【医師監修】妊婦の胃痛・上腹部痛の原因は? 病気の可能性は?

【医師監修】妊婦の胃痛・上腹部痛の原因は? 病気の可能性は?

妊娠中に案外多いマイナートラブルのひとつに、「胃痛」があります。妊娠初期のころには、つわりから起こることもありますが、妊娠中期や後期になっても胃が痛いと感じる妊婦さんもいるようです。今回は、妊娠中の胃痛の原因や病気の可能性、受診の目安や胃痛の解消法についてまとめました。


この記事の監修ドクター
浅野仁覚先生
アルテミスウィメンズホスピタル(東京都東久留米市)院長。福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

妊娠中に胃痛が起きやすい理由は

Getty logo

妊娠すると、ホルモンバランスをはじめ心身にさまざまな変化が起こりますが、妊娠中は胃痛が起きやすい原因がいくつか考えられます。

妊娠によるホルモン変化の影響

妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が多くなります。女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)は胃の動き(ぜん動運動)を低下させる作用があり、妊娠前と同じように食事をとっていても、胃がもたれたり胃痛が起こったりしやすくなります。

つわりの影響

つわりは、吐き気や胸のむかつきなど消化器系のさまざまな症状がみられるのが特徴です。つわりの症状の現れ方は人によって違いがありますが、「揚げ物ばかり食べたくなった」「とにかく味が濃いものを好んだ」など、食べ物の嗜好の変化もつわりの症状のひとつです。脂っこいもの、塩気の強いもの、熱い/冷たいものなどの食べ過ぎは、胃もたれや胃痛を引き起こします。

Getty logo

また、食べ過ぎることも胃痛につながります。

空腹時に吐き気を感じるため常に何か食べているというような、いわゆる「食べつわり」の人もいますが、食べ過ぎてしまうと胃の不調を起こします。

逆に、つわりによる吐き気などのために食事がとれないという場合、長時間胃がからっぽの状態だと胃の中に胃酸が分泌されて粘膜を荒らし、胃痛の原因になることがあります。

ストレスの影響

妊娠すると、不安がつのることもあるでしょう。そのような精神的なストレスがあると自律神経に影響を及ぼし、胃痛が起こることがあります。

というのは、脳と消化器官はお互いに密接に関係していて、精神的なストレスがあると、胃酸が多く出る、胃粘膜の分泌が減るなどの変化が現れ、それらは胃痛などの症状につながるのです。

妊娠により、ホルモンバランスが変わって胃腸の動きが弱くなっている状態に、食生活の変化やストレスが加わることで、さらに胃のトラブルを起こしやすくなってしまうのですね。

胃痛が病気である可能性は?

胃痛や胃のむかつきが症状の一つにある病気は、妊娠中に特有のもののほか、誰にでも起こる病気もあります。

妊婦特有の疾患

・妊婦高血圧症候群、妊娠高血圧腎症

Getty logo

妊娠すると母体の血管は拡張し、妊娠20週頃までゆるやかに血圧が下がり、その後出産までゆるやかに上昇します[*1] 。これは生理的な血圧の変化ですが、何らかの理由で妊娠中に高血圧になってしまう病気もあります。「妊娠高血圧症候群」は、高血圧もしくは高血圧に他の症状を伴う疾患の総称で、妊婦のおよそ1割に発生[*2] し、適切な治療が必要となります。

妊娠高血圧症候群の中でも「妊娠高血圧腎症」は、血圧の上昇に加えて、タンパク尿もしくは肝機能障害、腎機能障害、神経障害、血液凝固障害などの症状が現れます。

妊婦高血圧症候群または妊娠高血圧腎症のおもな症状は、むくみや頭痛、体重増加などです。そのほか、場合によっては胃がむかついたり、みぞおちが痛んだりといった症状が出ることがあります。

血圧が高い傾向にあり、みぞおちのあたりが痛むときは、HELLP症候群(後述します)の前症状のこともありますので、単なる胃痛と決めつけず、早めにかかりつけ医に伝えることが大切です。

