キッチンの水垢汚れに! オススメ洗剤と簡単お掃除法

キッチンの水垢汚れに! オススメ洗剤と簡単お掃除法

放っておくとビッシリついて、どんどん取れにくくなってしまう厄介な水垢! 特にキッチンの水周りでは、こうした問題がつきものですよね。今回は、実際使ってみて効果のあったオススメ洗剤と、簡単にできてきれいが続く、シンクのリセット法についてもご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。


こんにちは。旦那が洗い物をしてくれるのはうれしいのですが、水はねや撒き散らしがひどく、実はありがた迷惑なankoです。

お風呂の水垢問題もよく掃除の例であげられますが、同じく水周りで水垢に悩まされる場所がキッチンシンクの汚れ。

毎日水を使う場所だから、こうした汚れは仕方ない……と思いがちですが、ちゃんとお手入れをしてあげれば、その汚れだって防ぐことができるんです!

我が家が毎日行っているのは、一日の最後にキッチンのシンクを拭き上げすることです。

「拭き上げなんて面倒くさい……どうせまた使うから濡れちゃうし……」と思う方もおられるかもしれませんが、これをするのとしないのとでは大違い!

数年前までは、我が家も拭き上げなんて面倒くさい、と思ってしてこなかったのですが、何もしなければもちろんシンク内は水垢だらけ!

おまけに、シンクのフチなどは水はねが残ってしまっているため、カビ汚れがビッシリついて取れない状態に……正直もうお手上げ状態でした。

キッチンシンクをリセットする方法

そこで使ったのがこちらの洗剤!

その名も、サンスターの「水まわり用 輝き洗剤 キーラ」。名前だけでもキラキラになりそうなイメージです。

この洗剤を使ってみたところ、くすんだシンクがワントーン明るくなり、水垢もとれてピカピカになったんです。

我が家のシンクは、beforeの写真を撮るのを忘れてしまったので、同じ洗剤を使って掃除した、私の実家のシンクと、祖母宅のシンクの写真でその劇的変化を見ていきたいと思います。

まずは母の実家のシンクから!

お恥ずかしい写真ではありますが、水垢はもちろん、全体的にもくすんで見えるのがお分かりでしょうか?

では、こちらの洗剤を使った後の写真を見てみましょう。

驚きのアフター写真はこちら!

いかがしょうか? 写真が少し暗いですが、シンクにツヤが出ているように感じます。

では次に、祖母宅のシンクも見てみましょう!

祖母宅のシンクはこちら!

長年何もしてこなかっただけあって、母のシンクと同様に、水垢やくすみがひどいです。ではこちらはどう変わるでしょうか?

さらに驚きのアフター写真!

いかがでしょうか? 長年何もしてこなかったシンクですが、こちらもツヤが出て全体的に明るくなった気がします。分かりやすいようにビフォー写真と比べると、その差がハッキリと分かるかと思います。

毎日することで効果大!? 我が家のリセット法

次にご紹介するのは、我が家が毎日やっているリセット法です。

方法はとっても簡単! 使うのはマイクロファイバー素材の布巾です。我が家が愛用しているのはニトリのものですが、最近は100均のものも使用しています。

メーカーは特にこだわりはありませんが、普通の布巾に比べ、マイクロファイバー布巾を使うことで、シンク内のちょっとした汚れやくすみも、拭き上げと同時にきれいになるのでオススメです。

この布巾を使って、シンクの側面やフチなどの水気をしっかり拭き取っていきます。

もしまだ水を使うことがあったとしても、一旦リセットしておくことで、そのあと水を使っても、汚れがつきにくい状態をキープすることができます。

最近では撥水加工ができる洗剤等もありますが、そうした特殊洗剤を使いだすと、それなりにお金もかかってしまうため、あまり現実的とはいえません。

毎日この方法でリセットするようになってからは、先ほどの輝き洗剤の出番も滅多になく、布巾の拭きあげのみで、今の状態をキープできています。

まとめ

きれいをキープするためには、特殊な洗剤を使うことが全てではなく、こうした毎日の積み重ね、ちょっとした習慣が結果に繋がることもあるのです。

ちなみに、便利な掃除アイテムとして有名なメラミンスポンジですが、表面にツヤのあるステンレス素材の場合は、ステンレスに傷がついて曇って見えることがあります。また、研磨力の高いメラミンスポンジで傷を付けてしまうと、その影響でカビが生えやすくなることもあるそうです。

これは我が家も過去に経験した失敗の一つでもあります。ついついラクな方法に目がいってしまいがちですが、使うもののメリットデメリットをよく理解して、賢く利用したいものですね。

