後片付けも楽チン! 子どもとお家で楽しくクッキング

後片付けも楽チン! 子どもとお家で楽しくクッキング

子どもとお家でクッキングをする際、後片付けが大変で面倒くさい! なんて思ったことはありませんか? 今回は、そんな後片付けも楽チンにできるアイディアと、かさばりがちなお菓子作りアイテムの収納についてもご紹介したいと思います。


こんにちは。料理好きな旦那がよくキッチンでお菓子を作り、私はガレージで汗水垂らしながら洗車をしていますankoです。

何を隠そう、私自身お菓子作りがあまり得意でなく、好きでない理由の一つが後片付けが面倒くさいということです。

Getty logo

お子さんとするクッキングの中でも、よく聞くのかクッキー作り。

けれども、クッキーの生地って意外と手にベタベタくっつくし、子どもが使った大量の型抜きを洗うのも大変。

そんな背景もあり、我が家では嫁がキッチンを離れ、洗車を担当するようになったのです。

洗い物のストレスゼロ!? 汚れないクッキー作りのアイディア

Getty logo

そんなときに思いついたのが、サランラップを使った方法!

クッキーを作る際、今までは直接生地に型を押して型抜きしていたのですが、生地を伸ばす段階からラップの上で伸ばします。

※生地作りの工程を飛ばしていますが、土台となる生地に関しても、ジップロックに材料を全て入れて、袋の上からモミモミすると、手が汚れずに生地を作ることができます。

お菓子作り

生地を平たく伸ばしたら、今度は型抜きをしていきます。

ここでサランラップを剥がして……と思ってしまいますが、ここでもサランラップは決して剥がしません!

なんと、型抜きもサランラップの上で行います。

お菓子作り

こうすることで、型抜きに直接生地がつくことがないので、大量の型抜きを洗う手間もなくなります。

ただし、あまり強く型を押しすぎるとサランラップが破れてしまうので、力を入れすぎないよう注意してください。

お菓子作り

クッキーの形がついたら、ここでようやくサランラップを外します。

あとはヘラなどで形のついた部分を取っていきます。

イメージとしては、化石を発掘するような感じなのですが……。

型を抜いた部分が崩れてしまわないよう、周りの余分な生地を少しずつ取っていき、一つずつ天板に乗せていきます。

普通のクッキー作りであれば、型を抜いたあと手でサッと取って天板に乗せると思うのですが、こうした一手間も、子どもにとっては楽しい要素の一つかもしれません。

あとはこのままオーブンに入れて、焼けるのを待つだけ!

お菓子作り

余った生地については、再度ラップを使って丸め、綿棒でまた伸ばしたあと、一番最初と同じような手順で型抜きをして使います。

お菓子作り

お菓子作りのアイテムはどうやって収納してる?

Getty logo

こうしたクッキー型の数々って、あまり頻繁に使わないものなのに、割とかさばってしまいますよね。

収納ケース

我が家では、こんなふうにファイルケースに入れて収納しています。

使っているのはセリアのファイルケース! ケースに入れてしまえば、どんなところにも立てて収納できてしまえるので便利です。

キッチン収納

こちらは、現在の我が家のキッチン収納。

食器棚の下に引き出し収納があるのですが、クッキー型はもちろん、パーティーやイベント時期に使うランチョンマットやクロス、お弁当作りに使うおかずカップやキャラ弁グッズなども、同じファイルケースに入れています。

キッチン収納

なかなか出番の少ないものであっても、いざ使うときにあれこれ探し回ったり、いろいろなものをかき分けて取り出さなければいけない状況だと、それだけでハードルが高くなってしまいますよね。

いざ使うときにこそサッと取り出せるよう、使う頻度の低いものこそ使う「その時」を意識した収納が重要です。

ちなみに、他のお菓子作りのアイテムはどこにあるかと言いますと……。

キッチン収納

ふるいや軽量カップなどは料理などでも使うことが多いので、シンク下の引き出しの中にまとめています。

キッチン収納

こちらはダイソーの蓋付きケースなのですが、蓋付きなので中のゴチャゴチャも隠すことができるので便利です。

キッチン収納

細々としたものは、こうしたケースに入れるとごちゃごちゃして取りにくいのですが、大きいものに関しては、こうしたケースにガサっと入れてしまっても割と見つけやすいです。

サイズによってケースを変えるのも一つのポイントですね。

まとめ

お菓子作りのアイテムだけでなく、キッチンはただでさえいろんなもので溢れてしまいがち。

今日は子どもと一緒に……とせっかく考えたのでしたら、準備から後片付けまでも無理なく、そしてできるだけ親の負担も軽く終わらせたいですよね(笑)。

我が家もまだいろいろと開拓中ですが、どなたかの参考になればうれしいです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

元保育士&小学生の男の子と女の子の双子ママです。

100均グッズを使った整理収納、インテリアなど、子どもや家族みんなが暮らしやすい家づくりを心がけています。

Instagramでは日々の掃除記録や、子どものいる暮らしをテーマとした収納方法なども随時アップ&更新中♫

働きながら、子育てしながらでもぼちぼち続けていける暮らしのヒントをたくさん綴っていこうと思います。

関連するキーワード


料理

関連する投稿


冷たいスイーツから焼き菓子まで! アイストレイ 3 X 3 キュービックス

冷たいスイーツから焼き菓子まで! アイストレイ 3 X 3 キュービックス

氷を作る製氷皿だけれど、実は耐熱温度が高いので焼き菓子を作ることもできるアイテムを紹介。機能性と使いやすさを追求したおすすめアイストレイ。キューブ型のかわいい形を生かして、スイーツレシピも紹介していきます。


子どももモリモリ食べられる! 簡単おいしいコールスローのアレンジレシピ

子どももモリモリ食べられる! 簡単おいしいコールスローのアレンジレシピ

サッパリして食べやすいコールスローサラダ! 定番はキャベツを使ったものが多いですが、違う野菜でもアレンジができ、モリモリ食べられるんです。今回は、我が家の子どもたちにも大人気の簡単レシピをご紹介したいと思います。


期間限定の春の味! 菜の花のおすすめレシピ

期間限定の春の味! 菜の花のおすすめレシピ

ちょっとほろ苦な菜の花は、見た目と味とで春を感じさせてくれます。この時期にしか出まわらないため、味わえるのは春限定の味覚です。今回は、見た目にも映える菜の花料理のレシピをご紹介します。


旬を味わおう! たけのこの下処理と丸ごと使い切りレシピ

旬を味わおう! たけのこの下処理と丸ごと使い切りレシピ

たけのこは春の味覚の代表ですが、丸ごと手に入ってもどう処理したらいいのか困ってしまうことも。ちょっと大変そうなアク抜きなどの下処理~おいしいたけのこ料理のレシピまでご紹介します。


甘酸っぱいおいしさ! 簡単かわいい苺スイーツレシピ

甘酸っぱいおいしさ! 簡単かわいい苺スイーツレシピ

春に人気の味覚といえば苺! お手頃価格で手に入る旬だからこそ、たっぷり味わいたいですよね。今回は甘酸っぱい香り豊かな、苺を使ったスイーツレシピを紹介します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。




コストコ 節約