・子癇、HELLP症候群

「子癇(しかん)」とは、妊婦さんがてんかんのような全身性のけいれんを起こしたり、意識を失ったりする発作をいいます。血圧が異常に上がったときに起こるため、妊娠高血圧症候群の妊婦に起こりやすく、妊娠中(妊娠子癇)だけでなく分娩中(分娩子癇)や産後48時間以内(産褥子癇:さんじょくしかん)にも起こることがあります。子癇は、ママと赤ちゃんの命に危険が及ぶこともある発作です。

HELLP(ヘルプ)症候群は、Hemolysis(溶血)、Elevated Liver enzyme(肝酵素の上昇)、Low Platelet(血小板の減少)という3つの特徴的な症状の見られる病気の総称で、妊娠後期に起こることが多いです。妊婦さん全体でみると発症頻度はそれほど高くありません(全分娩の0.2~0.6%[*3] )が、妊娠高血圧症候群で特に重症の人ほど起こりやすくなり、子癇発作を起こした妊婦さんの約半数に起こるといわれています。

子癇のおもな症状は前述したようにけいれんや意識障害などですが、それに先駆けて起こる症状として、発作が起こる数日前から頭やみぞおちが痛くなることがあります。HELLP症候群の場合は、初期症状として子癇と同じくみぞおちの痛みを感じることがあります。胃のあたりの痛みが続くようであれば、かかりつけの産科に相談しましょう。

妊婦がなりやすい疾患

・胃食道逆流症(逆流性食道炎など)

Getty logo

妊娠週数を追うごとに子宮が大きくなり、胃が圧迫されるようになります。

また、胃と食道のさかいめにある「下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)」(噴門:ふんもん、ともいう)は通常は締まっていて、胃から胃酸が食道に逆流するのを防いでいますが、妊娠によって女性ホルモンが多く分泌されると締まりが悪くなります。

これらのことから、妊娠中は胃酸が逆流して食道が炎症を起こす逆流性食道炎などの「胃食道逆流症」になりやすいのです。なお、食べ過ぎや早食い、高脂肪食、就寝直前の食事、前かがみの姿勢、肥満などもリスクとなります[*4] 。

この病気のおもな症状は、胸やけや胃酸がこみあげてくる感じ(呑酸:どんさん)、胃のむかつき、喉のつかえ、咳などがあり、胸や胃が痛むこともあります。つわりは妊娠16週ごろには治まってきますが、その時期を超えても胃の不調がある場合は医師に相談し、改善に向けた指示をあおぎましょう。

その他の胃痛が起こる、よくある疾患

・機能性ディスペプシア(慢性胃炎)

この病気は、検査しても異常がないのに起こる、慢性のみぞおちの痛みや胃もたれのことを言います。以前は「慢性胃炎」と診断されることも多かったのですが、胃に炎症が見られなくても症状が起こることもあるため、この病名が生まれました。原因は様々あり、健康診断受診者の11~17%、医療機関受診者の44~53%に見つかる[*5] 珍しくない病気です。

・胃、十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜に炎症が起こり、粘膜を保護する力が弱くなって潰瘍(粘膜の一部が深く傷つき、えぐれてしまう状態)ができる病気で、おもに胃や十二指腸の粘膜がヘリコバクター・ピロリ菌に感染することが原因で起こります。また最近では、非ステロイド性抗炎症薬などの薬剤が原因のケースも増えています。この病気になると、胃や十二指腸(上腹部)に痛みを感じたり、胃がむかついたり吐き気が起こったりします。

妊娠中の胃痛が胎児に与える影響は?

妊娠中に胃痛が起こると、おなかの赤ちゃんへの影響が気になるかもしれませんね。でも、胃痛そのものが胎児や妊娠の経過に直接影響することはまずないでしょう。

ただし、胃痛や腹痛が深刻な病気による場合には、急いで対応する必要があります。胃痛が続く、頻繁に起こる、胃痛以外に症状があるなどの場合には、胃痛の原因が妊娠の生理的な変化によるものか、病気によるものかを区別するために、早めに受診しましょう。

妊娠中、胃痛があるときの対処法を知りたい!

