キッチンの水垢汚れに! オススメ洗剤と簡単お掃除法

キッチンの水垢汚れに! オススメ洗剤と簡単お掃除法

放っておくとビッシリついて、どんどん取れにくくなってしまう厄介な水垢! 特にキッチンの水周りでは、こうした問題がつきものですよね。今回は、実際使ってみて効果のあったオススメ洗剤と、簡単にできてきれいが続く、シンクのリセット法についてもご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。


Lazy dummy

こんにちは。旦那が洗い物をしてくれるのはうれしいのですが、水はねや撒き散らしがひどく、実はありがた迷惑なankoです。

お風呂の水垢問題もよく掃除の例であげられますが、同じく水周りで水垢に悩まされる場所がキッチンシンクの汚れ。

毎日水を使う場所だから、こうした汚れは仕方ない……と思いがちですが、ちゃんとお手入れをしてあげれば、その汚れだって防ぐことができるんです!

キッチンリセット法

我が家が毎日行っているのは、一日の最後にキッチンのシンクを拭き上げすることです。

「拭き上げなんて面倒くさい……どうせまた使うから濡れちゃうし……」と思う方もおられるかもしれませんが、これをするのとしないのとでは大違い!

数年前までは、我が家も拭き上げなんて面倒くさい、と思ってしてこなかったのですが、何もしなければもちろんシンク内は水垢だらけ!

おまけに、シンクのフチなどは水はねが残ってしまっているため、カビ汚れがビッシリついて取れない状態に……正直もうお手上げ状態でした。

キッチンシンクをリセットする方法

オススメ洗剤

そこで使ったのがこちらの洗剤!

その名も、サンスターの「水まわり用 輝き洗剤 キーラ」。名前だけでもキラキラになりそうなイメージです。

この洗剤を使ってみたところ、くすんだシンクがワントーン明るくなり、水垢もとれてピカピカになったんです。

我が家のシンクは、beforeの写真を撮るのを忘れてしまったので、同じ洗剤を使って掃除した、私の実家のシンクと、祖母宅のシンクの写真でその劇的変化を見ていきたいと思います。

まずは母の実家のシンクから!

掃除

お恥ずかしい写真ではありますが、水垢はもちろん、全体的にもくすんで見えるのがお分かりでしょうか?

では、こちらの洗剤を使った後の写真を見てみましょう。

驚きのアフター写真はこちら!

掃除

いかがしょうか? 写真が少し暗いですが、シンクにツヤが出ているように感じます。

では次に、祖母宅のシンクも見てみましょう!

祖母宅のシンクはこちら!

掃除

長年何もしてこなかっただけあって、母のシンクと同様に、水垢やくすみがひどいです。ではこちらはどう変わるでしょうか?

さらに驚きのアフター写真!

掃除

いかがでしょうか? 長年何もしてこなかったシンクですが、こちらもツヤが出て全体的に明るくなった気がします。分かりやすいようにビフォー写真と比べると、その差がハッキリと分かるかと思います。

掃除

毎日することで効果大!? 我が家のリセット法

掃除

次にご紹介するのは、我が家が毎日やっているリセット法です。

方法はとっても簡単! 使うのはマイクロファイバー素材の布巾です。我が家が愛用しているのはニトリのものですが、最近は100均のものも使用しています。

メーカーは特にこだわりはありませんが、普通の布巾に比べ、マイクロファイバー布巾を使うことで、シンク内のちょっとした汚れやくすみも、拭き上げと同時にきれいになるのでオススメです。

掃除

この布巾を使って、シンクの側面やフチなどの水気をしっかり拭き取っていきます。

もしまだ水を使うことがあったとしても、一旦リセットしておくことで、そのあと水を使っても、汚れがつきにくい状態をキープすることができます。

Lazy dummy

最近では撥水加工ができる洗剤等もありますが、そうした特殊洗剤を使いだすと、それなりにお金もかかってしまうため、あまり現実的とはいえません。

毎日この方法でリセットするようになってからは、先ほどの輝き洗剤の出番も滅多になく、布巾の拭きあげのみで、今の状態をキープできています。

まとめ

きれいをキープするためには、特殊な洗剤を使うことが全てではなく、こうした毎日の積み重ね、ちょっとした習慣が結果に繋がることもあるのです。

ちなみに、便利な掃除アイテムとして有名なメラミンスポンジですが、表面にツヤのあるステンレス素材の場合は、ステンレスに傷がついて曇って見えることがあります。また、研磨力の高いメラミンスポンジで傷を付けてしまうと、その影響でカビが生えやすくなることもあるそうです。

