【医師監修】赤ちゃんのよく笑う・笑わないはどう違う?笑顔にするためにできること

【医師監修】赤ちゃんのよく笑う・笑わないはどう違う?笑顔にするためにできること

赤ちゃんの笑顔は大人を幸せにします。でも、親としては笑顔ひとつとっても「ほかの赤ちゃんの方がよく笑うような気がする」「いつからよく笑うようになる?」などと心配になるものです。今回は、赤ちゃんの笑いがどのように発達するのかについて解説し、笑顔を引き出す遊びの例も紹介します。


赤ちゃんの笑いってどのように成長するの?

Getty logo

赤ちゃんの笑顔や笑い声はとてもかわいいですね。一方で、笑顔が少なかったり、声を出して笑ってくれないと、心配になってしまうことも。そもそも、赤ちゃんは生まれた時から笑うものなのでしょうか。まずは赤ちゃんの笑いがどのように成長するのかをみてみましょう。

新生児のころから見られる笑顔

Getty logo

赤ちゃんの笑い顔は、新生児期から見られます。眠っている時に一瞬、目を閉じたままにっこりするのを見たことがある人もいるでしょう。しかし、この時期の笑いは、うれしいことや楽しいことなど、外部からの刺激によって引き出されたものではなく、反射的に起こる生理的なものです。これを新生児微笑(生理的微笑、自発的微笑)といいます。

生後2ヶ月ごろになると新生児微笑が消えるとともに、人の顔を見てにっこりする「社会的微笑」が見られるようになります。この時期の赤ちゃんは顔によく反応します。ママやパパの顔だから笑うというわけではなく、ぬいぐるみなどの顔にも笑いかけます。

【医師監修】赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔を引き出すコツ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7210

赤ちゃんの笑いの段階と笑顔を引き出すコツについて、医師が解説します。いつになったら笑顔が見られる? なかなか笑わない……と心配されるときの考え方と対応についてもお伝えしています。

赤ちゃんが声を出して笑うのはいつ?

では赤ちゃんが声を出して笑うようになるのはいつごろなのでしょうか。

デンバー発達判定法(DENVERⅡ)「日本における観察項目の達成年月齢」によると、25%の子が3.9週までに、50%の子が1.9ヶ月までに、75%の子が2.9ヶ月までに、90%が3.9ヶ月までに、声を出して笑うようになるとされています。
 
また、25%の子が1.8カ月までに、50%の子が2.8ヶ月までに、75%の子が3.8ヶ月までに、90%が4.9ヶ月までに、キャアキャア声をあげて喜ぶようになります。笑顔だけでも嬉しいものですが、かわいい声が聞けるとますます愛おしさが募りますね。

赤ちゃんの「笑い」の発達(達成月齢)

25% 50% 75% 90%
自分から笑いかける 1.5月 3.3月
あやすと笑う 2.7週 2.0月 3.3月
声を出して笑う 3.9週 1.9月 2.9月 3.9月
キャアキャア喜ぶ 1.8月 2.8月 3.8月 4.9月

デンバー発達判定法(DENVERⅡ)「日本における観察項目の達成年月齢」より抜粋

このように、赤ちゃんの笑いは発達していきますが、すべての子が目安どおりに成長するわけではありません。

笑いにも個人や時間帯で違いがある?

Getty logo

ほかの子と比べて「あまり笑わない」「声を出して笑わない」と心配する親御さんがいますが、大人になって静かな人とにぎやかな人がいるように、赤ちゃんにも個性があります。あやしたときにキャッキャと声を出して笑う子もいれば、微笑むだけの子もいるのです。声を出して笑わなくてもニコニコしていたり、ママやパパの声を聞いて表情が変わったり、泣きやむなどの反応があれば、それは個人差の範囲だと考えられます。

また、全ての子に当てはまるわけではありませんが、新生児期から3〜4ヶ月ごろの赤ちゃんは、夕方機嫌が悪く、泣くことが少なくありません。これはコリック(黄昏泣き)と呼ばれるもの。原因ははっきりわかっておらず、自然に解消していきますが、この時間帯はなかなか赤ちゃんの笑顔がみられないかもしれません。これは、1日に約3時間、生後6週間でピークに達し、その後は1日に1〜2時間程度となり、生後3〜4ヶ月には減ってきます。数時間以内に落ち着きいてきて、ほかの時間帯は一日中比較的穏やかなのであれば、特別心配することはないとされています[*1]。

赤ちゃんの笑顔の写真が撮りたい場合などは、朝や午前中などの機嫌のいい時間帯を選ぶのもいいかもしれませんね。

笑いと発達障害は関係がある?

