洗濯が楽しくなる! オシャレで使い勝手のいいランドリーボックス

洗濯が楽しくなる! オシャレで使い勝手のいいランドリーボックス

もうすぐ始まる梅雨。乾かない洗濯物に気分も憂うつ……という方も多いのでは? そんな時には、そんな気分を吹き飛ばす『お気に入りのアイテム』で気分を変えてみませんか。主婦になって10数年。今回はいくつもの失敗を重ねながらやっと見つけた、我が家の【洗濯のやる気をちょっとアップさせる】ランドリーボックスについてご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

Getty logo

こんにちは。ライフオーガナイザー®のうめだあさみです。

毎日使うアイテムがお気に入りのものだと、やる気がアップすることありませんか? お気に入りのアイテムを取り入れると、苦手な家事を気分よくこなせるから不思議です。

洗濯が苦手な私も、やる気アップをはかるため、長い間ランドリーボックスを探し続けてきました。が、なかなかお気に入りのアイテムに出会えず、すっかり迷子に。

濡れた洗濯物は意外と重いため、耐久性の高さは重要。もちろん、見た目やデザインだって大事。いくつもの失敗を重ね、欠かせない条件を見つけていきました。

今回は、そんな我が家のやっと見つけたお気に入りと、これまでの失敗ポイントについてご紹介します。

ランドリーボックスの主な素材

Getty logo

ランドリーボックスと一口に言っても、素材はいろいろ。主に使用されている素材の特徴を知り、あなたの暮らしに合ったランドリーボックスを選ぶヒントにしてください。

①プラスチック製
お手入れのしやすいプラスチック製は、扱いやすさとリーズナブルな点が魅力。水や湿気に強いので、特別なお手入れは不要です。通気性のいいカゴタイプや、中身が見えないバケツタイプなど、形もさまざま。

②布製
軽く扱いやすい布製は、水分を含み重くなった洗濯物を持ち運ぶのにピッタリ。柔らかい素材なので、折りたたむことも可能です。存在感のある大きなランドリーボックスが小さく収納できるのは魅力的ですね。

ただ、プラスチック製や金属性と違い、布製は水分を吸いこみます。撥水加工、防水加工などがない場合は特に、カビの発生に注意が必要です。

③スチール・ステンレス・金属製
劣化が少なく、丈夫な点が魅力のスチール・ステンレス製。ネット状のカゴは通気性もよく、デザインも男前インテリアにピッタリです。

しかし、布製やプラスチック製に比べると少々重さがある場合も。濡れた洗濯物を入れて移動することを考慮した上で選ぶ必要がありそうです。

④天然素材
リビング収納などでも多く使用される天然素材のカゴは、ナチュラルな雰囲気が魅力的。中身が見えにくく、生活感が出にくいため、洗面所やリビングに置いてあってもオシャレな雰囲気を演出してくれます。

しかし布製と同様、水や湿気は大敵。カビ予防のため、こまめなお手入れが必要になります。

さまようランドリーボックス迷子期

Getty logo

それぞれの素材を考慮し、ランドリーボックスを選んできたはずの我が家。ですが、使っていくうちに【見た目】や【耐久性】の問題が発生。

なかなか『我が家の定番』を見つけることができず、長い間『ランドリーボックス迷子』になってしまいました。

迷子1・定番のプラスチック製ランドリーボックス

ランドリーボックスと聞いてイメージしやすい形が、このタイプ。我が家でも、一番初めに購入したランドリーボックスです。

ホームセンターなどで購入しやすい・比較的安価・頑丈・カビの心配がないなど、多くのメリットがあり、機能的には全く問題なく使用することができました。

ただ、見た目がオシャレではない・コンパクトにはならない、というデメリットも。どう見ても【スーパーのカゴ】のたたずまい。

家の中に転がっていても、洗濯機の上に置いていても、残念な見た目が許しがたいものでした。どうにか隠しておこうと奮闘するも、大きなカゴは場所を取るため、収納場所は確保できず。目に入るたびに気分が下がっていました。

迷子2・コンパクトに収納可能なメッシュ布製ランドリーボックス

【プラスチック製】で生じた見た目の問題から学び、今度はコンパクトに収納ができる【メッシュ布製】を選択。

ワイヤーを軸に、メッシュの布が貼ってあるランドリーボックス。未使用時は、ワイヤーを活かしコンパクトに折りたたむことができるので、収納棚の中に収めることも可能です。出しっぱなしすることはなくなり、見た目の問題はクリアすることができました。

しかしながら、今度は耐久性に問題が。水を含んだ5人分の洗濯物は重く、毎日の使用に耐え切れず、メッシュ製の布はあっという間に破れてしまいました。取っ手部分が切れ、洗濯を終えたばかりの衣類が地面に散らばった様子は、気分が下がり、大きなため息の原因に。

