ハタキをかけて部屋も頭もスッキリしよう! 昔ながらのハタキ掃除の魅力

ハタキをかけて部屋も頭もスッキリしよう! 昔ながらのハタキ掃除の魅力

ハタキのイメージから、もしかしたら「古臭い」と感じる方も多いかもしれません。しかし昔ながらの掃除アイテム「ハタキ」、実はいいことがいっぱいあるんです。おうちでやっているハタキ掃除の方法を紹介します。


こんにちは。整理収納アドバイザー、ルームスタイスト・プロの佐々木弓子です。

昔から実家ではハタキ掃除が普通で、私自身もハタキを使い続けて今日に至ります。やめようと思ってもやめられないメリットがたくさんありました。今回は、ハタキの使い方やおすすめポイントをお伝えします。

そもそもハタキって何?

形状

ハタキ 形状 

ヘラス・テラス´s

柄が50センチくらいで収縮機能はなくシンプルな作り。棒の先端にフサフサが付いていて、全長は70cm前後のものが主流です。

材質

柄の部分は木製やプラスチック製のものがほとんどです。先端部分は布やシルク、羽毛やビニールの糸を取り付けたものがあります。最近では、意外にもおしゃれなハタキが多く出ています。

ハタキの使用例

ハタキとの付き合い方

私の場合、時間がないときは掃除機だけですが、最低でも週に1回はハタキをかけるようにしています。掃除機をかける前に家中の窓を全開にして(夏は虫が入るので注意が必要)玄関から1番遠い2階の奥の部屋から順番に掛けていきます。よってハタキの収納場所は2階の1番奥の部屋のクローゼットに。かけ始める場所の近くに収納場所を決めておくと、取り掛かりやすいですよ。

置き家具

まずはデスクやチェスト、ベッドフレームなどの置き家具や椅子に対してハタキをかけます。本当は優しく埃を払う程度が好ましいのかもしれませんが、私の場合はバンバンかけます。細かく丁寧に、というよりはざっくりと大雑把にかけています。

窓枠周辺

窓枠掃除 ブラインド 埃 ハタキ

ヘラス・テラス´

窓を全開にして、窓の桟やブラインド、ロールスクリーンの上部、カーテンレールの上などに、素早くざっくりとかけていきます。網戸にも軽くかけて埃を溜めないようにしています。やるとやらないではやはり全然違います。埃が外に出ていくことは、とても気分がいいものです。

クローゼットの中

ハタキ クローゼット内 ほこり 掃除

ヘラス・テラス´s

扉のある収納やクローゼットの中なども、意外と埃が溜まります。上部の棚板や引き出しケースの上など、上から下の順にバンバンかけます。ハタキはちょうどいい長さなので、クローゼットの奥の床にも届きます。溜まった埃を出してあげるのも簡単です。

凸凹部分

ハタキ 幅木 掃除 凸凹に溜まる埃

ヘラス・テラス´s

各部屋の幅木やコンセント部分、階段の手すり下、ドア回りなども埃が溜まります。目に付く凸凹部分を歩きながらハタキでなでていくだけなので手間になりません。ハタキをひと振りしておくだけでも、掃除の仕上がりが違います。

照明

ハタキ 照明 掃除 電気のかさ 埃取り

ヘラス・テラス´s

普段の掃除では、手の届かない高い箇所の照明はスルーしますが、手の届く照明に対しては軽くハタキをかけています。見えるところ、届くところだけにしているので簡単です。

ハタキのおすすめポイント

部屋がスッキリする

普段からハタキ掃除をしていると、ハタキ掃除を想定したインテイリアを考えるようになります。余計なものがたくさんあったり、ハタキがいちいち引っかかったり。ハタキがかけづらいものは敬遠するようになり、自然と部屋がスッキリする効果も期待できます。

ストレス解消

Getty logo

ハタキをかけながら考え事をしたりブツブツ言ったりしていると、埃を出すことにより気分爽快、意外にストレス解消にもなっています! 毎日いろいろありますが、家の中の埃を追い出し部屋がきれいになることで、気分的に前向きになるといっても過言ではないはず!?

大掃除いらず

日々ハタキをかけていることで、大掃除は手の届かない箇所など最低限で済みます。埃が溜まり、油や湿気を含むと頑固になり、掃除が大変です。ハタキをざっとかけるだけでも、かなり後々の掃除がラクになります。

空気がきれいになる

窓を開ける 空気の入れ替え ハタキ 掃除

ヘラス・テラス´s

家族が家の中を移動したり、ちょっと動くだけで埃は発生します。ハタキをかけてわざわざ埃を舞い上がらせるなんて無理、小さい子どもがかわいそう、ハウスダストアレルギーが心配……などご家庭ごとにありますが、とにかく窓を開けて空気を入れ替えることが大事! 部屋の空気も頭もすっきりしますよ。

まとめ

ハタキをかけることは手間のようですが、慣れてしまえば簡単スピーディな掃除方法のひとつといえます。きっちり細かくかけなくても大丈夫です。見た目も素材もさまざま、ご自分に合ったお気に入りのハタキを見つけて気分爽快になる掃除をしてみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

整理収納アドバイザー認定講師/ルームスタイリスト・プロ

ヘラス・テラス´sの佐々木弓子です。
さいたま市在住 3姉妹の母 B型主婦
子育て中でも仕事が忙しくても挫折しない簡単キレイ収納で快適に!毎日をより心地よくワクワクするおうちづくりを全力でサポートしています。

人気の資格認定講座や自宅収納見学付きのおうちセミナー、模様替えや収納のご相談、セミナーや研修の講師として活動中。
Webサイト:http://herasuterraces.com/

関連するキーワード


専門家 掃除

関連する投稿


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

子どもの成長と共にいつかは訪れる「お留守番」。できれば学校の長期休暇中などに練習をしておきたいですね!「子どもと約束しておくことは?」「事前にできる準備はある?」 今回はそんな子どものお留守番についてまとめてみました。


キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

毎日使うキッチンはキレイにしておきたい。でもこまめにお掃除するのは面倒くさい! だったら「使いたくなる」アイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか? オシャレで気分も上がっちゃうキッチンブラシを紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


最新の投稿


【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

授乳というと横抱きのイメージですが、縦抱きでも授乳はできます。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さくて柔らか。首も腰も据わらずふにゃふにゃしているので、抱っこをするのにもドキドキしてしまいますね。そんな月齢が低い赤ちゃんでも縦抱きで授乳しても大丈夫なのか、どんな場合に向いているかなどを解説します。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。