【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメ⁉赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメ⁉赤ちゃんへの影響は?

蜂蜜はそのままでも、紅茶などの飲み物に入れても、料理に使っても、まろやかな甘みを醸し出してくれます。しかも栄養あふれる自然食品。でも、赤ちゃんにあげてはダメという話も聞きます。妊娠中も注意したほうが良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。


赤ちゃんに蜂蜜は×。でも妊婦は食べられる?

Getty logo

1歳未満の赤ちゃんに蜂蜜をあげてはいけない理由

蜂蜜は古くから食用または薬用に使われていて、現在でも“健康的な食品”のイメージをもつ人が多いのではないでしょうか。実際に蜂蜜にはエネルギーを素早く摂取できるなどの特徴があります。

反面、注意すべきことも。特に赤ちゃんにあげてはいけません。ご存知の方が多いと思いますが、「1歳未満の赤ちゃんには蜂蜜禁止」です。それは、蜂蜜が原因で、乳児ボツリヌス症という病気を起きすことがあるからです。

乳児ボツリヌス症とは?

蜂蜜には、ごくわずかながら、土の中などに生息するボツリヌス菌という細菌が含まれている可能性があり、それが赤ちゃんの体内に入って繁殖し毒素を出すと、「乳児ボツリヌス症」という病気を引き起こします。

症状は?

乳児ボツリヌス症の主な症状は、便秘、ほ乳力の低下(おっぱいを吸う力が弱くなる)、元気がない、泣き声の変化、首のすわりが悪くなるなどです。早めに診断できればほとんどの場合、適切な治療によって治癒しますが、診断が遅れた場合などで、まれには亡くなってしまうこともあります。

ボツリヌス菌は加熱しても死なない

「細菌が原因の病気」と聞くと、「それなら、蜂蜜に熱を加えてから赤ちゃんにあげれば大丈夫?」と思うかもしれません。しかしボツリヌス菌は熱に強いので、温めても死滅しません。

それでは、妊婦さんも蜂蜜NG?

それではなぜ「蜂蜜禁止」とされるのが1歳未満の赤ちゃんだけなのでしょうか。妊婦は食べてもよいのでしょうか?

なぜ「1歳未満」が蜂蜜NGなのか

実は、ボツリヌス菌は大人の腸に入っても、腸の中にいる他の細菌との競合に負けてしまい、繁殖できません。ですから通常は蜂蜜を食べても何も問題は起きないのです。

ところが1歳未満の赤ちゃんは、まだ腸内環境が未成熟で、ボツリヌス菌と競合する菌があまりいないことがあります。そのため、ボツリヌス菌が腸の中で繁殖してしまうことがあるというわけです。
これが「1歳未満は蜂蜜NG」とされる理由です。

妊婦さんは蜂蜜を食べて大丈夫!

上記の理由からおわかりのように、妊婦さんはもちろん腸内環境が十分に整っている成人ですから、蜂蜜を食べても問題ありません。

蜂蜜は大丈夫。でも注意が必要な食べ物もある

Getty logo

ここまでで、蜂蜜は妊婦さんが食べても大丈夫なことはわかりました。しかし、妊娠中に注意が必要な食べ物もあります。そこで、食べ物が原因で妊婦さんに起こりやすい病気について触れておきます。

感染症予防のために注意すべき食べ物

妊娠中は免疫の働きが低下している

まず知っておいていただきたいことは、妊娠中はさまざまな感染症にかかりやすく、感染した場合は重症化しやすいという事実です。これは、母親とは別の生命である赤ちゃんを異物と認識して排除しないようにするため、妊婦さんは免疫の働きが抑制されているためです。

妊婦さんに起こりやすいまたは注意したほうが良い、食べ物が原因の感染症として、リステリア感染症とトキソプラズマ感染症があります。

リステリア感染症とは

リステリア感染症とは、リステリア菌により起こる人畜共通感染症(同じ病原体によりヒトと脊椎動物に起こる染症)です。妊婦でない一般の人が感染した場合は、何も症状がないか、あっても軽いかぜの症状程度で済みます。

ところが妊婦さんに感染すると重症化しやすく、発熱や頭痛、嘔吐などの症状が現れ、かつ、流産や早産、新生児敗血症、髄膜炎、胎児・新生児死亡のリスクとなります。

人畜共通感染症のため、感染経路として、かつてはペットや家畜などからの感染が多いのではないかと疑われていました。しかし現在では食品を介しての感染が重要視されています。
食品中のリステリア菌は、冷蔵庫の中や塩蔵(塩漬け)でも繁殖します。ただし、加熱すれば死滅します。