胃もたれや胃痛があるときは、まずは生活の中でできるいくつかの対処法を試してみましょう。

家庭でできる緩和法について

・つわりの乗り切り方

つわりで胃がむかついたり胃痛がするときや、吐き気などで食べられないときには、食事の栄養バランスは気にしなくていいのです。以下を参考に、「食べられるもの」「食べやすいもの」を食べられるときにとるようにしましょう。

〇なるべく消化のよいものを食べる
〇1回の食事量を少なくして、食事は何回かに分けて食べる
〇吐いてしまったとしても、少量でいいので飲んだり食べたりする

・ストレス対策

妊娠中は気持ちが不安定になりやすく、妊娠が進むにつれて緊張が高まったり思うように体が動かせなくなるなど、さまざまなことがストレスとなって胃痛が起こることがあります。心身のストレスは早めに解消すべく、以下の方法を試してみましょう。

Getty logo

〇ゆっくりお風呂に入ってリラックスする
〇睡眠不足にならないよう、たっぷり眠る
〇気分が滅入ったりイライラするようなときは、友人や家族など誰かとおしゃべりして発散する
〇趣味や、赤ちゃんのものを作るなど、興味の持てるものを見つけて集中して取り組むようにする
〇散歩するなど、体に負担のない程度に外出してリフレッシュする

胃痛の時、薬は飲める?

Getty logo

妊娠中の服薬については、妊娠時期や妊婦さんそれぞれの症状、病気の状態、薬の種類によっては、使えないものもありますので、胃痛の場合でも、自分の判断で市販の胃腸薬などを服用するのではなく、まずは受診して相談しましょう。

薬が処方された場合には、指示に従って使用することが大切です。薬についてわからないことや疑問があったら、必ず医師や薬剤師などの専門家に相談してくださいね。

妊娠中の胃痛、受診の目安は?

痛みがひどいときや、胃痛のほかに下痢や嘔吐など他の症状を伴う場合は、早めに受診しましょう。また、痛みはそれほどではなくても、頻繁に胃痛が起こる場合や何度もくり返すときも、受診して医師に相談しましょう。

まとめ

Getty logo

妊娠中は、ホルモンバランスや食生活の変化などにより、胃の痛みを感じることがあります。生活の中で工夫できることは取り入れ、改善を試みましょう。また、胃痛だと思っていたら、胃以外の場所が痛んでいたということも。単なる胃痛と片付けず、痛みが強い、他にも症状がある、繰り返す、頻繁に痛むなどの場合は早めに受診して、痛みの原因を見極めてもらうことが大切です。

(文:村田弥生/監修:浅野仁覚先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]国立成育医療研究センター「妊娠と高血圧」
https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/perinatal/bosei/bosei-hightbp.html
[*2]「病気がみえるvol.10 産科」(メディックメディア) p.102
[*3]「病気がみえるvol.10 産科」(メディックメディア) p.116
[*4]日本消化器病学会「下部食道括約筋」
https://www.jsge.or.jp/files/uploads/01_gerd.pdf
[*5]日本消化器病学会ガイドライン「機能性ディスペプシア(FD)ガイドQ&A」
https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/fd.html

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

ビーボは、現在妊娠中の女性を対象に「妊娠初期の悩みや不安」に関する調査を実施しました。


コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビと通販サービス「Cake.jp(ケーキジェーピー)」は、『マタニティさんをお祝いするベビーシャワーケーキ』の販売を開始しています。


クラランス、妊娠中の肌にうるおい&しなやかに整える“ボディクリーム”が登場

クラランス、妊娠中の肌にうるおい&しなやかに整える“ボディクリーム”が登場

クラランスから、妊娠中にダメージを受けやすい肌を、よりやわらかくしなやかに整えるボディ用マッサージクリーム「ボディパートナー」が、4月中旬より発売されています。


【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

妊娠したい場合、排卵のころに合わせてセックスをしたら、その後気になるのが「着床」したかどうか。排卵、受精、着床という流れはよく注目されますが、「着床の後」には何が起こるのでしょうか。ここでは無事、着床したら赤ちゃんはその後どのように育っていくのか、あらましを紹介します。


最新の投稿


【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

授乳というと横抱きのイメージですが、縦抱きでも授乳はできます。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さくて柔らか。首も腰も据わらずふにゃふにゃしているので、抱っこをするのにもドキドキしてしまいますね。そんな月齢が低い赤ちゃんでも縦抱きで授乳しても大丈夫なのか、どんな場合に向いているかなどを解説します。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。