【簡単DIY】おこもり時間を活用! おうち時間に汚れた家具を気軽にリメイク

【簡単DIY】おこもり時間を活用! おうち時間に汚れた家具を気軽にリメイク

いつもより、早くはじまった春休み。家で過ごす時間が増えると、家の汚れが目につきやすくなりますよね。しかし掃除で解決するところもあれば、破損や破れによって掃除で解決できないものも……。そんなときは、手軽にできるリメイクで、気になる汚れを改善してみませんか?


子どもとできる簡単リメイク

こんにちは。ライフオーガナイザー(R)の佐藤美香です。

いろいろなものが、手軽に安く手に入る時代。子どもが小さなうちは、汚れるのは当たり前。家具も、汚れたら買い替えていくのもいいと思います。けれども私は、少しだけ手をかけて、長く使うのが好きです。子どものものは、成長とともに好みも変わるので、相談しながら一緒に作業するのも楽しいですよ。

Lazy dummy

汚れた座面を少しの工夫で生まれ変わらせる!

ダイニングで使っているベンチ、毎日使っているうちに汚れてしまいました。手入れがしやすいようにと、合皮のものにしたはずが、いつのまにか落書きやひび割れができ、真っ白からアイボリーになってしまいました。

ベンチの座面を張り替えは、タッカーと好みの布があれば大丈夫

そこで、座面を張り替えることにしました。必要なのは「タッカー」という大きなホチキスのような道具と、好みの布だけ。タッカーは、ホームセンターや100均(ただし200円商品でした)で購入することができます。 

ベンチの座面を張り替えは、タッカーと好みの布があれば大丈夫

ベンチを裏返し、脚の部分を外したら、タッカーの後部についているリムーバーで、留められている布をはずしていきます。

タッカーの後部についているリムーバーを使って留め具をはずす

今度は新しい布を留めていけばOK。1人でもできますが、2人でやると楽ちんです。1人が布を引っぱって、もう1人がタッカーで固定していきます。

布の張り替えは、2人がおすすめ 1人が布を引っ張り、1人が留める

裏側には、思い出の布を貼りました。

普段は見えない場所ですが、掃除をするときなどにチラッと見えて、思い出がよみがえる……。自分でメンテナンスするからこそ、できる"お楽しみ"です。

100均のスプレーペンキで解決! イスのペイント

長女が使い、次女が使い、1度はペンキを塗り直した子ども用のイス。以前のものが剥がれてきたので、今度は100均で購入したスプレーペンキでペイントしました。

子ども用のイスのペンキが剥がれたら、100均スプレーペンキでペイント

小さなイスは、スプレーペンキ1本でメンテナンス終了。こちらも、座面の布は思い出の布を使っています。

IKEAのイーゼルと子ども用のイスが、リメイクでお揃いに

前回、ペンキを塗った際に、IKEAで購入したイーゼルにも、同じ色を塗りました。イーゼルの赤い布部分に、座面と同じ布をのせてみたところ、イスとイーゼルがお揃いに。もともとはどちらも好みではなかったものですが、DIYによりお気に入り家具に仲間入りです。イスは亡くなった母が、長女に買ってくれたもの。10年以上現役で使えているのも、とてもうれしい点ですね。

遊びの延長! 子どもとのコミュニケーションにも

おもちゃや絵本を収納していたIKEAのTROFAT。シールを貼ったり、落書きしたり、随分汚れました。充分すぎるほど使ったのですが、とても丈夫で便利なので、処分するにはしのびない……。そこで、当時の子供部屋に合わせて、ペイントすることにしました。

汚れたIKEAのTROFATの内側と外側に違う色を塗って楽しむ

外側と内側を違う色にしてみました。最初に内側にペンキを塗り、内側が乾いたら養生をして、外側にスプレーペンキを。子どもに「養生するから、要らない紙を持ってきて」とお願いしたところ、返ってきたばかりの学力テストを持ってきたのには、ビックリでした……(笑) こんなことも、楽しい思い出です。

汚れたIKEAのTROFATの内側と外側に違う色を塗って楽しむ

ウォールステッカーの色に合わせて、内側は紫色に。購入するには少し勇気がいる色も、イメージと違っていたらまた塗り直せると思うと、気軽に試すことができます。

まとめ

一見面倒に思えるリメイクも、思い出の品とコラボしたり、遊び心を加えると、いろいろと楽しめます。買い替えずに済み、粗大ごみも出ないで、環境にもお財布にも優しい。何より、汚れが気になっていた家具が、お気に入りに変わっていくのはうれしいですよ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー(R)/リユースオーガナイザー(R)/冷凍生活アドバイザーの佐藤美香です。
・三姉妹(JK.JC.末っ子は4歳)の子育て中
・勉強の出来る子より、生活力のある子
・週末一気に仕込み、平日冷凍テクで乗り切る
・片づけやすい仕組みをご提案
・小さな子でも出来る片づけ、お手伝い
・目指すは手間を省いてやってる風
ブログ:https://aika-katazuke.com/blog
Webサイト:https://aika-katazuke.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/ckh_mi3/

関連するキーワード


専門家 DIY

関連する投稿


【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

外出中のマスクをはずすシーンで重宝する、たった5分でできるマスクケースの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

お客さまからお聞きするお悩みのひとつに、「家族がゴミをゴミ箱へ捨ててくれない問題」があります。それでも、ゴミ捨ては週に何度も発生する大事な家事のひとつ。ゴミ捨てに関わる当たり前を、今一度見直してみませんか? 今回は、我が家で取り入れている、ゴミ捨てをラクにこなすコツについてお伝えしたいと思います。


衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

最近全然着ていないけれど、またいつか着るかもしれない! そんな思いで、衣類整理が進まず悩んでしまう方も多いですよね。しかし、素直な気持ちとちょっとのコツで整理しやすくなります。


もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

お掃除をしようと思ったとき、掃除道具を取り出すのが面倒だったり、買ったはずのお掃除グッズが見当たらず意気消沈したりしたことはありませんか? お掃除を面倒にするのは、掃除道具の取り出しにくさ。最低限のお掃除グッズと取り出ししやすい収納方法で、サッと掃除道具が手に取れて、使用後も簡単にしまえる収納を作りましょう。


おうち時間を楽しもう♪ 親子で作って遊べる「室内向けゲーム」

おうち時間を楽しもう♪ 親子で作って遊べる「室内向けゲーム」

おうち時間を楽しく過ごすための、室内向け手作りゲームを紹介。小さい子どもでも楽しく一緒に作れるようなアイテムで、ちょっとアクティブに遊んでみませんか?


最新の投稿


七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

Instagramで子育て漫画を発信中のはなのさん。はなのさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

Instagramで子育て漫画を発信されるふくこさん。ふくこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「素敵!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。でも、ここまでくるには、実はいろいろあったそうで……。「嫁と姑」、その複雑怪奇(?)な関係をお届けします♪


【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。




コストコ 節約 買い物