一人でできる! きれいが続く! 子どもに合わせたランドセル収納

一人でできる! きれいが続く! 子どもに合わせたランドセル収納

いよいよ新生活が始まる季節ですね! 就学期のお子さんがいるご家庭ではこの機会に、生活リズムとものの持ち方を、親子で見直すタイミングを迎えているのではないでしょうか。今回は就学期に悩む方の多い、ランドセルの収納方法をご紹介します。


こんにちは、ライフオーガナイザー®︎ 門傳(もんでん)奈々です。

この時期、就学期のお子さんがいらっしゃるご家庭では、ランドセルの収納方法に頭を悩ませている方も多いかもしれません。

今回はそんなママさんに向けて、子どもが自分でしまえるようになるランドセル収納方法をご紹介したいと思います。試行錯誤の末にたどり着いた我が家の事例も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ランドセル収納は子どもの動線上に!

入学当初の子どもにはまだ、「ランドセルをきちんとしまう」という概念は備わっていません。

入学して間もない子どもにとって、ランドセルは「重い」「わずらわしい」「一刻も早くおろしたい」ものなのです。そんな子どもが親の言う通りの場所に、決められた入れ方でしまうのは難しいことでしょう。

では、どうすれば良いのでしょうか?

子どもの動きをよく見ましょう

家庭の中での動きを線で表したものを「動線」と呼びます。

帰宅後の子どもの「動線」をよく観察して、その動線上に収納場所をつくるのがおすすめです。動線に近いところに収納場所を決めてあげると、子どもにとって「片づけやすい」「しまいやすい」につながります。

帰宅後の子どもの動作は?

学校から帰宅した子どもがやる動作は、我が家の場合、以下のような順序です。

①リビングに入る
②ランドセルを下ろす
③手洗い、うがいをするために洗面所に行く
④リビングに戻ってくる
⑤ランドセルを開ける
⑥ランドセルの中からプリント、宿題を出す
⑦(中身を出して軽くなった)ランドセルをしまう

兄と妹でも異なる動線

上記で表した「子どもの動き」ですが、我が家の場合、兄と妹で少し異なります。

以下の図を参考に、ご紹介します。

【我が家の場合】兄(青線)と妹(赤線)で異なる帰宅後の動線。

②の作業だけでも兄と妹では異なります。

兄は、教科書などで重くなったランドセルをランドセルの収納場所まで持っていき、そこでおろします。一方妹は、重いランドセルを一旦リビングのソファの上におろします。

これらの動線の違いは、体力差や性格の差とも言えます。

6年生の兄は、妹よりも体力があり、性格は「面倒なことはしない」タイプ。

3年生の妹は、兄に比べて体力はありません。性格は「一つひとつの動作をきちんとやりたい」タイプです。

これらの違いが動きにも差を生むのではないかと思います。

ランドセルを広げる場所に応じて、しまい方を考える

⑥ランドセルの中からプリント、宿題を出す
⑦(中身を出して軽くなった)ランドセルをしまう

これらの動きも兄妹で差があります。

兄は収納場所でランドセルを広げて中身を出します。重いランドセルを背負ったまま収納場所まで行き、ランドセルをおろしたところで教科書やプリントを出すのです。

一方、妹はリビングのソファの上でランドセルを広げて中身を出します。中身が空になったランドセルを持って収納場所にしまいに行きます。

子どもごとに違う! しまいやすい方法

学校と同じしまい方が合っている長女の収納。

ランドセルをしまう方法は、動作別で整理すると、主に以下のやり方があります
①(フックなどに)引っ掛ける
②(ロッカー、棚に)入れる
③(棚の上や、ボックスの上に)置く

最初は、学校でのしまい方と自宅でのしまい方を同じにするのもおすすめです。

実録! ざっくり男子のランドセル収納

我が家の長男の場合、4年生になってようやくランドセルの収納方法がひとつに定着しました。

入学時からずっとランドセル収納で試行錯誤してしまいましたが、最後は親子で納得の収納方法にたどり着くことができました。

Before①:棚にしまう

「棚にしまう」という動作が面倒だったようです。

「棚にしまう」という一つの動作が面倒だったようで、いつも棚の下に置きっぱなしになっていました。

Before②:フックに引っ掛ける

重いランドセルをフックにかける動作は子どもにとって負担です。

これもフックにかける動作が面倒だったり、重いランドセルを引っ掛けるのが大変! という理由で長続きしませんでした。

Before③:床にそのまま置く

この方法では、教科書やプリントもその場で広げてしまうようになってしまいました……。

この方法が一番やりやすいようでした。しかし、気分によって置く場所がまちまちで、一定の場所におさまらないこともありました。

さらにこの場で教科書やプリントを出しっぱなしにすることも多くなり、床が見えなくなることもしばしば……。

After①:箱の中に置く

箱で枠を作り、枠内に収められるか試してみました

置く場所だけは定めたいと思い、実験的に段ボール箱を置いてその場所に置く方法が続くかどうかやってみました。試用期間は1カ月程度。

1カ月間この方法で、ランドセルをしまうことができました。それで初めてランドセル収納用のボックスを購入することにしました。

after②:ランドセル収納の完成形!