洗濯物が少ないご家庭では、軽く扱いやすいランドリーボックスではありますが、洗濯物が多い我が家での使用には耐えきれないようでした。

迷子3・折りたたみ可能な布製ランドリーボックス

耐久性が低かったメッシュ布製に代わり、裏地に防水・撥水ラミネート加工が施されている【布製ランドリーボックス】に変更。

メッシュ製よりも厚みがあり、水分を含んだ重い洗濯物を入れても破れてしまうなどのトラブルなく使用することができました。

こちらも折りたたみ可能ではありましたが、メッシュ布製のようにワイヤーなどの軸が入っていないため、きれいには折りたためません。しかしながら、洗濯機との隙間に押し込むには問題ありませんでした。

やっと見つけたかと思えたランドリーボックスでしたが、数カ月使用していると内側のラミネート加工が剥がれてきてしまいました。折りたたんだ箇所から亀裂が入り、時間とともに剥がれてきてしまったようです。

また、使用後すぐに収納していたためか、一部にカビのような点々も。やはり、使用後のお手入れは必要ですね。

見つけた! 文句なしのランドリーボックス

ランドリーバスケット・バルコロールLサイズ

いくつも買い替える中で、
【丈夫さ】5人分の濡れた洗濯物は重い!
【お手入れ】お手入れの手間は少なければ少ない方がいい!
【デザイン性】or【機能性】出しっぱなしでも構わないデザイン、もしくはコンパクトに収納可能な折りたたみ機能

が必須条件と再確認。

それらの条件とぴったり合ったのが、現在使用している『八幡化成 マルチバスケット sceltevie balcolore(バルコロール)』です。

八幡化成 マルチバスケット sceltevie balcolore(バルコロール) L ホワイト

¥ 2,700

(2019/5/15 時点)

ポリエチレン製の柔らかな素材のバスケット。角のない滑らかなカーブを描く大きな口は、取り出しやすさ抜群! 素材が柔らかいので、小さなお子様が扱う際も心配いりません。柔らかく、さらに頑丈なので、どんな場所でもどんな用途でも活躍しそうです。

ロープの持ち手と、丸みを帯びた形もオシャレ。かわいい見た目に癒されます。

ランドリーボックスとして使い始めて1年半。使い勝手に感心し、見た目に癒され励まされながら、毎日活用しています。

お気に入りのアイテムのおかげで、おっくうだった洗濯が、以前ほど嫌いな家事ではなくなりました。

サイズ展開が豊富! 活用法はランドリーボックス以外にも

我が家が使用するLサイズの容量は、38リットルと大きめ。5人分のたっぷりある洗濯物も溢れることなく、しっかりと収まります。

5人分の洗濯物が入ったバルコロールLサイズ

サイズ展開は豊富でL、M、S、miniの4種類。

Lサイズ……ランドリーボックス以外にもアウトドア用品入れなどに
Mサイズ……ブランケット、子どものおもちゃ、パジャマ置き場などに
Sサイズ……趣味の道具、洗面道具、野菜や果物入れなどに
miniサイズ……キッチン調味料、卓上の小物入れなどに

サイズが豊富なので、用途や納めるものに合わせてサイズを選ぶことができますね。

収納棚に大小並べて置いてあってもステキ! サイズ違いで揃えた場合、入れ子状に納めることができるのでかさばりません。ジャマになることがないのなら、サイズ違いもつい揃えてみたくなってしまいます。

カラバリ豊富! かわいい・カッコイイも自由自在

数あるカラーの中から我が家が選んだのは、清潔感のあるホワイト。ランドリー用品はホワイトが多いので、存在感の強すぎない色を選択しました。

未使用時では、洗濯機の上が定位置。大きいので存在感はありますが、洗濯機や周囲との統一感があり、見た目のうるささを感じません。

洗濯機の上に置いてあるバルコロール

室内干しのときは、リビングで使用したまま置きっぱなし。そのままでも十分絵になると思いませんか?

シンプルな色とスッキリした見た目が手伝って、置きっぱなしという雰囲気にはならず、むしろ飾ってある感覚。おかげで、わざわざ洗面所に隠す手間もありません。

室内に置いたままのバルコロール

カラー展開も豊富なバルコロール。子どもにピッタリなふんわり優しい色合いから、男前インテリアと相性がいいパキッとした強めの色合いまで、12色のカラー展開。選ぶだけでも迷ってしまいます。

使いたい場所や使う人に合わせて、イメージを膨らませながら選ぶのも楽しいですね。

汚れに強く、お手入れ簡単

バルコロールは、ポリプロピレン素材なので、湿気やカビに強い! 細かい溝がない表面なので、ホコリもゴミも溜まりにくい。

それでも日々使用していれば、ちょっとした汚れは付いてしまうもの。そんな時には、ウエスなどで拭き取ってあげれば、簡単キレイになります。もちろん丸洗いもOKです。

せっかく洗った洗濯物。きれいなランドリーバスケットに入れたいですよね。汚れに強く、お手入れが簡単なバルコロールはおすすめです。

バルコロールを追加予定

Getty logo

現在Lサイズがひとつだけの我が家ですが、下記を使用用途として、追加購入も検討中!

①3姉妹の乾いた洗濯物入れに
3色を色違いで用意。乾いた洗濯物を入れ、チェストの前に置いておけば、子どもたち自身で(たたんで)しまってくれるのでは?

