こんなボウルを探してました! おすすめ「ステンレススチールボウル」

こんなボウルを探してました! おすすめ「ステンレススチールボウル」

よく使うキッチン道具のボウル。素材や大きさはさまざまですが、使いやすさを考えたこのボウルは、まさに探していた条件にぴったり! どんなところがおすすめポイントなのかピックアップしました。お道具選びの参考にしてみてください。


こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

料理やお菓子作りをしているときによく使う道具の中でも、各家庭に複数あるのがボウル。我が家にもサイズや素材の違うボウルがいくつもありますが、使いやすさを追求すると、こんなボウルが良いな~と思うことがよくありました。

使うたびに、ここがちょっと使いにくい……なんて思ってしまうとストレスですよね。反対に、使いやすい道具を使うと作業もスムーズに進んで、気分良く調理できます。失敗も減って、料理が上達した気持ちにさえなれることも。

道具選びをする場合は、いくつかの優先順位を考えて、その中からいいものを選ぶと思いますが、皆さんはどんなことを条件としますか? 条件としては、デザイン、素材、サイズ、形状、使い心地、価格など、他にもいろいろあります。その中からどうしても外せない条件から照らし合わせていくと、求めている条件に合った製品と出会えるかもしれません♪

「ステンレススチールボウル」の特徴

ステンレススチールボウル

ボウルについては、使い勝手で求めていた条件がいくつかありました。100均のボウルでも、使うこと自体はできるのでいいのですが、特にお菓子作りをしていると不便さを感じることが多く、もっと使いやすいボウルが欲しいと探していました。

そして見つけたのが、DULTON(ダルトン)の「ステンレススチールボウル」。DULTONはインテリア雑貨のメーカー。その中でも気分が上がるキッチンツールを数多く世に送り出し、人気があります。

ステンレススチール ボウル M

¥ 2,530(税込)

(2020/3/16 時点)

■素材:ステンレススチール、シリコン

本体はステンレススチールでできています。ステンレススチールは、鉄にクロムやニッケルを加えて錆びにくくした金属です。鉄は強度があり加工しやすい反面、錆びやすいという特徴があります。鉄の良さを生かしつつ、デメリットをカバーするものとしてステンレススチールが登場しました。

ステンレススチールは鉄のような強度を持ちつつ、錆びにくい特徴がありますが、加工しにくく価格が高めというデメリットが生まれます。そのため、しっかりした作りのステンレススチール製品はちょっとお値段が高めとなるわけです。

錆びの心配が減ったので、琺瑯のような錆びないための塗装が不要のため、ピカピカの金属のまま。こちらのボウルは、外側は艶のないマットな質感で、内側は艶のある仕上げになっています。また、底部分は黒いシリコン製にして、使いやすさとデザイン性を追求しています。

サイズは3種類あります。

【S】
■サイズ:H.105mm W.176mm D.168mm
■内容量:約1L
■価格:1,980円(税込)

【M】
■サイズ:H.120mm W.216mm D.205mm
■内容量:約2.5L
■価格:2,530円(税込)

【L】
■サイズ:H.142mm W.257mm D.245mm
■内容量:約4.5L
■価格:3,300円(税込)

「ステンレススチールボウル」のおすすめポイント

ステンレススチールという素材の良さに加え、他にも使いやすいポイントが押さえられているのがDULTON(ダルトン)のボウルのすごいところ。このボウルをおすすめしたくなるポイントは、使う人がスムーズに作業できるように考えられていること!

深さがある

ステンレススチールボウル

右が以前から我が家で使っているボウルで、左がDULTON(ダルトン)のMサイズのボウル。容量的には、ほぼ同じくらいですが深さにこれだけの差があります。

容量が同じで深さが違うということは、ボウルの直径も変わってきます。つまり、DULTON(ダルトン)のボウルの直径は、小さく深さがあるわけです。

ステンレススチールボウル

実際に比較してみるとよくわかりますが、同じ量の水を入れてみると、水面からボウルの縁までの距離がこれだけ変わります。

ステンレススチールボウル

この形状は、液状のものを混ぜるときに力を発揮します。お菓子作りでは卵や生クリームをよく泡立てることがありますが、幅が狭くその分深さがあれば、ミキサー部分が効率よく材料に当たり、混ぜる時間の短縮につながります。

また、浅いボウルだと飛び散るのが悩みだったのですが、深さがあれば、飛び散るのもボウルの中で受け止め、外への被害が少なくなります。

さらに、捏ねたり、混ぜたりするときに、深さがあればボウルからこぼれにくく、作業がしやすいという面もあります。

滑らない

ステンレススチールボウル

底の部分に黒いシリコンが使われているのも、大きな特徴です。シリコンは柔らかく耐熱温度が比較的高いため、キッチンツールにはよく使われる素材ですが、ボウルに使う目的は、滑りにくいという特徴を出すため。