なお、妊娠中に感染した場合は、速やかに治療することによって胎児や新生児への感染を防ぎます。治療には抗生物質を用います。

トキソプラズマ感染症とは

猫の糞や加熱が不十分な肉によりトキソプラズマという原虫が感染して起こる病気です。感染しても通常は無症状のことが多いものの、発熱や倦怠感、リンパ節の腫れなど、非特異的な症状(いろいろな病気で現れることが多い症状)が一時的にみられることがあります。

トキソプラズマ感染症で問題となるのは、女性が妊娠中に初めて感染した場合、赤ちゃんへの影響が現れる可能性があるからです。具体的には、流産や死産のほか、赤ちゃんの脳や目に障害をきたす「先天性トキソプラズマ症」を引き起こすリスクがあります。治療には抗生物質が使われます。

なお、妊娠初期の感染は胎児に感染する確率は低いものの感染した場合は重症化し、妊娠後期の感染は胎児に感染しやすいものの軽症にとどまることが多いことが知られています。

妊娠中は生ものや非加熱食品を避ける。猫や土いじりも控えて

リステリア感染症もトキソプラズマ感染症も、主に食べ物を介した経口感染です。ということは、口に入る物に注意を払えば、感染する確率を下げることができるということです。
そのための妊娠中の具体的な対策をお示ししましょう。

一つは冷蔵庫を過信しないこと。冷蔵庫に入れていた食品も期限内に食べる、開封後は期限にかかわらず早めに食べきることです。また、調理では食品の中心まで火が通るように十分加熱しましょう。リステリア菌、トキソプラズマをはじめ、一般的に食中毒を起こす微生物は加熱により死滅することが多いです(ボツリヌス菌を除く)。加熱に電子レンジを使うときは、加熱ムラがよく起こるので、全体が均一に加熱されるように向きを変えて加熱し直すなどの工夫をしましょう。

そして、生ハムやナチュラルチーズ、スモークサーモンなどは、妊娠中は控えたほうがよいでしょう。また、まな板や食器は常に清潔な状態で使えるよう気を付けましょう。

食べ物ではありませんが、トキソプラズマが手に付いた状態でうっかり口にしてしまう可能性があるため、妊娠中は猫との接触、とくに猫トイレの掃除や、ガーデニングなどの土いじりは控えましょう。

妊娠中、食べ過ぎに注意すべきもの

続いて、食べたからといってすぐに悪い影響が現れるわけではないものの、妊娠中は食べ過ぎに注意が必要なものに触れておきます。

魚は健康的な生活に不可欠だけど…

「魚は健康的な食べ物」とよく言われます。確かに動脈硬化の予防に良い栄養素を多く含む食べ物です。しかし魚は自然界に存在する水銀を体内に蓄積していることがあり、その魚を食べることで水銀が妊婦さんから胎児に移動し、影響を及ぼす可能性が指摘されています。例えば、うまれた赤ちゃんに音を聞かせた時に、その反応がごくわずか遅れる可能性があると言われています。

魚に蓄積している水銀の量は食物連鎖の影響を受けるので、魚の種類によって異なります。よって食べる魚の種類にも注意が必要です、ただ、実際に妊婦が摂取している水銀の量は平均すると安全基準の6割程度ですので、基本的には過剰に心配する必要はありません[*1]。
厚生労働省では、マグロやキンメダイなどの魚から妊娠中に水銀を摂取し過ぎないための目安を公表しているので、確認しておくと良いでしょう[*2]。

厚生労働省/これからママになるあなたへ お魚について知っておいてほしいこと
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/100601-1.pdf

なお、妊娠していることに気づかず魚をたくさん食べてしまったと不安がる妊婦さんもいらっしゃいますが、あまり心配いりません。その理由は、からだに入った水銀の量は2ヶ月で半分になることと、妊婦さんの体内の水銀は、妊娠中期に完成する胎盤を経由して胎児に伝わるため、妊娠したことに気づいていない妊娠初期に魚を食べ過ぎていたからといっても、その影響が赤ちゃんに及ぶ可能性は少ないからです。

サプリメントでビタミンAを摂るのは控える

ビタミンAは赤ちゃんの皮膚や粘膜の形成に必要な栄養素です。しかし過剰に摂取すると水頭症(脳脊髄液が過剰に溜まり脳が圧迫される病気)や口蓋裂(上あごが左右に割けた状態)といった先天異常を増やす可能性が指摘されています。通常の食事をふつうに食べている限り、このような異常が発生するほどのビタミンAを摂取するとは、あまり考えられません。ただし、過剰摂取につながりやすいため、サプリメントでビタミンAを補給することは控えた方がよいでしょう。また、ビタミンA含有量が極端に多い食品、例えばレバーやウナギなどを毎日立て続け食べることはやめましょう。

