【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

赤ちゃんへの影響が気になるカフェイン問題。ここでは、授乳中のカフェイン摂取について助産師が解説しています。授乳中もカフェイン摂取は控えた方がいいのか? 摂取量の目安は? など、気になる疑問をチェック!


「授乳中 カフェイン」についてわかること

<疑問1>授乳中ってカフェインをとってもいい?

〜カフェイン摂取によるママと赤ちゃんへの影響〜

Getty logo

授乳中のカフェイン摂取は、母乳を通して赤ちゃんに何かしらの影響をもたらすのでしょうか ?授乳中のカフェイン摂取によるリスクと、注意点についてお伝えします。

授乳中のカフェインについて

授乳中のカフェイン摂取は、海外の各機関で妊娠中と同じく1日200~300mgを超えないよう勧告されています[*1]。

つまり、授乳中のカフェイン摂取は厳禁ではありませんが、妊娠中と同じくらいには摂取量に注意する必要があるということ。やはり赤ちゃんへの影響を考慮し、普段より少なく摂ることが望ましいということでしょう。

授乳中のカフェインにはなぜ注意が必要?

妊娠中は血液からカフェインが消失するまでの時間が通常より遅くなるため、少量でも普段よりその影響が大きくなることが懸念されています。その点、授乳中は妊娠時の体とは違うので、このような問題はありません。

しかし、授乳中にカフェインを摂りすぎると、微量ながらも母乳を通して赤ちゃんが摂取することになり、赤ちゃんへ悪い影響を及ぼす可能性があることが示唆されています[*2]。子供が多くカフェインを摂取すると、不眠や興奮などが増える可能性があります。

妊娠中は食生活に特に気をつけなければならないため、いろいろと我慢していたママも多いでしょう。出産後はやっと解放された!との喜びもあると思いますが、上記の懸念点を考えても、授乳期間は妊娠中同様にカフェインの摂取量に注意し、1日の上限を超えないよう心がけましょう。

授乳中のカフェイン摂取の注意点

カフェインは、適量であれば頭が冴えて眠気も覚ます効果が期待できます。過剰に摂取すると、健康な成人であっても、心拍数の増加やめまい、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などの症状が引き起こされる可能性があることがわかっています。そのため、授乳中いかんにかかわらず、カフェインの過剰摂取には日ごろから注意が必要です。

そのうえで、授乳中は前述のとおり赤ちゃんへの影響も懸念されるので、なるべく少なく摂るよう心がけることが大切です。

その理由は、カフェインに対する感受性には個人差があるため、健康に及ぼす影響も正確に評価することが難しいとされているからです。

妊娠中や授乳中は、デカフェのものを選んだり、普段多く飲むのは麦茶やたんぽぽ茶(たんぽぽコーヒー)などのノンカフェインの飲料にするなど、カフェインの摂取量を少なくする工夫をしてみるといいですね。

<疑問2>カフェインを含む飲食物、授乳中はどのぐらいOK?

〜飲料・食べ物別、カフェイン含有量と授乳中の摂取目安〜

Getty logo

では、授乳中に摂取できる1日あたりのカフェイン上限を飲料に当てはめると、どのくらいの量になるのでしょうか。主なカフェイン入り飲料別に、カフェイン濃度[*1][*4]とその上限目安をまとめました。参考にしてください。

飲料名 カフェイン濃度 上限目安
コーヒー 60mg/100ml 200mlのカップ1~2杯程度
紅茶 30mg/100ml 200mlのカップ3杯程度
緑茶(煎茶) 20mg/100ml 200mlのカップ5杯程度。500mlペットボトル2本程度
ウーロン茶 20mg/100ml 200mlのカップ5杯程度。500mlペットボトル2本程度
ほうじ茶 20mg/100ml 200mlのカップ5杯程度。500mlペットボトル2本程度
玄米茶 10mg/100ml 200mlのカップ10杯程度。500mlペットボトル4本程度
番茶 10mg/100ml 200mlのカップ10杯程度。500mlペットボトル4本程度
抹茶 48mg/70ml 70mlの湯飲み4杯程度
玉露 160mg/100ml 100mlを1杯程度

※上限目安:授乳中の1日あたりのカフェイン摂取上限を200mgで計算した場合

上記の上限目安は、あくまでも製品単体での値です。他のカフェイン入り食品・飲料を合わせて摂る場合は、それに合わせて量を調整してください。

まとめ

授乳中のカフェインの影響については、まだはっきりしたことがわかっていませんが、摂りすぎると赤ちゃんに不眠や興奮などの影響をもたらす可能性があるといわれています。カフェインの感受性には個人差があるようなので、1日に200~300mgを上限に、より少なく摂るよう努めたいですね。麦茶やたんぽぽ茶(たんぽぽコーヒー)、ノンカフェインコーヒーなど、カフェインを含まないものも上手に活用し、ストレスをためないよう工夫してください。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

