【医師監修】産婦人科医に聞く「妊婦さんにおススメの腹巻」は?

【医師監修】産婦人科医に聞く「妊婦さんにおススメの腹巻」は?

古来の風習に、妊娠5ヶ月に入った戌(いぬ)の日に安産祈願し、腹帯を巻く「戌の日参り」がありますが、妊婦さんと赤ちゃんにとって「腹帯」や「腹巻」「妊婦帯」は医学的にも必要なのでしょうか? 活用する場合の意味や、正しい利用法などをご紹介します。


賛否両論分かれる「腹巻」

Getty logo

妊娠期間でなくても冷え対策などで「腹巻」を利用している人も多いので、女性にとって「腹巻」はさほど違和感のあるものではないものの、妊娠しているときは必ずつけなければいけないものなのかどうか、気になります。

医師によっても分かれる「腹巻」有用性

松峯先生に確認したところ、「妊婦の腹巻」は医学的根拠に基づいて“必ずつけなければいけない”というものではなく、産科の医師の間でもその有用性について賛否が分かれていると説明がありました。

松峯先生
「当院では正しい位置につけ、腰や骨盤をホールドすることは、腰痛予防に効果的とおすすめしています。何より『正しい位置につける』ことが大切で、『腹巻』『腹帯』といっても、決してお腹を締めつけるようなつけ方をしてはいけない、ということが大事なポイントです」

正しい位置につければ子宮を支えている骨盤や靭帯を支え、立ち仕事などのときに、腰の負担を軽減してくれるとのことです。

大切なことは「快適」「心地いい」「過ごしやすい」

Getty logo

医学的に必ずつけなければならないものではありませんが、つけていると「快適」「心地いい」「過ごしやすい」と思えるなら利用するとよく、そうした妊婦さんの“感覚”が何より大切だと松峯先生は語っています。

松峯先生
「腹巻に限らず、人によって快・不快が分かれるものはたくさんあります。“妊婦”といっても一人一人生活習慣も感じ方も違うので、感想が分かれるのは当然ですね。もし不快感があったら、無理に着用することはありません。 また、季節によっても快・不快は変わるかもしれません。暑い夏に無理に着用したりせず、臨機応変に、自分の感覚で判断しましょう。 妊娠経過が順調なら、腹巻や腹帯・妊婦帯の有無が赤ちゃんに影響することはありません」

もし、冷え対策をしたいなら、本来は体を動かして血行を促すなど、全身が温まる方法が望ましいものの、腹巻でお腹を保温するのもいいでしょう。

腹巻・腹帯・妊婦帯利用の「ここが肝心!」

腹巻・妊婦帯・腹帯などを利用するとき、大切なことを確認しておきましょう。

正しい位置って?

利用するとき、名前に“腹”とついたものが多いので、間違ってお腹に締めるイメージをしてしまいそうですが、腹巻・腹帯・妊婦帯などはお腹を圧迫するのではなく、腰や骨盤を支えるイメージで、製品に付属している「つけ方」などの説明通りの位置につけることが大切です。

さらしの腹帯など、つけ方がよく分からない場合は、産科で相談すれば助産師の指導を受けることができます。

座り仕事でずれがち…どうする?

Getty logo

「正しい位置につける」が大切な腹巻・腹帯・妊婦帯などですが、正しい位置に装着しても、デスクワークで座位を続けるなどするとずれてしまいがちです。

とはいえ通勤の際など、移動時にこそ腰や骨盤を支えて出勤したいという人もいるでしょう。

そこで、ずれてしまう場合は、会社についたら外すか、ゆるめるかして仕事をし、退社前に再調整できるタイプを“出勤時用”としてあらかじめ選んでおくのがよいでしょう。

次項を参考に、さまざまな腹巻・腹帯・妊婦帯などからライフスタイルに合うものを選んで利用してみましょう。

タイプ別の長所を知っておこう

腹巻・腹帯・妊婦帯にはさまざまなタイプがあり、それぞれの長所を比べて選ぶことができます。一部の特長をご紹介しましょう。より詳しく知りたいときは、妊婦さんとベビー向けの用品を専門に扱う店や売り場で相談にのってもらえます。

さまざまな腹巻や妊婦帯など

妊婦さん用につくられている腹巻や腹帯・妊婦帯は種類やスタイルが豊富に出回っています。特長としてあげられるのは、ひとりでも正しい位置につけやすく、フィット感を調整しやすく設計された製品が多様にあることです。

素材も多様です。肌が弱い人、乾燥しやすい人は、ムレやこすれで肌を刺激しにくい天然素材のものや、自分の肌に合う素材の製品を探してみましょう。

さらしでできた腹帯は?

古典的なさらしの腹帯は長いのでひとりでつけにくく、出先での調整はしづらいですが、洗いさらしておくと肌になじみやすく、ムレにくいという特長があります。ただし、使い込んだ木綿でもかゆみが生じたり、発疹が出る場合もありますので、自分の肌に合う選択を考えてみてください。

松峯先生
「進化したタイプで、ひとりでつけやすく設計されているさらしの腹帯も販売されているようです。そのような製品を利用する場合も、ぜひ助産師さんからつけ方のコツを教わって利用してみましょう」

まとめ

腹巻・腹帯・妊婦帯などは必ずつけなければいけないものではなく、つけたときの快適さで選べばいいこと、つける場合は「正しい位置」につけることが大切です。妊婦さんは多様で、「腹巻に慣れているため何もつけていないと落ち着かない」という人もいれば、「正しくつけてもフィット感や少しのずれが気になって不快」という人もいると聞きました。マタニティライフがより快適になるようにいくつか試して、ストレスなく過ごせるものを選びましょう。

この記事の監修ドクター
松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

(文・構成:下平貴子/日本医療企画、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

参考文献
宋美玄「妊娠・出産パーフェクトBOOK」(内外出版社)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

「赤ちゃんがぐずった時、おしゃぶりが活躍した」という経験のある人もいるのでは。日々赤ちゃんが口に入れるものですから、おしゃぶりは清潔にしておきたいですよね。そんなママやパパに向け、おしゃぶりの消毒について、必要なのかどうかやおすすめの期間の目安、方法などを紹介します。


【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

育児のお助けグッズ「おしゃぶり」。しかし、実際にどんな効果があり、どんな時に使えばいいのか、また注意が必要な点について、詳しく知らない人も多いのでは。おしゃぶりの持つ効果や上手な付き合い方などを確認してみましょう。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。