置きっぱなしを防ぐには? 散らかりがちな子どもの冬服収納

置きっぱなしを防ぐには? 散らかりがちな子どもの冬服収納

寒くなってくると、ジャンパーや手袋などが活躍しますが、その収納場所に困ることはありませんか? ついついリビングのイスにジャンパーを掛けたり、部屋の一角に重なっていたり……。子どもに何回も注意するのもうんざりですよね。そんな冬服や冬アイテムの収納についてお伝えします。


こんにちは、マスターライフオーガナイザー®︎のはやさかひろみです。

寒い季節になってくると、ジャンパーや帽子、手袋などが置きっぱなしでなんだか片づかない……ということはありませんか?

特にお子さんのいるお宅では、何度片づけても玄関まわりやリビングなどにジャンパーや帽子などが散らかってしまって困っている、という話もよく耳にします。親が頑張って片づけても、次の日にはまた散らかる……そんな毎日のことですから、何とかしたいものですよね。

今回は散らかりがちな「子どもの冬アイテム」をスッキリ使いやすく収納する方法についてお伝えします。

冬アイテムの収納場所は?

Lazy dummy

ジャンパー、帽子、手袋、マフラーやネックウォーマー、耳あてなどの防寒アイテム。その中には、毎日使うものとそうでないもの、学校に行くとき用と習い事用など、頻度や用途が違うものもあるかもしれません。

もしそうであれば、まずは用途別、頻度別にグループ分けして収納してみてはいかがでしょうか。

収納する場所は、玄関? リビング? 子供部屋? 玄関付近に収納している方も多いようですが、使いやすい収納場所はその人の使いかたによって違ってきます。

オススメなのは「使う人の動線上」。

「朝出かけるとき、どんな順番で支度をしていつジャンパーを着るのか?」「帰ってきたら、どこで荷物を置いてジャンパーを脱ぐのか?」などを観察してみて、いちばん使いやすい場所を見つけてあげてください。

今、脱ぎっぱなしにしてしまう場所や置きっぱなしにしてしまう場所があったら、そこが使いやすい収納場所かもしれませんよ。

楽にできる収納方法を選ぼう

Lazy dummy

ジャンパーなら、コート掛けにかける、フックにかける、ハンガーにかける、カゴに入れる……などさまざまな収納方法があります。どの収納方法にしようか迷ったら、「楽にできる」方法からはじめてみましょう。

たとえば、お子さんが「ただいま~」と帰宅して、「ジャンパーを脱ぎ、ハンガーを取ってジャンパーをキレイにかけてハンガーを戻す」という一連の動作を毎日きちんと行うのは、ちょっとハードルが高いかもしれません。

脱ぎっぱなしになってしまうのは、元に戻すのが面倒だから。面倒にならないくらい楽にできる方法にするのがポイントです。

たとえば、「ポイッと入れるだけ」などに変えてみるだけで、脱ぎっぱなしにならず定位置に戻しやすくなります。

コート掛けには「今使うもの」だけ

Lazy dummy

コート掛けがあるお宅でよく見かけるのが、ジャンパーなどがどんどん重なって山のようになってしまっている状態。一旦全部取り出して見てみると、下の方にかかっていたものはサイズアウトになっていた、なんていうことも少なくありません。

これは「ジャンパー類は、コート掛けにとりあえず掛けてある」だけの状態。コート掛けにはたくさんジャンパー類がかかっているのに、今日着たコートは掛ける場所がなくて椅子の背もたれに……となってしまっていたら、本末転倒です。

コート掛けが山のようになっていたら、一旦全て取り外して見ましょう。そして、よく着ている、普段着ているジャンパー類だけを戻します。

コート掛けの形状やフックの数にもよりますが、ご家族のものを一緒に掛けているなら一人一アイテムまで、などと数を決めてもいいかもしれません。

ジャンパーを着て出かけているときはコート掛けが空になるようにしておけば、帰宅して掛ける場所がないとモヤモヤすることもなくなるはずです。

ジャンパー&冬小物の収納実例

わが家では、ジャンパーは子供部屋のカラーボックス横に100均一で購入したフックをつけて引っ掛け収納をしています。

フックはそのままだとズレて動いてしまうこともあるので、マスキングテープで固定しています。

100均のフックをカラーボックス横に取付

ジャンパーは掛けておく場所があるけれど、帽子、手袋、マフラーやネックウォーマー、耳あてなどの小物類はどうしたらいいでしょうか。

小物類も、よく使うもの1種類につきひとつに絞ります。帽子が何個も入っている……などとなると、せっかく収納場所を決めても出し入れしにくくなってしまうからです。

わが家では、ジャンパー掛けの隣に軽い入れ物を引っ掛けて、小物類はそこに入れることにしています。たくさん入れてしまわないよう、小さめの入れ物なのもポイント。

開口部が広いので一目で何が入っているかわかり、出し入れも楽ちんです。子どもに「取って~」と言われなくて済みます(笑)。

軽い入れ物をフックにかけて小物アイテム収納に
子供の冬アイテムはカゴとフックで収納

ちなみに中学生の長男のジャンパーは大人サイズのため、上記のようなフックの位置では大きくて床に引きずってしまうこともあり、なかなかいい場所が見つかりませんでした。かといって、クローゼットの中のハンガーに掛けておくのは毎日続きません。

