ママのための悩み解決サイト
家族総動員!? 働くママに立ちふさがる小1の壁、みんな不安なの?

家族総動員!? 働くママに立ちふさがる小1の壁、みんな不安なの?

働くママが絶対避けて通れない、子どもの小学校入学。そのタイミングでの変化に対し、未就学児を持つママたちはどう考えているのでしょうか? 今回、リサーチしてみました!


小1の壁について

小1の壁とは、今まで仕事が終わるまで預かってくれていた保育園から小学校に上がるタイミングで直面するさまざまなことを言います。親も子どもも一気に環境が変化し、仕事を離職する人も少なくありません。学校が終わってから、預かってくれる学童保育もありますが、保育時間があわないママには悩みの種となっています。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

Q.小1の壁を考えたことはありますか?

ある20.3% / ない79.7%

小1の壁について考えたことがある人が20%にとどまりました。まだ、子どもが小さいので考えられない人もいましたし、そもそも小1の壁という言葉自体を聞いたことがないなど、知名度の低さをうかがわせる結果にもなりました。

小1の壁を考えたことのある人の意見

学童を利用するつもりだが心配

・学童とか行けるのかなって思ったりする。(30歳/0歳児/その他/団体・公益法人・官公庁)

・人見知りなどは一番の悩み事ですかねいい(29歳/1歳児/正社員(一般事務)/不動産)

学童に行けるのか、行ったとしても過ごせるのかを心配している人はいました。

家族や友人に助けてもらう

・トワイライトスクールとママ友と協力してのりこえた。(40歳以上/6歳以上/正社員(総合職)/商社・卸)

・わたしの母に面倒を見てもらうのを手伝ってもらう(33歳/6歳以上/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

ママ友や家族などと協力して乗り切るように計画をしている人もいました。

不安で心配に

・特に何もやっていませんが不安です(28歳/2歳時/正社員(一般事務)/不動産)

・なるべくお留守番で不安にならないようにした(40歳以上/6歳以上/正社員(総合職)/人材派遣・人材紹介)

特に何もやっていない人は不安にそして心配に思っているだけで何もしていない人やお留守番も想定している人もいました。

小1の壁を考えたことのない人の意見

小1の壁を知らない、意味が分からない

・まったく聞いたことがなく、分からない(28歳/1歳児/主婦)

・そもそも小1の壁の意味が分からない。(37歳/0歳児/正社員(一般事務)/商社・卸)

小1の壁は全く聞いたことがない、言葉の意味を知らない、意味がわからない、などといった意見が相次ぎ、小1の壁という言葉の認知度の低さをうかがわせる結果となりました。

今は関係ないので考えていない

・まだ1歳児だから。小一の壁を知らない。(33歳/1歳児/正社員(一般事務)/生保・損保)

・まだ、考えるような年頃ではないため(29歳/2歳時/正社員(総合職)/電力・ガス・石油)

小1の壁については、まだ子どもが小さいなどといった理由で考えていないという意見がありました。

小1の壁を考える必要がない

・専業主婦であるから。特に考えることはない(33歳/4歳児/主婦)

・出産を機に退職したので、関係ない。(31歳/0歳児/主婦)

出産とともに退職したり、今現在専業主婦であるために、小1の壁を考えていないと回答した人もいました。

■まとめ

小1の壁については、まだ子どもが小さいからなのか、考えていないという意見が圧倒的多数を占めていました。小1の壁という言葉の意味を知っている人も少なく、聞いたことがない人が大半。中には育児に一生懸命で小学校に上がった時のことなど考えられないという意見も。
小1の壁に直面している人たちにとっては、不安ばかりが募っているようです。ママ友に聞くなど、不安を解消できるように、ママ友などからの情報収集が大事かもしれませんね。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年11月30日~12月6日
調査人数:129人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

【医師監修】子供がスイミングに通う 11個のプラス効果とは?【幼児の習い事】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/138/