無印良品の「やわらかポリエチレンケース」の上におくだけ収納

無印良品 やわらかポリエチレンケース中 約幅25.5×奥行36×高さ16cm

¥ 790

(2020/03/23 時点)

長男の意見も取り入れれば、本人もさらにやる気が出るかも……と思い、収納グッズを選ぶところから一緒に考えることにしました。

無印良品の「やわらかポリエチレンケース」は、置きたい場所のサイズにもピッタリで、息子も気に入ってくれたので、その中にランドセルを入れることにしました。

この方法に定まったのは4年生になってすぐの頃でした。

【無印良品】「やわらかポリエチレンケース」が使いやすい理由4つ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7499

年代性別を問わず、幅広い層に人気の無印良品。今回は無印良品の収納ケース「やわらかポリエチレンケース」をオススメしたい理由を説明します。我が家では、ゲームの収納に使ったり、日用品を整理したり。友人宅にも聞いた使い方についても紹介していきます。

まとめ

「子どもが親の用意した収納方法を選択するとは限らない」これは、私が長男のランドセル収納を試行錯誤した中で学んだことです。

その子の性格や動きに応じて柔軟に収納方法を変えていくことが、親子で気持ちよく生活できるコツかもしれません。

我が家の方法が、お子さまのランドセル収納にお悩みの方の参考になればうれしいです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®︎1級、メンタルオーガナイザー®︎、整理収納アドバイザー1級

東京都在住。夫、長男(12歳)、長女(9歳)、次女(6歳)の5人家族。

ライフオーガナイザー®︎として個人宅のお片づけサポートやお片づけ講座、
お片づけお悩みシェア会などを行っています。

オンラインツールzoomやSkype、LINEを使用した【オンライン片づけ相談】、
【オンライン片づけレッスン】も随時開催しております。

また、「利き脳」に合わせた収納術が学べる【利き脳片付け®︎収納術講座】や日々の暮らしに取り入れたいアイディア豊富な【メンタルオーガナイズエッセンスセミナー】も好評開催中!

「ママが1日30分の自分時間を持てるお片づけ」をモットーとし、
ママが楽になる家事動線作りなどが得意です。

自身も結婚後、度重なる引っ越しや妊娠、出産を経て片づけられない状態に陥る。「片づけ」を学び、片づけられない状態を数年がかりで脱した過去の経験から、お片づけに悩むお客様の気持ちに寄り添った仕事を心がけています。

ブログ:https://ameblo.jp/yurumama-ideas/
WEBサイト:https://yurumama-ideas.amebaownd.com
linktree:https://linktr.ee/infototonou

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

外出中のマスクをはずすシーンで重宝する、たった5分でできるマスクケースの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

リビングクローゼットを上手に活用できていますか? 最近はリビングにクローゼットがあるお宅が増えてきました。家族で一緒に使うリビングはモノが集まり、管理が難しい場所。スッキリと維持するためのリビングクローゼットの収納術をご紹介します。


面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

お客さまからお聞きするお悩みのひとつに、「家族がゴミをゴミ箱へ捨ててくれない問題」があります。それでも、ゴミ捨ては週に何度も発生する大事な家事のひとつ。ゴミ捨てに関わる当たり前を、今一度見直してみませんか? 今回は、我が家で取り入れている、ゴミ捨てをラクにこなすコツについてお伝えしたいと思います。


衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

最近全然着ていないけれど、またいつか着るかもしれない! そんな思いで、衣類整理が進まず悩んでしまう方も多いですよね。しかし、素直な気持ちとちょっとのコツで整理しやすくなります。


もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

お掃除をしようと思ったとき、掃除道具を取り出すのが面倒だったり、買ったはずのお掃除グッズが見当たらず意気消沈したりしたことはありませんか? お掃除を面倒にするのは、掃除道具の取り出しにくさ。最低限のお掃除グッズと取り出ししやすい収納方法で、サッと掃除道具が手に取れて、使用後も簡単にしまえる収納を作りましょう。


最新の投稿


【医師監修】魔乳とは?新生児から母乳が出る原因と対処法

【医師監修】魔乳とは?新生児から母乳が出る原因と対処法

新生児の赤ちゃんの胸からお乳が出ることがあります。ここでは、どんなふうにお乳が出るのか、原因は何か、どう対処すればいいのかなどを説明します。また、同じような原因で新生児の女の子の性器から出血する「新生児月経」も紹介します。


防災グッズも定期的な点検と見直しを! 日常的にも使えるオススメアイテム

防災グッズも定期的な点検と見直しを! 日常的にも使えるオススメアイテム

災害に備え、防災グッズは用意したけれど、肝心なチェックは非常食の期限だけ……なんてことになっていませんか? 防災グッズは食料や水だけでなく、他のものに関しても点検や見直しが必要なんです! そこで今回は、我が家が実践している防災グッズの点検と見直し、さらにオススメしたいアイテムについてもいくつかご紹介したいと思います。


【漫画】夫婦をやり直したくて始めた別居。けれどすぐに悪い予感が……『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』Vol.9

【漫画】夫婦をやり直したくて始めた別居。けれどすぐに悪い予感が……『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』Vol.9

この幸せがいつまでも続くと思っていたのに……。妻の裏の顔に驚愕! 不貞の証拠がゴロゴロ出てきて、もはや妻を愛せない。こんな人間に親権を渡してなるものか‼ サレ夫におこったドロドロの離婚劇が始まる――。ガマ太郎さん『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』(KADOKAWA)の内容を一部抜粋してお届けします。


「夫婦喧嘩をしない」「自然に親しむ」コロナ禍で新しく始めた家での習慣

「夫婦喧嘩をしない」「自然に親しむ」コロナ禍で新しく始めた家での習慣

コロナ禍で仕事のスタイルや生活スタイルが変わった人も多いでしょう。衛生面をはじめとして、新しい生活習慣が身に付いたという家庭もあるのではないでしょうか。アンケートから、みなさんがコロナ禍で始めた新しい習慣をご紹介します。


【漫画】夫は海外出張。孤独なわたしのもとに現れた突然の訪問者『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.26

【漫画】夫は海外出張。孤独なわたしのもとに現れた突然の訪問者『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.26

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。