え、もう諦めの境地!? 夫との育児分担で揉めたことある?ない?

え、もう諦めの境地!? 夫との育児分担で揉めたことある?ない?

育児分担が上手くいくかどうかで、ママのご機嫌が変わると言ってもいいくらい、大事な問題。ただ、中々そこは上手くいくことは少ないようで……? 今回、ママたちにパパとの育児分担についてを聞いてみました!


夫婦の永遠の問題!? 育児の分担、揉めたことある?

生まれる前にはわからない育児の大変さ。夫婦二人で行うのが理想ですが、もちろんその分担には揉めてしまうこともあります。実際に育児をしていて、育児の分担で揉めたことがあるかを聞いてみました。

Lazy dummy

Q.育児の分担で揉めたことありますか?

ある26.7% / ない72.3%

「ある」と回答した人が、意外と少ない!そんな印象を受けましたが、みなさん揉めずに上手に育児をしているんですね。

育児負担についてどんなことを調整したのか? 実際に経験したママに本音のところを聞いてみました。

やっぱり育児で揉めることがあります!

育児で面倒なことはママばっかり……

・オムツの処理や食事など面倒なことばかり私にやらせる。(36歳/生保・損保/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

共働きなのに、自分ばかりに負担を強いられていて、不平等。やって当たり前。感謝がない。(40歳以上/情報・IT/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

共働き、専業主婦にかかわらず、母親の育児負担が多いことに負担を持っているという意見がありました。せっかく育児に参加してくれても、おむつ替えなど面倒なことは母親に負担がきているという現状もあります。休日に自分は好きなことをしているのに主婦には休日がないという不満もありました。

お願いしてもやらない!

・休みの日は寝かしつけやお風呂を旦那がやる約束をしているがなかなか守ってくれない。
解決していない。(31歳/主婦)

・保育所の送り迎えやオムツのお世話をできる時だけでも夫もするという約束だったがほとんどしなかった。

・夫の姉を味方につけて説得してもらった(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

パパも育児に参加する!という当たり前のことが浸透してきているためか、パパにお願いしたり約束したりしている人もいました。一方で、不満を持っている人は、約束してくれたのにやらない、やっても感謝がないということに不満を持っていました。忙しくて中々育児に参加できないパパは、ママにぜひ感謝を伝えてみてくださいね!

もともと決めていなくて揉めました

・子供の遊び相手はどちらがするかで揉めた
曜日交代で解決(28歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・分担を曖昧にしたため、お互いがやらない。(40歳以上/主婦)

毎日の世話や家事についてはある程度分担があるものの、子供の遊びなど目に見えない育児については分担が曖昧で不満がみられました。それ以外にも、もともと想定していなかったり分担をしていなかったのでママにばかり負担があるという意見がありました。

育児で揉めることはない、もしくは今ないけど将来揉めそうな人

そもそも母親が担当だから揉めない

・子供のことは私が担当だから揉めない。(23歳/その他/その他)

・旦那が家にいても家事や育児をしない(38歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

主婦であっても、共働きであっても、ママだから自分が引き受けるということで引き受けている人が多い印象です。家では何もしない、という旦那さんも多かったです。世の中のママ、おつかれさまです!

揉めることをそもそも避けたい

・揉めてないわけではなく、揉めるとめんどくさいし、暴力のもとなので、全て私が引き受けました。基本的に子育てはしない旦那でしたので。(40歳以上/その他/営業職)

・分担した作業がなかなかうまくやれていなかったりすると見ている方がハラハラしたり、イライラして手や口を出してしまい喧嘩になりそう。
(35歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

夫婦間で揉めると疲れてしまうため、そもそも揉めるのを避けるように自分でやっている人も少なくありませんでした。

揉めてないけれど揉めそうな項目がある

・育児方針についてはもめそうな気がします。(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等))

・育児の事や家事でもめそうだなとおもいます(32歳/主婦)

今現在揉めてなくても、子供が少し大きくなると夜泣きや、教育方針、家事分担などで揉めそうという声がありました。

■まとめ

一見、結果だけを見ると揉めていない夫婦が7割と、揉めるのは少ないと思いがちです。でもほとんどのママさんがあきらめて自分がやる、揉めてないけどこれから揉めそうという不安があると回答していました。もっと、パパママみんなが、笑顔で子育てするためにはどうしたらいいのか、考えていく必要がありますね。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年11月8日~11月29日
調査人数:103人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【働くママ調査】夫婦で子育てをするために、パパにお願いしたいことは?

