【医師監修】赤ちゃんの耳垢はどう掃除する? 取りにくい耳垢への対処法は?

【医師監修】赤ちゃんの耳垢はどう掃除する? 取りにくい耳垢への対処法は?

赤ちゃんの耳垢は定期的に掃除したほうがよいのでしょうか? それとも放置していても大丈夫なのでしょうか? 赤ちゃんの耳掃除は難しいので、悩ましいですよね。そんな耳掃除にまつわるお悩みにお答えします。


この記事の監修ドクター
大越陽一先生
杏林大学医学部卒業、杏林大学医学部小児科学教室任期助教、埼玉県立小児医療センター循環器科医長を経て現在アルテミスウイメンズホスピタル小児科勤務。小児科専門医

そもそも、耳垢って何なの?

Getty logo

なぜ、耳垢がたまっていくのでしょうか。耳垢というのは、耳の入り口から鼓膜に至るまでの外耳道という細長い穴の皮膚がはがれてきたものに、脂分や粘液などの外耳道からの分泌物、そして外部などのほこりが混ざったものです。

耳垢は、人によってベタベタだったりカサカサだったりします。これは外耳道からの分泌物の量に差があるからと言われています。 日本人をはじめとする黄色人種は全体の3/4がカサカサとした乾性耳垢で、残りの1/4がベタベタした湿性耳垢とされています[*1]。

湿性耳垢だと外耳道にたまりやすく、ときどき耳掃除をしないと耳の穴が完全に詰まってしまうことがあります。すると、難聴を引き起こします。その一方で、乾性耳垢の場合は湿性耳垢よりは外耳道にはたまりにくいのですが、プールなどで耳垢が水でふやけて膨張すると、やはり耳の穴をふさいでしまって難聴をおこすことがあります。

家庭での耳掃除のポイントは?

赤ちゃんの耳掃除はどれくらいの頻度で、どのように行えばよいのでしょうか。まず、大前提として、まったく取らなくてよいわけではありません。しかし、熱心にせっせと取ろうとする必要もありません。

頻度は月1、2回で十分

実は、耳垢は普通自然に排出されるようになっています。耳の中の皮膚は、新陳代謝しながら鼓膜から入り口に向かって毎日徐々に移動するようになっており、その動きのおかげで耳垢は耳の奥から外へと押し出されます。

また、外耳道の皮膚は薄くてとても傷つきやすいため、耳掃除をしすぎると、外耳道の皮膚が傷ついては治ることを繰り返して、徐々に厚くなっていきます。するとかえって耳垢がたまりやすくなったり、外耳道の炎症を起こしやすくなったりします。

ですから、そこまで神経質に耳掃除をする必要はありません。 耳掃除の頻度は月1~2回程度でよいのですが、人によって耳垢のたまりやすさには個人差があります。耳垢は耳の入り口から1cmほどのところに溜まることが多いので、入り口付近に耳垢が見えたら取るようにしましょう。

なお、まったく耳掃除をしなくていいわけでもありません。耳垢がたまりすぎると難聴になりますし、外耳道に湿疹ができやすくなったりするからです。さきほど紹介したように耳垢が栓のように詰まっていたり、耳の中にくっついて取れない場合は、無理やりとろうとせず耳鼻咽喉科で取ってもらいましょう。

奥の耳垢は取ろうとしなくてOK

Getty logo

耳垢が栓のように詰まっているなどの状態でなければ、さきほど紹介したように、耳の奥の耳垢は普通、自然に入り口付近に出てくるものなので、耳の入り口や周りをきれいにするだけで十分です。

奥まで掃除しようとすると、かえって耳垢を奥に押し込んでしまって、かえって取りにくくなることもあります。

動かないようにしっかり押さえる

赤ちゃんが動くと綿棒が奥まで入ってしまって耳を傷つける可能性があるので、赤ちゃんの頭はしっかり固定させて耳掃除しましょう。赤ちゃんが耳掃除を嫌がって暴れることもあるので、できれば大人は2人いたほうがよいでしょう。耳に綿棒を入れるときは、耳たぶを少し引っ張る方が掃除しやすくなります。

もし、子どもが複数いる場合は、子どもが耳掃除している大人の近くに寄らないように気をつけましょう。子どもが耳掃除をしている大人に抱きついてきたり、周囲を確認せずにぶつかってきたりすると、大人の手元が狂って赤ちゃんの鼓膜を傷つけてしまう可能性もあります。

赤ちゃん用綿棒を使おう

赤ちゃんの耳掃除をするときはベビー用綿棒を使いましょう。ベビー用は普段よく使う綿棒よりも細くできているので、子どもの耳の穴の大きさにも入りやすく、皮膚を傷つけにくいです。

綿棒は鉛筆のように軸の真ん中あたりを持ちます。こうすることで急に動いたりしても、綿棒が耳の奥まで入ってしまうのを防ぐことができます。汚れの見えるところだけくるっと綿棒を回転させるようにして、耳垢を優しくぬぐい取りましょう。

もし、カサカサとした乾性耳垢の場合は、綿棒にベビーオイルやワセリンをぬると耳垢を取りやすくなります。

赤ちゃんの耳垢がうまく取れない…どうすれば?