少し高い場所にフックがあれば……そう思って、クローゼットなどのドアにつけられるドアフックを購入して使っています。

ドアフック グレー NDH-01GY

¥ 1,100

クローゼットやドアなどの面につけられるベルトに、フックがついています。フックの位置が自由に移動できるので、使いかたに合わせて自分好みの高さにできるんです。

身長に合わせて変えられますし、自立タイプのコート掛けやハンガーラックを置くスペースがない、という方にもおすすめです。

ドアフックをクローゼットに
ドアフックをクローゼットに

まとめ

寒い時期は家で過ごす時間も長くなります。あたたかくするためのアイテムが増えて雑多になりがちですが、だからといって散らかったままで過ごすのではなく、スッキリ気持ちのいい部屋で心もあたたかく過ごしたいですね。記事を参考に、ぜひ整えてみてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

マスターライフオーガナイザー®

家事が苦手で面倒くさがり。小中学生男子2人の母。
片づけを学び実践したら、「ものが片づくだけでなく、心がラクになった」を自らが経験。
「家事や育児が忙しい女性に、少しでもラクになってもらいたい」と、
『ずぼラクお片づけ』と称した、ずぼらな人でも暮らしと心がラクになる片づけサポートや講演等を行っている。
ブログ:https://hiromi-hayasaka.jp/blog/

関連するキーワード


クローゼット

関連する投稿


お気に入りの洋服を長く着るために! 衣替え前にしておきたい洗濯のひと手間

お気に入りの洋服を長く着るために! 衣替え前にしておきたい洗濯のひと手間

季節の変わり目になると洋服の衣替えのタイミングです。大切な洋服、お気に入りの洋服は少しでも長く着たいですよね。けれど、衣替えをして洋服を衣装ケースなどにしまっておく間には、実は洋服をダメにしてしまう要素がいっぱい! そんな不安要素を少しでも取り除くために、衣替え前にしておきたいひと手間をまとめてみました。


たんすの肥やしを増やさない! 体型別「似合うニット」の見つけ方

たんすの肥やしを増やさない! 体型別「似合うニット」の見つけ方

秋冬の定番アイテム「ニット」。トレンドにもそれほど左右されず、長く着続けられるアイテムではありますが、なかなか似合うニットに出会えず、着ないままたんすの肥やしになってしまっているニットが盛りだくさん! というのがクローゼットあるあるのひとつです。今回は、自分の体型に似合うニットの選び方のポイントを紹介します。


【服収納の実例】衣装ケースとタンスの使い分け方法って?

【服収納の実例】衣装ケースとタンスの使い分け方法って?

長年使い続けてきたタンス。傷んだのをきっかけに衣装ケースも導入したところ、タンスとの使い勝手の違いを感じました。今回は、タンスと衣装ケースのそれぞれのメリット・デメリットを紹介。それぞれの使い方についても我が家の実例をまとめました。これからタンス・衣装ケースを導入しようとしている人はぜひ参考にしてください。


どうやって「お下がり」をとっておく? 子どもの衣類収納法

どうやって「お下がり」をとっておく? 子どもの衣類収納法

子どもの衣類は、成長とともに新しいサイズへの買い替えが必要になりますよね。そんな時期にとてもありがたいのが「お下がり」ですが、その収納に頭を悩ませている方が多いのも事実。今は着られないけれど……次の子のために……ととってある子どもの衣類、今回はそんなお下がりの収納のコツについてお伝えします。


取り出しやすい衣類のたたみ方&収納テクニック【衣替えシーズン】

取り出しやすい衣類のたたみ方&収納テクニック【衣替えシーズン】

衣替えのついでに、より取り出しやすくなるたたみ方や収納テクニックを取り入れてみましょう。服が選びやすくなるのはもちろん、出してみたら「お目当ての洋服ではなかった……」と、また戻して探してと繰り返すことによって引き出しがぐちゃぐちゃになる、ということが防げるようになるかもしれません。


最新の投稿


【3択クイズ】イヌはなぜほえるの?『科学の教養365』Vol.5

【3択クイズ】イヌはなぜほえるの?『科学の教養365』Vol.5

宇宙や自然、体の仕組みなど、子どもから科学の質問をされて即答できなかった経験、ありませんか? そんなママにおすすめな書籍が、『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』(SBクリエイティブ)。この連載では、本書から抜粋した科学のギモンを短期集中でご紹介します。


【漫画】今度はわたしが家族を苦しめている……?『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.10

【漫画】今度はわたしが家族を苦しめている……?『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.10

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。風邪で熱が出たけど、夫と子どもの様子が気になって眠れず……?


【○×形式で考える】両家の親との関係、どっちが正解?『不機嫌な妻 無関心な夫』Vol.9

【○×形式で考える】両家の親との関係、どっちが正解?『不機嫌な妻 無関心な夫』Vol.9

50万部超えの人気シリーズ『察しない男 説明しない女』『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』(ともにディスカヴァー)の著者である五百田達成さんの最新書籍から、夫婦のコミュニケーション不全を解決するヒントを紹介する短期集中連載。9回目の今回は「両親との関係」についてお届けします。


【躊躇する】子供が撮った写真が消せない親心「漆黒のアルバム」

【躊躇する】子供が撮った写真が消せない親心「漆黒のアルバム」

Instagramで子育て漫画を発信されるなっちパパさん。なっちパパさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師取材】小児科は何歳まで受診できる? 内科とはどう違うの?

【医師取材】小児科は何歳まで受診できる? 内科とはどう違うの?

「小児科は何歳まで?」「内科とはどう違うの?」……子供のいるパパ・ママの疑問について取材しました。




コストコ 買い物