ステンレススチールボウル

台に置いたときに、シリコン部分が当たり、使用中にズレたり倒れたりするのを防いでくれます。これが意外に助かるんですよね。ボウルを支えてくれるアシスタントやお手伝いさんがいれば安心ですが、1人で使用しているときに、いつも手が空いているとは限りません。また、手で支えている場合でも、滑り止めがあると支える力が少なくて済みます。

ステンレススチールボウル

ちょっと固めの材料や、力を入れて捏ねるときはこのシリコンの効果をよく感じます。

注ぎ口がある

ステンレススチールボウル

ボウルには1か所でっぱりが作られ、注ぎ口となっています。でっぱり具合は控え目なので、泡立てたり、混ぜたりする作業の邪魔にはなりません。

ステンレススチールボウル

でもこの控え目な注ぎ口が、結構いい仕事してくれます。液状のものを注ぐときに、この口があるのとないのとでは全然使いやすさが違うんです。注ぎ口があると、ちゃんとここに集まって流れてくれますが、ないともっと広範囲で流れ落ちるので気を付けてもこぼしてしまった経験は多々あります。

メモリがある

ステンレススチールボウル

内側にはメモリが付いています。計量カップのような細かいメモリではありませんが、500ml単位で計ることができます。

■Sサイズ:0.5L、1.0L
■Mサイズ:0.5L、1.0L、1.5L、2.0L、2.5L
■Lサイズ:1.0L、1.5L、2.0L、2.5L、3.0L、3.5L、4.0L、4.5L

大きな計量カップとしても使えますし、計量ができる材料を計って、他の材料を加えていけば手間も省けますね♪

コンパクト収納

DULTON(ダルトン)のステンレススチールボウルの3サイズは、すっぽり入れ子式に収まります。全てのサイズを揃えても、収納スペースはLサイズ分だけでOK! すてきなキッチンツールがあると気分よくクッキングタイムを過ごせますが、収納スペースの確保ができないと本当に困ります。このアイテムが欲しいんだけど、片付ける場所がないから……と購入を断念してしまうことってありますよね。少しでも省スペースにできるということは、実はとっても重要ポイント。

お手入れしやすい

ステンレススチールボウル

ステンレススチールの良いところは、お手入れのしやすさもあります。プラスチック製品のように色や臭いが移りやすかったり、油汚れがスッキリ取れなかったりということはありません。簡単に臭いも汚れも取れて、水分がしみ込むこともないので、洗ってすぐに拭き取ることができ、すぐに乾きます。

「ステンレススチールボウル」のお取り扱い方法・注意事項

ステンレススチールボウル

■はじめて使用する際は、食器用中性洗剤でよく洗ってから使用して下さい。
■材質特有のニオイが感じられる場合がございますが、使用と共に自然と軽減されます。
■本製品は製造工程上、鋭利な箇所がございます。フチ等端部に触れ、指を滑らせたりしますとケガをする恐れがあります。ご注意下さい。
■塩分や酸性、油分等の汚れがついたまま放置しないで下さい。サビの原因となります。
■本製品を直火に当てたり、加熱しないで下さい。熱により変形・変色の原因となります。
■電子レンジやオーブンでは使用できません。
■本製品に強い衝撃を与えないで下さい。変形・破損の原因となります。
■鉄やアルミ等の異種金属と接触したまま放置しないで下さい。サビが発生する原因となります。
■タワシ・磨き粉等は使用しないで下さい。表面にキズが付く恐れがあります。
■食器洗浄機・乾燥機を使用する際は、お使いの機器の取扱説明書と、その「注意事項」をよくお読みいただき、正しく使用して下さい。
■洗浄後はよく水気を拭き取り、風通しの良い場所で乾かしてから収納して下さい。
■火の側や直射日光の当たる場所、高温多湿になる場所には設置しないで下さい。
■本製品に破損や不具合、底面に使用しているシリコンに経年劣化等が見られた場合は使用をおやめ下さい。

ステンレススチールの特徴として、錆びにくい金属ですが、塩分や油分が付いたまま長時間放置したり、異種金属と接したまま放置したりすると錆びることがあります。直火やオーブン、電子レンジでの使用もNGです。かなりしっかりした造りで固いので、ちょっと衝撃を与えたくらいでは変形しそうもありませんが‥‥‥長く使うためには、乱暴な使い方はやめた方がいいですよね。

まとめ

DULTON(ダルトン)のボウルは、おすすめしたいポイントがいっぱい! 扱いやすいステンレススチール製で、底には滑り止めとしてシリコンが使われているので、手の負担の軽減となります。また、深さのある形状は、飛び散りを防止してくれ、作業効率もUP。他にもメモリや注ぎ口が付いていたりして、いろいろな場面でこうだったらもっと使いやすい! を実現してくれます。多少お値段は高めですが、そのお値段の価値があるので、しっかりした品質と使い心地を重視する方にはぴったりです。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

男の子3人、女の子1人の母。
自宅にてフラワーケーキ、キャラ弁教室を主宰。
料理、クラフト作り、ラッピングなどものつくりが大好きです。
生活に役立つ情報を発信したいと思います♪

ブログ:https://ameblo.jp/sanpiyomama/

関連するキーワード


専門家 キッチン

関連する投稿


洗面所の収納|専門家が教える3つの家事シェア事例

洗面所の収納|専門家が教える3つの家事シェア事例

普段ひとりが担っていた家事を、収納や仕組みを整え、家族でシェアしていきませんか? 今回は、洗面所の収納を見直して家事シェアできた3つの事例をご紹介します。


「発酵メーカー」で簡単&手軽に発酵ライフ♪ おうちで"発酵食"を楽しもう!

