【専門家監修】とうもろこしを使った離乳食レシピ!薄皮は?缶詰もOK?

【専門家監修】とうもろこしを使った離乳食レシピ!薄皮は?缶詰もOK?

とうもろこしは、甘みもあって美味しいので、子供も大好きな味ですよね。子供が好きなら、離乳食にも使えそう、と思いますがちょっと待って! とうもろこしは消化が大変な食べ物の1つってご存知ですか? 今回は、離乳食でのとうもろこしの扱い方や調理法、オススメレシピを離乳食のスペシャリスト管理栄養士の川口先生に教えてもらいます!


やさしい甘み!とうもろこしを使った離乳食

甘くて歯ごたえもよく、料理に入れると黄色が映えるとうもろこし。老若男女問わず人気の食材ですよね。離乳食で使う場合はいくつか調理のコツがあるので、順番に見ていきましょう。

<初期・中期・後期・完了期>とうもろこし、離乳食期ごとの目安

・離乳初期(5~6ヶ月)
裏ごし

・離乳中期(7~8ヶ月)
裏ごし

・離乳後期(9~11ヶ月)
より多くの栄養がとりたければ裏ごし
粒のまま彩りや食感を楽しみたければ、少量ならば薄皮をとらず小さく切ってもOK

・離乳完了期(12~18ヶ月)
薄皮はとらなくてもOK
(ただし小さじ1杯程度まで)

※月齢は目安です

ポイント1:とうもろこしの薄皮はとったほうがいい?

とうもろこしの画像

とうもろこしは薄皮がありますので、とても消化しにくいものです。

つまり、ある程度月齢が進んでも、しっかり消化させるには皮をとりのぞいて裏ごしする必要があります。食べることはできても、便にそのままでてきますので、粒のまま彩りを楽しみたいという時は、なるべく小さく切ってあげるといいでしょう。

ポイント2:裏ごしはどうする?

とうもろこしの裏ごしはとても大変です。
そのまま、こし網に載せても、なかなか裏ごしできません。

とうもろこしを使った離乳食の裏ごし方法

少々面倒ですが、一度すり鉢ですりつぶしてから、裏ごしをすると、少し裏ごししやすくなります。

とうもろこしを使った離乳食「すりつぶ」の方法

それでも、とうもろこしは皮がとても固いので、とれるのは少しだけです。

とうもろこしを使った離乳食「すりつぶした」イメージ画像

とうもろこしを茹でて、軸から外して、裏ごしして……と、とても大変な作業なので、子育てをしながらこの作業はあまりオススメとはいえません。

ポイント3:缶詰のとうもろこしでもOK?

離乳食の時短のためには、市販品を上手に使うといいかと思います。そこで活用したいのが、缶詰や冷凍のものです。

市販のとうもろこしの缶詰

コーン缶には、粒タイプと裏ごしタイプがあります。

粒タイプは、茹でる手間ははぶけるものの、裏ごしをしなければいけないのがちょっと難点。裏ごしタイプだと手間がかかりませんが、クリームとして販売されているものは、添加物や塩分が心配です。できるかぎり、塩分はないものを、そして添加物の少ない物をえらぶといいでしょう。

最近は、離乳食用として、とうもろこしの裏ごしの冷凍食品なども無添加で販売されているので、上手に使えるといいですね。

<川口先生おすすめレシピ>とろとろコーンポタージュ(5-6ヶ月~12ヶ月頃)

とうもろこしを使った離乳食「コーンポタージュ」の作り方

材料

・茹でとうもろこしペースト   大さじ1
・育児用ミルク(溶かしたもの) 50ml
・水溶き片栗粉         少々

作り方

① 鍋にミルク50mlを入れたら、とうもろこしペーストをいれてよく混ぜたらひと煮立ちさせる
② 水溶き片栗粉を少しずつ加え、少しとろみがついたらできあがり!

