【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

赤ちゃんへの影響が気になるカフェイン問題。ここでは、授乳中のカフェイン摂取について助産師が解説しています。授乳中もカフェイン摂取は控えた方がいいのか? 摂取量の目安は? など、気になる疑問をチェック!


「授乳中 カフェイン」についてわかること

<疑問1>授乳中ってカフェインをとってもいい?

〜カフェイン摂取によるママと赤ちゃんへの影響〜

Lazy dummy

授乳中のカフェイン摂取は、母乳を通して赤ちゃんに何かしらの影響をもたらすのでしょうか ?授乳中のカフェイン摂取によるリスクと、注意点についてお伝えします。

授乳中のカフェインについて

授乳中のカフェイン摂取は、海外の各機関で妊娠中と同じく1日200~300mgを超えないよう勧告されています[*1]。

つまり、授乳中のカフェイン摂取は厳禁ではありませんが、妊娠中と同じくらいには摂取量に注意する必要があるということ。やはり赤ちゃんへの影響を考慮し、普段より少なく摂ることが望ましいということでしょう。

授乳中のカフェインにはなぜ注意が必要?

妊娠中は血液からカフェインが消失するまでの時間が通常より遅くなるため、少量でも普段よりその影響が大きくなることが懸念されています。その点、授乳中は妊娠時の体とは違うので、このような問題はありません。

しかし、授乳中にカフェインを摂りすぎると、微量ながらも母乳を通して赤ちゃんが摂取することになり、赤ちゃんへ悪い影響を及ぼす可能性があることが示唆されています[*2]。子供が多くカフェインを摂取すると、不眠や興奮などが増える可能性があります。

妊娠中は食生活に特に気をつけなければならないため、いろいろと我慢していたママも多いでしょう。出産後はやっと解放された!との喜びもあると思いますが、上記の懸念点を考えても、授乳期間は妊娠中同様にカフェインの摂取量に注意し、1日の上限を超えないよう心がけましょう。

授乳中のカフェイン摂取の注意点

カフェインは、適量であれば頭が冴えて眠気も覚ます効果が期待できます。過剰に摂取すると、健康な成人であっても、心拍数の増加やめまい、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などの症状が引き起こされる可能性があることがわかっています。そのため、授乳中いかんにかかわらず、カフェインの過剰摂取には日ごろから注意が必要です。

そのうえで、授乳中は前述のとおり赤ちゃんへの影響も懸念されるので、なるべく少なく摂るよう心がけることが大切です。

その理由は、カフェインに対する感受性には個人差があるため、健康に及ぼす影響も正確に評価することが難しいとされているからです。

妊娠中や授乳中は、デカフェのものを選んだり、普段多く飲むのは麦茶やたんぽぽ茶(たんぽぽコーヒー)などのノンカフェインの飲料にするなど、カフェインの摂取量を少なくする工夫をしてみるといいですね。

<疑問2>カフェインを含む飲食物、授乳中はどのぐらいOK?

〜飲料・食べ物別、カフェイン含有量と授乳中の摂取目安〜

Lazy dummy

では、授乳中に摂取できる1日あたりのカフェイン上限を飲料に当てはめると、どのくらいの量になるのでしょうか。主なカフェイン入り飲料別に、カフェイン濃度[*1][*4]とその上限目安をまとめました。参考にしてください。

飲料名 カフェイン濃度 上限目安
コーヒー 60mg/100ml 200mlのカップ1~2杯程度
紅茶 30mg/100ml 200mlのカップ3杯程度
緑茶(煎茶) 20mg/100ml 200mlのカップ5杯程度。500mlペットボトル2本程度
ウーロン茶 20mg/100ml 200mlのカップ5杯程度。500mlペットボトル2本程度
ほうじ茶 20mg/100ml 200mlのカップ5杯程度。500mlペットボトル2本程度
玄米茶 10mg/100ml 200mlのカップ10杯程度。500mlペットボトル4本程度
番茶 10mg/100ml 200mlのカップ10杯程度。500mlペットボトル4本程度
抹茶 48mg/70ml 70mlの湯飲み4杯程度
玉露 160mg/100ml 100mlを1杯程度

