姉妹でも全然違う! 収納スペースのこだわりポイント【専門家実例】

姉妹でも全然違う! 収納スペースのこだわりポイント【専門家実例】

同じ環境・同じ両親のもとで育った姉妹(兄弟)でも、性格や体格が違います。そのため片づけひとつとっても、それぞれこだわるところも違えば、楽な方法も違います。また、年齢によってできることや、好みも変わってきます。そこで今回は、わが家の高校1年生、中学1年生、3歳の三姉妹の収納スペースを例にご紹介いたします。


こんにちは。ライフオーガナイザー®の佐藤美香です。

片づけのプロの子どもというと、もともと「片づけのできる子」という印象をもたれることが多いです。ですが、わが家の場合でいえば、自ら片づけをするタイプではないですし、得意という感じでもありません。ただひとつ気をつけているのは、収納場所を作る際には、必ず本人たちに相談しながら進めること。姉妹でも、驚くほど違う答えが出てきます。

こだわりポイント①:見える・隠す

例えば、見え方。

長女は、見える収納方法を好みます。理由は、「見えていないと忘れる」からです。

教材はカラーボックスに直接並べブックエンドで仕切るのみ、小物はワイヤーラックで見える収納

教材は、使用頻度や教科などで分けることもせず、並べるのみ。倒れないようにブックエンドを使っているだけです。小物はワイヤーラックに入れています。どちらも、ワンアクションで出し入れできます。

一方、次女は見えない(隠す)収納方法を好みます。理由は、「人が来たときに、きれいに見える」からです。特に、中をきれいに整えたいという訳でもないようです。

ニトリのカラーボックスに、ニトリのファイルボックスと引出しで、教材も小物も隠す収納

教材はファイルボックス、小物は引出しに入れています。スッキリ見えるよう同じ色で揃えています。適当に入れても、きれいに見えるのが気に入っているようです。

こだわりポイント②:置く・かける

通学リュック(かばん)についても、全く違う方法です。これは、帰宅時の行動が関係しているようです。帰ってきて、リュック(かばん)を肩に下げたまま、お弁当箱をシンクに持って行く長女は、そのままの流れで置ける方法を選びました。

通学リュックは、そのままドンと置けるほうが楽

帰宅後、座って一息ついてから、リュックの中身を出す次女は、床に座ったまま引っかける方法を選びました。

ニトリのカラーボックスにオプションの連結フックを取り付けて、通学リュックをかける

こだわりポイント③:同じかけるでも道具が違う

衣類については、ハンガーにかける方法と畳む方法があります。制服については、シワになりやすいことと、Yシャツをハンガーに干すため、乾いたらそのまま渡すだけにしたいという私の希望を先に伝えました。ハンガーでかけるという方法は、長女・次女共に同じ方法です。ですが、使う道具が違いました。

ニトリのカラーボックスに、貼るだけのフックを取り付けて、制服をかける

長女は、取り付けが楽な貼るフックを採用。収納に使っているカラーボックスの側面に、上下2個フックを貼り、ジャケットのいらない夏は、上のフックのみを使い、冬は上下のフックを使います。

壁にアイアンのバーを取り付け、制服を奥にも手前にもかけれるようにする

次女は、バーを採用。一カ所にかけるより、奥にも手前にもかけられる方がいいとのこと。また、以前玄関に衣類をかけるために取り付けたバーを壊した経験から、バーの素材も丈夫なものがいいというリクエストがありました。

こだわりポイント④:右・左

長女は左利き、次女は右利きです。そのため、座る位置やそれぞれのスペースの配置は、長女が左、次女が右とお互いで意識しています。ちょっと「手があたる」そんなことも喧嘩のタネ。何度も繰り返しているので、最初から、右側と左側と別れるようになりました。

保育園方式 ニトリのカラーボックスを並べて、三姉妹それぞれのスペースを作る

左側の赤枠部分が長女のスペース、右側の青枠部分が次女のスペースです。真ん中の緑枠部分が三女のスペースです。まだ小さいので、みんなの目が届く場所にと思い、身支度やお昼寝に使うものを真ん中にまとめています。三女のスペースの収納方法については、最初に私が作り、「これでどう?」とその都度声をかけるようにしています。

三女の収納スペースについては、こちらの記事を参考にしてください。

子どもがお片付け上手になれる! 収納の仕組みの4つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6854

「自分のことは自分できるようになってほしい」と、子どもに対して願うママは多いのではないでしょうか? 身支度や片づけは、仕組み次第で、子どもの「自分でできる」を増やすことができます。忙しい子育て中、お子さんと一緒に「できた」を楽しめるといいですよね。

まとめ

子どもの収納スペースというと、親の目線で決めてしまうご家庭が多いように感じます。もちろん、それでうまくいっているご家庭もあると思います。ですが、本人に聞いてみると意外な発見があり、とてもおもしろいです。また、本人が自分の得意な方法を知ることは、他のシーンでも活用することができます。ぜひ、声がけをしながら子どもスペースを作ってみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー(R)/リユースオーガナイザー(R)/冷凍生活アドバイザーの佐藤美香です。
・三姉妹(JK.JC.末っ子は4歳)の子育て中
・勉強の出来る子より、生活力のある子
・週末一気に仕込み、平日冷凍テクで乗り切る
・片づけやすい仕組みをご提案
・小さな子でも出来る片づけ、お手伝い
・目指すは手間を省いてやってる風
ブログ:https://aika-katazuke.com/blog
Webサイト:https://aika-katazuke.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/ckh_mi3/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

子どもの成長と共にいつかは訪れる「お留守番」。できれば学校の長期休暇中などに練習をしておきたいですね!「子どもと約束しておくことは?」「事前にできる準備はある?」 今回はそんな子どものお留守番についてまとめてみました。


キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

毎日使うキッチンはキレイにしておきたい。でもこまめにお掃除するのは面倒くさい! だったら「使いたくなる」アイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか? オシャレで気分も上がっちゃうキッチンブラシを紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


最新の投稿


仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして一息ついたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に一日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

渋谷区というと有名なスクランブル交差点がある渋谷駅周辺をはじめ、恵比寿、原宿、代官山など賑やかな街のイメージ。子育て世代が住むには向かないと思う方もいるかもしれません。ですが実際は、繁華街から少し離れた先に閑静な住宅街が広がり、働くママにとって子育てがしやすい街として人気があります。渋谷区の人気の秘密を調査しました。


いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして慣れたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も身体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に1日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

NHK Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」のステージ「ワンワンわんだーらんど」は7月8日に、公演開始から10周年を記念したスペシャルパーティーのステージ映像を収録したDVDを、日本コロムビアから発売します。先行してダイジェスト映像の特設サイトが7月1日に、オープンしました。


中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

引っ越しを考えたとき、転居先は何を基準に選びますか? 共働きで子育てをしていくなら、家賃や勤務先へのアクセスだけで選ぶのは少しもったいないですよね。子育てに関する市のサポート体制や、街全体として育児がしやすい雰囲気なのか等も、検討する上で重要ポイントになります。今回は、子育てしやすい街として人気の杉並区を調査しました。




コストコ 節約