【医師監修】妊娠中は鼻血が出やすい? どうやって止める?

【医師監修】妊娠中は鼻血が出やすい? どうやって止める?

妊娠すると「鼻血が出やすい」こともマイナートラブル(妊娠に伴って起こる不快症状)のひとつです。なぜ、鼻血が出やすいのでしょうか? 健康状態と鼻血との関係や、止血法やケアについてまとめます。


この記事の監修ドクター
松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

妊娠中に鼻血が出やすいわけ

Getty logo

「妊娠してから鼻血が出やすい」という訴えは、松峯先生も診察時、時々妊婦さんから聞くと話します。なぜ「鼻血が出やすい」のでしょうか? 妊娠中の鼻血について、まずは原因を知っておきましょう。

ホルモン分泌の変化と鼻血の関係

妊娠中に分泌量が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、体に水分を蓄える作用と末梢の血管を拡張させる作用をもっています。そのため妊娠している間、女性の体をめぐる血液量は増大し、妊娠後期には、妊娠していないときと比べ40~45%増にもなっていて[*1]、大変むくみやすい状態にあります。

一方、鼻血が出る場所は、キ-ゼルバッハ部位という鼻の入り口から1cmほど中にある網の目状に血管が浮き出ているところからです。

妊娠中に出やすくなった鼻血は、「血管の拡張」「血液循環量の増加」「キーゼルバッハ部位のむくみ」が同時に起こっている結果です。つまり、多くの場合は妊娠による生理的な変化が原因ですから、妊娠経過が順調な人で、すぐに血が止まるようであれば、心配することはないでしょう。

同じ理由で歯ぐきからの出血も?

口の中には毛細血管が張り巡らされているので、粘膜がむくみ、傷つくなどすると出血しやすい部分ではあります。

とくに、妊娠中はホルモンの関係で歯ぐきが炎症を起こしやすいとも言われています[*2]。歯ぐきからの出血は、誤った口腔ケアや歯肉炎、歯周病などでもよく起こることです。歯ぐきからの出血がある場合は、妊娠を告げて歯科診療を受けましょう。

鼻血で貧血になる?

妊婦さんに起こる「妊婦貧血」は、妊娠に原因のある「鉄欠乏性貧血」「葉酸欠乏性貧血」「鉄欠乏と葉酸欠乏を合併している貧血」であることがほとんどです[*3]。

主治医は、定期的な血液検査で貧血など血液の状態をチェックしています。定期健診で主治医と十分なコミュニケーションがとれていたら、鼻血による貧血を心配することはないでしょう。

鼻血の止め方

案外知られていない「正しい止め方」

鼻血が出たとき、つい顔を上に向けてしまいがちです。その場合、血が喉に流れ込み、飲み込んでしまうことで、吐き気や嘔吐につながることがあります。

また、ひとむかし前には「ティッシュを鼻の穴につめる」とも教わったかもしれませんが、ティッシュを外すとき、再び粘膜を傷つけることがあるので、現在は「指で圧迫し、冷やして止める」が勧められています。

鼻血はこうやって止める

1. うつむき、ティッシュなどで鼻血を受け止めながら(鼻の穴につめない)、しっかり鼻をつまみましょう。
息苦しかったら、鼻血が出ているほうの鼻の穴をふさぐように小鼻を真横から人さし指で押さえます。

2. このとき、目と目の間を冷やすと止まりやすくなります。小さな保冷剤などをタオルで巻いて、目頭の間に当ててみましょう。

3. そのまま5分程度安静にしていて、手を外したとき、たまっていた血が出るかもしれませんが、その後、ほとんどの場合は止まります。
止まらなかったら、もう5分、指で圧迫しながら様子を見ましょう。それでも止まらない場合は一般的な原因とは異なる可能性もありますので、耳鼻咽喉科を受診してください。 

鼻血を予防するには?

鼻を刺激しない! 注意のポイント

妊娠中、鼻の粘膜は「出血しやすくなっている」を念頭に、鼻の中には触れないように気をつけましょう。鼻をかむときも、やさしく、あまり勢いをつけないようにします。

こんなことも試してみよう!

むくんでいる粘膜は乾燥で傷つき、出血やすくなります。鼻血を繰り返すようなら、不織布製マスクをつけて、保湿しましょう。とくに冬場や、エアコン除湿をしているシーズンの居室・寝室内に加湿器を置いて、適度なうるおいを保ってください。

まとめ

妊娠すると鼻血が出やすくなるのは、多くの場合、生理的な変化で心配のないケースのようです。出てしまったら、正しい止血法で対処し、粘膜の状態がデリケートであることを心にとどめて、保湿ケアを習慣にしてください。

(文・構成:下平貴子/日本医療企画、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本産科婦人科学会雑誌59巻12号「D.産科疾患の診断・治療・管理」
http://fa.kyorin.co.jp/jsog/readPDF.php?file=to63/59/12/KJ00005050139.pdf
[*2] 日本臨床歯周病学会「歯周病と妊娠」
http://www.jacp.net/pdf/leaflet/leaflet_04.pdf
[*3]日本産婦人科・新生児血液学会「妊婦貧血とはどんな病気ですか?」
http://www.jsognh.jp/common/files/qa/1-1-4_201604.pdf
広島県医師会「子どもサポーターズ 耳鼻咽喉科 鼻血が出たとき」
http://www.hiroshima.med.or.jp/kodomo/otolaryngology/012482.html
日本産婦人科医会「妊娠中の飲酒について

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

ビーボは、現在妊娠中の女性を対象に「妊娠初期の悩みや不安」に関する調査を実施しました。


コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビと通販サービス「Cake.jp(ケーキジェーピー)」は、『マタニティさんをお祝いするベビーシャワーケーキ』の販売を開始しています。


クラランス、妊娠中の肌にうるおい&しなやかに整える“ボディクリーム”が登場

クラランス、妊娠中の肌にうるおい&しなやかに整える“ボディクリーム”が登場

クラランスから、妊娠中にダメージを受けやすい肌を、よりやわらかくしなやかに整えるボディ用マッサージクリーム「ボディパートナー」が、4月中旬より発売されています。


【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

妊娠したい場合、排卵のころに合わせてセックスをしたら、その後気になるのが「着床」したかどうか。排卵、受精、着床という流れはよく注目されますが、「着床の後」には何が起こるのでしょうか。ここでは無事、着床したら赤ちゃんはその後どのように育っていくのか、あらましを紹介します。


最新の投稿


【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

授乳というと横抱きのイメージですが、縦抱きでも授乳はできます。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さくて柔らか。首も腰も据わらずふにゃふにゃしているので、抱っこをするのにもドキドキしてしまいますね。そんな月齢が低い赤ちゃんでも縦抱きで授乳しても大丈夫なのか、どんな場合に向いているかなどを解説します。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。