子供の○○を見たとき! ママが出産してよかったと思うこと

子供の○○を見たとき! ママが出産してよかったと思うこと

夫婦二人の時とは違って、次々といろいろなことが起こる妊娠や出産。出産してよかったと思うことについて、ママのみなさんに聞いてみました。


Lazy dummy

Q.出産してよかったと思うことはありますか?

ある80.7% / ない19.3%

出産してよかったと思うことがあると答えた人は、大多数! 80%超えとなりました。子供はとてもかわいいという意見はもちろんのこと、家族が増えるうれしさや親への感謝など、よかったと思う声がたくさん集まりました。

出産してよかったと思うことがある人の意見

家族が増えてうれしい

・独身時代、夫婦二人の時期には決してわからなかった子供への愛しさを知ることができた。(37歳/2歳時/正社員(総合職)/ソフトウェア)

・守るものができたので、前に前にと進む気持ちができた。(40歳以上/6歳以上/パート・アルバイト/食品・飲料)

家族が増えてうれしいというのはもちろんのこと、生きていてよかった、自分が成長することができたという回答がありました。なかには夫婦喧嘩が激減したという2人も。うれしい変化を感じている意見が多数でした。

親への感謝、親が喜んでくれた

・親への感謝が生まれる。よかった。(30歳/0歳児/その他/団体・公益法人・官公庁)

・両親が思った以上に孫をかわいがってくれ、見たこともない顔をしている時。(31歳/0歳児/主婦)

自分だけではなく親に対して感謝の気持ちが芽生えたり、両親が孫を喜んでいる姿を見てうれしくなるという声がありました。

子供の笑顔を見るのが幸せ

・子供の笑顔を見た時。幸せすぎて生きていてよかった思うから。(29歳/1歳児/正社員(一般事務)/人材派遣・人材紹介)

・自分の子供が、笑顔で笑っていてくれる瞬間です。(31歳/2歳時/正社員(総合職)/運輸・倉庫)

子供の存在が何よりも愛おしく、つらいことがあっても子供の笑顔を見るだけで癒されるというママもいましたた。子供の笑顔は活力になりますよね。

出産してよかったと思うことがない人の意見

思っていたよりも大変

・プライベートの時間がなくなるしストレスがたまるから。(23歳/2歳時/正社員(総合職)/その他)

想像以上に子育てが大変だったというママの本音も。初めてのことばかりで慣れないこともたくさんあると思いますが、上手に生き抜きできるようになりたいですね。

特に変化はない

・とくに。出産が普通だと思っているから(36歳/6歳以上/正社員(一般事務)/医療・福祉)

・特に変わることはないので思わない。(33歳/0歳児/正社員(一般事務)/建設・土木)

特に変わらないという意見もありました。すでに出産経験のあるママの意見かもしれませんね。

子供好きではない

・子供が好きでないのでちょっと後悔しています(40歳以上/4歳児/パート・アルバイト/その他)

ごく少数ですが、子供が好きでないため、子供を産んで少し後悔しているという意見もありました。子供の成長とともに、少しずつ気持ちも変化するといいですね。

■まとめ

今回は、出産してよかったと思うことがあるママが圧倒的に多かったです。新しい家族ができることによって夫との絆がより深まったり、自分の親への感謝の気持ちが芽生えたりとステキな出来事になっているようです。また、子供の笑顔に幸せを感じているママも多数。大変なことも多いですが、今の気持ちを忘れずに日々向き合っていきたいですね。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年11月30日~12月6日
調査人数:140人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】1ヶ月健診で同期に再会! 思わず口をついて出た疑問『外科医が母になりました。』Vol.4

【漫画】1ヶ月健診で同期に再会! 思わず口をついて出た疑問『外科医が母になりました。』Vol.4

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


【漫画】はじめての出産、退院後の眠れない夜。『外科医が母になりました。』Vol.3

【漫画】はじめての出産、退院後の眠れない夜。『外科医が母になりました。』Vol.3

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

授乳はママも赤ちゃんも幸せな気持ちになれるというイメージがありますが、中には反射によって授乳する時に不快感やつらい気持ちになるママもいます。ここでは、こうした気持ちの原因になる「不快性射乳反射」についてお話しします。


【漫画】研修医時代に怖かった赤ちゃん、母親になった今も…『外科医が母になりました。』Vol.2

【漫画】研修医時代に怖かった赤ちゃん、母親になった今も…『外科医が母になりました。』Vol.2

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


【漫画】赤ちゃんが苦手だった医師が、我が子を産んで思うこと。『外科医が母になりました。』Vol.1

【漫画】赤ちゃんが苦手だった医師が、我が子を産んで思うこと。『外科医が母になりました。』Vol.1

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く新連載『外科医が母になりました。』スタート!


最新の投稿


離乳食のおせちレシピ|赤ちゃんにおせち料理はダメ?【管理栄養士監修】

離乳食のおせちレシピ|赤ちゃんにおせち料理はダメ?【管理栄養士監修】

赤ちゃんが家族に加わり、楽しくも大変だった年も暮れ、もうすぐお正月。大人はいつものおせち料理、赤ちゃんには離乳食おせちで、新年を迎えてみてはいかがでしょうか。今回は離乳期の赤ちゃんもおいしく食べられるおせちレシピをご紹介します! 「どうして大人用のおせちを赤ちゃんに食べさせちゃダメなの?」という疑問にもお答えしますよ。


離乳食のケーキレシピ|赤ちゃんにケーキはOK?【管理栄養士監修】

離乳食のケーキレシピ|赤ちゃんにケーキはOK?【管理栄養士監修】

クリスマスや記念日など、イベントがあるとケーキでお祝いしたいと思うママ・パパは多いことでしょう。今回はハーフバースデー向けの離乳食ケーキと、離乳後期から食べられる離乳食ケーキのレシピを紹介します。市販のケーキは赤ちゃんに向かない理由も解説しますので、そちらもチェックしてくださいね。


離乳食で必要なもの|アイテムリストと準備のポイント【管理栄養士監修】

離乳食で必要なもの|アイテムリストと準備のポイント【管理栄養士監修】

離乳食のスタートは赤ちゃんの様子を見ながら決めることになりますが、おおよその離乳開始の月齢の目安は生後5~6ヶ月です。この時期までに離乳食の準備をしておきましょう。ここでは離乳食作りに備えて準備したいものをまとめました。


肉ダイエットの効果的なやり方とオススメ部位を使ったレシピ3選

肉ダイエットの効果的なやり方とオススメ部位を使ったレシピ3選

「肉でダイエットできるって聞いたけど本当かな?」と疑問に思っていませんか? お肉は、うまく取り入れると、痩せやすい体作りに有効です。ダイエットにどのように役立つのか、その理由と、お肉ダイエットのやり方のコツを解説します。


こんにゃくダイエット|簡単で効果的な3つのレシピ

こんにゃくダイエット|簡単で効果的な3つのレシピ

ヘルシーなイメージのこんにゃく。しかし、独特のにおいが苦手だったり、美味しく調理する方法がわからなかったりする人も多いのでは? そこでこの記事では、ダイエット中にぴったりの、簡単に美味しく食べられる方法を紹介します。