※上限目安:授乳中の1日あたりのカフェイン摂取上限を200mgで計算した場合

上記の上限目安は、あくまでも製品単体での値です。他のカフェイン入り食品・飲料を合わせて摂る場合は、それに合わせて量を調整してください。

まとめ

授乳中のカフェインの影響については、まだはっきりしたことがわかっていませんが、摂りすぎると赤ちゃんに不眠や興奮などの影響をもたらす可能性があるといわれています。カフェインの感受性には個人差があるようなので、1日に200~300mgを上限に、より少なく摂るよう努めたいですね。麦茶やたんぽぽ茶(たんぽぽコーヒー)、ノンカフェインコーヒーなど、カフェインを含まないものも上手に活用し、ストレスをためないよう工夫してください。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

参考文献
[*1]内閣府「食品安全委員会 食品中のカフェイン」
https://www.fsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf
[*2]カナダ保健局「Health Canada Reminds Canadians to Manage Caffeine Consumption」 http://www.healthycanadians.gc.ca/recall-alert-rappel-avis/hc-sc/2010/13484a-eng.php
[*3]厚生労働省「食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html
[*4]文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)15.菓子類」
http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365419.htm

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

P&Gは、乳幼児用紙おむつブランドの「パンパース さらさらケア」シリーズから、おむつのベルト部分が同社商品(*1)よりプラス35%長くなった、期間限定おむつ「パンパース はらまきパンツ」を9月26日より新発売しました。


国産野菜にこだわった粉末状ベビーフードが新登場!

国産野菜にこだわった粉末状ベビーフードが新登場!

アサヒグループは和光堂ブランドより10月5日、素材にこだわった粉末状のベビーフード「国産素材フレーク とうもろこし&じゃがいもフレーク」「国産素材フレーク かぼちゃ&にんじんフレーク」を全国のベビー専門店、スーパー、ドラックストアなどで発売します。


学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研プラスから『こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン』を9月17日発売開始されました。2003年発刊以来、シリーズ累計200万部を超えるベストセラー「こどもずかん」初の写真版です。


ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンは10月9日に、最上位モデルのA形ベビーカー「nautR(ノートアール)」を、アカチャンホンポ及び百貨店の一部店舗、ピジョン公式オンラインショップにて発売します。


マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

日本マクドナルドは9月18日より期間限定で、ハッピーセット(R)「ジュラシック・ワールド」とハッピーセット(R)「ヒーリングっど♥プリキュア」を一部店舗を除く全国のマクドナルドで販売します。


最新の投稿


【医師監修】4歳児の理想的な睡眠時間は? なかなか寝ない原因と睡眠不足の影響

【医師監修】4歳児の理想的な睡眠時間は? なかなか寝ない原因と睡眠不足の影響

保育園や幼稚園で年少さんになる4歳は、本格的に集団生活が始まる年齢。そうした生活環境の変化が睡眠リズムにも影響を与え、十分な睡眠時間がとれなくなることも考えられます。そこで今回は4歳児の理想的な睡眠時間や睡眠不足に陥りがちな原因などを調べてみました。


おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

P&Gは、乳幼児用紙おむつブランドの「パンパース さらさらケア」シリーズから、おむつのベルト部分が同社商品(*1)よりプラス35%長くなった、期間限定おむつ「パンパース はらまきパンツ」を9月26日より新発売しました。


離乳食の後期(生後9ヶ月・10ヶ月・11ヶ月ごろ)の進め方は?カミカミ期の量とかたさ【管理栄養士監修】

離乳食の後期(生後9ヶ月・10ヶ月・11ヶ月ごろ)の進め方は?カミカミ期の量とかたさ【管理栄養士監修】

食事・散歩・睡眠などの生活リズムが整い、2回食にも慣れる離乳後期。親御さんも離乳食づくりにだいぶ慣れてきたと思いますが、3回食に進むタイミングなど新たな疑問もわいてきます。今回は離乳後期の量や調理のポイントなど、この時期の離乳食の進め方のコツをお伝えします。


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!




妊娠 安産祈願 妊婦生活