お洒落に飾るコツは? 梅雨の花「アジサイ」で花のある暮らしを

お洒落に飾るコツは? 梅雨の花「アジサイ」で花のある暮らしを

6月に入ると一斉に咲き出す花「紫陽花(あじさい)」。梅雨時期の風物詩として、雨の似合う花ですよね。庭先に植えている人も多いでしょう。今回はアジサイの楽しみ方~摘んだ後のケア方法を、専門家がお伝えします。


こんにちは、フラワーデザイナーでフォトスタイリストのはぎわらりえこです。

初夏を彩る花として「アジサイ」は欠かせない花ですが、皆さんは「アジサイ」と聞いて、どんな花を連想しますか?

今日はまずアジサイについて、以外と知られていなかったキホンをおさらいしていきましょう。

アジサイってこんな花!

「アジサイ」は、ユキノシタ科アジサイ属の植物で、別名を「七変化」と言います。英語名では、ハイドランジア(Hydrangea)と表記します。私たちプロが利用する市場では、ハイドランジアという名称で流通しています。

さて、近年その花市場では、外国からの輸入花が大変増えています。今や輸入花のひとつとも言われているアジサイですが、実は日本が原産地なんです。

江戸時代末期、長崎の出島に滞在していたドイツ人の医師・シーボルトが、日本からヨーロッパにアジサイを持ち帰ったそう。そのアジサイをもとに品種改良したものが、現在の「西洋アジサイ」と言われています。

ピンク色 西洋アジサイ

photo Rieko Hagiwara

「西洋アジサイ」は、写真のようなピンク色の種類も豊富ですが、ほかにもグリーンなどその花色自体もさまざま。

オランダでさらに品種改良が進み、現在では逆輸入されて、1年中市場で見られます。逆輸入される「西洋アジサイ」の中には、こんな真っ白なアジサイもあります。

6月は日本でも「ジューンブライド」で結婚式が人気の季節。純白のアジサイは、結婚式でブーケや会場を彩る花として人気を集めています。

純白のアジサイ

photo Rieko Hagiwara

庭木のアジサイを摘んだ後、どうケアをする?

公園や庭のアジサイ

photo Rieko Hagiwara

さて、そんな「西洋アジサイ」に対して、私たちが国内で良く見かける公園や庭木のアジサイ。

ブルーや濃い紫の花色のものに目を奪われませんか? 梅雨時期の雨模様の中、活き活きと咲くアジサイの美しさといったら!

ジメジメとした季節は苦手ですが、憂鬱な気分もこの鮮やかな色のアジサイを見ることで、梅雨の季節を楽めそうです。

次は、庭木のアジサイを摘んで、切り花として室内で楽しみたい時のポイントについてお伝えしましょう。

ブルーのアジサイ

photo Rieko Hagiwara

アジサイを切り花で楽しみたい時の下準備

アジサイは、庭木で摘んでそのまま花瓶に挿しただけでは、すぐにしおれてしまう花。花瓶にすぐに挿したのに、「想像以上に早くぐったりしてしまった!」という嘆きの声をよく聞きます。

アジサイは水が大好き! 1本の枝にたくさんの花がついているので、元気でいるために特に水を多く吸い上げる必要があります。そのために必要なひと手間がコチラ。

アジサイの茎の切り方

photo Rieko Hagiwara

葉を適度に取り、アジサイを斜めにカットします。すると、まっすぐ平らに切るよりも断面が広がるので、それだけでも水を吸う面積が大きくなり、花のケアとしてはオススメなのです。

そして、さらに切り込みを入れたら、白いワタのようなものが茎の中に見えます。ひと手間かける花あしらいのケアとして、そのワタを取り除きましょう。ワタを取ることで、アジサイが水を吸いやすくなります。

湯上げの方法

photo Rieko Hagiwara

そのあとはこのように新聞紙で花を包み、深めの水(深水)にしっかりとつけて、花に吸水させましょう。30分から1時間ゆっくり水を吸わせてください。

また、花屋さんで買ったアジサイは、あらかじめこの作業は施されていることが多いです。

家でのケアは深水で飾ると良いですが、さらに「湯揚げ」というプロが施す水揚げのテクニックの1つをするとより長持ちし、飾れる期間も長く楽しめます。

湯揚げの方法

上から花部分を新聞紙で包み、熱湯に20秒ほど、切り口から2cm〜3cm程度の部分をつけてください。そしてすぐに深水につけ、30分~1時間ゆっくりと水を吸わせます。

これで活き活きとした花をお部屋で楽しむことができます。

アジサイのお洒落な飾り方

さて、アジサイが手に入ったら部屋をお洒落に彩りましょう。

アジサイを豪華な雰囲気で見せたい時

アジサイアレンジ

photo Rieko Hagiwara

アジサイに負けないくらい、ユリなどの大きく存在感のある花と合わせると、豪華な雰囲気で飾れます。

1本のアジサイをリース風に飾る

アジサイアレンジ

photo Rieko Hagiwara

花の部分を短く切ったら、水を入れた器に浮かべるように丸くリース状にならべてみましょう。

この飾り方は、目線が低くなるので、ダイニングテーブルにもオススメです。

まとめ

アジサイリースアレンジ

photo Rieko Hagiwara

季節にあわせて、彩る花は、手軽にインテリアの雰囲気を変えられる便利な存在です。ぜひ旬な時期の花で「花のある暮らし」を楽しんでくださいね♪

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

フラワーデザイナー・フォトスタイリスト
埼玉県出身
・FTデザイン 代表
・専門学校 非常勤講師
・公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会1級フラワーデザイナー
 本部講師 資格試験審査員
・ローズコンシェルジュ
・日本フォトスタイリング協会1級フォトスタイリスト インストラクター