これは我が家も過去に経験した失敗の一つでもあります。ついついラクな方法に目がいってしまいがちですが、使うもののメリットデメリットをよく理解して、賢く利用したいものですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

元保育士&小学生の男の子と女の子の双子ママです。

100均グッズを使った整理収納、インテリアなど、子どもや家族みんなが暮らしやすい家づくりを心がけています。

Instagramでは日々の掃除記録や、子どものいる暮らしをテーマとした収納方法なども随時アップ&更新中♫

働きながら、子育てしながらでもぼちぼち続けていける暮らしのヒントをたくさん綴っていこうと思います。

関連するキーワード


キッチン 掃除

関連する投稿


11月10日はトイレの日!5年間効果持続のトイレクリーナー「ハイジェニックケミフリー」発売中

11月10日はトイレの日!5年間効果持続のトイレクリーナー「ハイジェニックケミフリー」発売中

素数は、販売実績460万個を誇る「ハイジェニックケミフリー」などの衛生面、機能面に優れたお掃除関連グッズをこの度リニューアル販売しました。


ここが便利! 話題のダイソー 「主婦が考えた省スペース多機能まな板」

ここが便利! 話題のダイソー 「主婦が考えた省スペース多機能まな板」

ちょっとしたプチストレスを解消してくれる機能がギュギュッと詰め込まれた、ダイソーの「主婦が考えた省スペース多機能まな板」が今大注目! 使いやすくてとっても便利と話題になっています。


いつも頑張らなくても大丈夫! 専門家が勧めるハードル低めな玄関掃除

いつも頑張らなくても大丈夫! 専門家が勧めるハードル低めな玄関掃除

お客さまをお迎えする玄関は、「家の顔」とよく言われますね。いつもピカピカですっきりと気持ちがよい玄関でお客さまを迎えるのは確かに理想ですが、毎日しっかりと隅から隅まで掃除を行き届かせるのはなかなか難しいものです。そこで年間を通して気張らずに行える、玄関掃除のタイミングとタイル床掃除のポイントをお伝えいたします。


睡眠時間も有効活用! 家族の在宅時間が長くても「キレイ」が続くお掃除術

睡眠時間も有効活用! 家族の在宅時間が長くても「キレイ」が続くお掃除術

長期休暇などで家族が自宅にいる時間が増えると、お掃除をするタイミングが難しい……。そう感じたことはありませんか? 今回は家族が在宅していても毎日できる、効率的なお掃除に欠かせないアイテムとお掃除の方法をご紹介いたします。


towerのディッシュラックと戸棚下収納ラックを活用! 専門家のキッチン収納法

towerのディッシュラックと戸棚下収納ラックを活用! 専門家のキッチン収納法

スタイリッシュかつ使いやすいtower(タワー)の商品。わが家でも大活躍しています! 今回はディッシュラックと戸棚下収納ラックを使ったキッチンの収納法をご紹介したいと思います。


最新の投稿


【漫画】弁当は作ってくれる妻だけど。『妻が口をきいてくれません』より「妻が口をきいてくれなくなった(2週間目)」Vol.1

【漫画】弁当は作ってくれる妻だけど。『妻が口をきいてくれません』より「妻が口をきいてくれなくなった(2週間目)」Vol.1

ある日、妻が口をきいてくれなくなった。原因はわからない。なにごともなかったかのように進んでいく夫・誠(まこと)の日常、でも……。夫婦それぞれの視点から家族をリアルに描いた野原広子さんのコミック『妻が口をきいてくれません』から、「夫 誠の章 妻が口をきいてくれなくなった(2週間目)」を切り出しての連載スタート!


ピュアさに感動!息子からママに贈る「ありがとう」の言葉が尊い

ピュアさに感動!息子からママに贈る「ありがとう」の言葉が尊い

Instagramで子育て漫画を発信されるみゅこさん。みゅこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】寝かしつけでトントン、2歳児からツンツン…のコミュニケーションに胸キュン

【漫画】寝かしつけでトントン、2歳児からツンツン…のコミュニケーションに胸キュン

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のたっきーさん。たっきーさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

Instagramで子育て漫画を発信中のはなのさん。はなのさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

Instagramで子育て漫画を発信されるふくこさん。ふくこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。




専門家 コストコ 買い物 洗濯 掃除