なお、ビタミンAは欠乏しても先天異常を引き起こすとされていますが、日本人の平均的な食生活では欠乏する可能性は低いと考えられています。

まとめ

甘くておいしい蜂蜜。赤ちゃんにあげるのはNGでも、妊婦さんが食べるのは問題ないとおわかりいただけたかと思います。ただ、蜂蜜のほかに、妊娠中には注意した方が良い食品があることも解説しました。過度に思い詰めるとストレスになりますが、十分に火を通すなど、ポイントを押さえれば楽しめる場合もあります。健やかな赤ちゃんの成長のため、少し気を配りつつ、できるだけ楽しく妊娠期間を過ごせるよう工夫してみましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

(文:久保秀実/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]厚生労働省/薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会 乳肉水産食品部会/妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/index-a.pdf
[*2]厚生労働省/これからママになるあなたへ お魚について知っておいておいてほしいこと
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/100601-1.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【ママ調査】妊娠後、夫婦で家事分担などの話し合いはした? #プレママ1年生

【ママ調査】妊娠後、夫婦で家事分担などの話し合いはした? #プレママ1年生

妊娠前に何気なくしていた家事も、妊娠後には体調が悪くなってできなくなってしまうケースがあります。そんなときこそ、旦那さんの出番。先輩ママたちは、妊娠後の家事分担について夫婦で話し合いはしたのでしょうか? その内容も含め、先輩ママたちに聞いてみました。


【妊娠2ヶ月】妊娠がわかったらすることって?職場の報告や使える制度・お金 #ワーママへの道

【妊娠2ヶ月】妊娠がわかったらすることって?職場の報告や使える制度・お金 #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。


妊婦の約3人に1人がマタニティマークをつけるのが不安!? 『妊婦フレンズwithパパ』調査

妊婦の約3人に1人がマタニティマークをつけるのが不安!? 『妊婦フレンズwithパパ』調査

ピジョンが運営する『妊婦フレンズwithパパ』は、このほど「マタニティマークに関する調査」を実施しました。それによると、マタニティマークをつける理由について、妊婦さんと一般の方との間に認識のズレがあることがわかりました。


【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

妊娠前後で、ママたちの変化はあったのでしょうか?気持ちや身体にどんな変化があったのか、先輩ママたちに聞いてみました。


想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

ドラマで見たり、人から聞いたりして想像していた妊娠と、いざ自分が妊娠したときには、実際どれほどのギャップがあるのでしょうか? ギャップを感じた内容と合わせて、先輩ママたちに聞いてみました。


最新の投稿


キャベツを使った離乳食レシピ!使う部分は?【管理栄養士監修】

キャベツを使った離乳食レシピ!使う部分は?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「キャベツ」です。どの部分が食べさせやすい?使い切りキャベツはOK? など、離乳食にキャベツを使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「キャベツと豆腐のうま煮」です!


食パンを使った離乳食レシピ!いつからOK?耳の食べ方は?【管理栄養士監修】

食パンを使った離乳食レシピ!いつからOK?耳の食べ方は?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「食パン」です。食パンはいつからOK?パンの耳はどうする? など、離乳食に食パンを使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「ミルクパンがゆ」です!


ヨーグルトを使った離乳食レシピ!いつからOK?加熱の必要は?【管理栄養士監修】

ヨーグルトを使った離乳食レシピ!いつからOK?加熱の必要は?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「ヨーグルト」です。スタートの時期や加熱の必要性など、赤ちゃんにヨーグルトをあげる際の疑問にお教えいただきます。レシピは「きなこミルクヨーグルト」です!


離乳食のだしはいつから?固形・顆粒だしはOK?簡単なだしレシピ!【専門家監修】

離乳食のだしはいつから?固形・顆粒だしはOK?簡単なだしレシピ!【専門家監修】

離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「だし(出汁)」です。離乳食スタート時期にオススメのだしは?固形や顆粒のだしは使える? など、離乳食にだしを使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「かつおと昆布のあわせだし」です!


【専門家取材】「もしかして発達障害?」気になる子どもの症状と、親が子どものためにできること

【専門家取材】「もしかして発達障害?」気になる子どもの症状と、親が子どものためにできること

今回は、「発達障害」について専門家にお話を伺いました。発達障害とはどんなものなのか? 親として子どもにどう接すればいいのか? 子どものためにできることは……? 気になることをやさしく解説します。