ドライブ中、子どもの機嫌を保つコツは? 主な原因とパパ・ママに聞いた独自の工夫

ドライブ中、子どもの機嫌を保つコツは? 主な原因とパパ・ママに聞いた独自の工夫

本田技研工業(Honda)は、家族でのおでかけ前とドライブ中における子どものテンションや機嫌の変化を調べるため、家族のドライブ事情について、調査を実施しました。


今回の調査では、2人以上の子どもを持ち、長男もしくは長女の年齢が3歳以上9歳以下である30代のパパママが対象。また家族で車を所有しており、少なくとも週末は車を利用している人を対象条件としています。

「家族におけるコミュニケーションについて」

1.「おでかけ途中に子どものテンションが下がることが多い」家族は65.2%

まず、車でおでかけする前・準備しているときの子どものテンションについて聞くと、「高い」もしくは「やや高い」という答えが89.1%と9割近くを占めており、出発前はほとんどの子どもがおでかけを楽しみにしていることがわかりました。

一方で、目的地までの道中・車の中で子どものテンションが下がってしまった体験について尋ねたところ、「よくある」(21.6%)、「しばしばある」(43.6%)と合計65.2%の人が、ドライブ中に子どものテンションが下がることが多いと回答していました。

続けて、子どもの機嫌が悪くなるのはドライブ開始から何時間を超えたあたりかという質問に対しては、「2時間以内」(43.3%)、「1時間以内」(22.8%)と、半数以上のお子さんがドライブ開始から2時間以内に機嫌が悪くなっているということがわかりました。

また、機嫌が悪くなる原因として当てはまるものに関しては、「なかなか目的地につかないから」(72.1%)、「朝早くから車に乗って疲れてしまうから」(46.3%)、「車の中のスペースが充分にないから」(32.4%)といった回答が上位となりました。

子どものテンションが下がった印象的なエピソードとしては、「渋滞などにハマってしまうと自分たちも多少イライラしてしまい、それが子どもたちにも伝わってしまう」、「目的地にはまだ着かないの? と最初は笑顔で聞いてくるのですが、聞いてくる回数が増えてきて、徐々に機嫌が悪くなっていく」、「チャイルドシートに乗っていると思うように身動きが取れないため、1~2時間が限界」など、多くの家族がドライブ中に子どもの機嫌を損ねてしまうシチュエーションに悩んでいることがうかがえます。

2.子どもの機嫌を保つコツは「動画を流す」「音楽を流す」「お菓子を食べさせる」などが上位

上記の調査結果から、多くの家族がドライブ中の子どものテンションや機嫌の変化に悩んでいることがわかりました。そんな家族のために、ドライブ中に子どもの機嫌が悪くなりにくい家族のさまざまな工夫を聞いてみました。

まず、ドライブ中に子どもの機嫌が悪くなることがあるかという質問に「あまりない」、「まったくない」と答えた方へ、お子さんのテンションを下げないための工夫について質問したところ、「動画・DVDを流す」(53.6%)、「音楽をかけて、一緒に聴いたり歌ったりする」(49.0%)、「お菓子などを食べさせる」(48.4%)、「子どもに話かけ続ける」(39.2%)といった工夫が上位にあがりました。

また、他にも子どもの機嫌を悪くしないための工夫としては、「ハンドルのような円形の筒を持たせて車の運転の真似事をさせると、一緒に運転しているような気になって機嫌がよくなった」、「着いたら何をするか、何がしたいかや、こういった物がある、など具体的な事を伝え想像させた」、「こまめにSAや道の駅などに立ち寄ると、気分も紛れていい」という回答があり、こどものテンションを下げず、家族での時間を楽しくするために、それぞれの家族に独自の工夫があることがわかりました。

3.親も子どもも車でおでかけしたいが、ドライブ中の子どもの機嫌に悩む家族が多数

「家族でのおでかけとSNS投稿」に関する調査では、「家族でのおでかけが多いことは子どもの成長に良い影響があると思うか」という質問に対して、94.4%の親が良い影響があると思うと回答しています。

また、「家族におけるコミュニケーション」についての調査では、「家族そろって車でおでかけするのは好きですか」という質問に対して、98.4%の子どもが車でおでかけが好きと回答しています。

これらの調査からわかるように、親も子どもも車でのおでかけをしたいと思っている一方で、おでかけ中に子どもが機嫌を損ねることに関しては、どの家族も悩んでいるようです。

「家族におけるコミュニケーションについて」
調査対象:30代既婚男女442名(男性221名/女性221名)
<条件>・家族で車を所有しており、少なくとも週末は車を利用している
    ・2人以上の子供を持ち、長男もしくは長女の年齢が3歳以上9歳以下であること
調査主体:本田技研工業

Honda
https://www.honda.co.jp/

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。もっとおばけの成長を描いた絵本「のほほんべー」の魅力をご紹介します。


【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。おちゃめなサンタさんとトナカイのやり取りが楽しい絵本「ぎっくりごしのサンタクロース」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。


ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、大人の食事とは別に赤ちゃんの食事を用意しなければならず大変ですよね。そんな時に救世主になってくれるのがベビーフードです。今回は、ベビーフードはいつからいつまで食べさせるものなのか、おすすめのベビーフードにはどんな種類があるのかなどについて調査してみました。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

離乳食を完了後は幼児食へ移行しますが、毎食の献立どうしていますか。どんなことに注意すればよいのか、幼児食づくりに向けて、簡単な人気レシピをご紹介します。