【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

つたい歩きをなかなか始めなかったり、逆に早くからつたい歩きを始める姿を見て、心配するお母さんお父さんもいることと思います。今回はつたい歩きを始める一般的な時期や、O脚との関係などについてお話します。


この記事の監修ドクター
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

「梁尚弘 先生」記事一覧はこちら⇒

つたい歩きはいつごろから?

首すわりからつかまり立ちまでの発達

赤ちゃんの体は、頭に近いところから順番に動かせるようになっていきます。そのため、首すわりからつかまり立ちまで進んでから、つたい歩きを始めます。

デンバー発達判定法で、25~90%の赤ちゃんがつかまり立ちまでの粗大運動をできるようになる月齢は次の通りです[*1]。

つたい歩きはいつごろ?

90%の赤ちゃんがつたい歩きできるようになる時期は1歳2~3ヶ月といわれています。

ただし、生まれた時の体重が少なければ少ないほど、つたい歩きを始める時期もゆっくりとなります。
生まれた時の体重が1000g未満の場合、1歳7~8ヶ月で90%の子がつたい歩きをできるようになります。1000~1499gの場合は1歳5~6ヶ月、1500~1999gの場合は1歳4~5ヶ月で90%の赤ちゃんがつたい歩きをマスターするのです[*2]。

中には上の時期よりも早くつたい歩きを始めたり、なかなかつたい歩きをしない子もいます。

発達のスピードは赤ちゃんによって違うので、多少の違いはあるものです。上の月齢と赤ちゃんがつたい歩きを始める時期が違っても、気長に見守ってあげてくださいね。

つたい歩きが早いのはいいの?まずいの?

自然につたい歩きしたなら大丈夫

つたい歩きを始めるのが早すぎると、足腰に負担がかかるのではないかと気にするお母さんお父さんもいるかもしれません。

でも、赤ちゃんが自然につたい歩きを始めたのなら問題はありません。

赤ちゃんは、楽しみながらハイハイやつかまり立ち、つたい歩きをくり返します。
楽しく体を動かしているうちに筋力もついてきて、自然に次の運動段階に進んでいきます。
そのため、楽しく動き回っているうちに、早めにつたい歩きもできるようになることがあるのです。

無理やりつたい歩きをさせると、心にも体にも負担をかけてしまいますが、赤ちゃん自身が自分からやりたがっているならそれは自然なこと。お母さんお父さんも一緒に新しい動きができるようになったことを喜んであげてくださいね。

つたい歩きとO脚は関係ある?

つたい歩きが早くてもO脚にはなりません

O脚とは、立って、または仰向けになった姿勢で、左右の足関節をつけた時に両膝が離れることを言います。

つたい歩きを始めるのが早いとO脚になる、という噂がありますが、これは事実ではありません。赤ちゃんがO脚なのは珍しいことではないからです。

赤ちゃんの脚の形については、次の項で詳しく説明します。

1歳頃まではO脚が多いもの

お腹の中の赤ちゃんは、全身を丸めています。そのため、生まれた直後の赤ちゃんはたいていO脚です。

歩けるようになる1歳代になっても、まだO脚の子はたくさんいます。1歳6ヶ月児健診ではよく「O脚ではないか」という相談がありますが、たいていの場合は問題がありません。

ほとんどのO脚の赤ちゃんは、特に対処をしなくても、だんだんとまっすぐな脚になっていきます。3~4歳でははっきりとしたX脚となり、5~6歳には改善して軽めのX脚となります。それ以降はあまり変化は起こりません[*3]。

つたい歩きを始めるのが早くても遅くても、赤ちゃん時代はO脚なのが自然なのです。

つたい歩きの始まりが気になったら

なかなかつたい歩きしないことも

つたい歩きを始めるのが早くて心配というお母さんお父さんがいる一方で、赤ちゃんがなかなかつたい歩きを始めなくて気になる、というお母さんお父さんもいることでしょう。

発達のスピードは1人1人で違うものです。

そのため、正常に発達していても90%の赤ちゃんがつたい歩きをする1歳2~3ヶ月以降につたい歩きを始めることもあるのです。

赤ちゃんの発達がマイペースでゆっくりめだったとしても、焦らず気長に発達を見守ってあげてくださいね。

無理やりやらせるのは×

つたい歩きをなかなか始めなくても、無理やり立たせて練習させようとするのはおすすめできません。
無理な練習で体に負担をかけたり筋肉を傷めると、逆に発達が遅れることにもつながります。

運動発達は赤ちゃんが自然に獲得していくものです。
嫌がっているのにつたい歩きをする練習をさせないようにしてくださいね。

歩行器は事故を起こすことも

つたい歩きができない赤ちゃんに、早く歩かせることを目的に歩行器を使わせるのも、おすすめできません。

歩行器は事故の原因となることもあり、歩行器に入ったままで転ぶと、頭を強く打って怪我をしやすいことが報告されています。そのため、海外では歩行器を販売しないように法律で禁止されている国もあります[*4]。

少しでも子供の発達を促したいと思う気持ちはわかりますが、そもそも、大人になれば歩き始めが早くても遅くても、人生にはあまり影響しません。無理に使わせる必要はないでしょう。

赤ちゃんが歩行器が好きなら、楽しく使うのもいいでしょう。その場合は転ばないように段差のない安全な場所を選んで、使っている間は大人が見守ってあげてくださいね。

かかりつけの小児科に相談を

つたい歩きを始める時期は赤ちゃんによって違うとわかっていても、赤ちゃんのつたい歩きが遅いと感じたり、その他にも発達の上で心配になることもあると思います。

そんな時には、自分一人で思い悩んだり自己流の解決方法を探さないで、プロの手を借りるのがおすすめです。かかりつけの小児科や1歳6ヶ月健診などで相談してみてくださいね。

