手持ちの本を減らす3つのアイディアと図書館活用のススメ

手持ちの本を減らす3つのアイディアと図書館活用のススメ

趣味が読書だと、気づけばどんどん本がたまってしまいますよね……。実は家に本を置かなくても、読書ライフを楽しむことができるんです。今回はそのひとつ、図書館活用のメリットをご紹介します。収納する本自体は減らしても、読書量は減らすことなく読書ライフを楽しんでみませんか?


本があふれてしまう! 本の断捨離方法3つ

本

こんにちは! SPACE PLUS+ 東京の整理収納アドバイザーの斉藤夏枝です。

ついつい本をたくさん買ってしまう。一度買った本はそのまま……。そんな方に伝えたいのが「本の断捨離方法」です。

大事なのは、本の保管ルールを決めること! 悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

①本棚に入るだけにする

本棚の本

本棚に入りきらなくなったら、新しい本棚を購入するのではなく、所有している本を見直しましょう。

例えば、コップに牛乳を注いでいるときに溢れ出したら、注ぐのをやめますよね。それと同じように、家の大きさは決まっています。

本が本棚から溢れ、生活スペースを圧迫するようになってしまっては困りますよね。まずは、本の全体量を最初に決めてしまうのです。

② 残したい本を選ぶ

好きな本

本が大好きなのに「捨てたい本を選ぶ」というのは辛いもの。

欲しいと思って買ったから、せっかく買ったのにまだ全部読んでいないから、また読みたくなるかもしれないから、いつか役に立つかもしれないから……。捨てることを考えると、そんな気持ちになりますよね。

負の感情と向き合うのは辛くなってしまうので、逆に残したい本を選びましょう。好きなものを選ぶほうが、楽しく作業できます。

③他の持ち方をさがす

電子書籍でコンパクトにする方法もあります。最近は小説、マンガ、雑誌など、いろんなジャンルの電子書籍があります。雑誌は月額制で、多くの種類の雑誌を読むこともできますよ。

外出時や隙間時間でも、スマホでさっと読書することができますし、本を持ち歩く必要もなく、本を保管するスペースもいりません。

図書館を活用してみよう!

Getty logo

電子書籍でコンパクトにする以外にも、本をレンタルするという方法もあります。

昔から「本の無料レンタルサービス」といえば、図書館を利用することですよね。我が家は徒歩3分のところに図書館があり、第2の本棚として活用しています。しかし、図書館は古い本しか置いていない、建物も古い……そんなイメージを持っている方も少なくないでしょう。

実は、最近の図書館は、キレイでサービスが充実しているところも多いんです! いくつかご紹介します。

行ってみたくなる! おしゃれな図書館

つい足をのばして行ってみたくなる図書館、佐賀県武雄市の図書館は2013年にグッドデザイン賞を受賞している施設。TSUTAYAで有名なカルチュア・コンビニエンス・クラブが運営しており、図書館、書店、カフェが一体化していてコーヒーを飲みながら読書ができます。

●武雄市図書館
https://www.epochal.city.takeo.lg.jp/winj/opac/top.do

また、関東地区では東京都北区の「北区中央図書館」が有名です。陸上自衛隊の赤レンガ倉庫を再生している、歴史的な趣のある図書館です。中庭やカフェがあり、休日にゆったりと長居できそうです。

●北区立図書館 トップページ
https://www.library.city.kita.tokyo.jp/

図書館の本の種類が豊富に!

旅行ガイド本

さらに、旅行ガイドブックやマンガを蔵書している図書館もあります。週刊誌や月刊誌は、最新のものは館内閲覧のみなどの一部制約もありますが、雑誌もバックナンバーは貸し出し可能です。

視聴覚資料も貸し出ししてくれる

図書館で借りられるCD

CDやDVDなども貸し出し可能! また、一部図書館では視聴覚資料を館内視聴できるところもあります。視聴覚資料は図書館の隅にある場合が多いので、意外と知られていないサービスです。

予約サービスがある

中には、読みたい本がある場合、予約できるサービスも。

私の住んでいる東京都大田区では、区内に16もの図書館があります。区内の図書館の蔵書がインターネットで一覧検索でき、希望の図書館を指定して、そこに無料で配送してもらえて受け取りを予約できるんです。また、今貸し出し中で人気のある本も予約ができますよ!

図書館側で予約をしている本が準備できたら、あらかじめ登録しておいた電話やメールに連絡が来ます。シリーズものの本の場合、巻数順に貸し出し希望という予約設定もできますよ。

まとめ

家に入ってくる本を減らすためのアイデアのひとつ、図書館を活用する。

図書館は小さな子ども向けの読み聞かせイベントなども開催しており、家族みんなで楽しめるスポットです。在住の方だけでなく、通勤・通学先がある場合も、利用者登録可能の場合があります。

なお、図書館のサービスは各図書館によって異なります。ぜひお近くの図書館を活用して、読書を楽しみましょう!

●SPACE PLUS+とお片付け
https://spaceplus2017.com/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

転勤族育ちで転勤族の妻となり、頼る人がいない土地での子育て。
頼ったのは、「モノ」でした。

子供が生まれてモノが爆発的に増えてしまい、片づけられなかった経験をしてから、「お片付け」を体系的に学ぶ。
「片付け苦手を克服!」のHPを立ち上げ、お片づけのヒントやアイデアを発信中。
多数の引っ越し経験からどんな暮らし方にもFITするシンプルな定番の収納が得意。
■個人向けのご自宅お片付けサービス
■事業主様向けのバックヤードや書類お片付け仕組み作りサービス
■整理収納アドバイザー認定講座の講師
■スマホアプリのコラム執筆掲載など
「片づけのチカラ」を伝えるために活動している。
お部屋が整えば、ココロも整う。

Webサイト:https://spaceplus2017.com

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

子どもの成長と共にいつかは訪れる「お留守番」。できれば学校の長期休暇中などに練習をしておきたいですね!「子どもと約束しておくことは?」「事前にできる準備はある?」 今回はそんな子どものお留守番についてまとめてみました。


キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

毎日使うキッチンはキレイにしておきたい。でもこまめにお掃除するのは面倒くさい! だったら「使いたくなる」アイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか? オシャレで気分も上がっちゃうキッチンブラシを紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


最新の投稿


仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして一息ついたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に一日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

渋谷区というと有名なスクランブル交差点がある渋谷駅周辺をはじめ、恵比寿、原宿、代官山など賑やかな街のイメージ。子育て世代が住むには向かないと思う方もいるかもしれません。ですが実際は、繁華街から少し離れた先に閑静な住宅街が広がり、働くママにとって子育てがしやすい街として人気があります。渋谷区の人気の秘密を調査しました。


いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして慣れたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も身体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に1日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

NHK Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」のステージ「ワンワンわんだーらんど」は7月8日に、公演開始から10周年を記念したスペシャルパーティーのステージ映像を収録したDVDを、日本コロムビアから発売します。先行してダイジェスト映像の特設サイトが7月1日に、オープンしました。


中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

引っ越しを考えたとき、転居先は何を基準に選びますか? 共働きで子育てをしていくなら、家賃や勤務先へのアクセスだけで選ぶのは少しもったいないですよね。子育てに関する市のサポート体制や、街全体として育児がしやすい雰囲気なのか等も、検討する上で重要ポイントになります。今回は、子育てしやすい街として人気の杉並区を調査しました。