【医師監修】赤ちゃんのあせも、気になる症状と対策は?

【医師監修】赤ちゃんのあせも、気になる症状と対策は?

赤ちゃんは代謝がよく汗っかきで、大人よりもあせもができやすいものです。夏はもちろん、それ以外の季節でも高温多湿な状態であれば要注意。かわいい赤ちゃんが快適に過ごせるよう、気をつけたいポイントを紹介します。


「あせも」とは

Getty logo

あせものおもな原因・症状

あせもの原因となるのは、皮膚にたまった汗です。汗は皮膚にある汗腺から分泌されますが、汗をかき過ぎるなどすると、たまった汗やほこり、汚れによって、汗の出口である汗腺が詰まることがあります。すると汗が皮膚の中にとどまり、炎症を引き起こして、赤くブツブツした発疹やかゆみを生じます。これがいわゆる、あせもです。正式には「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」といいます。

紅色汗腺はかゆみがあるため、かきむしってしまうこともしばしばあり、そこから細菌に感染すると「汗腺膿瘍(かんせんのうよう)」という腫れ物ができて痛みを生じたり、とびひになったりすることもあり、注意が必要です。

あせもにはこのほか、皮膚の表面近くにうっすらとした白い小さな水疱ができる「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」もあります。これは皮膚の中にたまった汗が水疱となったもので、かゆみや痛みは基本的になく、涼しく清潔にしていればすぐになくなります。

高温多湿の環境でよくできる

あせもは、さきほど紹介したように汗が皮膚の中に留まることできるので、汗が蒸発しにくい高温多湿の環境で、できやすい傾向にあります。 また、胴体や脇、太もものように皮膚同士が接触しやすい部位にできやすいのですが、子どもの場合、頭や首、額、鼻の頭などにも生じます。

暑い季節はもちろん、寒い時期でも着込み過ぎるなどしていれば発生することもあります。
乳児期は発汗機能が十分に発達していませんが、代謝が活発で、大人の2倍以上の汗をかくともいわれています[*1]。このため、汗を十分に排出することができず、大人よりもあせもが発生しやすいのです。 夏以外でも着がえの際などに注意深く、見てあげましょう。

あせもと間違いやすい皮膚の病気

中には、あせもだと思っていたら、じつは別な皮膚の病気だったということもあります。治療法が異なる場合もあるため、自己判断で治そうとせず、皮膚科か小児科を受診しましょう。
あせもと間違いやすい赤ちゃんの皮膚の病気には、下記のようなものがあります。

乳児脂漏性湿疹

頭皮や顔、首、脇、肘、膝の内側などに、赤い湿疹とともにカサカサしたうす黄色のかさぶたのようなものができます。耳の後ろや髪の生え際にできることもあります。生まれてまもなく~生後2ヶ月くらいまでの赤ちゃんは皮脂の分泌が非常に活発で、このことが脂漏性湿疹を発症する一因となっています。

入浴時、石けんなどで余計な皮脂を取り除き、入浴後に保湿をきちんと行いましょう。成長とともに皮脂の分泌が落ち着き、症状が改善していくことが多いです。

おむつかぶれ

ぬれたおむつに長時間、皮膚が触れることなどをきっかけにして発症します。 はじめは赤ちゃんの外陰部やおしりの一部がまだらに赤くなるだけですが、ひどくなると湿疹が出たり、全体的に真っ赤になり、皮がむけたりしてくることも。

対処法は、おむつ替えの際、ぬらした布やおしりふきなどでうんちを拭き取ったら、ぬるま湯でおしりをやさしく洗い、水分をよく拭き取って乾燥させてから、新しいおむつを当てること。また、おむつはできるだけこまめに交換しましょう。な お、せっけんを使ってもよいですが、あまり使いすぎても皮膚に良くないため、1日1回程度にとどめましょう。

症状がひどいときは、抗炎症薬の軟膏(なんこう)などを塗ると症状が緩和しますが、カンジダなどの真菌感染を起こしている場合、かえって症状が悪くなることもあるので、自己判断はせず、かかりつけ医に相談するようにしましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみや湿疹を伴う慢性的な皮膚炎(湿疹)です。皮膚の乾燥やバリア機能の異常に、さまざまな刺激やアレルギー反応が加わって発症すると考えられています。

