【医師監修】赤ちゃんの痰、原因と出し方は? 喉がゴロゴロするのはなぜ?

【医師監修】赤ちゃんの痰、原因と出し方は? 喉がゴロゴロするのはなぜ?

赤ちゃんのなかには、痰が絡んでいるかのように喉がゴロゴロと鳴る子がいます。このような場合、どんな病気が考えられ、このままでも問題ないのでしょうか。原因や対処法などもふくめて解説していきます。


この記事の監修ドクター
大越陽一先生
杏林大学医学部卒業、杏林大学医学部小児科学教室任期助教、埼玉県立小児医療センター循環器科医長を経て現在アルテミスウィメンズホスピタル小児科部長。小児科専門医

赤ちゃんの痰が気になる!

Getty logo

痰とは気道から分泌される粘っこい分泌物のこと。
赤ちゃんは、痰が絡んでしまうことが少なくありません。こんなとき、どんなことに気をつければいいでしょうか。

赤ちゃんは痰を出す力が弱い

呼吸をする際に空気の通り道となる気道は、外界にいるウイルスや細菌などの病原体が入ってくるリスクに常にさらされています。

こうした病原体を防ぐため、気道では常に粘液が分泌されています。この粘液が痰で、異物が入ってきたり、感染症にかかったり、乾燥したりすると分泌量が増えてきます。

赤ちゃんの気道は大人よりも細く、咳によって痰を出す力が弱いため、痰が絡みやすいといわれています。

痰が増える病気とは?

痰が増える代表的な病気といえば感染症でしょう。このうち、赤ちゃんや小さい子供がかかりやすいのが、気管支炎です。

気管支は気道の下の方(下気道)にある器官のことで、ここに病原体が侵入し、炎症を起こした状態を気管支炎といいます。原因となる病原体としてはウイルス(ライノウイルス、RSウイルスなど)が多く、マイコプラズマという病原体によって生じることもあります。また、ウイルスに感染した後に細菌に二次感染することもあります。

気管支 気管 肺
Getty logo

気管支炎になると、ゴホゴホ、ゴロゴロといった痰が絡んだ咳をするようになり、熱が出てきます。はじめの頃の痰は透明〜白色で、比較的さらさらしています。症状が進むにつれて徐々に黄色や緑色に変わり、粘り気が強くなってきます。
なお、マイコプラズマ感染症では、痰があまり出ない傾向があります。

気管支炎以外で痰が出やすい病気では、風邪(上気道炎)の初期や、喘息などが考えられます。このときの痰は透明、あるいは白色のことが多いようです。
副鼻腔炎(鼻の奥にある空洞に膿が溜まる病気)にかかったときも、痰のような分泌物が出ることがあります。ただ、この分泌物の正体は喉の方に流れてきた鼻水で、後鼻漏(こうびろう)と呼ばれています。

気管支炎の痰の出し方とポイント

前述したように、赤ちゃんや小さい子は、咳をして痰を出すのが上手ではなく、痰を出す力が十分ではありません。増えた痰をそのままにしておくと、咳き込むなどの問題が出てきます。ですから、大人がサポートして痰を出しやすくしてあげることが大切です。

水分をとらせる

Getty logo

痰が絡んでいるような咳をしていたら、まず、少量の水分を何回かに分けてとらせ、痰を柔らかくします。部屋を加湿することも有効だとされています。

吐いてしまったら

痰を吐き出そうとして、嘔吐してしまうこともあります。
この場合に気をつけたいのは、痰を出そうとして吐いたのか、別の理由(胃腸炎など)で吐いたかを区別することです。
吐いたものに痰が混じっていて、赤ちゃんに元気が戻るようなら、痰を出すために吐いたものと考えられます。吐いた後も元気がないようであれば、別の理由があるかもしれません。
いずれにしても、痰が増えたときや痰に色がついているときは感染症にかかっている可能性が高いので、かかりつけの小児科医に診てもらったほうがいいでしょう。痰だけでなく、発熱があってぐったりしているときや、呼吸が苦しそうなときは、すぐに受診してください。

喉からゴロゴロ聞こえるときは?

Getty logo

生まれて間もない赤ちゃんでは、喉からゴロゴロとした音が鳴り「痰がからんでいる?」と思うことがあり、何か病気ではと心配する親御さんもいるでしょう。
どんなことが考えられるのかみていきましょう。

赤ちゃんの喉がゴロゴロする理由

赤ちゃんの喉がゴロゴロと鳴る理由として考えられるものの一つは、先天性喘鳴(ぜんめい)です。喘鳴とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、息を吸ったり吐いたりするときに、喉がゼロゼロ、ゴロゴロいう状態をいいます。

先天性喘鳴は、生まれたときに気道に何らかの問題があったために起こります。最も多い原因は喉頭軟化症(こうとうなんかしょう)です。

赤ちゃんの喉は組織が柔らかいため、息を吸ったときに喉が空気と一緒に肺のほうに吸い込まれてしまうことがあります。その振動で喉がゴロゴロと鳴ります。

泣いているときや、おっぱいやミルクを飲んでいるとき、横になっているときにはゴロゴロしやすく、眠ったり、うつ伏せになると落ち着きます※。

不安になる親御さんもいると思いますが、おっぱいをしっかりと飲めていて、元気で体重が順調に増えているのであれば、特に心配はいらないでしょう。

先天性喘鳴は成長とともに治まってくることが多いですが、非常にまれに別の病気によって起こっていることがあります。いつまでも喘鳴が治らないなど、気になるようなことがあれば、一度、かかりつけの小児科で相談してみるとよいでしょう。

