ママのための悩み解決サイト
【専門家監修】オクラを使った離乳食レシピ!いつからOK?調理方法は?

【専門家監修】オクラを使った離乳食レシピ!いつからOK?調理方法は?

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「オクラ」です。オクラの産毛はどうする? 種は取った方がいい? など、下処理や調理のコツを教えていただきます。赤ちゃんが喜ぶ「オクラレシピ」も必見ですよ。


この記事の執筆・監修管理栄養士
川口由美子(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

栄養豊富!オクラを使った離乳食

おくら オクラ
オクラは、小分けになっているので、使い勝手のよい野菜のひとつかもしれませんね。 旬の夏に食べると、値段も安く、栄養も豊富なのでオススメの夏野菜です。 赤ちゃんはオクラが好きな子も多いのですが、理由は独特のネバネバ。大人でもこのネバネバによって食べやすくなったりしますので、食欲のないときに是非オクラを加えて栄養補給してみてくださいね。

<初期・中期・後期・完了期>オクラ、離乳食期ごとの目安

・離乳初期(5~6ヶ月)
ペーストになりにくい食材のため、頑張ってこの時期に試さなくてもOK。

・離乳中期(7~8ヶ月)
産毛と種をとって柔らかくなるまで茹でてみじん切りに。

・離乳後期(9~11ヶ月)
できれば産毛と種をとって柔らかくなるまで茹でてみじん切りに。思っているよりも噛み切りにくい食材のため、大きくすると噛めないこともあります。

・離乳完了期(12~18ヶ月)
茹でてからあげましょう。種をとらなくても大丈夫です。

赤ちゃんにも、ご家族にも食べてもらいたいオクラ。
でも下処理がめんどくさいなと思っていませんか?

今回は 手軽にオクラを楽しめる3つのポイントをお伝えしますね!

ポイント1:【下処理】産毛はそのままゴシゴシ!

オクラの表面には、うっすらと産毛がはえています。これをとっておいたほうが仕上がりがなめらかでおいしくなります。

一般的には、オクラの産毛をとりのぞくために、塩をふってからまな板の上で板ずりをしたりします。

でも、この板ずりがちょっと面倒だったり、なるべく塩分の摂取を避けたい離乳期にはちょっとこの塩分すら気になることもありますよね。

そんな時は…「産毛はそのままゴシゴシ!」でOKですよ。

オクラは、このようにネットに入っていることが多いですよね。このネットがちょうど産毛をとるのに最適です。塩をふらなくてもこのままネットごとゴシゴシとすり合わせるだけでオクラの下処理は完了です。

<超簡単!オクラ下処理>

1.上部についている紙をとる
2.ネットのまま両手で挟み、手を洗うようにすりあわせる
3.流水で洗い流す

ポイント2:【調理】種はスプーンでこそぎとって茹でるだけ

赤ちゃんにとって、ちょっと苦手なのがオクラの種。そのままあげてもいいのですが、くちの中で残ってしまいがちなので、最初から取り除いておくといいですね。

そんなときには、茹でる前に半分に割って、スプーンをさっととりのぞいてどんどん茹でましょう!

一般的にオクラは、切ってから茹でると、水っぽくなって良くないといわれていますが、離乳食に使う場合には、逆に食べやすくなるので、切ってから茹でてもOKですよ!

<超簡単!オクラの調理>

1.オクラを縦半分に切る
2.スプーンを横にすべらせて種をとる
3.熱湯で茹でてから刻む

*電子レンジで茹でる場合は、耐熱容器にならべて軽くラップをして600Wで約2分加熱しましょう

ポイント3:【食べるとき】口の周りにワセリンを

オクラはネバネバがあるので、口の周りについてふきとりにくいこともあります。

赤ちゃんの口の周りが赤くなる原因の1つはアレルギーもありますが、食べ物がついてそれが皮膚炎の原因になることがあります。いわゆる「かぶれ」ですね。

ネバネバのあるものや刺激のあるものを食べるときは事前に口の周りにワセリンを塗っておくと、皮膚に直接つくことを防ぎ、またふき取りやすくもなります。

どうですか?ちょっとポイントさえ抑えれば、離乳食にも簡単にオクラをとりいれられそうですよね。茹でたオクラはごはんにかけると、赤ちゃんもパパママも食欲倍増ですよ!

