければ生理開始予定日の数日前くらい。このころのことは俗に「妊娠超初期」とも呼ばれます。この時期、気になることをQ&Aにまとめました。

Q.妊娠検査薬を使えるのはいつから?

A. 通常タイプは生理開始予定日の1週間後から

通常の妊娠検査薬は、生理開始予定日の1週間後(妊娠している場合、妊娠5週に当たる)からの使用がすすめられます。なお、生理開始予定日当日から使える早期妊娠検査薬というタイプもあります。

【医師監修】妊娠検査薬の反応はいつから?検査時期と注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1187

妊娠を待ち望む女性にとって、妊娠検査薬は妊娠の可能性を早く知ることができる大切なツールです。今回は、妊娠検査薬と最近、広く使われるようになってきた早期妊娠検査薬について、2つの違い、使用する際の注意点などを詳しく説明します。

【医師監修】早期妊娠検査薬は最短いつから使えてどう使うのか?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1078

もしかしたら妊娠したかも……? と思ったら、まず試したい妊娠検査薬。一般的な薬局で販売しており、自宅で検査できるので手軽ですよね。しかし、妊娠検査薬ってどこまで信用できるものなのでしょうか?少し精度の高い「早期妊娠検査薬」についてもフライング検査を含め、妊娠検査薬についてまとめました。

【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK? 早く使える検査薬と注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7766

妊娠を待ち望む人にとって、妊娠の有無は一刻も早く知りたいもの。市販の妊娠検査薬をつい早めに使ってしまう……ということもあるでしょう。そもそも妊娠検査薬はフライングで使ってもよいものなのでしょうか? また、通常の妊娠検査薬より早く調べられる検査薬とはどんなものなのでしょうか? ここでくわしく紹介します。

Q.体調の変化から妊娠したかどうかわからないの?

A. 生理前の不調と区別のつかないことが多い

経験者に聞くと、妊娠したらこんな変化があったと教えてくれるかもしれませんが、それはあくまで結果論。妊娠したことで体に現れる可能性がある変化と、妊娠していない生理前に起こることがある変化を、その症状だけから区別するのは難しいです。

下記の記事では、妊娠したことで体に現れる可能性がある変化を挙げています。こうした変化だけから妊娠したかどうかを知ることはできませんが、いくつか該当するものがあったら妊娠検査薬を使って調べてみると良いでしょう。

【医師監修】妊娠初期を見分ける16の症状チェックリスト!兆候はいつから?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/67

この症状ってもしかして妊娠……? 月経が遅れたり、いつもと違う体調の変化が見られたりすると「妊娠したかも」と気になるところ。妊娠検査薬を使って調べる方法もありますが、時期が早すぎると判定が出ない場合もあります。早く知りたい人にとって、判断の目安となる妊娠初期の兆候について見ていきましょう。

Q.妊娠するために気を付けたほうがいいことはある?

A.生活習慣などを整える&医療機関でチェックしてもらっておく

自然に妊娠するためには、以下のような点に気を付けると良いでしょう[*2]。

☑ 夫婦生活は積極的に(とくに排卵日の3日前から排卵日まで)
☑ 太りすぎ、やせすぎの場合は適正体重に戻す
☑ 喫煙、過度な飲酒・カフェイン摂取は避ける
☑ 妊娠前に医療機関でメディカルチェックを受けておく

もっとくわしく知りたい人は下記の記事も参考にしてみてください。

【医師監修】妊娠しやすい日はいつ?排卵日との関係性とは

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/31

赤ちゃんが欲しいなら、妊娠しやすい日を知りましょう。自分や相手の体について知識と理解を深めれば、前向きに妊活ができるでしょう。妊娠しやすいタイミングを知って一歩ずつ進んでいきましょう。産後妊娠希望の方も必見の内容です。

【医師監修】妊活中に実践しておきたい! ブライダルチェック・貧血対策など5つの準備

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1051

妊娠前にしておけばよかった……そんな後悔をしないように、妊活中にやっておきたい5つの準備をまとめました。スムーズな妊娠のために、ママと赤ちゃんの健康のために、おすすめの方法です。

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/176

女性の社会進出と晩婚化が進むにつれ、35歳以上のいわゆる「高齢出産」(高年出産)の割合も上昇してきました。しかし年齢を重ねてからの妊娠・出産がさまざまな困難とリスクを伴うことはご存知の方も多いと思います。今回、40代の女性に焦点を当て、自然妊娠の確率、妊娠・出産のリスク、妊娠を目指すうえでのポイントをまとめました。

まとめ

受精卵の着床と妊娠の関係について解説しました。受精卵が子宮内膜に着床することで、妊娠が成立する、ということは意外と知らない人も多いのではないでしょうか。排卵、受精など、様々なハードルを乗り越えた受精卵だけが子宮にたどりつき、着床することができます。妊娠・出産は奇跡の積み重ねとよく言われますが、あまり焦らないようにしつつ、メディカルチェックを受けたり、生活習慣の改善に努めながら、赤ちゃんが来てくれるのを待ちましょう。

