離乳食のだしはいつから?固形・顆粒だしはOK?簡単なだしレシピ!【専門家監修】

離乳食のだしはいつから?固形・顆粒だしはOK?簡単なだしレシピ!【専門家監修】

離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「だし(出汁)」です。離乳食スタート時期にオススメのだしは?固形や顆粒のだしは使える? など、離乳食にだしを使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「かつおと昆布のあわせだし」です!


やさしい風味と味わい! 離乳食のだし

Lazy dummy

料理の味を調える基本ベースとなるだし。特に調味料の使用を控えたい離乳食期には、味付けの大事な要素となります。一般的な和風だし、野菜からとっただし、魚介類のだしなどいろいろありますが、離乳食に適したものを上手に使い、味付けのポイントとしましょう。

だし、離乳食期ごとの目安(初期・中期・後期・完了期)

Lazy dummy

離乳初期(5~6ヶ月)、離乳中期(7~8ヶ月)

このころの離乳食は、ペーストが多い時期。ペーストがかたくなってしまいそうであれば、お湯以外にも野菜からとっただし(野菜スープ)、かつおぶしや昆布のだしなどを使ってのばしてもいいでしょう。

離乳後期(9~11ヶ月)、離乳完了期(12~18ヶ月)

野菜スープ、かつおぶしや昆布だし以外にも、状況に応じて鶏肉や牛肉などのだしもいいですね。

離乳食のだし、よくある疑問・質問

Lazy dummy

だしの取り方を具体的に教えて!

昆布の場合

Lazy dummy

水の状態から昆布を入れ、沸騰直前で取り出し、火を止めます。

かつおぶしの場合

Lazy dummy

沸騰しているお湯にかつおぶしを入れて、キッチンペーパーで漉します。

市販の固形・顆粒だしは、いつ頃から使い始めてもいい?

Lazy dummy

無塩のものなら いつでもOK

基本的には、いつはじめてもいいですよ。
ただし、赤ちゃんはまだ塩分が過剰だと体液のバランスがくずれてしまうことも。できるだけ無塩のものを選びましょう。無塩ではないときは、しょうゆや味噌など塩分を含む味付けをしないようにします。

  ■ワンポイントアドバイス■
添加物が心配という方もいらっしゃるかもしれませんが、その判断はひとそれぞれ。無理なく楽しくあげられるのはどれかをパパママ目線で選べるといいですね。 例えば、おうちでは手作りのだしだけれど、外食のときは市販のだしでもいいか!というようなバランスも必要です。

魚介のだし汁は避けた方がいい?

Lazy dummy

だしは基本的に、いろいろなものをあげていいでしょう。
魚介だからといって特に避ける必要はありませんが、昆布やかつおに慣れてからのほうが安心でしょう。かつおのアレルゲンは基本的にはかつおだしにはあまりみられませんが、エビのアレルゲンはダシにもみられますので、少量で様子をみたい場合にはいいともいえます。
エビやカニのアレルギーは幼児期以降にみられることが多いため、離乳期に過剰に気にすることはないでしょう。
ただし、すでに食物アレルギーと診断されている場合は医師の指示に従ってください。

  ■ワンポイントアドバイス■
特定のものを避けるよりも、何を食べたかということを理解することが大切。症状があらわれたら医療機関の受診し、だしも含めて何を食べたかを伝えられるようにしておけるといいですね。
参考文献
日本小児アレルギー学会「食物アレルギー診療ガイドライン2016」
https://www.jspaci.jp/allergy_2016/chap03.html
認定NPO法人 アレルギー支援ネットワーク「食品別・食物アレルギーのマメ知識」
https://alle-net.com/allergy/allergy-food/allergy-food03/

おすすめレシピ!水でOK かつおと昆布のあわせだし(6ヶ月~)

市販のだしパックも手軽ですが、手作りしてみるとひときわおいしいですよ。

材料

・かつおぶし 10g程度
・昆布    15cm程度
・水     1リットル

作り方

① 水だしコーヒーボトルや麦茶ポットなどにかつおぶしと昆布を入れます
② 水をいれて一晩おいたらできあがり

  ■ワンポイントアドバイス■
昆布は一晩で外しておくといいでしょう。 保管する場合は冷蔵庫で3日ほどなので、なるべく早く使い切るように、赤ちゃんの離乳食だけでなく家族用の味噌汁や煮物などにもフル活用してください。多めに作って小分けにして冷凍保存でもいいですね。

まとめ

料理のベースとなるだし。食材本来のうま味や味わいを基本とする離乳食では、特に味付けの重要なポイントとなります。食材の味を覚えさせつつ、味が薄すぎて美味しくない…なんてことにならないよう、野菜スープやだしを上手に使いましょう。パパママも、身体のことを考えると塩分は少なめにしたいもの。できたら家族一緒にだしをとる生活をはじめてみませんか?

この記事の執筆・監修管理栄養士
川口由美子(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文・写真:川口由美子先生)

※クレジットありイメージ写真:getty

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


離乳食で鉄分はどうとる?離乳食に使える鉄分豊富な食材は?【管理栄養士監修】

離乳食で鉄分はどうとる?離乳食に使える鉄分豊富な食材は?【管理栄養士監修】

離乳食が進むにつれて、赤ちゃんは離乳食の内容によっては栄養バランスが崩れやすくなり、特に健康維持のために大切な「鉄分」が不足しがちに。そこで今回は、鉄分の大切さと鉄分補給のおすすめメニューをご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの水分補給はどうする? 飲ませるものや離乳食期別のポイント

【医師監修】赤ちゃんの水分補給はどうする? 飲ませるものや離乳食期別のポイント

離乳食が始まると、母乳やミルクの量も少しずつ減っていきます。離乳食期の水分補給はどうすればいいのでしょうか? 赤ちゃんにぴったりな飲み物や、水分をあげるタイミング、成長発達に合わせたあげ方について紹介します。


離乳食の卵の進め方!量は?卵白はいつから?【管理栄養士監修】

離乳食の卵の進め方!量は?卵白はいつから?【管理栄養士監修】

卵はアレルギーの心配があり、赤ちゃんの離乳食でどうやって取り入れていけばいいのか、迷うご家庭も多いことでしょう。中でもニワトリの卵である鶏卵(けいらん)は、離乳初期から使える食材ですが、量や使う部分に注意が必要です。今回は離乳食での鶏卵の進め方について解説します。


離乳食で味付けはどうする?調味料の種類や量、時期を解説【管理栄養士監修】

離乳食で味付けはどうする?調味料の種類や量、時期を解説【管理栄養士監修】

今回は「離乳食での味付け」がテーマ。薄味が基本ということは知りつつも、どの調味料をいつの時期からどのくらい使っていいのか、迷うものですよね。赤ちゃんにはなぜ濃い味がだめなのか、1日の塩分量の目安はどのぐらいなのか、使ってはいけない調味料は何かなど、離乳期の味付けについて解説します。


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


最新の投稿


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!


【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。