拡大する

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

元保育士&小学生の男の子と女の子の双子ママです。

100均グッズを使った整理収納、インテリアなど、子どもや家族みんなが暮らしやすい家づくりを心がけています。

Instagramでは日々の掃除記録や、子どものいる暮らしをテーマとした収納方法なども随時アップ&更新中♫

働きながら、子育てしながらでもぼちぼち続けていける暮らしのヒントをたくさん綴っていこうと思います。

関連するキーワード


キッチン 掃除

関連する投稿


ロボット掃除機ルーロが進化、「在宅掃除モード」と「音声プッシュ通知」が可能に

ロボット掃除機ルーロが進化、「在宅掃除モード」と「音声プッシュ通知」が可能に

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、ロボット掃除機「RULO(ルーロ)」のソフトウェア「RULO AI」をアップデートし、人の邪魔にならないような動作で在宅時も快適に使用できる「在宅掃除モード」と、IoT対応家電の動作状況やくらしに役立つ情報を音声でお知らせする「音声プッシュ通知」が搭載されます。


ファブリーズが新習慣を提案!ハウスダストを簡単に取り除けるスプレーが新発売

ファブリーズが新習慣を提案!ハウスダストを簡単に取り除けるスプレーが新発売

P&Gジャパンは9月上旬に、エアケアブランド「ファブリーズ」より、布製品に付着したハウスダスト対策に「ファブリーズ おそうじエイド ハウスダストをまとめて固めるスプレー」を新発売します。


エリエール「除菌できるシリーズ」全面リニューアル、新商品・ボックスタイプが登場

エリエール「除菌できるシリーズ」全面リニューアル、新商品・ボックスタイプが登場

大王製紙の衛生用紙製品ブランド「エリエール」から10月1日、新商品「除菌できるアルコールタオル 抗菌成分プラス」が発売されます。これまでのボトルタイプはリニューアルされ、新たにボックスタイプも登場します。


“ふきたて”って快適! 便利な拭き掃除シート 「キレキラ!」に新商品8アイテム登場

“ふきたて”って快適! 便利な拭き掃除シート 「キレキラ!」に新商品8アイテム登場

大王製紙は、トイレクリーナーやフロアワイパーを展開する「キレキラ!」ブランドから、10月1日より、リビングやキッチンに対応する新商品8アイテムが全国で発売すると発表しました。


寒くなる前に!「水」を使った簡単・スッキリお掃除術

寒くなる前に!「水」を使った簡単・スッキリお掃除術

秋口で朝晩はめっきり肌寒さを感じますが、日中はまだまだ暑い日もありますよね。そんな気温の高い日は、水を使ったお掃除にピッタリの季節! 年末の寒い時期に寒さを感じながら、お掃除する必要はありません。寒い季節を迎える前に済ませておきたいオススメのお掃除場所と、手間ナシ簡単な方法を今回はご紹介します。


最新の投稿


【医師監修 】妊娠27週の3つの注意点!胎児の体重や胎動の様子

【医師監修 】妊娠27週の3つの注意点!胎児の体重や胎動の様子

妊娠27週目は妊娠中期最後の週。ついに平均体重1,000gを超えてくる赤ちゃんの重みを支えようと 、お腹をせり出す姿勢になって、多くのママが腰痛に悩まされます。むくみも起こりやすい時期なので、塩分摂取量にも注意しましょう。


【助産師監修】3つの乳首マッサージのやり方! 母乳は出るようになる?

【助産師監修】3つの乳首マッサージのやり方! 母乳は出るようになる?

母乳育児のトラブル対策としてよく耳にする「乳首マッサージ」。乳首マッサージや乳頭マッサージはどんなときにするもので、またどんな効果が期待できるのでしょうか。そのやり方や注意点について、すみれ出張助産院の坂田陽子先生に解説していただきました。


【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? モントゴメリー腺は妊娠中に目立つ?

【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? モントゴメリー腺は妊娠中に目立つ?

乳輪にあるぶつぶつとした粒状のふくらみが気になる人は多いようです。中には、「もしかしたらなにかの病気?」と不安になる人もいるかもしれません。いったいこのぶつぶつの正体は何なのでしょうか。このちくびの周りのぶつぶつの役割や目立つ時期、取り除く方法などを解説します。


【医師監修】化学流産の症状と原因は? 妊娠検査薬陽性判定と発生時期の関係

【医師監修】化学流産の症状と原因は? 妊娠検査薬陽性判定と発生時期の関係

妊娠検査薬で陽性判定が出たにもかかわらず、産婦人科で妊娠が確認されず、生理も始まった――。こんなケースで考えられるのは「化学流産」です。ここでは化学流産の原因と症状、次の妊娠への影響などについて解説します。


【医師監修】哺乳瓶の消毒は必要? いつまでやるかの目安月齢と回数

【医師監修】哺乳瓶の消毒は必要? いつまでやるかの目安月齢と回数

赤ちゃんに粉ミルクや搾乳した母乳をあげるとき、「哺乳瓶の消毒が面倒くさい……」と思う人は多いのではないでしょうか。 そもそも、赤ちゃんがおもちゃなどをなめるようになってくれば、哺乳瓶だけ消毒することに意味があるのか疑問に感じることも。ここでは、哺乳瓶の消毒は何のためにするのか、いつまでするのかについて考えてみましょう。