効率的! 家族とシェアしやすい「大掃除リスト」6つのコツ

効率的! 家族とシェアしやすい「大掃除リスト」6つのコツ

「大掃除リスト」の書き方と使い方を変えただけで、大晦日の夜まで掃除していたところから、午後から日帰り温泉に行けるほど! 効率もアップして、家族との大掃除シェアも進んだ、6つのコツをご紹介します。


こんにちは。ライフオーガナイザー®︎の都築クレアです。

みなさまは、大掃除にストレスを感じたり、不満を感じたりしていませんか? わが家では、今の「大掃除リスト」の使い方に変えてから、効率が上がって不満も減りました! その変貌ぶりは、大晦日の夜まで、もめながら掃除をしていたところから、午後には家族で温泉に出かけられるぐらいになったほど。そんな「大掃除リスト」の書き方と進め方、6つのコツをご紹介します!

効率アップ&家族とのシェアも進む、「大掃除リスト」の6つのコツ

コツ①:最初に書くのは、簡単で楽なところから

「大掃除リスト」を書き出すとなると、張り切って、キッチンや水回りなど、一番大変なところから、書き出してしまいそうですが、まずは、"簡単で楽なところから"がオススメです。

わが家では「小さな収納棚を拭くだけ」など、簡単で楽に終わるものからリストアップしています。そうすると、リストを見ても気が重くならず、取り掛かりやすいのです。作業が終わってチェックをするときも、前から次々と消えていくと、着実に進んでいる実感が湧きますよ。

効率的な大掃除リストの使い方 最初は簡単なところからが、いいスタートのコツ

コツのおさらい:最初に書くのは、「簡単で楽なところから」で、いいスタートを切ろう!

コツ②:"小分けに"書くべし

「大掃除リスト」に書くときは、ざっくりではなく、作業内容やエリアなどをできるだけ区切り"小分けに書く"のが、ポイントです。

例)

お風呂場 ×

・バスタブ周り
・手桶/椅子の水垢
・風呂蓋
・排水口
・エプロン
・壁
・床
・バスタブ

大掃除リスト 小分けに書くのが効率アップのポイント!

こんな風に"小分けに"リストアップしておくと、ちょっとした隙間時間にやりやすくなり、ぐっと取り掛かりやすくなるのです。例えば、お風呂場の作業をまとめてやると、かなりの時間になりますが、いつものお風呂掃除にひとつ足すだけなら、短時間で、大掃除がひとつ済みます。私の場合は、入浴したあと出る前に、蓋だけ洗うこともあります。お湯や湯気で汚れが取れやすく、そのあと換気もするので、抵抗がなければですが(笑)いいタイミングですよ!

さらに、大まかな時間が分かれば、それも合わせて記入しておくと便利です。「15分くらいなら何かできそう!」というときに、「じゃあ、ここの5分くらいの作業と、この10分くらいの作業が終わらせられるかも?」と、すぐに、ぴったりの作業を見つけられます。

コツのおさらい:作業は、"小分けに"書き出して、隙間時間を活かそう!

コツ③:"具体的に"書くべし

書き出すときは、できるだけ"具体的に"書くのが、ポイントです。"小分けに"と少し似ていますが、見た人が「何をしたらいいかが、分かるように書く」ということです。

普段一人で、掃除を引き受けているなら、ここは特に意識したいポイントです。人の認識や感覚は、家族の中でも全く違います。洗面台の周りを拭けばOK! なのか、鏡や、洗面ボウル、排水口も掃除が必要なのか。掃除機掛けだけでいいのか、水拭きまで必要なのか。場所だけでなく、作業内容まで、"具体的に"書き出しておくのが、家族とシェアしやすくなるコツです。

大掃除リスト 具体的に書くのが、効率アップ、家族のシェアも進むポイント!

私の場合は、作業内容が分かるように、例えば、「床拭き」と書いてから、各場所をリストアップしています。家族にお任せしたいと思っている箇所は、特に意識して、最初から"具体的に"書いておくと、変な誤解も減らせます。

コツのおさらい:作業は"具体的に"書いて、家族とシェアしやすくしよう!

コツ④:早めに貼り出す

「大掃除リスト」は、書いたら"早めに"、家族みんながよく見えるところに、貼り出すのがオススメです。早めにリストアップを済ませて貼り出しておくと、大晦日までの週末や隙間時間を活用して、ちょこちょこ効率的に進めやすくなります。

大掃除リストは早めに貼り出すのが、効率アップのコツ!

中でも、一番のメリットだと感じているのが、貴重な暖かい日を活かして作業ができること。11月中ならまだ気候がよく、日中暖かい日もあります。そこで、エアコンのフィルターや通気口の掃除など、暖かいうちに済ませておきたい作業をしてしまうのです。年末の寒い時期にエアコンを切ったり、窓を全開にしての作業は辛いものがありますからね(汗)。

大掃除リストは早めに貼り出すのが、効率アップのコツ!

