【医師監修】赤ちゃんの鼻くそ、詰まるとどうなる?正しいケア方法は?

【医師監修】赤ちゃんの鼻くそ、詰まるとどうなる?正しいケア方法は?

赤ちゃんの鼻に鼻くそが詰まって、息苦しそうに見える時があります。取ってあげたいけれど、小さな鼻の中をお手入れするのは難しそう…。取ろうとして傷つけてしまうかもしれないし、そもそも赤ちゃんの鼻くそは取ってあげた方がいいのでしょうか? 日常の何気ないことだけれど気になる赤ちゃんの鼻くそについてまとめました。


赤ちゃんはどうして、よく鼻くそが詰まるの?

Getty logo

赤ちゃんはどうして、すぐに鼻くそが詰まってしまうのでしょう。詰まりやすい原因として考えられること、詰まるとどうなるかについてまとめました。

そもそも“鼻くそ”とは?

一般に“鼻くそ”と呼んでいるものは、鼻の内部で分泌される粘液、血管などから出る滲出(しんしゅつ)液の混ざった鼻水が乾燥し、固まったもの。鼻水には気道に入ったウイルスや細菌も混ざっていて、これらを体外へ排出させる役割もあります。

赤ちゃんは鼻くそが詰まりやすい?

小さな赤ちゃんは鼻の穴が小さく、穴の中も狭いので、たまった鼻水を出しにくい構造になっています。仰向けに寝ているときは、余計に鼻水が外へ排出されにくく、その状態で乾燥することで鼻くそが詰まりやすくなります。赤ちゃんは鼻の粘膜が敏感で鼻水が増えやすいため、鼻くその量も多くなりがちと考えられています。

鼻くそが詰まるとどうなる?

赤ちゃんは鼻呼吸をしているため、鼻くそが鼻に詰まっているとフガフガとした様子で呼吸がしづらいように見えます。ただ鼻くそで窒息してしまうようなことはめったにないので、神経質になる必要はありません。鼻くそは泣いた瞬間にポロっと落ちて出てくることもあります。

いつも通り、母乳やミルクを飲んでいるようであれば心配はいりません。

ただ、詰まった鼻くそが原因で、母乳やミルクを飲みづらそうにしていたり、寝つきが悪かったり、夜泣きをしたり、ということも考えられます。次の項で、鼻くそケアの方法について紹介します。

赤ちゃんの鼻くそのケア、どうしたらいい?

Getty logo

赤ちゃんの鼻に鼻くそが詰まって呼吸しづらそうに見えても、どう取ってあげれば良いか分からないママも多いのでは。赤ちゃんの鼻くそはどうケアすれば良いか、見ていきましょう。

鼻くそは取った方がいいの?

鼻くそは自然に出てくることも多いので、義務的にあるいは習慣的に毎日やる必要はありません。無理にお掃除をしようとすると、鼻の中の粘膜が傷つく恐れもあります。あまり神経質にならず、様子を見てみましょう。

お手入れするならお風呂上りがおすすめ

鼻くそが詰まっていて、どうにかしてあげたいと思うときは、お風呂上がりであれば、鼻くそがやわらかくなりお手入れもしやすくなっています。

ベビー綿棒を使うときは、鼻の入り口を軽くぬぐう程度にして、決して奥まで押し込めないよう優しく行いましょう。鼻の中のお掃除がしやすいように、先が丸い赤ちゃん用の「ベビーピンセット」も市販されています。便利ですが、突然、赤ちゃんが動いて鼻の中を傷つけてしまう恐れもあるので、慎重に使いましょう。

また「鼻吸い器」で軽く吸い出すと、鼻くそが外へ出てくることもありますが、呼吸が楽にできているのであれば使う必要はありません。

詰まって苦しそうなときは?

家庭のお手入れでできるのは、鼻の入り口ぐらいまで。奥の方に大きな鼻くそが詰まっていたり、かさぶたになって取りにくかったりするときは耳鼻科に相談しましょう。

乾燥に注意

冬は鼻水が乾燥し、鼻くそになりやすい季節。赤ちゃんの鼻の中がバリバリと、鼻くそでいっぱいになっている、ということもよくあるかもしれません。もともと赤ちゃんは鼻くそが詰まりやすいものですが、冬はいつも以上に乾燥に注意し、加湿器などで適度な湿度を保ちましょう。

まとめ

赤ちゃんの鼻に鼻くそが詰まっていると、呼吸がしづらそうで心配になりますが、いつもと変わらず母乳やミルクを飲めているなら大丈夫。鼻の構造が小さい生後1~2ヶ月ごろは特に鼻が詰まりやすくなっていますが、成長とともに鼻の穴も大きくなり、鼻詰まりに悩むことも減ってきます。マメなお手入れは必要ないので、鼻くそが気になるときだけお風呂上りに鼻の入り口を軽くふくなどしましょう。奥の方に鼻くそがつまって苦しそうなら、耳鼻科を受診してみましょう。

この記事の監修ドクター
梁 尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

(文:剣崎友里恵/監修:梁尚弘先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」妊娠・出産・子育て情報「目、鼻、耳、爪 のお手入れ」(2019-7-23)
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/skincare/part3.html

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


最新の投稿


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。