スイミングの効果は筋肉を鍛えることだけではなく、脳にも良い影響が及ぶことが分かっています。じつは今、子どもの習い事で人気があるのがスイミングなのです。小さいときから始めることができますし、大人も一緒に楽しむことができるのも魅力です。今回は幼児などの子供がスイミングスクールに通う魅力についてご紹介していきます。

働くママが仕事と育児を両立しやすいタイムスケジュールとは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/259/

仕事と育児の両立に成功している働くママ(ワーママ)のタイムスケジュールが気になりませんか?子育て中、ご飯支度など家事とお仕事をこなすのは本当に大変!でも工夫次第で想像以上にうまくいくことも。生き生きした働くママのブログもよくあります。求人活動中のママや悩みに直面中のママに向けて、ちょっとしたコツをお教えします。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


本音コラム

関連する投稿


捨てられない! ママが大切にする「子どもの制作物」6つ

捨てられない! ママが大切にする「子どもの制作物」6つ

子どもが作った物は残しておきたくて、どんどんたまってしまう……なんてママも多いのではないでしょうか。やっぱり捨てられないですよね。今回は、子どもを持つ20歳〜40代のママに、どうしても捨てられない子どもの作品について聞いてみました。


子どもに絶対にしない! ママたちが決めている「10のルール」

子どもに絶対にしない! ママたちが決めている「10のルール」

子育ては、人によって考え方も方法もさまざま。子どもに対して「こうしてあげたい」と思うこともあれば、「これだけは絶対にしない」と決めていることもありますよね。今回は子どもを持つ20歳〜40代の女性のみなさんに、子育てにおいて絶対に子どもにしないと決めていることについて聞いてみました。


こっそり満喫! 子どもが寝ている時のママの楽しみ11選

こっそり満喫! 子どもが寝ている時のママの楽しみ11選

子育て中は、なかなか自分の自由な時間が持てないですよね。そんなママたちにとって、子どもが寝ている時間は自分の好きなことを楽しめる唯一のひととき。みなさんは子どもが寝ている間、どのようなことをしているのでしょうか? 今回は20歳〜40代のママに聞いてみました。


気遣いに感激! ママが子育て中に感じた夫の優しさ9つ

気遣いに感激! ママが子育て中に感じた夫の優しさ9つ

子育てをしているママにとって心の支えになる、夫の気遣い。その気遣いがあってこそ子育てを乗り切れたというママも多いのではないでしょうか。今回は子どもを持つ20歳〜40代の女性たちに、子育て中に嬉しかった夫の気遣いのエピソードを聞いてみました。


子どもに聞かれて困ったこと5選 …… 答える or 答えられない!?

子どもに聞かれて困ったこと5選 …… 答える or 答えられない!?

子どもは大きくなるにつれて、いろいろなことに興味を持ち、知りたがるもの。子どもが疑問を感じた事を聞いてきた時にはきちんと教えてあげたいと思うのが親心ですが、時には答えに困ってしまう質問をしてくることも……。今回は、20歳〜40代の女性のママに、子どもに聞かれて困った質問について聞いてみました。


最新の投稿


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。


【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

赤ちゃんのおむつはどんなときに替えるのでしょうか。赤ちゃんの肌は敏感なのでむれてかぶれてしまわないか気になるひともいるでしょう。ここでは、おむつ替えのタイミング、回数、やり方、コツについて詳しく解説していきます。


【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

赤ちゃんは、夜中も構わず起きたり泣いたりするもの。そんな赤ちゃんのお世話をするママも睡眠不足になったり疲れてしまったり…。どうして寝てくれないの?いつになったらまとまって寝てくれるの?と、泣きたくなってしまうこともあるでしょう。今回は、赤ちゃんの睡眠の特徴や睡眠時間を整えるコツについてご紹介します。


【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

夏に流行するヘルパンギーナ、手足口病、プール熱(咽頭結膜熱)は、総称して「三大夏風邪」とも呼ばれています。どれも珍しい病気ではありませんが、小さいお子様がいるご家庭では、夏場によくかかる感染症として心配になりますよね。そんな夏風邪の一つ、ヘルパンギーナについて、詳しくご説明していきましょう!