この記事の監修ドクター
窪 麻由美先生
Fika Ladies‘ Clinic フィーカレディースクリニック(東京都中央区日本橋)副院長。順天堂大学医学部附属浦安病院非常勤助教。東京女子医科大学卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属静岡病院などを経て、2009年に順天堂大学大学院医学研究科を卒業、博士号を取得。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、女性のヘルスケアアドバイザー

(文:マイナビウーマン子育て編集部/監修:窪 麻由美先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]病気がみえるvol.10産科, メディックメディア, p.6, 2018.
[*2]Optimizing natural fertility: a committee opinion. Fertil Steril. 2017 Jan;107(1):52-58
https://www.fertstert.org/article/S0015-0282(16)62849-2/fulltext>

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠6ヶ月】業務の引き継ぎをスタート! 両親学級の参加も #ワーママへの道

【妊娠6ヶ月】業務の引き継ぎをスタート! 両親学級の参加も #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……?など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠6ヶ月編をお届けします。


【妊娠5ヶ月】産後の生活をパートナーと話し合う、育児と仕事両立の情報収集も #ワーママへの道

【妊娠5ヶ月】産後の生活をパートナーと話し合う、育児と仕事両立の情報収集も #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……?など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠5ヶ月編をお届けします。


【医師監修】ビタミンK2シロップとは? 飲ませ方のポイント

【医師監修】ビタミンK2シロップとは? 飲ませ方のポイント

赤ちゃんが生まれると、すぐに「ビタミンK2シロップ」という薬を飲ませます。これは、赤ちゃんが脳出血などを起こさないようにするためで、早い時期に飲ませることが大切な薬です。今回は、ビタミンK2シロップについて詳しく説明します。


【医師監修】子供の結膜炎 | 症状別の治療法と予防法

【医師監修】子供の結膜炎 | 症状別の治療法と予防法

子供に目の充血や目やになどの症状があったら「結膜炎」が疑われます。よく聞く目の病気ですが、原因によっては他の人にうつしたり、悪化で視力が落ちるといったリスクもあります。今回は子供の結膜炎について、原因や症状、治療や予防法などを解説します。


【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

妊娠初期には出血が起こることが少なくありません。出血といっても、おりものに色が付く程度のものから、腹痛を伴い大量に出るものまでさまざまです。今回はその中から、ピンクのおりものが出た場合の原因と対処法を紹介します。


最新の投稿


もしかしてうちも? 気になるお部屋の"ニオイ"対策は順番がポイント!

もしかしてうちも? 気になるお部屋の"ニオイ"対策は順番がポイント!

そろそろ部屋のニオイが気になってくる季節。暮らしの中でニオイの元はいろいろありますが、ひとつひとつ対策をして、生活臭のない部屋をめざしたいですね。今回はニオイの対策やポイントをご紹介します。


クローゼット環境の整備に! 「カンフルツリーブロック」の魅力

クローゼット環境の整備に! 「カンフルツリーブロック」の魅力

年に2回の衣替えは、衣類を入れ替えたら、除湿剤・防虫剤を新しいものに変えるだけで終了……という方も多いのでは? 今回ご紹介するのは、天然素材で作られた「カンフルツリーブロック」。繰り返し使えるこのブロックを、衣替えのツールに加えてみませんか?


【専門家が教える衣替え】服選びが楽しくなる! クローゼット整理のポイント

【専門家が教える衣替え】服選びが楽しくなる! クローゼット整理のポイント

洋服を出し入れすることも多いので、衣替えの時期は洋服の整理をするのにも良いタイミングです。今回は、毎日の洋服選びが楽しくなる、クローゼット整理のポイントをお伝えします。


【キッチン】こんなの欲しかった!おすすめの便利グッズ3選

【キッチン】こんなの欲しかった!おすすめの便利グッズ3選

「あると便利かも!」とついつい買ってしまうのが、キッチングッズですよね。でも、ちょっと待って! それって、ホントに必要ですか? それを使えば、あなたの家事は、楽になりますか? 気分が上がりますか……? 今回はモノ選びのハードルが高い整理収納アドバイザーが「欲しい!使いたい!」と思ったキッチングッズを紹介します。


【医師監修】産後におならが止まらない! 3つの原因と対処法

【医師監修】産後におならが止まらない! 3つの原因と対処法

産後、なんだか「おなら」が多くなった気がする、ちょっとおなかに力を入れるだけで、出てしまう……そんな悩みはありませんか? 産後はおならが出やすくなるものなのでしょうか。また、対処方法はあるのでしょうか。産後のおならについて解説します。