赤ちゃんは耳掃除を嫌がることが多いです。あまりにも嫌がっているときに無理やり掃除しようとすれば、暴れることで綿棒で鼓膜を傷つけてしまう恐れがあるので、耳鼻科に行ってサッと取ってもらったほうが安心です。

また、耳垢が外耳道の皮膚にくっついてしまっていたり、耳垢が奥に押し込まれて固まってしまったりすることもあります。このように家庭で耳垢を取り除くことが難しい場合も耳鼻科に行った方が確実に取ってもらえます。耳鼻科での耳垢取りも健康保険が適用される診療です。

まとめ

Getty logo

赤ちゃんの耳掃除は、ケガをしないかドキドキしますし、どのくらいの頻度でやればいいのかわからないものですよね。家庭では月に1~2回程度の頻度で、適切な方法で耳掃除をしてあげましょう。赤ちゃんが嫌がりすぎたり、なかなかうまく取れなかったりする場合は耳鼻科で掃除してもらうことがおすすめです。

(文:今井明子/監修:大越陽一先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本耳鼻咽喉科学会 みみと聞こえのQ&A
http://www.jibika.or.jp/citizens/handbook/mimi2.html

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


乾燥も皮脂も気になる“敏感混合肌”に。ゆらぎにくい肌へ導く、ジェル乳液が新登場

乾燥も皮脂も気になる“敏感混合肌”に。ゆらぎにくい肌へ導く、ジェル乳液が新登場

ナチュラルサイエンスでは、「ママ&キッズ オリゴライン」より、敏感混合肌向けのジェル乳液「オリゴバランスジェル」を5月8日より新たに発売します。


「森永 はぐくみ」と「森永 E赤ちゃん」がリニューアル。さらに母乳に近づけ成長をサポート

「森永 はぐくみ」と「森永 E赤ちゃん」がリニューアル。さらに母乳に近づけ成長をサポート

森永乳業は、育児用ミルク「森永 はぐくみ」と「森永 E赤ちゃん」を6月上旬より順次、全国にてリニューアル発売します。


オランダ発ブランド「nuna」ベビーキャリアの機能がすごい! オシャレな3色が登場

オランダ発ブランド「nuna」ベビーキャリアの機能がすごい! オシャレな3色が登場

オランダ発のベビー用品ブランド「nuna (ヌナ)」から、快適さと安全性にこだわったベビーキャリア「CUDL(カドル)」が3月より発売されます。


約半数以上のママが悩んでいる「子どもの好き嫌い」。みんながしている工夫は?

約半数以上のママが悩んでいる「子どもの好き嫌い」。みんながしている工夫は?

mogは、全国の2歳~8歳の子どもがいるママを対象に「子どもの食事」に関する調査を実施しました。


 最大吸引力40倍を実現! 最新のロボット掃除機「ルンバ  s9+」が新デザインで発売

最大吸引力40倍を実現! 最新のロボット掃除機「ルンバ s9+」が新デザインで発売

アイロボットジャパンは、最新のロボット掃除機「ルンバ s9+」を一部のアイロボット認定販売店・アイロボット公式ストアにて、2月28日より販売開始します。


最新の投稿


玄関収納のお悩み解決! 収納スペースを増やして玄関をスッキリきれいに

玄関収納のお悩み解決! 収納スペースを増やして玄関をスッキリきれいに

玄関に靴があふれて困る! しまう場所がない! など、玄関収納のよくあるお悩み。今回は、それらの悩みを実際に解決できた3つの事例をご紹介します。


増えすぎてしまった家事には「時短」の前に"やらない"選択を!

増えすぎてしまった家事には「時短」の前に"やらない"選択を!

毎日の家事に追われる日々。あれもこれもと追われる日々に困り果て、「時短」というワードに飛びつく方も多いかもしれません。確かに「時短」を活用し、家事を効率よく回すことも大切。ですが、増えすぎてしまった家事は減ることはありません。今回は、時短家事をする前に考えたい、「やらない家事」について、我が家の事例をご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの肌荒れの原因と正しいケア方法とは?

【医師監修】赤ちゃんの肌荒れの原因と正しいケア方法とは?

赤ちゃんの肌はいつもみずみずしいイメージがあります。でも、それはあくまでイメージです。実はすぐに赤くなったり、カサカサになったり。赤ちゃんが肌荒れを起こさないためにどんなケアをしたらいいのでしょうか。


「森永 はぐくみ」と「森永 E赤ちゃん」がリニューアル。さらに母乳に近づけ成長をサポート

「森永 はぐくみ」と「森永 E赤ちゃん」がリニューアル。さらに母乳に近づけ成長をサポート

森永乳業は、育児用ミルク「森永 はぐくみ」と「森永 E赤ちゃん」を6月上旬より順次、全国にてリニューアル発売します。


【実例】シンクのコーティング、いつまで続く? その効果とは

【実例】シンクのコーティング、いつまで続く? その効果とは

わが家にシンクのコーティング剤が導入されて1カ月が経ちました。このコーティング剤は液体で、手軽に使えて、しかもプロユースな仕上がり! 実際にどのくらい持つのか、どんなところに使えるのか……。今回は、わが家での実例写真をまじえながらご紹介したいと思います。