②リビングの一時置き場として
読みかけの雑誌、子どもたちのおもちゃなどの一時的な置き場所に。ポイポイ投げ込める避難場所があれば、急なお客様も怖くない! 未使用時には部屋の片隅に置いてあってもかわいい!

③バーベキューや運動会などアウトドア用として
大容量なら、大きな荷物になりやすい屋外でのイベントも大活躍。汚れてもお手入れが簡単なので、思いっきり楽しめそう!

サイズもカラーも豊富で、お手入れも簡単、オシャレなバルコロール。家の中でも、外でも、どこでも大活躍しそうです。

まとめ

洗濯機を回すたびに使用するランドリーボックス。洗濯が面倒で嫌い! という方は、気分が上がるランドリーボックスならちょっとモチベーションが変わりませんか?

たかがランドリーボックス、されどランドリーボックス。たくさんあるランドリーボックスの中から見つけ出したお気に入りのアイテムがあれば、毎日のお洗濯も楽しい家事のひとつになるかもしれません。

あなたのお気に入りのランドリーボックスを見つけるヒントになったら嬉しいです。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

心と暮らしのお片づけ相談室*ietoridori*代表/ライフオーガナイザー®・社会福祉士
『ママだから~しなければ。』『ママだから~できない。』ではなく、ママをもっと楽しむために。
【ママだってラクしたっていいじゃない!!】をモットーとし、家とりどりの心地いいを応援します。

amebaブログ「ママがラクでゴキゲンになる!!忙しいアラサー女性の心と暮らしのお片づけ相談室*ietoridori*@千葉外房」では、忙しいママたちが「もっとラクして、家族みんながゴキゲンになる」暮らしのヒントをお伝えしています。
ブログ:https://ameblo.jp/ietoridori/

関連するキーワード


専門家 洗濯

関連する投稿


保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替え、皆さんは何枚持っているか把握していますか? 保育園児を3人抱えた片づけのプロが、日々を楽にするためにとった方法は「保育園の洋服は保育園を拠点にする」こと。保育園を拠点にするってそもそもどういうこと? 日々を楽にするだけではなく、子どもが準備をするときもスムーズになるメリットも合わせてご紹介します。


まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

忙しい朝や、仕事から帰ってからの慌ただしい食事作り、食べ終わった後の洗い物……。これらは毎日のことだけに、少しでも楽にしたいですよね。食材を使う際は、包丁よりキッチンバサミの方が、早くて便利なことも多いです。いくつかの活用方法をご紹介いたします。


無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

冷蔵庫の中に、「もったいない」と保存したけれど使わずに傷んでしまった食材や、使い道が分からず処分している食材は、ありませんか? 食べ物を無駄にしてしまうのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。少しの工夫で、おいしく食べきることはできますので、今回はいくつかの例をご紹介いたします。


やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

毎日の家事、どれも欠かさずやらなくてはいけないと思い込んでいませんか? 仕事や子育てに追われているのに、家事にも全力投球……というのは無理がありますよね。家事に手を抜くことは、別に悪いことではありません。毎日の負担を軽くするために、少しずつ家事をスリム化してみませんか?


今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

家の中のもので「片づかないもの」の代表格「書類」。書類は、家に入ってくるタイミングもバラバラで、種類自体も多いため、上手に整理しないとあっという間にたまってしまいます。今年こそ書類が片づく仕組みを作って、スッキリ暮らしてみませんか?


最新の投稿


「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

NSファーファ・ジャパンは、世界の香りでお洗たくできる「ファーファ トリップ」と、香りが苦手な人でも安心してお洗たくできる「ファーファ Free&」の2つのランドリーシリーズから、エコパック詰替品を2020年4月中旬より全国で発売します。


知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

手や顔、身体を拭いたりと、毎日何かと使っているであろうタオル。そんなタオルの交換時期をみなさんはご存知でしょうか? 今回は、タオルの寿命や、ちょっとした一手間でフワフワになる裏技などをご紹介していきたいと思います。


8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

キングジムは、2019年4月に保育園・幼稚園・小学校に入園・入学した子どもがいる25~45歳の母親400名を対象に「新入園・新入学準備のお名前付け」に関する意識調査を実施しました。


【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

赤ちゃんへの影響が気になるカフェイン問題。ここでは、授乳中のカフェイン摂取について助産師が解説しています。授乳中もカフェイン摂取は控えた方がいいのか? 摂取量の目安は? など、気になる疑問をチェック!


妊娠中の食事ってどうしてた? 今だから言える先輩ママの本音座談会!

妊娠中の食事ってどうしてた? 今だから言える先輩ママの本音座談会!

昨今、妊活や妊娠に関する情報があふれています。特に「食」には非常にナーバスになるだけに、「正しく正確な情報」を入手したいもの。世の先輩ママたちは、その大事な時期をどのように過ごしていたのでしょうか?今回、先輩ママ座談会を実施し、妊活、妊娠そして出産後の食生活や栄養について、悩んだことや実践したことを語ってもらいました!


家事の悩みランキング


>>家事の悩みランキング