衣替えがチャンス! 洋服を選びやすくする4つのステップ

衣替えがチャンス! 洋服を選びやすくする4つのステップ

季節の変わり目、寒暖差がある最近の気候。そろそろ秋冬の洋服の出番ですね。衣替えはワードローブを整理する絶好のチャンス。たった4つのステップで、洋服が選びやすくなり、自分の気分があがるクローゼットに変えることができます♪ 今回はその方法をご紹介します。


まずは「洋服を選ぶ基準」を考えよう!

洋服

こんにちは! SPACE PLUS+ 東京の整理収納アドバイザーのNatsueです。

毎日の洋服、コーディネートを選ぶ基準はなんですか?

・目の前にあったから?
・好きな服だから?
・着たい服だから?
・その日の気温や気候?
・求められている役割の服だから?

クローゼットの整理を始める前に、まずは自分が洋服を選ぶ基準を考えてみてください。

STEP①:全部出してみよう!

洋服

洋服がクローゼットに入りきらずに溢れている場合、その溢れている洋服こそが普段よく着ている洋服です。つまりそのクローゼットの中の洋服、特に奥にしまっているものたちはほとんど着ていない洋服だということ。

ほとんど着ていない洋服を大切に保管するなんて、貴重な収納スペースを無駄に使っていることになりますよね。

まずは、クローゼットの中身を全部出してみましょう!

STEP②:「今」の基準で、分けてみよう!

次は「今着ている洋服」か「今着ていない洋服」かで分けていきます。

ポイントは「着られる服」「(穴などがあいて)着られない服」という基準で分けないこと。この基準で分けてしまうと、8割以上のほとんどの洋服が「着られる服」になってしまいます。

大事なのは冒頭で解説した「今」の基準で分けること。そして分けた後に見直す対象になるのは、「今、着ていない洋服」たちです。

この洋服たちは、一体なぜ着ていないのでしょうか? 着ていない理由がきっとあるはずです。

STEP③:自分のライフスタイルと洋服の分量を考えよう!

お仕事服

先ほど「基準」のお話をしましたが、ライフスタイルによって、必要な洋服は変わってきます。

例えば人前に出たり、お客様との商談が多い職業の方の場合は、ジャケットやそれに準ずるきちんと見えるお仕事服が必要に。

カジュアル

一方で、仕事でも普段着とほぼ変わらないカジュアルな恰好でもOKな職場の場合。もしくは職場で制服に着替える職業の場合は、通勤着はカジュアルでも問題ないですよね。

そうすると、汚れてもよい毎日服が必要になってきます。

デニムカジュアル

また、専業主婦の方や子育て中のママさんなんかは、普段はデニムが多くなることも。キレイ目デニムスタイルやカジュアルデニムスタイルを楽しみたい、という方も多いと思います。

おでかけスタイル

職業や環境によって、必要な「毎日服」は異なりますが、休日になると気分を変えて、普段と違うワンピーススタイルでおでかけをすることだってあります。テンションを上げるため、普段の自分とは違う自分になるための特別服だってちょっとは必要!

人はライフスタイルによって洋服が変わります。単純に着たい洋服・好みの洋服というだけでなく、職業やTPOによって求められる服装も変わってくるもの。

また、それらの「基準」によって、どんなタイプの洋服がどれほどの分量必要かというのも全く異なってきます。

STEP④:減らしてみよう!

STEP③で、今の自分のライフスタイルと洋服の必要な量が分かったら、それに当てはまらないものは減らしていきましょう。

「まだ着られる」洋服だとしても、「着る機会がない」洋服は、今の自分には必要ありません。職業が変わった、体型が変わった、年齢を重ねた、趣味が変わった……自分の変化とともに、今の自分に似合う服も変化します。

なんとなく、「また着るかも……」「痩せたら着るかも……」そういう服で実際に着る確率はたった3%! と言われています。もしダイエットに成功したら、きっと「今のスリムになった自分」に似合う新しい洋服が欲しくなりますよ。

自分の進化に応じて、洋服もアップデートする必要があります。

まとめ

STEP④までクリアできたら、残っている洋服は今の自分にピッタリの洋服ばかりなはず! クローゼットを整理することで、着回しコーディネートも考えやすくなります。また、自分の洋服を把握することで、同じような洋服をまた買ってしまったなどという失敗も防げますよ。もちろん収納が足りないからと、新たな収納用品を購入する必要だってありません。

クローゼットを整理することは、節約にもつながります。そして何より、毎日の洋服選びが楽しくなる!

衣替えをきっかけに、選び抜かれた洋服ばかりが並ぶお気に入りのクローゼットをつくってみませんか?