「発酵メーカー」で簡単&手軽に発酵ライフ♪ おうちで"発酵食"を楽しもう!

健康にさまざまな効果が期待できる発酵食品。毎日摂りたいものの、面倒なものでは続かないし、何よりおいしく食べたいですよね。そこで、手軽に揃う材料で自宅で簡単に発酵食品を作れる「発酵フードメーカー」が、我が家では大活躍しています! 今回は、そんな発酵フードメーカーの活用方法をご紹介します。


掃除も楽チンに! 繰り返し貼ってはがせる「ポンプボトルホルダー」

掃除も楽チンに! 繰り返し貼ってはがせる「ポンプボトルホルダー」

バスルームや洗面台、キッチンなどの水回りで大活躍のポンプタイプのボトル。みなさんはどのように設置して使っていますか? 「こんなアイテムあったらいいな」というソープボトルホルダーを先日見つけたので、ご紹介したいと思います。


オーブンも電子レンジも蒸し料理も! 便利な調理アイテム「WECK」

オーブンも電子レンジも蒸し料理も! 便利な調理アイテム「WECK」

苺のマークで人気の「WECK」はガラスの密閉保存容器として有名ですが、実は調理容器としても優秀です。使用方法を守れば、冷蔵だけでなく、電子レンジやオーブンで加熱したり、蒸し料理だって作れたりします。今回は贈り物にもピッタリなギフトボックスに入っているMOLD 140mlの使い方やレシピを中心にご紹介します。


普段使いから非常時まで! 1台あると安心の「リチャージライト」レビュー

普段使いから非常時まで! 1台あると安心の「リチャージライト」レビュー

非常時の備えとして欠かせない、懐中電灯などの光源。最後に点検したのはいつになりますか? 準備万端のつもりでいても、いざという時に使用できなければ意味がありません。『非常時専用』だからこそ、ついつい確認を怠ってしまいがち。それなら普段使いも可能なリチャージライトで、確認の手間を減らし、非常時の安心も確保しませんか。


最新の投稿


飲み物作りの悩みが解消「コールドブリューカラフェ」

飲み物作りの悩みが解消「コールドブリューカラフェ」

家で冷たい飲み物を作って飲む際、どんなアイテムを使っていますか? 水だしコーヒーや、フレーバーティーを気軽に作って、冷蔵庫に常備したいと思っている方も多いのでは? 今回は、色々な飲み物を入れるのに便利で、見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


お風呂にマグネット収納!ひげそりを使いやすく衛生的に収納しよう

お風呂にマグネット収納!ひげそりを使いやすく衛生的に収納しよう

今回はずっと気になっていた、夫のお風呂アイテム「ひげそり」の収納アイテムのご紹介です。薬局で購入するようなお手頃価格のひげそりでも、きちんと収納されなければ刃がダメになってしまったり、すぐに使えなくなってしまい、もったいないですよね。衛生面からも吊り収納がベストということに気づき、今回ぴったりなアイテムを見つけました!


何を入れてもサマになる! スタイリッシュなKINTOのガラスキャニスター

何を入れてもサマになる! スタイリッシュなKINTOのガラスキャニスター

毎日使うキッチンは、お気に入りの空間でありたいものですよね。私のこだわりは「NOプラスチック製品」!そう、ガラスやステンレス、それに木のものだけに囲まれていたいのです。今回おすすめしたいキャニスターはKINTOの製品。スタイリッシュなステンレスの蓋とやわらかいフォルムでデザインされたガラスのシルエットに注目です。


突っ張り棒比較! ダイソー・セリア・キャンドゥのどれがオススメ?

突っ張り棒比較! ダイソー・セリア・キャンドゥのどれがオススメ?

いまや収納に欠かせないツールとなった突っ張り棒。100均ショップ各社は特色を打ち出し、それぞれに魅力的な商品を展開しています。そこで今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥによる突っ張り棒をピックアップしてご紹介。それぞれの特徴についてくわしく解説します。


IKEAのカラーボックス「KALLAX」がおしゃれ!上手な活用事例

IKEAのカラーボックス「KALLAX」がおしゃれ!上手な活用事例

見せる収納の代表格として活用されているカラーボックス。横長の長方形が3~4段並ぶのがスタンダードな形ですが、オシャレな北欧アイテムが揃うIKEAのカラーボックスはなんと正方形! 今回は、IKEAでチェックしたいカラーボックスについてご紹介します。