少しの工夫で一気に時短! 「2つの箱」で子供服の片づけを楽にする方法

少しの工夫で一気に時短! 「2つの箱」で子供服の片づけを楽にする方法

サイズアウトした洋服や、もう着ない服などが混ざり合ってしまい、放っておくとついついごちゃついてしまいがちな子供服。今回は2つの箱を使った、子供服の“頑張らなくてもうまくいく片づけ方”を、ご紹介します。


こんにちは。ライフオーガナイザー®︎の都築クレアです。

子供服って、油断するとすぐにごちゃついてしまいませんか? 見るたびにモヤモヤする原因は、着ない服が混じっていることにあるのかも……。実はそれが「リサイクル用」と「保管用」、2つの箱を用意しておくだけで、「片づけよう!」と思わなくても、自然と片づく状態に変わっていくんです。

今回はそんな2つの箱を使って、子供服の片づけをグッと楽にする方法をご紹介します。

子供服の片づけにつまずく原因とは?

Getty logo

そもそも、子供服の片づけにつまずく原因はなんでしょうか? それには、「もう着られない&着ない服の処理に困る!」ということが、考えられます。

例えば
・サイズアウトしたけどまだキレイな服
・子どもが気に入らずに着ない服
・もう着られないけど、思い出があって手放せない服

こんな服の処理に迷ったり、面倒くさかったりして、片づけに手をつけられない……ということはありませんか?

Getty logo

ただでさえ億劫なのに、頑張って整理しても、そこで出てきた“着ない服”をどうするのか、先が見えないと、不安でやる気スイッチも入りませんよね(笑)。

そこでオススメなのが、最初からその“着ない服”の行く先を用意しておくこと! それが今回ご紹介する、2つの箱です。

用意するだけで楽になる! 「2つの箱」の使い方

①リサイクル用

箱を何に使うのかというと、1つ目は、「リサイクル用」です。まだ服の状態はいいのに、さまざまな理由で“着ない服”の行き先として使います。

最初から場所が決まっていると、そんな服が出てきたときは、入れるだけでいいので、すぐに行動に移せます。

Getty logo

「リサイクル用」の箱を用意すると、どうして楽になるんでしょう?

それは、子どもの場合、着替えをものすごく面倒がるからです。「サイズアウトしてそうだな」と分かっていても、その確認のために、何着も着替えてくれることはなかなかありませんし、子どもの機嫌次第で、思うように片づけは進みません(汗)。「着る、着ない」の確認の後に、さらに「入るかどうか?」のチェックが必要な子供服の片づけには、1着ごとにかなりの時間と労力が取られるのです。

Getty logo

だから1着ずつでも、「これもう小さいよ!」「この服は子どもっぽいからもう着ない!」なんて言い出したときに、すぐに処理してしまう方が楽! そして、こんな風にパラパラと“着ない服”が出てきたときに、溜めておける場所があると、とても便利なのです。わが家は、これで随分楽になりました。

「リサイクル用」に入れた服は、すぐに処理しなくてもOK。ある程度溜まってからリサイクルショップに持って行ったり、誰かに譲ったり……。ここでも自分にとって、一番無理のない手放し方を決めておくと楽ですよ。

②保管用

2つ目は、「保管用」です。

特にベビー時代など、小さいときに着ていた服は、その状態に関わらず、「手放しがたい」と感じてしまいがち。 そんなときの行き先として用意しておくといいのが、「保管用」の箱です。

Getty logo

これは成長するたびに増えていくので、「保管用」で置いておくものは箱のサイズを決めて、「収まる分だけ持つ」と決めておくのがオススメです。新たに思い出として置いておきたい服が出てきたとき、すでに収納場所がパンパン状態になっていたのなら、古いもので手放せるものがないか、都度見直していくと溢れませんよ。

実践編「あなたにぴったりな2つの箱は?」

今回は、楽な一例として、わが家の「リサイクル用」と「保管用(思い出)」の2つの箱をご紹介しましたが、合う手放し方は人それぞれ。あなたにぴったりな分け方、キーワードを使うのが一番です。

例えば、譲る先が何箇所かある人は、「リサイクル用」ではなく、「お下がり(Aちゃん)」、「お下がり(Bくん)」と分ける。下の妹や弟がいる場合は、「保管用(思い出)」ではなく、着るタイミングを逃さないように、「◯歳〜◯歳」や「◯cm」と年齢や身長別に分けると、使うときに便利です。