まとめ

9割の赤ちゃんがつたい歩きができるようになる時期は1歳2~3ケ月ごろ。ただし、早い赤ちゃんは1歳になる前からつたい歩きを始めることもあります。特に何もしていないのに運動発達が進んだのなら問題はありません。早めにつたい歩きを始めても、それが原因でO脚になることもないので大丈夫です。
また、つたい歩きが遅いと感じても、無理やりトレーニングすると赤ちゃんの体に無理をさせてしまいます。歩行器も転倒事故を起こしやすいので、歩行を促すにはあまりおすすめできません。赤ちゃんの発達が気になったら、かかりつけの小児科や健診などで相談してみると安心です。プロの目で今の赤ちゃんの状態を診てもらいながら、長い目で赤ちゃんの成長発達を見守っていきたいですね。

(文:大崎典子/監修:梁尚弘先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]デンバー発達判定法 DENVERⅡ W.K.Frankenburg.M.D. 2005 社団法人日本小児保健協会 日本小児医事出版社
[*2]「乳幼児健康診査身体診察マニュアル」国立成育医療研究センター(平成30年3月)
[*3]滋賀県立小児保健医療センター「O脚・X脚」
[*4]「赤ちゃん&子育てインフォ」母子衛生研究会

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


26歳差夫婦で第四子妊娠の菊地瑠々さん、切迫流産の危険があり安静命令に「同じような状況のお母さんがいたら頑張っていきましょう」

26歳差夫婦で第四子妊娠の菊地瑠々さん、切迫流産の危険があり安静命令に「同じような状況のお母さんがいたら頑張っていきましょう」

20歳で26歳年上の男性と結婚し、5歳・3歳・1歳の3児ママになったモデルの菊池瑠々さん。現在は第四子を妊娠中ですが、産婦人科受診で切迫流産の危険性を指摘されたと報告しています。


子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

国内最大級の子どもの習い事メディア「SUKU×SUKU(スクスク)」は1月18日、「全56ジャンルの習い事平均月謝についてのアンケート」の結果を発表しました。この調査は、0歳から18歳の子どもに習い事を経験させたことのある保護者1,008人のを対象に、子どもの習い事の月謝について地方別の調査結果をまとめたものです。


保育園にお迎えに行くと…娘の髪型が衝撃的なことに!「謎の技術」「重力どうなってるんですか!?」

保育園にお迎えに行くと…娘の髪型が衝撃的なことに!「謎の技術」「重力どうなってるんですか!?」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、保育園でセットしてもらった斬新&ハイレベルな髪型をご紹介!


小倉優子さん、調理家電にドはまり中 自宅でわたあめ、焼き芋、焼き鳥もラクラク手作り!

小倉優子さん、調理家電にドはまり中 自宅でわたあめ、焼き芋、焼き鳥もラクラク手作り!

タレントの小倉優子さんが、ブログでさまざまな調理家電を使う様子を公開。わたあめやピザなど、なかなかお家では手作りできないようなメニューを、子どもたちと一緒に楽しんでいるようです。


【傘の運命】小学生男子の傘の折れ方が理解不能「え? そっち!?」「そこ折れるんだ」

【傘の運命】小学生男子の傘の折れ方が理解不能「え? そっち!?」「そこ折れるんだ」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、「え?そっち!?」と思わず驚いてしまうような小学生男児の傘の折れ方をご紹介!


最新の投稿


【助産師解説】オススメの授乳姿勢はどれ?パターン別授乳の体勢と4つのポイント

【助産師解説】オススメの授乳姿勢はどれ?パターン別授乳の体勢と4つのポイント

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。新生児の赤ちゃんやなかなか吸い付けない赤ちゃん向け、帝王切開後や腰痛があるときにオススメの姿勢、飲み残し・吐き戻し・中耳炎があるときにやってほしい体勢など、パターン別の授乳姿勢をお伝えします。


【助産師監修】乳腺炎を引き起こす食べ物・食事内容とは?乳製品や肉はダメって本当?

【助産師監修】乳腺炎を引き起こす食べ物・食事内容とは?乳製品や肉はダメって本当?

かかるとツライ乳腺炎。できることなら予防したいところですが、そのためにはどんな食事を心がければいいのでしょう。また脂肪分のとりすぎが乳腺炎の原因になるというのは本当でしょうか。ママが知っておきたいポイントを紹介します。


コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の解決」をめざすマドレボニータは、コロナ禍で出産した女性とそのパートナー654人を対象に2021年4月1日~10月31日に実施した「コロナ禍の産後のパートナーシップ」についてのアンケート調査結果を公開しました。


デリケートゾーン初心者さんは新宿マルイ本館へGO! 「はじめてのデリケートゾーンケア」テーマのポップアップストア開催

デリケートゾーン初心者さんは新宿マルイ本館へGO! 「はじめてのデリケートゾーンケア」テーマのポップアップストア開催

「生理に寄り添うセルフケア」をコンセプトにしたフェムテック/フェムケアD2C事業やメディア事業を展開中のあしたるんるんラボは、1月25日〜2月6日に新宿マルイ本館にて「はじめてのデリケートゾーンケア」をテーマにしたポップアップストアを開催します。


精神科医監修|子どもがかわいくないと感じるときはどうする?産後うつとの関係は?

精神科医監修|子どもがかわいくないと感じるときはどうする?産後うつとの関係は?

わが子のことがかわいく思えないことに悩む親御さんは、実は多いようです。ここでは、子どもがかわいくないと感じたことはあるか、その気持ちにどう対処したかを先輩ママに聞きました。現在悩んでいるママへの応援メッセージも紹介します。