【働くママ調査】夫婦で子育てをするために、パパにお願いしたいことは?

子どもは親にとって宝物のような存在です。育児には大変なこともありますが、成長していく姿を夫婦で見守っていきたいですね。夫婦が一緒に子育てをするために、ママがパパに望むことは何でしょうか? 共働き家庭のママにアンケートをとり、「ここはぜひ協力してほしい!」というママのお願いをまとめました。


【ママ調査】コロナで夫婦ゲンカは増えた? #プレママ1年生

【ママ調査】コロナで夫婦ゲンカは増えた? #プレママ1年生

コロナ禍にともない、リモートワークが中心になった家庭も多いと思います。子どもの園や学校が休みの間は、家族全員が家に閉じこもることになった、という方もいるのではないでしょうか。すると必然的に増えるのが夫婦ゲンカ。あなたのお家ではどうでしたか? ママたちのアンケートを見てみましょう。


【ママ調査】保育園の送迎は夫? 妻? その理由は?#プレママ1年生

【ママ調査】保育園の送迎は夫? 妻? その理由は?#プレママ1年生

共働き夫婦の育児分担は頭の痛い問題です。特に、保育園の送迎は悩みの種。仕事時間の関係で、「送りは夫、お迎えは妻」など決めている家庭もいるようですが、夫婦間の役割分担とその理由について、世の共働き夫婦の実態に迫りました。


約9割のママが不安を感じると回答! 子育てと仕事の両立、うまくいく秘訣は? 

約9割のママが不安を感じると回答! 子育てと仕事の両立、うまくいく秘訣は? 

ワコールとベビカムは、「子育てと仕事の両立」に関する調査を行いました。


時短&手軽に美肌へ! 1本で5つのケアを実現“敏感肌用クレンジング”が登場 

時短&手軽に美肌へ! 1本で5つのケアを実現“敏感肌用クレンジング”が登場 

コンビの化粧品ブランド「NANAROBE(ナナローブ)」から、洗浄とうるおいを両立したクレンジング「マイクロバイオプロモート クレンジングジェル」が、公式オンラインショップにて、 6月5日より販売されます。


最新の投稿


ヌメヌメ・イライラを洗い流す! 「マグネティックソープホルダー」レビュー

ヌメヌメ・イライラを洗い流す! 「マグネティックソープホルダー」レビュー

昔ながらの牛乳せっけんに、見た目もかわいいキラキラのせっけん。液体とは違う、固形せっけん特有の良さに、根強いファンも多いかもしれません。ところが、固形せっけんは管理が面倒。置き場所に悩み、ヌメリに悩み、泣く泣く液体せっけんへ切り替えた方へ朗報です!今回は、固形せっけんをスマートに管理できるアイテムをご紹介します。


オシャレな「密閉容器衛生ゴミ箱」で、臭いも菌もシャットアウト!

オシャレな「密閉容器衛生ゴミ箱」で、臭いも菌もシャットアウト!

デザインにこだわって選んだ家具や小物。その中で異彩を放つ生活感丸出しのゴミ箱。ゴミ箱のせいでせっかくのインテリアが台なし……。なんてことはありませんか? 今回はこだわりのインテリアにもスッと馴染み、見た目だけでなく機能やサイズにもこだわった、便利なゴミ箱をご紹介します。


日常をおしゃれにしてくれる逸品! ランドリーストレージスクエア45L

日常をおしゃれにしてくれる逸品! ランドリーストレージスクエア45L

家の中で過ごす時間が以前よりも増え、掃除や洗濯の頻度も増えている……というご家庭も多いかと思います。そんな毎日の家事も、好きな道具に囲まれていれば気持ちよくできますね。今回は生活感をなくしてくれる、ランドリーストレージをご紹介します。


【医師監修】産後の膀胱炎 | その原因と7つの対処法

【医師監修】産後の膀胱炎 | その原因と7つの対処法

トイレに行くたびに痛みがある……、それは膀胱炎かもしれません。産後は、膀胱炎になりやすいといわれます。それはどうしてでしょうか。また対策はあるのでしょうか。産後の膀胱炎の原因と対処法について解説します。


家事の手荒れを克服できる! 「キッチングローブ Sサイズ」体験レビュー

家事の手荒れを克服できる! 「キッチングローブ Sサイズ」体験レビュー

最近は特に、ステイホーム週間などで水仕事が増えていると感じます。今回ご紹介するのは、手荒れが治らないほど頑張っている方に是非使ってほしいキッチングローブです。