※赤ちゃんをうつ伏せのまま目を離したり、眠らせるのは窒息や乳児突然死症候群の危険がありますので絶対にやめましょう。

まとめ

Getty logo

痰は、感染症のときや乾燥したときに増えます。赤ちゃんは痰を出す力が弱いため、水を飲ませたり、加湿をするなど、大人がケアしてあげましょう。
痰が増える病気の多くは感染症です。痰だけでなく、熱がある、ぐったりしている、呼吸が苦しそうといった症状があるときは、早めにかかりつけの小児科医に診てもらいましょう。
一方、生まれて間もない赤ちゃんで、喉がゴロゴロと鳴って痰が絡んだような音がする場合、成長とともに治まっていくことが多いですが、別の病気が隠れていることもあるので、気になるようなら小児科医に相談しましょう。

(文:山内リカ/監修:大越陽一先生)

※画像はイメージです

参考文献
金子堅一郎「子どもの病気とその診かた」(南山堂)
「小児の治療指針(小児科診療2018年増刊号)」(診断と治療社)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

妊娠したい場合、排卵のころに合わせてセックスをしたら、その後気になるのが「着床」したかどうか。排卵、受精、着床という流れはよく注目されますが、「着床の後」には何が起こるのでしょうか。ここでは無事、着床したら赤ちゃんはその後どのように育っていくのか、あらましを紹介します。


【医師監修】着床する期間はいつ? 妊娠のしくみと着床で見られる症状とは

【医師監修】着床する期間はいつ? 妊娠のしくみと着床で見られる症状とは

妊娠するかどうかを左右する「着床」。これはいつ起こるのでしょうか。ここでは、着床の起こる期間と、着床に至るまでの妊娠のしくみ、着床の際に見られる症状はあるのかについて紹介します。


【医師監修】妊娠と着床の関係。そのしくみと流れ、影響を与えるものは?

【医師監修】妊娠と着床の関係。そのしくみと流れ、影響を与えるものは?

妊娠の過程で起こるという「着床」。着床には、どんな意味があるのでしょうか。ここでは、妊娠と着床の関係、妊娠のしくみと流れに加え、妊娠、着床に影響を与えるものについても紹介します。


【医師監修】受精卵の着床と妊娠の関係。妊娠するまでに起こること

【医師監修】受精卵の着床と妊娠の関係。妊娠するまでに起こること

卵子と精子が出会ってできる「受精卵」。これが「着床」するとはどういうことなのでしょうか。また、妊娠とはどういった関係があるのでしょうか。ここでは受精卵の着床とは何のことで、いつ起こるのか、どんな意味があるのかについて解説します。


【医師監修】着床までに起こること。妊娠のしくみと妊活中に気を付けたいことは?

【医師監修】着床までに起こること。妊娠のしくみと妊活中に気を付けたいことは?

妊活をしているとよく耳にする「着床」。着床とは何のことで、着床するまでには何が起こるのでしょうか。それを知ることは、まさしく妊娠のしくみを知ること。ここでは、「着床までに起こること」とともに、妊活中に気を付けたい生活習慣などを紹介します。


最新の投稿


【医師監修】これって水疱瘡(みずぼうそう)!? 赤ちゃんがかかったときの症状と対処法

【医師監修】これって水疱瘡(みずぼうそう)!? 赤ちゃんがかかったときの症状と対処法

赤ちゃんに熱が出て発疹ができたときは「水疱瘡(みずぼうそう)」の可能性もあります。赤ちゃんがかかると重症化しやすいと言われています。また、感染力が強いので家族への感染も気がかりです。症状や受診、ホームケアのポイントなど対処法を知っておき、疑わしい場合も落ち着いて対処しましょう。


【医師監修】気になる、赤ちゃんのほくろ。心配なのはどんなもの? 手術はできるの?

【医師監修】気になる、赤ちゃんのほくろ。心配なのはどんなもの? 手術はできるの?

赤ちゃんを見ていると、以前はなかった「ほくろ」ができているのに気付くことがあります。それが少し大きくなったりすると、「がんでは?」と不安になるママもいるでしょう。そこで赤ちゃんのほくろとがんの関係や、子供のうちに美容目的で切除してもよいのかについて、ママのギモンにお答えします。


【医師監修】子供の水虫は何科に行く? 子供が水虫になった場合の正しい治療法や予防法をチェック

【医師監修】子供の水虫は何科に行く? 子供が水虫になった場合の正しい治療法や予防法をチェック

足の指の間の皮がむけたり、白くふやけてジュクジュクしたりする水虫。子供でもなることがあるのでしょうか。また子供が水虫になった場合、小児科と皮膚科、どちらを受診すれば良いのでしょうか。水虫の治療、予防方法とあわせて解説します。


【歯科医師監修】赤ちゃんの歯並びが気になる!? その要因とよくする方法

【歯科医師監修】赤ちゃんの歯並びが気になる!? その要因とよくする方法

赤ちゃんが生まれて半年前後たつと、かわいらしい歯が生えてきます。赤ちゃんの歯はもちろん大人の歯よりもずっと小さいのですが、大きさの違いだけでなく、歯並びがあまりよくないかも? と感じることがあるかもしれません。今回はその理由を解説します。


【医師監修】子供がやけどしたらまず何をすべき? 応急処置や病院へ行く目安、予防法について

【医師監修】子供がやけどしたらまず何をすべき? 応急処置や病院へ行く目安、予防法について

子供がやけどをしてしまったら、できるだけ早く応急処置をして受診することが大切です。ここでは家庭でできる応急処置の方法や、いつ医療機関に行くかの目安、やけどの予防方法について説明します。