今回の記事が参考になれば幸いです。

お片付けサービス・お片付けセミナーSPACEPLUS+大田区+整理収納アドバイザー斉藤夏枝スッキリお片付け
https://spaceplus2017.com/
--------------------------------
どうして我が家は片付かないんだろう?職場の人や家族が片づけてくれない。片づけに悩んでいる方に、大田区の整理収納アドバイザー、SPACEPLUS+の斉藤夏枝が「片付く仕組み作り」をセミナーやお片付けサービスを通じてお伝えしています。一日で資格が取れる整理収納アドバイザー2級認定講座も開催しています。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

転勤族育ちで転勤族の妻となり、頼る人がいない土地での子育て。
頼ったのは、「モノ」でした。

子供が生まれてモノが爆発的に増えてしまい、片づけられなかった経験をしてから、「お片付け」を体系的に学ぶ。
「片付け苦手を克服!」のHPを立ち上げ、お片づけのヒントやアイデアを発信中。
多数の引っ越し経験からどんな暮らし方にもFITするシンプルな定番の収納が得意。
■個人向けのご自宅お片付けサービス
■事業主様向けのバックヤードや書類お片付け仕組み作りサービス
■整理収納アドバイザー認定講座の講師
■スマホアプリのコラム執筆掲載など
「片づけのチカラ」を伝えるために活動している。
お部屋が整えば、ココロも整う。

Webサイト:https://spaceplus2017.com

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

外出中のマスクをはずすシーンで重宝する、たった5分でできるマスクケースの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

リビングクローゼットを上手に活用できていますか? 最近はリビングにクローゼットがあるお宅が増えてきました。家族で一緒に使うリビングはモノが集まり、管理が難しい場所。スッキリと維持するためのリビングクローゼットの収納術をご紹介します。


面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

お客さまからお聞きするお悩みのひとつに、「家族がゴミをゴミ箱へ捨ててくれない問題」があります。それでも、ゴミ捨ては週に何度も発生する大事な家事のひとつ。ゴミ捨てに関わる当たり前を、今一度見直してみませんか? 今回は、我が家で取り入れている、ゴミ捨てをラクにこなすコツについてお伝えしたいと思います。


衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

最近全然着ていないけれど、またいつか着るかもしれない! そんな思いで、衣類整理が進まず悩んでしまう方も多いですよね。しかし、素直な気持ちとちょっとのコツで整理しやすくなります。


もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

お掃除をしようと思ったとき、掃除道具を取り出すのが面倒だったり、買ったはずのお掃除グッズが見当たらず意気消沈したりしたことはありませんか? お掃除を面倒にするのは、掃除道具の取り出しにくさ。最低限のお掃除グッズと取り出ししやすい収納方法で、サッと掃除道具が手に取れて、使用後も簡単にしまえる収納を作りましょう。


最新の投稿


【めっちゃ和む】独特な雰囲気あふれる一歳児の女子会「あうー」「あうー」

【めっちゃ和む】独特な雰囲気あふれる一歳児の女子会「あうー」「あうー」

Instagramで子育て漫画を発信される奮父ちゃんさん。奮父ちゃんさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【応援しちゃう】指で2歳ができない~~、可愛い頑張りの様子

【応援しちゃう】指で2歳ができない~~、可愛い頑張りの様子

Instagramで子育て漫画を発信されるmicoさん。micoさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


離乳食のフリージング術6つと知っておきたい解凍のコツ【管理栄養士監修】

離乳食のフリージング術6つと知っておきたい解凍のコツ【管理栄養士監修】

離乳食はフリージングが便利! 一度に1週間分くらいを作り置きするのが、手間を省くコツです。赤ちゃんの安全を保ちつつも作る負担をできるだけ減らすべく、作り置きの基本と冷凍保存のポイントやコツ、便利グッズをご紹介します。


【漫画】夫が「通勤して働くのも捨てがたい」と言う理由は?『夫と私の凸凹二人三脚な日々』Vol.8

【漫画】夫が「通勤して働くのも捨てがたい」と言う理由は?『夫と私の凸凹二人三脚な日々』Vol.8

結婚して出産したって、すぐに変われるわけじゃない。自分が「母親」に、夫が「父親」に、そしてふたりが「夫婦」になるまでにかかった年月をていねいに描いた話題作『夫を捨てたい。』のいくたはなさんが、3男1女を育てる夫婦の「これまで」と「現在」のリアルを描く連載『夫と私の凸凹二人三脚な日々』。隔週日曜日にお届けします♪


生クリームはいつから食べられる?後期・完了期からOKの離乳食レシピ【管理栄養士監修】

生クリームはいつから食べられる?後期・完了期からOKの離乳食レシピ【管理栄養士監修】

今回の離乳食テーマは「生クリーム」。クリスマスなどのイベントがあると、生クリームを使ったケーキでお祝いするというご家庭も多いでしょう。でも、離乳期の赤ちゃんは生クリームを食べられるのでしょうか。生クリームを離乳食に使う際のポイントや代わりになる食材などについて解説します。離乳食の生クリームレシピもお試しくださいね。