ちなみに、2つの箱は、必ずしも本当の箱である必要はありません。衣装ケースの1段を専用の場所として使うもよし、収納箱を用意するものよし。ちなみに紙袋を利用すると、そのままリサイクルショップに持ち込めるので便利です。

わが家の場合は、入れるときに「めんどくさい!」と思わないように、下の写真のように、衣装ケース2つを、それぞれ「リサイクル用」「保管用(思い出)」として使っています。

リサイクルと保管用の箱を用意するだけで、子供服の片づけが一気に楽に!自然と片づく仕組み作り

入れるとき、引き出したと同時に、今まで入れているものも一覧で見やすいのでオススメですよ。

「あなたにとって、楽で、使える分け方、キーワードはなんでしょうか?」

せっかくなので、ぜひこの機会にしっくりくる分け方、キーワードを考えてみてください。そして、決まったら、試しに紙袋などを使って、さっそく“着ない服”の行き先を確保してみてください。やってみて分け方、キーワードが合わないと感じたら、その都度変えればOK。まずは試してみることが大切です。仮でも場所さえ用意しておけば、明日の朝「これもうキツイ!」なんて言われても、余裕で対処できますよ。

まとめ

この2つの箱を用意する方法は、子供服の片づけにぐったりした経験から始めたことです。

服の片づけは、一旦“全部出して”、①着る服、②着ない(リサイクル)、③着ない(思い出として保管)、④処分など、自分の目的に合わせて仕分けることがとても大切で効果的です。

でも、子どもが小さいうちは、この作業はハードルが高い。そこで2つの箱を用意しておくと、“着ない服”が自然とクローゼットから出ていくので、いざ片づけよう! としたときも、全体量が減っていつもより楽に済むのです。クローゼット自体も“着ない服”が出ていくので、その都度無駄のないクローゼットに近づいていき、日々の出し入れが楽になっていきます。

この方法に変えてからは、服が溢れることが減り、全部出して片づける頻度がグッと下がりました。前回いつ大掛かりな片づけをしたのか、思い出せないほど(笑)。

力んで「片づけよう!」と思わなくても、自然と片づく2つの箱、オススメですよ♪

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®︎&ウェルビーイング心理教育ナビゲーター®︎。

ベビーカーを押しながら街中で泣き崩れたところから約6年。

ライフオーガナイズに出会い、ウェルビーイングに出会い、

少しずつ「今、ここ」を幸せにする方法を実践して、今に至ります(笑)。

「家事シェア」を始めて、家事が楽になったのはもちろん、

夫婦関係にも、ものすごい変化を実感したことから、講座を開催するように。

現在は、【私から変わる!はじめての家事シェア講座】をオンライン開催中♪

関西を離れ神奈川県に引越し、現在は人生初の関東ライフを右往左往しながら満喫中。賃貸マンション(3LDK)に3人暮らし/小学女児の母。

ブログ:【ライフオーガナイズ×ウェルビーイングで育てる夫婦・親子の絆と幸せ】
https://ameblo.jp/giftidea/

関連するキーワード


専門家 時短 片付け

関連する投稿


時短&手軽に美肌へ! 1本で5つのケアを実現“敏感肌用クレンジング”が登場 

時短&手軽に美肌へ! 1本で5つのケアを実現“敏感肌用クレンジング”が登場 

コンビの化粧品ブランド「NANAROBE(ナナローブ)」から、洗浄とうるおいを両立したクレンジング「マイクロバイオプロモート クレンジングジェル」が、公式オンラインショップにて、 6月5日より販売されます。


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


最新の投稿


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。


ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、大人の食事とは別に赤ちゃんの食事を用意しなければならず大変ですよね。そんな時に救世主になってくれるのがベビーフードです。今回は、ベビーフードはいつからいつまで食べさせるものなのか、おすすめのベビーフードにはどんな種類があるのかなどについて調査してみました。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

離乳食を完了後は幼児食へ移行しますが、毎食の献立どうしていますか。どんなことに注意すればよいのか、幼児食づくりに向けて、簡単な人気レシピをご紹介します。




コストコ 節約