赤ちゃんがあまり笑わないのは発達に問題があるから? と心配する親御さんも少なくないようです。

乳児健診で相談を

笑わないことと発達障害とは、なにか関連しているのでしょうか。

発達障害がある場合、2歳未満の時期に「あやしても笑わない」「目が合わない」「泣かない」「いつも泣いている」「抱っこを嫌がる」「寝つきが悪い」「寝てもすぐ目を覚ます」「親の後追いをしない」などの兆候が表れていることがあります[*2]。しかしながら、乳児期に発達障害の確実な診断を行うのは難しいのも事実です。

乳児健診では、体の発育や発達だけでなく、精神・社会性の面での問題の有無もみているので、何か気になることがあれば、乳児健診の際に相談してみましょう。また、かかりつけの小児科医に相談するのもいいでしょう。

赤ちゃんの笑いを引き出すふれあいや遊び

赤ちゃんの笑いには個人差があります。しかし、楽しいことやうれしいことが少なければ、笑う機会が少なくなるのも事実。赤ちゃんの笑いを引き出す関わり方を知っておきましょう。

五感を刺激しよう

赤ちゃんは、ママやパパとふれ合ったり一緒に遊んだりすることで、楽しい・うれしいという感情を持ちます。話しかけたり、見つめ合ったり体を使って遊んだりして五感を刺激し、赤ちゃんの笑顔を引き出しましょう。

新生児期におすすめのふれあいや遊び

Getty logo

ふれあいのコツ

生まれたばかりの赤ちゃんは、あやしても笑いません。だからといって無言で接するのではなく、たくさん話しかけましょう。泣いたら抱っこをして「どうしたの?」「大丈夫だよ」などと話しか、赤ちゃんを安心させてあげましょう。

おすすめの遊び

この時期の赤ちゃんには原始反射がみられます。これは、自分の意思とは関係なく起こる反応で、月齢を追うごとに自然とみられなくなってしまうものです。赤ちゃんの口の脇を指でツンツンすると指をくわえて吸おうとしたり、手のひらを軽く押すと握り返してきます。この時期にしかできないふれあいを楽しみましょう。

生後1〜2ヶ月ごろのふれあいや遊び

Getty logo

ふれあいのコツ

生後1〜2ヶ月ごろになると、機嫌がいいときに「あ〜」「う〜」などと声を出す(クーイング)様子が見られます。「なあに?」「あ〜、なの?」などと返事をして赤ちゃんとお話ししましょう。

おすすめの遊び

この時期の赤ちゃんは、視力の発達に伴い、人の顔をジッと見つめたり、周りのものをよく見るようになります。顔の前でおもちゃを左右にゆっくり動かして遊びましょう。

また、このころ、手足の動きが活発になり、足をバタバタさせるようになります。オムツ替えの時などに、赤ちゃんの足の裏でママの手の平をキックさせたり、足を曲げたり伸ばしたりして遊びましょう。

生後3〜4ヶ月ごろのふれあいや遊び

Getty logo

ふれあいのコツ

生後3〜4ヶ月ごろになると、あやすと声を出して笑うようになるので、赤ちゃんとのやりとりが楽しくなります。「ご機嫌だね〜」と笑顔で返してあげましょう。

おすすめの遊び

このころ、首がすわってくる子が増えるので、あおむけに寝かせた赤ちゃんの両腕を持ってゆっくり上半身をゆっくり上半身を起き上がらせ、目線があったら「いた〜!」「あばば〜!」などと笑顔で言う<起き上がり・いないいないばぁ>も赤ちゃんが喜びます。遊ぶ時はゆっくり引き起こして、またゆっくり戻してあげてくださいね。

生後5〜6ヶ月ごろのふれあいや遊び

Getty logo

ふれあいのコツ

このころ、離乳食がスタートしますが、食事は味覚や嗅覚を刺激します。「おいしいね」と笑顔で話しかけ、「食事の時間は楽しい、うれしい」と感じさせてあげましょう。

おすすめの遊び

生後5〜6ヶ月ごろの赤ちゃんは単純な動作を繰り返す遊びや手遊びが好きです。「いないないばあ」や「お手々パチパチ」「おつむてんてん」などを楽しみましょう。

まとめ

Getty logo

赤ちゃんが声を出して笑う時期には個人差があります。また、あやしたときにキャッキャと声を出して笑う子もいれば、微笑むだけの子もいます。それは個性であまり心配いりません。しかし、楽しいことやうれしいことが多い方が笑う機会は増えます。たくさん話しかけたり、親子で楽しく遊んで赤ちゃんの笑顔を引き出しましょう。赤ちゃんの反応できになることがある場合は乳児健診やかかりつけの小児科で相談を。

この記事の監修ドクター
梁 尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

(文:村山真由美/監修:梁尚弘先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]米国小児科学会「Colic Relief Tips for Parents」
https://www.healthychildren.org/English/ages-stages/baby/crying-colic/Pages/Colic.aspx
[*2]滋賀医科大学 小児発達支援学部門「子どもの発達とその支援について」
http://www.shiga-med.ac.jp/~hqpeddev/pg12.html
高橋道子「笑う-微笑の発達を中心にして-」心理学評論,1992,35(4),p.474-92
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sjpr/35/4/35_474/_pdf/-char/en
東京都福祉保健局 子育てベビーガイド「笑わない」
https://www.mcfh.or.jp/cgi-bin/restriction/rar.cgi?link=/government/baby/baby_2208.html

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。もっとおばけの成長を描いた絵本「のほほんべー」の魅力をご紹介します。


【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。おちゃめなサンタさんとトナカイのやり取りが楽しい絵本「ぎっくりごしのサンタクロース」の魅力をご紹介します。


【絵本】遊びからひろがる冒険! ながおたくま「チリンチリンバス」

【絵本】遊びからひろがる冒険! ながおたくま「チリンチリンバス」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。こどもの遊びからひろがる冒険を描いた絵本「チリンチリンバス」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。