<川口先生おすすめレシピ>家族でおいしいネバネバごはん(中期~完了期)

材料

・茹でオクラ   1袋*
・ひきわり納豆  1パック
・かつおぶし   少々*
・お好みのごはん(またはおかゆ) 適量

※オクラは上記のやり方で種をとってから茹でて細かく刻んでおきます
※かつおぶしは細かいタイプを選びましょう

作り方

① 茹でたオクラとひきわり納豆、かつおぶしをボウルなどにあけてよく混ぜ合わせる(納豆に付属しているタレなどは使いません)

② 赤ちゃん用に少量とりわけて、しょうゆを1滴程度加えてよく混ぜる

③ 大人用のものは、納豆のタレ(もしくはしょうゆ)を加えてよく混ぜる

暑いときでも、ごはんがすすむようなものを覚えておくと便利ですよね。そうめんにもよくあいますので、是非簡単なレパートリーの1つに加えてみてくださいね。

(文・写真:川口由美子先生)


※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【専門家監修】そうめんを使った離乳食レシピ!塩分は?手づかみ食べも?

【専門家監修】そうめんを使った離乳食レシピ!塩分は?手づかみ食べも?

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「そうめん」です。お米以外の炭水化物として取り入れやすいですよね。塩分は大丈夫? など、離乳食のそうめんについて、川口先生にお聞きします。そうめんなのに手づかみできちゃうレシピも!


【専門家監修】とうもろこしを使った離乳食レシピ!薄皮は?缶詰もOK?

【専門家監修】とうもろこしを使った離乳食レシピ!薄皮は?缶詰もOK?

とうもろこしは、甘みもあって美味しいので、子供も大好きな味ですよね。子供が好きなら、離乳食にも使えそう、と思いますがちょっと待って! とうもろこしは消化が大変な食べ物の1つってご存知ですか? 今回は、離乳食でのとうもろこしの扱い方や調理法、オススメレシピを離乳食のスペシャリスト管理栄養士の川口先生に教えてもらいます!


【医師監修】離乳食に卵、いつから、どうやって?アレルギーの心配は?

【医師監修】離乳食に卵、いつから、どうやって?アレルギーの心配は?

卵はアレルギーを引き起こす可能性がある食材として知られています。離乳食を始めるにあたり、卵をどう取り入れたら良いのか、迷うママも多いのではないでしょうか。今回は離乳期での卵の使い方や注意点などについてまとめました。


【医師監修】離乳食に牛乳、いつから、どうやって与えればいい?

【医師監修】離乳食に牛乳、いつから、どうやって与えればいい?

赤ちゃんが生後5~6ヶ月ごろから始めることが多い離乳食。いろいろな食材がある中で、牛乳はいつから、どのように与えれば良いのかご存じでしょうか。意外と知られていない、離乳食に牛乳を使うときのポイントや注意点についてまとめました。


9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

ベビーブランド「マーナベビー(MARNA baby)」より、「ザクザク切れる 離乳食カッター」が、8月下旬より新発売されます。


最新の投稿


寒くなる前に! 年末までにやっておきたい換気扇のお掃除方法

寒くなる前に! 年末までにやっておきたい換気扇のお掃除方法

年末の大掃除対策、もう始めていますか? ついつい後回しになりがちな換気扇掃除。けれど、後回しにすればするほど、実は大変になってしまうのです! 今回は、換気扇掃除にベストなタイミングと、お掃除方法についてご紹介したいと思います。


妊活から妊娠、産後まで。“必要なものを選べる特化型サプリメント”が誕生

妊活から妊娠、産後まで。“必要なものを選べる特化型サプリメント”が誕生

妊活・妊娠・産後、それぞれのステージに合わせたサプリメント「BITEKI NOUVEAU」が発売されます。


【助産師解説】産褥期ってなに?産後の肥立ち?産褥期のママの心身と過ごし方

【助産師解説】産褥期ってなに?産後の肥立ち?産褥期のママの心身と過ごし方

産後の女性にとって大変重要な時期である「産褥期」(さんじょくき)。ママの心身に様々な変化が生じますが、この時期の過ごし方には注意が必要です。今回は「産後の肥立ち(ひだち)」という言葉の意味も含め、産褥期について詳しくご紹介します。


【医師監修】高齢出産による4つのリスクとは 何歳からが高齢妊娠?

【医師監修】高齢出産による4つのリスクとは 何歳からが高齢妊娠?

35歳を超え、40歳近くで出産する人も珍しくない今日。一方、35歳を超えてのいわゆる「高齢出産」では若いときに比べて、いくつかのリスクが伴うことをご存知でしょうか。知っておきたい高齢出産の具体的なリスク、そして無事に出産するまでに自分でできる対策についてまとめました。


【医師監修】妊娠中はくしゃみが出る⁉腹痛・尿もれ、赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊娠中はくしゃみが出る⁉腹痛・尿もれ、赤ちゃんへの影響は?

ふいに襲うくしゃみの大きさに自分でびっくりしてしまうことがあります。鼻粘膜の刺激などによって起こるくしゃみは、筋肉を使う反射的な激しい運動になるので、妊婦さんにとってもお腹の赤ちゃんへの影響は心配になるでしょう。そもそも妊娠するとくしゃみは増えるのでしょうか。専門医に取材しました。