参考文献
[*1]内閣府「食品安全委員会 食品中のカフェイン」
https://www.fsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf
[*2]カナダ保健局「Health Canada Reminds Canadians to Manage Caffeine Consumption」 http://www.healthycanadians.gc.ca/recall-alert-rappel-avis/hc-sc/2010/13484a-eng.php
[*3]厚生労働省「食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html
[*4]文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)15.菓子類」
http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365419.htm

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


親子で楽しめるYouTube「キッズライン♡Kids Line」アニメが7月4日公開

親子で楽しめるYouTube「キッズライン♡Kids Line」アニメが7月4日公開

SCデジタルメディアが運営する「Hapiton!」に所属するキッズ向けYouTubeチャンネル「キッズライン♡Kids Line」において、7月4日よりオリジナルアニメ「シャワーからチョコレート?? 出る?出ない? こうくんねみちゃんアニメ」が公開されました。


「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

NHK Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」のステージ「ワンワンわんだーらんど」は7月8日に、公演開始から10周年を記念したスペシャルパーティーのステージ映像を収録したDVDを、日本コロムビアから発売します。先行してダイジェスト映像の特設サイトが7月1日に、オープンしました。


アドベンチャーワールドが24時間オンラインライブ配信イベント開催

アドベンチャーワールドが24時間オンラインライブ配信イベント開催

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは、6月27日〜28日の2日間渡り、24時間オンラインライブ配信イベント「アドベンチャーワールド 24Smile LIVE」を開催します。アドベンチャーワールドのスタッフが公式YouTubeチャンネルより、動物たちの生態を描く様々な企画をLIVE配信します。


ファンケルのスキンケア「ベビーケアライン」7月リニューアル発売

ファンケルのスキンケア「ベビーケアライン」7月リニューアル発売

ファンケルは7月16日より、「ベビーケアライン」を通信販売と直営店舗においてリニューアル発売すると発表しました。新生児のデリケートな赤ちゃんの肌にも使える安全性の高い成分と使いやすさにこだわって開発されました。


 こだわり満載! ママ向け夏用・子ども用はらまきが、期間限定で実店舗にて販売

こだわり満載! ママ向け夏用・子ども用はらまきが、期間限定で実店舗にて販売

オーガニックコットン衣料ブランド「プラスニド」から、夏用はらまき「あなたになじむなつのはらまき」と、子ども用「ママがたすかるキッズはらまき」が、期間限定で実店舗にて販売されます。


最新の投稿


【医師監修】子供が下痢になったら食事はどうする? 脱水予防と与えたい食事について

【医師監修】子供が下痢になったら食事はどうする? 脱水予防と与えたい食事について

小さい子供が急に下痢になったら心配ですよね。でも、子供はウイルスや細菌に感染して下痢になることがよくあります。ここでは下痢の原因や、下痢になった時におすすめの食べ物、脱水症状の予防法などについて紹介します。


【医師監修】妊娠中期の肌荒れ、対策は?かゆみがある場合はどうする?

【医師監修】妊娠中期の肌荒れ、対策は?かゆみがある場合はどうする?

つわりの症状もひと段落してくる妊娠中期(妊娠14週~27週)ですが、この時期になって感じ始めるマイナートラブルも。そのひとつに肌トラブルがあります。今回は「妊娠中期の肌荒れ」について解説していきます。


親子で楽しめるYouTube「キッズライン♡Kids Line」アニメが7月4日公開

親子で楽しめるYouTube「キッズライン♡Kids Line」アニメが7月4日公開

SCデジタルメディアが運営する「Hapiton!」に所属するキッズ向けYouTubeチャンネル「キッズライン♡Kids Line」において、7月4日よりオリジナルアニメ「シャワーからチョコレート?? 出る?出ない? こうくんねみちゃんアニメ」が公開されました。


鯛を使った離乳食レシピ!血合いはどうする?【管理栄養士監修】

鯛を使った離乳食レシピ!血合いはどうする?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「鯛」です。いつから食べさせられる?血合いは除くべき? など、離乳食に鯛を使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「海の幸のやわらかごはん」です!


【医師監修】子供が風邪! ご飯の注意点はあるの? 熱や胃腸炎の時、避けたいものと水分補給のコツ

【医師監修】子供が風邪! ご飯の注意点はあるの? 熱や胃腸炎の時、避けたいものと水分補給のコツ

子供が風邪を引いてしまったら、できるだけ早く元気に戻れるようにしてあげたいですね。ここでは風邪になった時のホームケアや水分補給のやり方、あげたい食べ物、避けた方がいい食べ物についてお話します。




妊娠 安産祈願 妊婦生活