まとめ

やさしい甘みが人気のとうもろこしですが、薄皮があるので月齢に応じて、量や調理法に気をつけたい食材です。刻んで料理に入れるのもいいですが、裏ごししてとろみをつけたスープにすると、初期からゴックンしやすいメニューになります。市販の商品の中でも無添加のものを選ぶなどしながら、上手に取り入れてくださいね。

この記事の執筆・監修管理栄養士
川口由美子(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文・写真:川口由美子先生)


レシピ作ってみました!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【専門家監修】生後6ヶ月の離乳食はどう進める?2回食にはいつ進める?

【専門家監修】生後6ヶ月の離乳食はどう進める?2回食にはいつ進める?

生後半年を迎える赤ちゃん。この時期から離乳食を始めるというご家庭も多いことでしょう。そんな生後6ヶ月の離乳食について、要点をまとめました。


【専門家監修】離乳食は生後5ヶ月から始めるべき?スタートの目安は?

【専門家監修】離乳食は生後5ヶ月から始めるべき?スタートの目安は?

首がすわって、早い赤ちゃんでは寝返りができるようになる生後5ヶ月。このころになると気になるのが「離乳食をいつ始めるか」ではないでしょうか。今回は離乳食スタート時期の目安や序盤の離乳食の進め方などについて解説します。


おやつや離乳食のおかゆにもなる! アレルギー対応の“お米100%のおせんべい”が発売

おやつや離乳食のおかゆにもなる! アレルギー対応の“お米100%のおせんべい”が発売

ベビー用品ブランド「エジソンママ」から、素材本来の味が楽しめる山形県のお米100%でできたおせんべい「くちどけおこめぼー」が、3月下旬より全国のベビー専門店・ドラックストアにて発売されます。


くまのがっこうデザイン一新! 乳幼児向け「大満足ごはん」シリーズ全16品をチェック

くまのがっこうデザイン一新! 乳幼児向け「大満足ごはん」シリーズ全16品をチェック

森永乳業の乳幼児向け食品「大満足ごはん」シリーズが、人気絵本キャラクター「くまのがっこう」のアートをふんだんに使用したデザインに一新。2月上旬よりリニューアル発売します。


【医師監修】便秘の原因は離乳食? 離乳食期の便秘予防・解消の5つのコツ

【医師監修】便秘の原因は離乳食? 離乳食期の便秘予防・解消の5つのコツ

離乳食を始めてから、どうも赤ちゃんが便秘がち…。何日も便が出ていないと、心配ですよね。しかし、それは決して珍しいことではないのです。なぜ、便秘になりやすいのでしょうか。また、便秘解消のコツについても説明します。


最新の投稿


鯛を使った離乳食レシピ!血合いはどうする?【管理栄養士監修】

鯛を使った離乳食レシピ!血合いはどうする?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「鯛」です。いつから食べさせられる?血合いは除くべき? など、離乳食に鯛を使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「海の幸のやわらかごはん」です!


【医師監修】子供が風邪! ご飯の注意点はあるの? 熱や胃腸炎の時、避けたいものと水分補給のコツ

【医師監修】子供が風邪! ご飯の注意点はあるの? 熱や胃腸炎の時、避けたいものと水分補給のコツ

子供が風邪を引いてしまったら、できるだけ早く元気に戻れるようにしてあげたいですね。ここでは風邪になった時のホームケアや水分補給のやり方、あげたい食べ物、避けた方がいい食べ物についてお話します。


【医師監修】妊娠中、お腹の張りを感じたときの対処法

【医師監修】妊娠中、お腹の張りを感じたときの対処法

妊娠中に起こるつわり、むくみ、腰痛、便秘などの不調はマイナートラブルと呼ばれますが、その代表格といえるのが「お腹の張り」。張りの原因と対処法、「心配のない張り」と「異常を知らせる張り」の見分け方などについてお伝えします。


仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして一息ついたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に一日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

渋谷区というと有名なスクランブル交差点がある渋谷駅周辺をはじめ、恵比寿、原宿、代官山など賑やかな街のイメージ。子育て世代が住むには向かないと思う方もいるかもしれません。ですが実際は、繁華街から少し離れた先に閑静な住宅街が広がり、働くママにとって子育てがしやすい街として人気があります。渋谷区の人気の秘密を調査しました。