1999年より主宰校を開校。
20年間でのべ5000人の生徒に花の楽しみ方を提案し続けている。
その他Webマガジン等で暮らしの中で気軽に楽しめる身近なデイリーフラワーのアイディアを紹介。

Webサイト:https://ameblo.jp/flowerstalk2011/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替え、皆さんは何枚持っているか把握していますか? 保育園児を3人抱えた片づけのプロが、日々を楽にするためにとった方法は「保育園の洋服は保育園を拠点にする」こと。保育園を拠点にするってそもそもどういうこと? 日々を楽にするだけではなく、子どもが準備をするときもスムーズになるメリットも合わせてご紹介します。


ハタキをかけて部屋も頭もスッキリしよう! 昔ながらのハタキ掃除の魅力

ハタキをかけて部屋も頭もスッキリしよう! 昔ながらのハタキ掃除の魅力

ハタキのイメージから、もしかしたら「古臭い」と感じる方も多いかもしれません。しかし昔ながらの掃除アイテム「ハタキ」、実はいいことがいっぱいあるんです。おうちでやっているハタキ掃除の方法を紹介します。


玄関収納のお悩み解決! 収納スペースを増やして玄関をスッキリきれいに

玄関収納のお悩み解決! 収納スペースを増やして玄関をスッキリきれいに

玄関に靴があふれて困る! しまう場所がない! など、玄関収納のよくあるお悩み。今回は、それらの悩みを実際に解決できた3つの事例をご紹介します。


まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

忙しい朝や、仕事から帰ってからの慌ただしい食事作り、食べ終わった後の洗い物……。これらは毎日のことだけに、少しでも楽にしたいですよね。食材を使う際は、包丁よりキッチンバサミの方が、早くて便利なことも多いです。いくつかの活用方法をご紹介いたします。


飾るタイミングを見逃してない? 季節ごとのインテリア雑貨の収納方法

飾るタイミングを見逃してない? 季節ごとのインテリア雑貨の収納方法

お店では、素敵なインテリア雑貨が売られています。お正月の鏡餅や干支の飾り、節分の鬼モチーフの飾り、ひな飾り、夏のブルー系やクリア系の飾り、ハロウィンのかぼちゃの飾り、クリスマスのサンタやツリーモチーフの飾り……。手に入れたはいいけど、うまく飾れなかったり収納に困ってしまったり。そんなときの解決のヒントをお伝えします。


最新の投稿


【医師監修】「つわりのぶり返し」は何週まで続く?"つわり戻り"への対策

【医師監修】「つわりのぶり返し」は何週まで続く?"つわり戻り"への対策

つわりが終われば楽しいマタニティライフが送れるはず! そう思って耐えてきたつわりなのに、終わったと思っていたら、またぶり返したような症状が……そんな事態に困惑する妊婦さんは少なくないようです。つわりのぶり返しの原因と対策について調べました。


【医師監修】つわりでげっぷが増える⁉ つわり中のげっぷ、理由と対策

【医師監修】つわりでげっぷが増える⁉ つわり中のげっぷ、理由と対策

ふいにこみ上げてきて抑えられないげっぷは、人前でははずかしく、出たからといって胸がすっと爽快になるわけでもなくて、ちょっと迷惑な症状かもしれません。しかし、妊娠初期のつわりの時期に繰り返すげっぷに悩まされる女性は少なくないようです。妊娠するとげっぷが増えるのでしょうか? 原因を対策とともに紹介します。


【医師監修】頭皮にできるかさぶたの原因は? 予防・改善のためのケア方法

【医師監修】頭皮にできるかさぶたの原因は? 予防・改善のためのケア方法

かわいい赤ちゃんの頭に突然、かさぶたが⁉ 松かさのようにびっしり付いていて驚くこともあるのではないでしょうか。何かの病気ではないか、髪に影響はないのか心配はつきませんが、多くは自然に治る乳児脂漏性皮膚炎によるものです。


【医師監修】1歳半健診でチェックすることは? 検査項目と所要時間、持ち物

【医師監修】1歳半健診でチェックすることは? 検査項目と所要時間、持ち物

赤ちゃんから幼児へと成長しつつあるころに受けることになる1歳半健診。「チェックが厳しい」という噂もあり、心配になることもあるでしょう。ここでは、この健診の大切さや、検査内容、所要時間や持ち物などを紹介します。概要をあらかじめ知っておき、安心して受けましょう。


【医師監修】夜泣きはいつまで続く? 夜驚症との違いと長引く夜泣きの対策3つ

【医師監修】夜泣きはいつまで続く? 夜驚症との違いと長引く夜泣きの対策3つ

夜泣きをする赤ちゃんは多いもの。一時期でおさまるとはいえ、何をしても泣き止まない夜が続けば、ママ・パパは睡眠不足でつらくなりますね。そこで今回は、赤ちゃんの夜泣きはいつまで続くのか、長引く場合の対策なども含めて説明します。


インテリアランキング


>>インテリアランキング