これで省スペース! かさばるプラゴミ・生ごみを小さく軽くするテク

これで省スペース! かさばるプラゴミ・生ごみを小さく軽くするテク

慌ただしい朝、プラゴミや生ごみの回収時間に間に合わず、次の回収日まで家で保管なんていう経験はありませんか? 一つひとつは小さくても、積み重なるとスペース確保が難しいことも。実は調理中のほんのひと手間で小さくすることや、買い物の仕方で減らすこともできます。未来の自分を楽にするため、少しずつできることから始めてみませんか?


こんにちは。ライフオーガナイザー®・リユースマスター®の佐藤美香です。

卵のパック、お肉のトレー、お菓子の袋……。毎日の食事やおやつのたびにでるプラスチックのゴミ、それ自体は重くはないもののスペースをとることで、お困りのご家庭も多いのではないでしょうか? 

今回は、プラゴミを減らす工夫を紹介します。買い方・買う物を変えるだけで、家に持ち込むプラ自体が減り、ゴミ(スペース)の管理が楽になりますよ。

プラゴミを減らす! まずは持ち込まない工夫

宅配サービスの利用

宅配サービス業者にもよるかと思いますが、卵やトマト、キノコ類など、食材の割れ・潰れを防ぐために使うケースの回収サービスがあれば、利用するのがオススメです。意外と宅配サービスを利用していても、回収サービスがあることを知らない場合があるので、確認しておくといいですよ。牛乳パックや瓶の回収もできることが多いので、宅配ボックスの中にまとめて入れておけば、朝早い回収時間に慌てなくても済みますね。

買う商品を変える

例えば、お肉。食品トレーではなく、袋入りのものを購入するだけでも、プラゴミのかさは減ります。また、同じ種類をいくつか購入するのなら、あらかじめ大きなパックを購入して、小分けに使うという方法もあります。

お店の回収ボックスを利用

買い物時間や混み具合にもよりますが、プラゴミの回収をしているお店で買い物をしている場合、出せるプラゴミはお店に出してくるという方法もあります。例えば、納豆や豆腐などのいくつかをまとめているラベルシート。剥がした状態で持ち帰っても、影響のないものだけでも出しておけば、帰宅後の作業も減りますよ。

プラゴミを家に持ち込まないように、ラベルシート等はお店の回収ボックスに出してくる

ちぎる・切る・かけるでプラゴミを小さく!

家に持ち込んだプラについては、できるだけ小さくしたいですよね。捨てる時のひと手間で、かさを小さくすることができるので、ご紹介いたします。

手でちぎる

お菓子の袋は、手でちぎって捨てるだけでも、プラゴミの嵩を小さくすることができる

お菓子の袋など、もともと大きなものではありませんが、手で簡単にちぎるものが多いので、処分する際にはちぎっておくといいですよ。これだけでも、小さくなります。子どもでもできるので、お子さんにお願いしてもいいですね。

ハサミで切る

ゴミ箱の近くにハサミを置いておくのもオススメです。手でちぎれない少し硬めのものは、ハサミで半分に切って重ねれば、大きさも半分に。

お湯をかける

調理中に食材を茹でるために使ったお湯も、利用してしまいましょう。卵のパックのようなかさばるプラを、あらかじめマグカップなどの厚みのある耐熱性の容器に入れ、上からお湯をかけると容器の大きさのまま固まります。水気をきる手間が増えますが、調理のついでにできます。

プラゴミの嵩を減らす 卵のパックは、そのままより、切って重ねる、お湯をかけるで小さくできる

写真は、同じ卵のパックです。左から、そのまま・切って重ねる・お湯をかけたものです。全然大きさが変わりますね。

45Lのゴミ袋に入れたプラゴミの嵩を減らすために、ちぎる・切る・かける

この写真は、ちぎる・切る・かけるを実践する前のプラゴミの写真です。(45Lのゴミ袋に入っています)

45Lのゴミ袋に入れたプラゴミが、ちぎる・切る・かけるで半分の量になる

実践した後では、半分以下になりました。そのまま捨てるより、多少手間はかかりますが、捨てに行く回数が減るなどうれしいメリットもあります。

生ごみを軽くする方法は?

生ごみで困るのが、重さと臭い。これは、水分を減らすことで、軽減することができます。オススメなのは、野菜は皮をむいてから、洗う方法。

生ごみを軽くするために、野菜は皮を剥いてから切り、水分を減らす

洗ってから、皮を剥くと水分を含んだ分重くなりますし、臭いも増します。皮を剥く時の順番を変えるだけなので、取りかかりやすいです。汚れたまま皮を剥くのに抵抗のある方は、ザルなどに入れ、少し乾かしてから処分するのもいいと思います。

まとめ

ご紹介した方法は、すぐにできることもあれば、面倒と思われるものもあるかもしれません。大切なのは、続けること。自分が取りかかりやすいものから、試してみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー(R)/リユースオーガナイザー(R)/冷凍生活アドバイザーの佐藤美香です。
・三姉妹(JK.JC.末っ子は4歳)の子育て中
・勉強の出来る子より、生活力のある子
・週末一気に仕込み、平日冷凍テクで乗り切る
・片づけやすい仕組みをご提案
・小さな子でも出来る片づけ、お手伝い
・目指すは手間を省いてやってる風
ブログ:https://aika-katazuke.com/blog
Webサイト:https://aika-katazuke.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/ckh_mi3/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

やわらかくてやさしい味の豆腐は離乳食にも大活躍!今回は、絹豆腐と木綿豆腐どちらを選べばいいか、加熱の際の注意点など、離乳食の豆腐について解説します。


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。




コストコ 節約