固定観念を捨てる! 手放して「ラク」が手に入る5つの家事習慣

固定観念を捨てる! 手放して「ラク」が手に入る5つの家事習慣

毎日何気なくルーティーンで行っている家事習慣。一度それらを見直して、手放せるものを手放してみたら、生活がグンと楽になった筆者の事例を紹介します! 毎日行っていることだからこそ、いま一度振り返ってみてください。


こんにちは、ライフオーガナイザー®︎ の門傳(もんでん)奈々です。

生活の中にある、さまざまな家事習慣。今回はそれらの習慣を見直し、自分のやりやすい方法に変更することで「ラク」を手に入れた筆者の事例を、ビフォーアフターで紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

【やめた習慣①】朝に行う洗濯

【Before】朝洗濯で減ってしまった「時間の余裕」

Lazy dummy

「洗濯は朝にするもの」という固定観念で、今まで朝に洗濯をしていましたが、洗濯物を干すタイミングと子どもの登園準備の時間が重なり、余裕のない朝時間を過ごしていました。そんな状態が続くと、親子でイライラが募ります……。

「これではいけない」と思い、洗濯の時間を【朝から夜へ】変更してみました。

【After】洗濯時間を夜に変更してよかったこと

子どもたちがお風呂に入った後、一日の中で洗濯物が一番多い時間に洗濯機を回します。干すのは、子どもたちがお風呂上がりにゆっくりしている時間か、子どもたちが寝た後です。落ち着いて洗濯物を干せますし、何より朝時間に余裕ができてイライラが減ったことがうれしい!

【やめた習慣②】バスタオルを使うこと

Lazy dummy

【Before】実は不満の温床!? バスタオルの洗濯・収納

子どもの頃からの習慣もあり、「お風呂上がりに体を拭くのはバスタオル」と思っていました。しかし、バスタオルは洗濯して乾くのに時間がかかりますし、収納にもスペースが必要……。

こうしたプチストレスが積もり積もった冬のある日、「乾いたバスタオルがない」という状況になってしまいました。

【After】フェイスタオルで充分に体は拭ける

フェイスタオル 無印良品

バスタオルに比べコンパクトなフェイスタオル

乾いたバスタオルがない状況になり、フェイスタオルで体を拭くことにしました。フェイスタオル1枚で子どもの体はもちろんのこと、大人の体も充分に拭けました。

それからは、バスタオルの代わりにフェイスタオルを使用するようになりました。サイズも小さいので、収納スペースもそれほど必要としません。何より、洗濯が劇的に楽です! 1人1枚を毎日使ってもすぐに乾くので、タオルを毎日交換できて衛生的なのもポイントです。

【やめた習慣③】肉、魚を切るときに使うまな板

【Before】まな板の洗浄・漂白がプチストレス

調理の際に必ず使うまな板。以前は、肉や魚と野菜を1枚のまな板で切っていたため、肉や魚を切るたびにまな板を洗っていました。

また、夏場は衛生面を気にしてまな板を漂白する頻度も増えます。家事の手間が増えると、自ずとストレスも溜まりますよね……。

【After】牛乳パックなどをまな板がわりに!

牛乳パック活用法

肉や魚の処理は牛乳パックの上で

まな板を使わずに済む方法がないかと考えていたときに、目についたのが「牛乳パック」です。

野菜を切るときはまな板を使い、肉や魚を切るときには牛乳パックを使うようにしました。牛乳パックの在庫がない場合は、肉や魚が乗っていたトレーの上で切ることにしました。使用したらすぐに捨てられるので、まな板の衛生管理に気を配ることが少なくなって楽に。

【やめた習慣④】家事を抱え込むのをやめた!

【Before】キャパを超えた家事量に限界……。

母親が専業主婦であったこともあり、「家事をやるのは母親」という固定観念にとらわれていました。

子どもの数が増え、自分一人で家事をこなすのが難しくなり、イライラが増えました。家族に助けを求めることもできず、悶々としていた時に夫に相談すると意外な答えが。

「なんでイライラしているのか分からなかった。【困っている】と言ってくれなきゃ分からない」
という答えが返ってきたんです。

【After】家族に家事シェアをして負担を軽く!