赤ちゃんや小さな子どもに多いですが、成長とともに良くなる傾向があります 。炎症を繰り返すため、皮膚が乾燥してカサカサになることも。

現時点では病気そのものを完全に治す薬はなく、気になる症状を緩和させる対症療法を行うのが治療の原則です。

突発性発疹

39度程度の高熱が3~4日間ほど続いた後、熱が下がるとともに赤く細かい発疹が全身に現われる病気。生後6ヶ月~2歳までの間に発症することが多いです[*2]。ヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6B)への初感染が原因で発症しますが、7番目のヒトヘルペスウイルス(HHV-7)によっても引き起こされることがあり、複数回発症する子もいます。

【医師監修】子供のヘルペスウイルス感染症って、どんな病気?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1688

ヘルペスは口内炎など、体のさまざまな箇所に水ぶくれのできる病気です。実は水疱瘡もヘルペスの仲間ということは知っていましたか? ここでは、子供や赤ちゃんがかかるヘルペスウイルス感染症について紹介します。

突発性発疹による発疹は痛みやかゆみがなく、数日で自然に消えるため、とくに治療の必要はありません。

しかし、ごくまれに重い合併症を引き起こすことがあり、 熱が続いてつらそうな様子などがある場合は、症状に応じた治療を行います。

赤ちゃんにもOKなあせも対策

Getty logo

あせもの予防

あせもの発症を防ぐには、皮膚を涼しく乾燥した状態に保つことが大切です。したがって、できればエアコンで適度に室温を調節した快適な環境で過ごしましょう。あせもができる前は、ボディパウダーや制汗剤でべたつきを防いでも良いでしょう。

また、汗をかいたらそのままにせず、きちんとケアをしましょう。シャワーを浴びて汗を流す(全身が無理なら手足だけでも)、タオルで汗を拭く、清潔な服に着替えるなどして、皮膚に汗や汚れが残らないようにすることで、あせもの発生はある程度抑えられます。

できてしまった「あせも」には

あせもができて、かゆがっているときは小児科や皮膚科を受診して、かゆみを抑える薬を処方してもらいましょう。 しかし、かゆみを抑える薬には、あせもを根本的に治療する効果はありません。「あせもの予防」で紹介したように、汗をかき過ぎないように環境を整えるほか、かいた汗を適切にケアすることで、徐々に症状は改善していきます。

なお、ベビーパウダー(ボディパウダー)は、あせもができた後の使用は控えましょう。できてしまったあせもに塗るとかえって炎症を引き起こすことがあります。

まとめ

汗をかきやすい赤ちゃんは暑い季節だけでなく、着込んでいれば寒い時期にも、あせもができることがあります。皮膚を清潔で乾燥した状態に保つようにしましょう かゆいあせもはできるだけ防いで、赤ちゃんが快適に過ごせるよう、注意してあげたいですね。

この記事の監修ドクター
梁 尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

(文:山本尚恵/監修:梁尚弘先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]五十嵐隆/馬場直子: 小児科臨床ピクシス17 年代別子どもの皮膚疾患, 76p, 中山書店, 2010. [*2]小児科学レクチャー Vol.1 no.2 よくみる子どもの感染症Q&A 2011 P335、336、340

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。もっとおばけの成長を描いた絵本「のほほんべー」の魅力をご紹介します。


【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。おちゃめなサンタさんとトナカイのやり取りが楽しい絵本「ぎっくりごしのサンタクロース」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

妊娠すると、数週間に一度、妊婦健診を受ける必要があります。特に初めての妊娠は、ひとりで受診することを不安に感じ、旦那さんに付き添ってもらう人も少なくないようです。では実際、どれくらいの人が旦那さんと一緒に妊婦健診に行ったのでしょうか? 「行く」派と「行かない」派のエピソードも合わせてご紹介します。


離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

葉物野菜の定番、ほうれん草は離乳初期から取り入れられる食材です。今回は離乳食でも下処理のコツ(レンジ加熱OK? 塩茹でする?)などを解説します。初期・中期・後期、それぞれの時期の赤ちゃん喜ぶ離乳食レシピもお試しください。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。