令和元年、パパの家事・育児意識は変わった? 既婚男女が本当に望んでいること

令和元年、パパの家事・育児意識は変わった? 既婚男女が本当に望んでいること

家men総合研究所(家men総研)は、1月18日「いいパパの日」を前に、「令和元年のパパに関する意識調査」を実施しました。


今回、対象となったのは20~40代の首都圏の有配偶男女1,063名。男性の家事・育児に対する意識や令和時代のパパの実態についてインターネット調査を行いました。

「令和元年のパパに関する意識調査」結果

令和時代の男性は、家事・育児を積極的に行うことは当然と8割が回答。

令和時代の男性に関して、家事・育児を積極的に行うことは当然であるかと聞いたところ、「とてもそう思う」という回答(34.7%)は「そう思う」という回答(49.4%)と合わせ、8割(84.1%)という結果に。

男性の家事・育児が当たり前になり、積極的に行うことへの意向の高さが顕著に表れる結果となりました。

また、実際に令和元年に家事・育児を積極的に行ったかと男性(n=475)に聞いたところ、「積極的に行った」という回答(20.6%)、「まあ積極的に行った」という回答(45.1%)と合わせ、6割を超える(65.7%)結果となり、現実的にも家事・育児が積極的に行われていることがわかりました。

「男性が家事・育児を積極的に行うことは当然ではない」という考え方がはびこっていると6割が回答。

平成や昭和の考え方が根付いていて、家事・育児を男性が積極的に行うことを当然だと考えている人はいまだに少ないかと聞いたところ、「とても少ない」という回答(17.7%)は、「少ない」という回答(44.2%)と合わせ、6割(61.9%)となりました。

周囲の環境としては、令和時代になっても、家事・育児を男性が積極的に行うことは当然ではないと考えている人が多いという認識がわかりました。

また、令和時代において、男性が家事育児を行うことに対する世の中の意識はどのようなものだと思うかと聞いたところ、最も多かったのは「社会・企業の制度、仕組みが整っていない」(51.2%)、次いで「育休の取得への理解がない」(41.1%)、「男性が家事育児を行うことへの偏見がある」(28.9%)という結果になりました。

積極的に家事・育児を行っているが、周囲の理解が少なく、偏見もあることが明らかになりました。

令和元年のパパにまつわるキーワード、1位~3位は?

令和元年のパパにまつわるキーワードを聞いたところ、1位は「家事シェア」(36.9%)、2位は「真のワークライフバランス」(29.3%)、次いで「チーム育児」(29.2%)という結果になりました。配偶者とともに家事・育児を積極的に行うことで、仕事も家事も育児もしない本当の意味で自由な時間を得るのを望んでいることもわかりました。

「家事シェア」:家事のタスク(作業)を夫婦で分担して行う。

「真のワークライフバランス」:形だけのワークライフバランス(仕事とプライベートの両立)ではなく、名実ともに両立すること。仕事も家事も育児もしない、本当の意味での自由な時間も得られてようやくワークライフバランスを実現したといえる。

「チーム育児」:夫婦でお互いのやりたいことやキャリアを共有・尊重しあい、家事・育児の分担を公平に行うこと。

令和元年、最も家事・育児において大切にしていたことは?

実際に令和元年に家事・育児において最も大切にしていたことを聞いたところ、最も多かったのは「今までの父親・母親像にとらわれず、『自分らしく』家事・育児を行うこと」(25.3%)、次いで「『自ら進んで楽しんで』家事・育児を行うこと」(21.4%)、「なるべく早く帰宅すること」(12.1%)となりました。

今回の調査では、4人に1人が「自分らしさ」を家事・育児において大切にしていて、5人に1人が自ら進んで楽しんで家事・育児をしているという実態が浮かび上がりました。令和元年においては、「自分らしさ」を大切に、楽しく家事育児にコミットすることが大切にされていたことがわかりました。

令和時代のパパ像は、2人に1人が「自分らしさ」と「自ら進んで楽しく」。

令和時代のパパ像を聞いたところ、最も多かったのは「今までの父親像にとらわれず、『自分らしく』家事・育児を行う」(59.7%)、次いで「『自ら進んで楽しんで』家事・育児を行う」(58.3%)と、2人に1人は「自分らしさ」や「自ら進んで楽しむ」家事育児をイメージしていることがわかりました。

次いで「妻を『母親』としてではなく、『女性』として大切にする」(36.5%)という結果になり、「自分らしく、楽しく」家事・育児を行うということのみならず、妻への優しさも忘れないスマートなパパ像を描いていることが浮き彫りになりました。

また、「仕事の予定と同じくらい家族や子どもの予定を優先する」(35.0%)、「地域の行事や学校の行事に積極的に参加する」(32.8%)など、家庭内のみならず対外的にも積極的に参加する令和時代のパパ像も明らかになりました。

令和時代の理想のパパ像、ダントツの1位は?

令和時代の理想のパパ像に最も近いイメージの人(子どもがいない方も含む)を聞いたところ、1位「つるの剛士さん」(30.6%)、2位「中尾明慶さん」(14.4%)、3位「杉浦太陽さん」(12.3%)、次いで「小泉進次郎環境大臣」(8.9%)という結果となりました。

平成の後半から積極的に育児をしているイメージの高い3名が上位を占める中、4位にはまだ子どもが生まれていないにも関わらず、2019年に話題になり、昨日育休宣言をされた「小泉進次郎環境大臣」がランクインし、その注目の高さが明らかになりました。

「令和元年のパパに関する意識調査」

「令和元年のパパに関する意識調査」
・調査目的:男性の家事・育児に対する意識や令和元年、令和時代のパパの実態を把握する
・調査対象:1,036名 (20~49歳の有配偶男女)
・調査地域:1都6県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県)
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査時期:2019年12月11日~12月13日
・調査主体:家men総合研究所

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。もっとおばけの成長を描いた絵本「のほほんべー」の魅力をご紹介します。


【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。おちゃめなサンタさんとトナカイのやり取りが楽しい絵本「ぎっくりごしのサンタクロース」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。