家事シェア 子どもの手伝い

子どもたちにも手伝ってもらいます

夫と家事の困りごとを共有し、家族にどの家事を手伝ってもらうかなどを相談しました。

家族に家事をお願いする際に気をつけていることは
・どの家事をどのようにやってほしいかを具体的にお願いする
・難しい家事は頼まない
・家事の細かいミスには目をつむる
・どのくらいの量の手伝いなら気持ちよく手伝えるか
ということに気をつけながら頼んでいます。

家事シェア ラベルの工夫

家族にも伝わるラベリングを意識しています

【やめた習慣⑤】トイレ、お風呂、キッチンでの洗剤の使い分け

【Before】洗剤の種類の多さにうんざり

トイレ、風呂、キッチンなど、家の中で掃除するべき場所はたくさん! 今まではそれらの場所ごとに洗剤を使い分けていました。そうすると、洗剤の種類が多いうえ、なくなるタイミングも違うので、何度も買い物に行くことになります。

そんな習慣に疑問を感じたのと同時にナチュラルクリーニングが流行りだしたので、重曹、セスキ、クエン酸やメラミンスポンジを掃除に使用することにしました。

【After】重曹、セスキ、クエン酸で家中の汚れが落とせる!

ダイソー 重曹 セスキ クエン酸

重曹、セスキ、クエン酸は、100均で購入できます!

重曹、セスキ、クエン酸を使っていくうちに、油汚れには重曹やセスキ、トイレのアルカリ汚れや水垢にはクエン酸が効果的であることがわかりました。これら3種類を効率よく使うことで、家中の汚れを落とせます。

たくさんの洗剤を買わずに重曹、セスキ、クエン酸の3つを買えばいいだけなので、買い物の手間が激減! 買い物に追われることが少なくなり、生活にゆとりができたように感じます。

ナチュラルクリーニング ラベル工夫

効用や割合など必要な情報をラベルにし、ボトルにペタッ。このひと手間がナチュラルクリーニングを長続きさせてくれます!

まとめ

育ってきた環境などで植え付けられる生活の家事習慣。それらを手放すのは、少し勇気がいることかもしれません。

しかし、自分の生活を楽にしてくれる道具や習慣は身近なところにあります。ネット情報、周りの友人の実践する習慣などをうまく自分の生活に取り入れつつ、自分だけの「私の習慣」を作ってみてはいかがでしょうか。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®︎1級、メンタルオーガナイザー®︎、整理収納アドバイザー1級

東京都在住。夫、長男(12歳)、長女(8歳)、次女(5歳)の5人家族。

ライフオーガナイザー®︎として個人宅のお片づけサポートやお片づけ講座、
お片づけお悩みシェア会などを行っています。

オンラインツールzoomやSkype、LINEを使用した【オンライン片づけ相談】、
【オンライン片づけレッスン】も随時開催しております。

また、「利き脳」に合わせた収納術が学べる【利き脳片付け®︎収納術講座】
も好評開催中です!

「ママが1日30分の自分時間を持てるお片づけ」をモットーとし、
ママが楽になる家事動線作りなどが得意です。

自身も結婚後、度重なる引っ越しや妊娠、出産を経て片づけられない状態に陥る。「片づけ」を学び、片づけられない状態を数年がかりで脱した過去の経験から、お片づけに悩むお客様の気持ちに寄り添った仕事を心がけています。

ブログ:https://ameblo.jp/yurumama-ideas/
WEBサイト:https://yurumama-ideas.amebaownd.com
linktree:https://linktr.ee/infototonou

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

新型コロナウイルスの流行で感染症対策が気になる昨今ですが、その一方で「赤ちゃんはマスクをしない方が良い」と言われています。赤ちゃんがマスクをするとどんな危険があるのか、またマスクを使う時の注意点などについても解説します。


【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

妊娠すると、いつ赤ちゃんに会えるのか楽しみになり、生まれてくる時期が気になるものです。妊娠期間はどのくらいの長さなのでしょうか。出産予定日の算出方法や妊娠期間ごとの様子や注意点などを解説します。


【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

子供の身長は何歳でどのくらいになるのか、お子さんの身長はこれからどのように伸びていくのか、把握しておきたい親御さんもいるでしょう。ここでは1歳から6歳の平均身長と、子供の身長の伸び方について説明します。


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

DIYビギナーにおすすめしたいのが、100円ショップ・セリアのペンキ! 100円とは思えないクオリティで、しかもナチュラルカラーがかわいいと話題なんです。そこで、セリアで売っているペンキを使って、おしゃれな棚を作ってみました。セリアのペンキの種類や、塗ったときにどんな色になるかも紹介しているので、ぜひチェックしてみて。