さらに、12月に入れば、クリスマスイベント、忘年会に年賀状づくりと、外出も増えて自分も家族も不在がちに。まだ暖かさもあり、気持ちにも時間にも余裕がある11月からリストを貼り出して、ちょこちょこ効率的に……がベストです。

コツのおさらい:早めに貼り出して、11月の暖かさと時間の余裕をチャンスに変えよう!

コツ⑤:誰がやったか、「見える化」すべし

ここが不満や不公平感をなくす、最大のポイント。「大掃除リスト」に書いてある作業を実際にやったら"誰がやったのか、書き残して"「見える化」すること。そしてわが家の場合、このリストを見ながら、最終的に私と夫の作業量が同じくらいに調整することで、「不公平感」がなくなりました!

大掃除リスト 不公平感はこれでなくす!

実はこの方法、忘年会だなんだと週末も不在がちな夫に比べて、早めにちょこちょこ大掃除をしている自分の負担が多くて、不満が溜まっていことから思いつきました(笑)。最終的な配分さえ決めておけば、誰が・いつ・どれだけの作業をやってもいいので、それぞれの好きなペースで進められます。家庭によって、どんな配分にするかは話し合いですが、誰がどれぐらいの作業をしているかを、みんなに「見える化」することは、とても効果的! 互いに、水回りなどの大変な場所を担当してくれた家族や、たくさんの量を担当してくれた家族に対して、感謝の気持ちが生まれますよ。

コツのおさらい:お互いの作業量を「見える化」して、気持ちよく進めよう!

コツ⑥:ごほうびを決めておこう!

「大掃除リスト」の効果的な使い方、最後の仕上げは、みんなで達成した後の、ごほうびを決めておくことです。ごほうびがあることで、それを目指して、自然と家族が協力体制になり、ワンチームで取り組めるようになるのです。例えば、わが家の場合、「2時までには終えて、日帰り温泉に行こう!」と決めたとします。

大掃除リスト ごほうびの設定で、効率もシェアもアップ!家族がワンチームに!

時間が迫っても、まだ終わっていないと分かると、ごほうび目指して家族も一丸となって、いつもはやりたがらないような場所の掃除でも、取り組んでくれます。「大掃除リスト」に書き残しておくと、どこが残っているかも一目瞭然なので、便利ですよ。事前にごほうびを設定しておくことで、単にモチベーションが上がるだけでなく、協力体制が生まれて、大掃除のシェアも加速する効果があるのです。

コツのおさらい:ごほうびを決めておくと、ワンチームになれて、シェアも加速する!

まとめ

以前も、「大掃除リスト」は書いていましたが、一人で書いて進めているだけで、ストレスの溜まる、孤独な作業でした(汗)。でも、うまくいく6つのコツを見つけてからは、効率もアップ! 何より、ストレスを感じたり、家族ともめたりせず、最後は一緒にごほうびの温泉を目指して進めていけることで、気持ち的にも、体力的にも、随分楽になりました。

リストは書いていたけど、うまく使いこなせていない、という方は、ぜひ6つのうまくいくコツを意識してみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®︎&ウェルビーイング心理教育ナビゲーター®︎。

ベビーカーを押しながら街中で泣き崩れたところから約6年。

ライフオーガナイズに出会い、ウェルビーイングに出会い、

少しずつ「今、ここ」を幸せにする方法を実践して、今に至ります(笑)。

「家事シェア」を始めて、家事が楽になったのはもちろん、

夫婦関係にも、ものすごい変化を実感したことから、講座を開催するように。

現在は、【私から変わる!はじめての家事シェア講座】をオンライン開催中♪

関西を離れ神奈川県に引越し、現在は人生初の関東ライフを右往左往しながら満喫中。賃貸マンション(3LDK)に3人暮らし/小学女児の母。

ブログ:【ライフオーガナイズ×ウェルビーイングで育てる夫婦・親子の絆と幸せ】
https://ameblo.jp/giftidea/

関連するキーワード


専門家 掃除 家事シェア

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。


ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、大人の食事とは別に赤ちゃんの食事を用意しなければならず大変ですよね。そんな時に救世主になってくれるのがベビーフードです。今回は、ベビーフードはいつからいつまで食べさせるものなのか、おすすめのベビーフードにはどんな種類があるのかなどについて調査してみました。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

離乳食を完了後は幼児食へ移行しますが、毎食の献立どうしていますか。どんなことに注意すればよいのか、幼児食づくりに向けて、簡単な人気レシピをご紹介します。